NICOLY:)[ニコリー] コンプレックスの悩み解決・応援サイト

医師が教えるコンプレックス解決サイト
監修済記事:1037記事

メルマガ登録

2016年09月06日 更新 | 2,161 views

不慮の事故、彼氏の裏切り、親への絶望。6年間苦しんだ摂食障害を脱却した今[体験談]

ドライブデート中に交通事故で死にかけた私は、ストレスから徐々に食事ができなくなりました。食べても吐くを繰り返し、何度も栄養失調で倒れ、摂食障害との付き合いはそこから6年続くことに…。彼の裏切りや両親への絶望、私の心と体は限界だったとき、あるきっかけで長年の苦しみから立ち直ることができたのです。

私の摂食障害

冬の花出典:We heart it

私は19歳〜25歳まで、ご飯を食べてから身体の中で食べたものを吸収させることが出来ませんでした。

ご飯を食べては吐き、食べては吐き、をずっと繰り返していたのです。

摂食障害の中の、拒食症、過食嘔吐を繰り返していました。

人とご飯を食べに行っても、お手洗いに行くふりをして全て吐く、親が作ってくれたご飯も美味しそうに食べるふりをして、すぐに吐いていました。

治そうとしても治せない。

何度も悩み絶望していました。

ですが、26歳になった今年、過食嘔吐が止まらなくなってから6年経った今障害を乗り越えることが出来ました。

障害の始まり。19歳に起きた不慮の事故

逆さまシャボン玉出典:We heart it

私はこの事故が起こるまでは、いたって健康で普通の19歳の女の子だったと思います。

19歳の夏、当時付き合っていた彼氏が持つバイクの後ろに乗っていつものようにデートをしていました。 彼は運転もうまく、危ないことはしない上、私を乗せるときは安全第一を考えてくれる優しい彼でした。

その日もいつも通りのドライブデートをし、私を家まで送ってくれる帰り道にそれは起こりました。

大きな交差点にある時差式信号。 彼は信号が青だったので進んでいました。

ですが、対抗車線から右折してきた車が突然現れたのです。 私も後ろに乗っていて

「あれ?ぶつかる......」

と一瞬思いました。

そして、目が覚めると病院の集中治療室にいました。 目の前には、泣いているお母さん、お父さん。 一瞬で

「あ、やっぱり車にぶつかったんだ......」

と思いました。

そして、両親に

「ごめんね......」

と振り絞る声で伝えました。

私はぶつかった衝撃で宙を一回転するように周り、道端に投げ出され頭蓋骨にひびが入っていると言われました。

あとあと聞くと、出血量によっては今夜が山場と言われたそうです。

また、膝の骨ぎりぎりまで足を切っており12針縫ったそうです。

彼の状態は、車の助手席の窓にお頭を突っ込み、あごの骨にひびが入っている状態だったそうです。

彼は命に別状はなく、事故当日の重傷者は私でした。

そこからの入院生活10日間

折り鶴出典:We heart it

3日間集中治療室に入っていた私は、山場と言われた夜に出血が起こらず命に別状はない状態になりました。

ですが、脳にひびが入っているには変わりないので、絶対安静を必要とされ10日間入院をしました。

集中治療室を出て個室に移り私の意識もしっかりと回復してきました。

そのとき思ったことは、彼への心配、親への申し訳なさ、彼をちゃんと親に紹介していなかった不安、彼の両親への申し訳なさ。

沢山の感情が混ざり、身体は回復して行っても私の気持ちはどんどんやつれていきました。

慣れない入院、身体が背負っている症状、落ち込む気持ちから病院食を出されても何も食べることが出来ませんでした。

食欲は全くないため、点滴にて栄養を補い薬を飲んでいました。

そのときは、食べれないことに不安やこれからの摂食障害に対する不安は全くありませんでした。

私は自分自身のことよりも、周りのことが心配で、不安で、申し訳なくて、怖くてどうしようもなかったのです。

そして入院生活が終わり、退院することになりました。

そこからが私の絶望の始まりでした。

あのとき死んでいれば......そう考える毎日

植物と少女出典:We heart it

入院中も携帯の使用は出来たので彼と連絡は取っていました。

ですが、お互い不安に押しつぶされそうでなかなか話したいことは話せていませんでした。

彼とまともに連絡を取ることなく私は退院をしました。

まだ彼は入院していました。

迎えに来た親に最初に言われた一言。

「彼の親から、謝罪に行くまでは会わないで下さい。と言われたよ」

私はすぐにでも彼の所に行きたかったのですが、彼の両親が私の親へ、謝罪に行くまでは2人を会わせないで欲しいと願い出たとのことでした。

心配で仕方なかった私ですが、彼の両親の言うことも理解できてしまい、どうしようもない気持ちになりました。

そして、私は両親にちゃんと彼を紹介していなかったこと、安易にバイクに乗ったこと、心配かけたことを謝りました。

ですが、そんなことでは親も納得いくわけがありません。

見ず知らずの男の後ろに乗っていたせいで生死を彷徨う娘を目の当たりにしたのですから......

