NICOLY:)[ニコリー] コンプレックスの悩み解決・応援サイト

医師が教えるコンプレックス解決サイト
監修済記事:1037記事

メルマガ登録

2015年12月07日 更新 | 2,372 views

目以外の美容整形で三白眼・四白眼美人に!【1分でわかる美容整形講座】

今回は三白眼・四白眼を活かして、三白眼・四白眼美人になるための「目以外の」1分でわかる美容整形講座!

三白眼や四白眼の人は「目付きの悪さ」に悩むことが多いと思います。なかには三白眼・四白眼を治す美容整形をする人も。

でも、それってもったいないことなんです。なぜなら三白眼・四白眼美人といわれている人が確かに存在しているから。

三白眼や四白眼を治す美容整形でまんまる二重にするのではなく、「三白眼や四白眼を活かして三白眼・四白眼美人になる」と発想を変えてみるのもいいでしょう。

今回は三白眼・四白眼美人になるための「目以外の」美容整形を紹介します。

三白眼・四白眼美人の美容整形1:輪郭形成

三白眼・四白眼美人の特徴はシャープな輪郭。まんまるの小顔は「可愛らしさ」を演出しますが、三白眼・四白眼美人にはクールでシャープな印象があっています。

そして、三白眼・四白眼美人のシャープな輪郭は、輪郭形成という美容整形でつくることができるんです。

輪郭形成はエラ、頬骨、顎、こめかみなど、削る部分を選べるので、自分に合った方法で三白眼・四白眼美人を目指せます。

三白眼・四白眼美人の美容整形2:顎の美容整形

三白眼・四白眼美人には丸みを帯びた小顔というより、外国人のような顎がしっかりと出た顔のほうがあっています。

三白眼美人としてよく名前があがる、香椎由宇さん、黒木メイサさん、栗山千明さん、杏さんなど、皆さん小顔というより面長でクールな顔立ちです。

小顔でかわいらしい宮崎あおいさん、篠田麻里子さん、新川優愛さん、広瀬すずさんといった人たちと比べると、同じ「美人」でも輪郭に違いがあるのが分かります。

三白眼・四白眼美人は目元がクールな印象なので、輪郭もかわいい丸っこい小顔というよりは、面長でシャープな輪郭が合っているんです。

そんなシャープな印象を演出する顎の美容整形は大きく2種類。顎を削る美容整形と、顎を出す美容整形です。

顎を削る美容整形は、上顎、下顎、顎の横など、削る部分を選べ、輪郭矯正のように種類がたくさん。

顎を出す美容整形の場合、ヒアルロン酸によるプチ整形や顎にプロテーゼを入れる美容整形などがあります。

三白眼・四白眼美人の美容整形3:鼻プロテーゼ

顔の中央に位置する鼻。スーっと通った鼻筋が、三白眼・四白眼美人のクールな顔立ちを際立たせます。だから小鼻形成などの鼻を整える美容整形ではなく、鼻を高くするような美容整形がおすすめです。

目と目が離れている三白眼・四白眼の場合、クールというよりは目つきの悪い印象を与えてしまいがちなので、L型プロテーゼで鼻筋を際立たせるのがおすすめ。

特に目と目が離れていない場合なら、I型プロテーゼで自然な鼻筋を手に入れるのがいいでしょう。

以上で1分でわかる美容整形講座を終わります。

written by nopaso

NICOLYおすすめ:美容整形やってみたシリーズ

※ 記事の内容は、医学的な正確性、効能、効果を保証するものでなく、かつ、記事の利用においてはしかるべき資格を有する医師や薬剤師等に個別に相談するなど読者の責任において行ってください。

関連するキーワード

注目の記事

【大人気】ブログより詳しい!整形の痛みやダウンタイム・術後経過すべて見せます!美容整形体験レポートシリーズ

【大人気】ブログより詳しい!整形の痛みやダウンタイム・術後経過すべて見せます!美容整形体験レポートシリーズ

NICOLY編集部では、カウンセリングから術後経過までの画像がたっぷりの、美容整形体験レポートを公開しています。切らないプチ整形から、脂肪吸引まで読み応え十分。NICOLY編集部いちおしの記事です。随時更新中!

46097 views | 整形二重脂肪吸引脂肪溶解注射

カテゴリ一覧

この記事のライター

本日のアクセスランキング

いまNICOLYで人気の記事

話題のキーワード

いまNICOLYで話題になっているキーワード

専門家ライター募集

NICOLYで記事を執筆していただける医師を募集

NICOLYでは「コンプレックスで悩んでいる人を笑顔に」というビジョンのもと毎日記事を更新しています。信頼性の高い記事を出し続けるために、記事の執筆をしていただける医師を募集しています

専門家ライター募集フォーム

編集者募集

NICOLYで記事を編集してくれる編集者募集

NICOLYでは「コンプレックスで悩んでいる人を笑顔に」というビジョンのもと、一緒に働いてくれる編集者を募集しています。

編集者募集フォーム

関連する記事

この記事に関連する記事をピックアップ