NICOLY:)[ニコリー] コンプレックスの悩み解決・応援サイト

医師が教えるコンプレックス解決サイト
監修済記事:1037記事

メルマガ登録

2016年08月22日 更新 | 10,533 views

【連載】フォロワー4万人越え!30歳を過ぎてからダイエットを始めました-モチベーション編-

こんにちは、minaです。連載最終回の今回は、私が過去に行った「食べないダイエット」と、ダイエットと続けるためのモチベーションについてお話します。ダイエットを始めるのなら、まずは自分の体のどこをどのように改善するかを決め、意識を高く持ちましょう。公開ダイエットのように、逃げ道がない環境を作ることもいいかもしれません。

minaさんの写真出典:Instagram

こんにちは。

minaです。

今まで、私が行っているトレーニングや食生活について、さまざまなことを書かせていただきました。

連載第1回 きっかけ編

連載第2回 食生活編

連載第3回 上半身トレーニング編

連載第4回 下半身トレーニング編

最終回である連載5回目は、私が過去に行った間違ったダイエットの方法と、ダイエットを続けるためのモチベーションについて書かせていただきます。

ダイエットの知識がなかったころ

minaさんの写真出典:Instagram

私は20代半ばで子どもを2人出産しました。

10代〜20代はもちろん、子供を出産してからもダイエットをしては失敗……の繰り返し。

では、なぜ失敗、つまりリバウンドしてしまったのかを自分なりに考えてみたところ、とても続けられるようなダイエット法ではなかったからでした。

ただ単に「痩せたい」という思いだけで、大してダイエットの知識もなく、運動も一切せずに、「食べないダイエット」をしていました。

159センチのときにおよそ39〜42キロ。

数値を見てわかるように食べないダイエットをしていたころは、見た目は「痩せすぎ!」と言われるほど痩せていました。

しかし、不健康な細さといえばいいでしょうか。

まさに、ただ細いだけ、の体でした。

魔のサイクル

minaさんの写真出典:Instagram

食べないダイエットは確かに即効性があり、見た目は十分に変わりますが、決定的なデメリットがあります。

それは、持続性がないこと。

食べないダイエットを経験したことがある人はわかるのではないかと思いますが、痩せたと感じてもあっという間にまた太ってしまうのです。

生きている限りまったく食べないというわけにもいきませんから、ある程度「痩せた」と実感したら気を抜いて食べてしまうのでしょう。

私は、食べないダイエットには「魔のサイクル」があると考えています。

魔のサイクル

  • 食事を食べない。
  • 一時的に体重が激減したり、見た目にも変化が出たりする。
  • 結果が出たことで油断して、食べ始める。
  • 一度食べ始めると止まらなくなり、ついつい食べすぎてしまう。
  • 食べることの楽しさを思い出し、ダイエットなどどうでもよくなってしまう。
  • リバウンドし、また食べないダイエット。

私もまさに魔のサイクルにはまり……、一時的に痩せてもすぐにリバウンドしていました。

30歳過ぎから健康的なダイエットの道へ

minaさんの写真出典:Instagram

そういった「食べないダイエット」を繰り返しているうちに、あっという間に30歳も過ぎました。

そして、2016年1月から健康的なダイエットを開始。

今は、そのダイエットに成功し、ボディメイクに力を入れています。

では、なぜ食べないダイエットをやめて、健康的に痩せようと思ったのか。

33歳になって感じた体の変化は、代謝が悪くなったこと。

汗をかきにくく、圧倒的に痩せにくい体になっていることに気がついてから、やっと「不健康なダイエットはやめよう!」と思い始めました。

そこで、まず私が「これだけは守る!」と決めたのは以下の3つです。

  1. 3食きちんと食べる。
  2. 運動や筋トレをする。
  3. 食べて鍛えながら有酸素運動を取り入れ代謝をあげる。

私も大人になったということでしょう(笑)

「食べたら動け!」を心掛けて、今ではそれが日課になりました。

あんなに面倒で苦しいことでしかなかったダイエットが、今では体を動かすと汗を掻いたり、やりきった達成感が気持ちよく感じたりして、楽しいものに。

このような生活を続けた結果、見事にダイエットに成功することができ、体重はキープしつつ、体のラインを女性らしくするためにボディメイクに励んでいます。

ダイエットを続けるためのモチベーション

minaさんの写真出典:Instagarm

ダイエットを成功させるには、自分の体と向き合うことが大切。

まずは、鏡の前に立ち、「自分はどこを痩せればもっと魅力的になれるか」、「今の自分には何が必要か」などということをチェックしましょう。

そして、ダイエットを続けるためには、意識を高く持つのはもちろん、「自分はどのようにしたら変われるのか」、「どのようなダイエット法が向いているのか」などを試行錯誤していくことが大切です。

公開ダイエットのように、逃げ道がない環境を作ることもおすすめします。

ちなみに、私がダイエットを続けることができているのは、自分の意識ともちろんInstagramのおかげです。

ここに挙げたモチベーションを保つ例はほんの一部なので、みなさんも「自分に合っているかもしれない」と思ったことはどんどんチャレンジして、ダイエットに励んでくださいね!

written by mina

いち早く記事配信情報をゲットできる、NICOLY公式のメルマガやLINEをぜひチェックしてください!

NICOLY公式メルマガはこちら

NICOLYのLINEアカウントをフォロー

mina Profile

2016年1月24日から、Instagramとともにダイエットを開始。

スタートから5か月あまりにして、4万人を超えるフォロワー数を誇る。

2児のママ、かつ33歳ながら鍛え上げられたスリムボディで数々の女性を魅了。

Instagramのフォローはこちらから。

NICOLY:)編集部員がメディカルダイエットに挑戦!

※ 記事の内容は、医学的な正確性、効能、効果を保証するものでなく、かつ、記事の利用においてはしかるべき資格を有する医師や薬剤師等に個別に相談するなど読者の責任において行ってください。

関連するキーワード

カテゴリ一覧

この記事のライター

本日のアクセスランキング

いまNICOLYで人気の記事

話題のキーワード

いまNICOLYで話題になっているキーワード

専門家ライター募集

NICOLYで記事を執筆していただける医師を募集

NICOLYでは「コンプレックスで悩んでいる人を笑顔に」というビジョンのもと毎日記事を更新しています。信頼性の高い記事を出し続けるために、記事の執筆をしていただける医師を募集しています

専門家ライター募集フォーム

編集者募集

NICOLYで記事を編集してくれる編集者募集

NICOLYでは「コンプレックスで悩んでいる人を笑顔に」というビジョンのもと、一緒に働いてくれる編集者を募集しています。

編集者募集フォーム

関連する記事

この記事に関連する記事をピックアップ