NICOLY:)[ニコリー] コンプレックスの悩み解決・応援サイト

医師が教えるコンプレックス解決サイト
監修済記事:1022記事

メルマガ登録

2016年11月25日 更新 | 712 views

1日300本抜けることも!産後の抜け毛はいつからいつまで?

品川スキンクリニック新潟院院長 武内大

この記事は、品川スキンクリニック新潟院院長 武内大が監修しています。

産後の抜け毛がいつから始まるのかというと、直後ではなく2~3か月頃から。およそ1年ほどで落ち着くといわれています。ホルモンバランスの乱れやケアサイクルが原因で、ヘアケア・食生活・生活習慣の見直しなどで軽減できるとされています。病院での治療は、おもに婦人科や皮膚科などで行われます。

目次

出産を終えて、ホッと一息つく暇もなく育児に追われるママにとって、気になるのが産後の抜け毛。

「産後に抜け毛が起こることは聞いたことがあったけれど、こんなに抜けると思わなかった」という人も多いのではないでしょうか?

髪は女の命とも言われるほど、女性にとって大切なもの。

抜け毛が起こると、人目が気になって、外出することが憂鬱になったり、また生えてくるか心配になったりしがちです。

産後の抜け毛は、何もしなくても自然に治るものですが、できる対策があれば取り入れたいですよね。

そこで今回は、産後の抜け毛の原因から、育毛剤やシャンプー、食事によるケアまでくわしく紹介していきます。

産後脱毛症って何?産後の抜け毛の原因

考える女性の写真

産後におこる抜け毛は、「産後脱毛症」「分娩後脱毛症」と呼ばれています。

「自分だけ何でこんなに髪の毛が抜けるの?」と心配な人もいるかもしれませんが、産後脱毛症は実に7割の女性が経験しているほど、ごく自然なこと。

まずは、産後脱毛症がどうして起こるのか、原因を見てみましょう。

産後の女性ホルモンの減少が抜け毛に大きく関係している!

「エストロゲン」「プロゲステロン」という名前の女性ホルモンを、一度は耳にしたことがあるという人は多いのではないでしょうか。

この2つの女性ホルモンは、女性の生理・妊娠・出産に関わる大切なもの。

実は、これらのホルモンは髪の毛にとっても、重要な役割を担っています。

髪の毛に関係のある女性ホルモン

女性ホルモンが髪に与える影響は以下のとおりです。

エストロゲン(卵胞ホルモン)

エストロゲンには、頭皮を健康に保ち、髪のコラーゲン増加や髪の毛の成長を促すはたらきがあります。

プロゲステロン(黄体ホルモン)

プロゲステロンには、抜け毛を起こりにくくして、髪の毛の寿命を延ばすはたらきがあります。

妊娠中から産後の女性ホルモンの変化

妊娠すると、女性の体内では妊娠を維持するためにエストロゲンとプロゲステロンが増加します。

この2つのホルモンが増加することで、一般的に妊娠中は抜け毛が減ると言われています。

ところが、出産を終えると、妊娠中に増加していたエストロゲンとプロゲステロンは、妊娠前の状態に戻ろうとして急激に減少します。

また産後、プロラクチンという母乳の分泌を促すホルモンが、エストロゲンの分泌を抑制します。そのため、授乳期間中は特にエストロゲンの分泌量が低い状態に。

このように、エストロゲンとプロゲステロンが急激に減少することで、産後髪の毛が一気に抜けるようになります。

ヘアサイクルも産後の抜け毛に関係していた!

「ヘアサイクル」も、産後の抜け毛に影響を与えています。

ヘアサイクルは、毛周期とも言って、1本の毛が成長し始めてから、脱毛する周期のことをさします。

ヘアサイクル

上の図のように、髪の毛は「成長期→退行期→休止期→脱毛」を繰り返しています。

成長期は、髪の毛を作る細胞が活発に分裂し、髪の毛が成長します。

退行期になると、毛根が退縮し始め、毛根が押し上げられていきます。

続いて休止期では、髪の毛を作る細胞が分裂を止め、毛根が完全に退化します。

休止期は、新しい毛を作る準備期間でもあり、新しい毛が古い毛を押し上げ、シャンプーなどで簡単に髪の毛が抜ける状態です。

妊娠中は、女性ホルモンの増加により、髪の毛は成長期を維持しますが、出産後は女性ホルモンの減少によって、ヘアサイクルは一気に休止期に

これにより、脱毛が進みます。

抜け毛に影響しているその他の要因

産後脱毛症のおもな原因は、女性ホルモンの変化と、ヘアサイクルが休止期になることですが、以下に挙げる4つのことも抜け毛に影響しています。

育児の疲れやストレス

出産後休む暇もなく始まる子育て。日中は赤ちゃんと1対1で話し相手や手伝ってくれる人もいない場合、かわいい我が子の子育てでもストレスは溜まるもの。

ストレスが蓄積されると、髪の育毛を促す「亜鉛」が大量に消費されるため、髪の毛まで十分に亜鉛が行きわたらなくなります。

また、ストレスで自律神経が乱れることで、血流が悪くなり、頭皮の血行も悪化することに。  

赤ちゃんのお世話や授乳で睡眠不足

母乳育児のママにとって、避けては通れない睡眠不足。こればかりは仕方がありません。

ただ、寝る子は育つというように、髪の成長にも睡眠は欠かせません。

育児の合間に、少しでも多く睡眠時間をとることが大切です。

食事をしっかりと摂る時間がない 

赤ちゃんのお世話をしながら、ゆっくり料理をしたり食事をしたりするのは難しいもの。

つい簡単に済ませてしまいがちですが、栄養不足は髪にとって大敵です!

産後のダイエットによる栄養不足とストレス

少しでも早く妊娠前の体型に戻したいのが女心ですよね。

ただ、産後のダイエットで栄養不足になる人もしばしば。

栄養不足になると、髪の成長だけでなく、母乳にも影響が出ます。

また、なかなか痩せないことや、食事制限がさらにストレスを生むことに。

産後脱毛症はいつから始まって、いつまで続くの?

疑問を感じている女性の写真

抜け毛の原因はわかったけれど、一番気になるのが、産後脱毛症がいつごろから始まって、いつごろまで我慢すればいいのかということ。

特に出産後は、なかなか外出する機会も少なく、産後の他のママの状況も気になるところです。

そこで、抜け毛が起きやすい期間を知ることで、育毛剤を買ったり、気持ちの準備をしたりなどの、対策が立てやすくなります。

いつごろから抜け毛が始まるの?

一般的に産後2~3か月ごろから髪の毛が抜け始める人が多いようです。

ただ、女性ホルモンの変化に個人差があったり、ヘアサイクルに乱れが起きたりすることで、出産直後から抜け毛が起こる人もいれば、まったく抜け毛が起こらない人もいます。

また生活習慣の違いも影響してくるので、「産後2~3か月くらいに起きやすい」と1つの目安として考えるくらいがちょうど良いでしょう。

抜け毛のピークはいつごろ?

髪の毛が抜け初めてから産後6か月くらいまでが抜け毛のピークと言われています。ピーク時には、1日300本も抜ける人も!

いつまで我慢すれば抜け毛はおさまる?

これについても、女性ホルモンの分泌量や生活習慣などによって個人差がありますが、早い人の場合、産後6か月くらいにはおさまってきます。

これは、以下に挙げる3つのことが影響していると考えられます。

  • ヘアサイクルの休止期は、一般的に2~3か月。そのため、休止期が過ぎ、成長期になって徐々に髪の毛が発毛し始め、半年ぐらい経ったころから髪の成長を実感できるようになる人が多いようです。
  • 離乳食が始まり、授乳回数が減ると、母乳の分泌を促すプロラクチンの分泌も減少。プロラクチンによって抑制されていた女性ホルモンも徐々に妊娠前に戻るので、女性ホルモンが髪の成長を促します。
  • 離乳食が始まることで、ママの睡眠不足が改善。早い人で産後6か月くらいからですが、ほとんどの人が産後1年以内にヘアサイクルが通常に戻り、抜け毛が自然におさまります。

ストレスを溜めないためにも、あまり考えすぎないことが大切です。

ただ、もし1年以上経っても抜け毛がおさまらない場合は、別の原因も考えられるので、医師に相談してみましょう。

品川スキンクリニック新潟院院長 武内大

産後脱毛は、半年頃には正常に戻り、1年経過後には妊娠前の状態まで戻ります。

産後脱毛症は全員に起こるの?こんな人は産後の抜け毛が起きやすい

子どもと妊婦の写真

繰り返しになりますが、産後脱毛症は全員に起こるわけではありません。

およそ7割の人が産後脱毛症を経験していますが、まったく抜け毛が起こらないからと言って不安になる必要はありません。

反対に、以下の4つに当てはまる人は、特に抜け毛が起きやすいと言われています。

産後の回復に時間がかかる

出産時に母体のダメージが大きかった場合や母体の回復に時間がかかる場合、まずは体を回復させるために髪の毛まで栄養が行き届きにくくなります。

高齢出産

年をとると肌や髪が老化するように、高齢出産の場合、年齢が高くなる分髪の毛にハリやコシが少なくなるもの。

また、女性ホルモンは高齢になるほど減少していくので、産後の抜け毛が起きやすくなります。

初産婦より経産婦

1人目の出産時よりも年齢が上がっているので、その分女性ホルモンも減って、抜け毛が起きやすい状態に。

また1人目を出産後、完全に出産の疲れから回復していないまま、2人目を出産した場合、体のダメージも大きくなるので、産後の回復に時間がかかり、抜け毛が起きやすくなることも。

頭皮の状態が悪い

髪の毛の土台となる頭皮に炎症があったり、乾燥していたりすると、その分健康な髪の毛が育ちにくくなります。

産後に取り入れたいおすすめの抜け毛対策1:育毛剤

美容液の写真

「自然に抜け毛がおさまることがわかっても、やっぱり抜け毛が気になって外出するのも気が重い!」という人にとって、抜け毛対策は気になるところ。

そこで、産後でも行えるおすすめの抜け毛対策をご紹介します。

育毛剤って産後でも使えるの?

「脱毛症対策」と聞いて、最初に思い浮かべるものは「育毛剤」という人も多いのではないでしょうか?

ところが、ここで1つの疑問が浮かびます。それは、「産後でも育毛剤を使えるのか?」ということ。

その答えは、「全ての育毛剤が使えるわけではない」です。

授乳中のお母さんが使ってはいけない育毛剤

髪が抜けたからと言って、育毛剤のテレビCMでも聞きなじみのある「ミノキシジル」配合の育毛剤は授乳中は厳禁です。

ミノキシジルは、もともと血管を拡張する高血圧の薬として使われていたので、ミノキシジル配合の育毛剤を使用した場合、低血圧症状を起こすことも。

万が一、ミノキシジルの成分が母乳に混じり、母乳を飲んだ赤ちゃんの体内にミノキシジルが入ってしまうと危険です。

また、男性と女性では抜け毛の原因が違うことが多いため、男性用の育毛剤を使っても、産後脱毛症の改善に効果はあまり期待できません。

産後でも使える!おすすめの育毛剤3選

産後、特に授乳中のママにとっては、無添加の育毛剤を使うことが大切!

赤ちゃんへの影響も考えると、やはり何といっても安心して使えるものが一番です。

産後脱毛症のために作られた育毛剤は多くありますが、今回は以下の3つをご紹介します。

BELTA ベルタ育毛剤

ベルタ育毛剤出典:ベルタ公式ショップ

厚生労働省が効果を認めている育毛剤です。

ナノテクノロジーで毛穴の1,000分の1の大きさになった栄養成分が、毛穴の奥まで浸透します。

BELTA ベルタ育毛剤 5,980円(税抜)

マイナチュレ 無添加育毛剤

マイナチュレの容器の写真出典:株式会社レッドビジョン

敏感肌でも安心。主成分は髪の毛の成長に良いとされる亜鉛、ビタミンB2などの成分が大量に含まれている昆布の海藻エキス。

無香料で無臭なので、匂いに敏感な人でも使えます。

マイナチュレ 無添加育毛剤 5,095円(税抜)

株式会社AR エンジェルリリアンプラス

エンジェルリリアンプラスの容器の写真出典:株式会社AR

徹底的に頭皮の保湿にこだわりたい人。エンジェルリリアンプラスは、「コメヌカエキス」という肌の保湿によく使われる美容成分が配合されています。

天然素材からできているので、赤ちゃんにも優しく、産後でも使えます。特製アロマの香りでリラックス効果も。

株式会社AR エンジェルリリアンプラス 7,800円(税抜)

いずれの育毛剤も、パッケージがかわいく、一見して育毛剤だとわからないのもうれしいところ。

また、効果が感じられなかったり、肌に合わなかったりした場合は、90日間の返金保証があるので安心して使えます。

育毛剤はいつから使えばいいの?

育毛剤を使う時期は、ずばり脱毛が始まってから!

妊娠中から予防的に使用しても、髪に栄養を与えるという効果はありますが、女性ホルモンの変化に効果があるわけではないので、産後脱毛症の予防にはなりません。

予防したい気持ちもわかりますが、抜け毛が気になりだしたら使用を開始するので十分です。

育毛剤の効果が出てくる時期はいつごろ?

次に、育毛剤の使用効果が出る時期ですが、藁にもすがる気持ちで育毛剤を使用した人にとって、育毛剤の効果がなかなか出ないと悲しくなりますよね。

育毛剤の本来の役割は、髪に必要な栄養を与え、頭皮の環境を整えること

体に良い食品を食べたからと言って、すぐに健康にはならないように、育毛剤を使用したからと言って、すぐに髪の毛が生えるわけではありません。

育毛剤を使い始めても、一般的に使用後40~60日くらいしないと育毛効果は実感しにくいようです。

そのため、すぐに効果が出ないからといって、使用を止めるのではなく、「今は髪に栄養を与えているんだ!」と気長に構えることが大切です。

産後に取り入れたいおすすめの抜け毛対策2:シャンプー

シャンプーをしている女性の写真

毎日使うシャンプーも、抜け毛対策には大きく関わってきます。

産後の頭皮は普段よりも敏感なもの。

妊娠前と同じものや、他の家族と共用のものでは、刺激が強すぎる場合があるので注意が必要です。

産後控えた方が良いシャンプー

以下の3つの成分が使われているシャンプーは、産後使用を控えるよう気をつけましょう。

シリコン配合

シリコン配合のシャンプーは洗い上がりのサラサラ感が良いですよね。

ただ、すすぎが不十分な場合、シリコン配合のシャンプーを使うと毛穴が詰まりやすくなります。

赤ちゃんのことが気になって、ゆっくりとお風呂の時間をとれない場合は、しっかりシャンプーを洗い落としたつもりでも、実は出来てなかったなんてことも。

メントール配合

メントール配合のシャンプーは、特に真夏の暑い時期に使うと爽快感がたまりません。

ところが、頭皮がスゥーっとする分、産後特に敏感になっている頭皮には刺激が強すぎて炎症を起こすこともしばしば。

ラウリル硫酸・ラウレス硫酸など石油系合成界面活性剤配合

ラウリル硫酸・ラウレス硫酸という言葉は聞きなれない人もいるかもしれませんが、これらの石油系合成界面活性剤は多くのシャンプーに使用されています。

一時期、この石油系合成界面活性剤を配合しているシャンプーは、良くないと話題になったこともありますが、これは、石油系合成界面活性剤配合のシャンプーが必要以上に頭皮の油分やバリア機能を洗い落としてしまうからです。

そして、その結果として頭皮や髪が乾燥しやすくなります。

おすすめのシャンプー3選

頭皮が敏感な産後や、赤ちゃんと一緒のお風呂タイムでも安心して使えるのは、やはり無添加のシャンプー。

香りもリラックスできるよう工夫されています。

マイナチュレ 無添加・頭皮ケアシャンプー

マイナチュレシャンプーの容器の写真出典:株式会社レッドビジョン

頭皮への刺激が少ない、アミノ酸系シャンプー。先ほどご紹介したマイナチュレの育毛剤との相性がバッチリです。

シルク由来のアミノ酸洗浄成分で、ノンシリコンシャンプーにもかかわらず、洗い上がりもしっとり。

柑橘系の香りが好きな人な人におすすめです。

マイナチュレ 無添加・頭皮ケアシャンプー 3,180円(税抜)

リマーユ ヘアシャンプー

REMAYU出典:amino-shampoo-kaiseki.com

製薬会社が開発したアミノ酸と馬油を配合したシャンプー。

馬油は人間の皮脂に似ているので、頭皮に浸透しやすく、皮膚のうるおいを保ちます。

また、馬油には人間の細胞膜を作る際に必要な不飽和脂肪酸が大量に含まれています。

こちらも柑橘系のほのかな香り

リマーユ ヘアシャンプー 2,300円(税抜)

シンスユー オーガニックシャンプー

シンスユーシャンプーの容器出典:アロベビー

日本人の髪の毛に合わせた処方。ヒアルロン酸の約10倍の保水力があるサクランという海藻エキスが産後の頭皮の環境を整えてくれます。

ノンシリコン、オーガニックシャンプーにもかかわらず、泡立ちも良いのが特徴。

やさしいアロマの香りです。

シンスユー オーガニックシャンプー 2,800円(税抜)

産後に取り入れたいおすすめの抜け毛対策3:栄養のある食事をしっかりとる

栄養バランスの良い食事の写真

健康な頭皮、美しい髪の毛を作るには、体の外側からのケアも大切ですが、やはり体の内側からのケアも忘れてはいけません。

栄養バランスの良い食事を心がけることが大切です。

とはいえ、忙しいママにとっては、なかなか栄養バランスを考えて料理をするのは難しいもの。

そこで、今回は抜け毛対策に必要な栄養素を知って、その栄養素を含んだ食材を少しでも多く取り入れてみましょう。

タンパク質

タンパク質は、皮膚や筋肉、内臓、髪の毛……と、頭からつま先まで人の体を構成するのに欠かせない成分です。

そのため、タンパク質が不足すると元気が出なかったり、思考力が低下したりと様々な影響が出ます。

髪の毛は、ケラチンというタンパク質が主成分なので、髪を作る原料のタンパク質が不足してしまうと、いくら育毛剤を使っても原料不足では髪が育ちません。

植物性タンパク質が豊富な食べ物

納豆、豆腐、ゴマ、きな粉、ピーナッツなどの豆類 など

動物性タンパク質が豊富な食べ物

魚類、肉類、乳製品 など

亜鉛

タンパク質から髪の毛が作られる際、亜鉛は必須の栄養素。しかし、亜鉛を含む食品はタンパク質のように多くないため、多くの人が不足しがちです。 また、体内で合成できないので、積極的に取り入れる必要があります。

亜鉛が豊富な食べ物

牡蠣、レバー、牛肉、煮干し、ゴマ、チーズ など

ビタミンB群

ビタミンB2は細胞の新陳代謝を促し、ビタミンB6はケラチンを作る際に必要な成分。またタンパク質の吸収を促すはたらきがあります。

ビタミンB2が豊富な食品

レバー、ウナギ、納豆、乳製品 など

ビタミンB6が豊富な食品

ニンニク、マグロ、肉類、ゴマ など

カルシウム

カルシウムは、骨を丈夫にすることや、不足によってイライラしたり、情緒不安定になったりすることで知られています。産後は特に情緒不安定になり、涙もろくなったりしますが、これには2つの理由があります。

1つ目は、母乳を通してカルシウムが赤ちゃんに流れていること。

2つ目は、カルシウムの吸収を促すエストロゲンが、産後減少することで通常よりも吸収されにくくなっていること。

イライラなどのストレスは、髪の毛に大敵です。産後は特にカルシウムが不足しがちなので、しっかりと食事で補う必要があります。

カルシウムが豊富な食品

乳製品、大豆製品、しそ、小松菜、大根の葉、干しエビ、煮干し、ひじき など

イソフラボン

エストロゲンと同じようなはたらきをする大豆イソフラボン。

エストロゲンが減少している産後にはなるべく多く摂取したいものです。

イソフラボンが豊富な食品

おもに大豆製品。納豆、豆乳、豆腐 など。これらはタンパク質も豊富なので、一石二鳥の食品です。

産後に取り入れたいおすすめの抜け毛対策4:生活習慣など

解放感を感じる女性の写真

生活習慣は、健康な髪の毛を作る際に大きく影響してきます。

ストレスを溜めすぎない

育児にストレスはつきものですが、自分の好きな音楽を聴いてみたり、育児の合間にストレッチしてみたり、肩の力を抜くことも必要です。

また、子育て支援センターや保健センターが実施しているママの教室などに参加するのも、一つの手です。

同じような月齢の赤ちゃんを持つママと愚痴を共有したり、子育て支援の相談員や保健師に相談したりすることで、ストレスや不安も解消できるかもしれません。

空き時間は睡眠へ費やす

母乳育児の場合、どうしても睡眠不足になりますが、睡眠不足は髪の毛だけでなく健康にも悪影響。

赤ちゃんがすくすく健康に育つためには、まずはママが健康でなければいけません。

少しでも時間がとれたら眠るようにしましょう。

頭皮を清潔に保つ

育児の疲れや忙しさから、髪の毛を洗う時間を作るのも難しい場合もあるかもしれません。

ただ、頭皮が清潔でなければ、健康な髪が育たないのも事実。

髪の毛を洗うことで、リラックス効果も得られます。

血流を良くするため、頭皮のマッサージ

赤ちゃんを抱っこしていると、肩が凝ったり首が痛くなったりしますよね。

そんなときには、実は頭も凝っている可能性大。血行が良くないと、髪に栄養が行きわたりません。

頭にはたくさんのツボがあるため、頭皮のマッサージをすることで、血行が良くなり肩こり解消にも効果が期待できます。

ここまでで、おすすめの対策法を数多く紹介しましたが、全部を一気にこなせなくても大丈夫です。

産後脱毛症は1年もすると自然におさまってきます。自分にできる範囲で取り入れてみてはいかがでしょうか。

どうしても抜け毛が気になる場合に受診するのは何科?

病院の受付の写真

産後1年以上経っても、なかなか抜け毛の改善が見られない場合や、髪が大量に抜け、地肌が大幅に見える状態のときは、生活習慣などの改善に努めても限界があります。

抜け毛くらいで……と躊躇う気持ちもわかりますが、長引く場合は、ほかの病気が隠れている場合もあります。

自分だけで悩み過ぎて、さらにストレスを感じて抜け毛が悪化することも。

1人で思い悩まず、思い切って医師に相談してみましょう。

婦人科

産後の抜け毛の原因は、おもに女性ホルモンなので、まずは婦人科へ。

ホルモン検査の結果で、甲状腺やホルモン系の病気が見つかることもあります。

皮膚科

頭皮のかゆみやフケが強いなど、頭皮の状態が悪い場合は、皮膚科へ行きましょう。

その他

内臓疾患がある場合は内科、持病がある場合はまず主治医に相談することで、紹介状を書いてもらうこともできます。

ストレスが強い場合は、思い切って心療内科に行き、1人で抱え込まないことが大切です。

また、美容外科でも抜け毛の治療を行っていたり、頭髪外来や毛髪外来という科もあるので、インターネットで近くに病院がないか探してみるのもよいでしょう。

なかには、女性専用の頭髪外来もありますので、男性と同じところには行きづらいという人でも安心して通えます。

まとめ

白い花と寝そべる女性の写真

産後に抜け毛が起こるのは、ごく自然な現象です。

もっとも大切なことは、ストレスを溜めないようにすること。

育毛剤やシャンプーを活用し、生活習慣を整え、自然におさまるまで抜け毛とうまく付き合っていきましょう。

※ 記事の内容は、医学的な正確性、効能、効果を保証するものでなく、かつ、記事の利用においてはしかるべき資格を有する医師や薬剤師等に個別に相談するなど読者の責任において行ってください。

関連するキーワード

注目の記事

【大人気】ブログより詳しい!整形の痛みやダウンタイム・術後経過すべて見せます!美容整形体験レポートシリーズ

【大人気】ブログより詳しい!整形の痛みやダウンタイム・術後経過すべて見せます!美容整形体験レポートシリーズ

NICOLY編集部では、カウンセリングから術後経過までの画像がたっぷりの、美容整形体験レポートを公開しています。切らないプチ整形から、脂肪吸引まで読み応え十分。NICOLY編集部いちおしの記事です。随時更新中!

43192 views | 整形二重脂肪吸引脂肪溶解注射

カテゴリ一覧

この記事の監修者

この記事のライター

本日のアクセスランキング

いまNICOLYで人気の記事

話題のキーワード

いまNICOLYで話題になっているキーワード

専門家ライター募集

NICOLYで記事を執筆していただける医師を募集

NICOLYでは「コンプレックスで悩んでいる人を笑顔に」というビジョンのもと毎日記事を更新しています。信頼性の高い記事を出し続けるために、記事の執筆をしていただける医師を募集しています

専門家ライター募集フォーム

編集者募集

NICOLYで記事を編集してくれる編集者募集

NICOLYでは「コンプレックスで悩んでいる人を笑顔に」というビジョンのもと、一緒に働いてくれる編集者を募集しています。

編集者募集フォーム

関連する記事

この記事に関連する記事をピックアップ