真剣に付き合っていると伝えても認めてくれませんでした。

彼が退院し、謝罪に来たときもお父さんは怒鳴り散らし許しませんでした。

そのときの記憶が私は何故かないのです。

一緒にいたはずなのに、その場にいることが辛すぎて、怒っているお父さん、謝罪をしている彼、彼の両親を見ることが辛すぎて本当に苦しかったことだけ覚えています。

謝罪に来た夜に、両親から

「もう彼とは一生会うな。一生許すつもりはない」

と言われました。

事故事態は、車が完全に悪く、バイクを運転していた彼は9対1で1の責任を負う形となりました。

車の不注意ということで警察も事故をまとめてくれました。

事実上悪いのは車を運転していた人。ですが、親はそんなことはどうでも良く運転していた彼が100%悪いと思っていました。

家でも辛く、彼とは親に内緒で会っていましたが以前のような幸せを感じることができない。

もう毎日あのとき死んでいた方が楽だった。

と思いました。

ちゃんとご飯は食べなさい!

雨の日の花出典:We heart it

外に出て遊ぶことが大好きだった私でしたが、そのときはずっと家に引きこもっていました。

自分の部屋から出ることなくずっと泣いていました。

お母さんにも心配をかけ、心配してくれているから声をかけてくれるのに、親へはひどい反抗をしていました。

そして、いつも言われたことが

「ちゃんとご飯を食べなさい」

でした。

私は退院してから1週間程、身体の痛み止めの薬以外食べていなかったのです。と言うよりも、食べてもすぐに吐いてしまっていました。

親の前で初めて吐いてしまったときに、体が弱っているからということで、雑炊やゼリー、ヨーグルトなど身体に優しい食べ物をくれました。

一口、二口食べてはみたのですが、胃に少しでも何かが入ると胃液まで吐いてしまっていたのです。

吐く行為が億劫になり、私は食べることもストレスとなりました。

精神的な問題だろうと思い、この事態が楽になれば元気になれると思い全く気にしていませんでした。

今思えば、6年間の摂食障害はこのときから始まっていたのだと思います。

彼が謝罪に来てから1か月、2か月経っても家にいる居心地の悪さは変わりませんでした。

外に出ることも何度かありましたが、体力、精神力が追い付いていないせいか、疲れがひどく、何度が倒れてしまいました。

倒れたときも、親に心配をかけたくない、もう構って欲しくないという思いから救急車を呼ぼうとしてくれた友達を止め、病院にもいかずに帰りました。

彼の前でも倒れたことはありました。

ですが、そのときに彼に

「救急車呼んだら、親に会うことになるから呼びたくない」

と言われました。

私は、彼の気持ちに納得しました。

むしろそう思うのは当たり前だ。

事故の事実は彼は悪くないということなのに、私の親には目の敵にされ、彼自信、彼の親も苦しめ、私は誰からも守られている状態。

同い年で19歳のまだ若すぎる彼が背負うは、重すぎる現実だと感じました。

そして、

私は一生彼を守っていく。これ以上辛い思いはさせない。彼のために。

と考えるようになりました。

今思えば、私自身も辛い気持ちを抱えながら親の前では元気に過ごすふりをし、彼に対して異常なまでに気遣いをし、私自身の気持ちを押し殺す生活が始まりました。

そして、私は”食べる”と言うことを忘れていきました。

written by ammmmi15

Top image via Weheartit

他の体験談も見てみる!NICOLYコンプレックス体験談

※ 記事の内容は、医学的な正確性、効能、効果を保証するものでなく、かつ、記事の利用においてはしかるべき資格を有する医師や薬剤師等に個別に相談するなど読者の責任において行ってください。

関連するキーワード

注目の記事

【大人気】ブログより詳しい!整形の痛みやダウンタイム・術後経過すべて見せます!美容整形体験レポートシリーズ

【大人気】ブログより詳しい!整形の痛みやダウンタイム・術後経過すべて見せます!美容整形体験レポートシリーズ

NICOLY編集部では、カウンセリングから術後経過までの画像がたっぷりの、美容整形体験レポートを公開しています。切らないプチ整形から、脂肪吸引まで読み応え十分。NICOLY編集部いちおしの記事です。随時更新中!

46111 views | 整形二重脂肪吸引脂肪溶解注射

カテゴリ一覧

この記事のライター

本日のアクセスランキング

いまNICOLYで人気の記事

話題のキーワード

いまNICOLYで話題になっているキーワード

専門家ライター募集

NICOLYで記事を執筆していただける医師を募集

NICOLYでは「コンプレックスで悩んでいる人を笑顔に」というビジョンのもと毎日記事を更新しています。信頼性の高い記事を出し続けるために、記事の執筆をしていただける医師を募集しています

専門家ライター募集フォーム

編集者募集

NICOLYで記事を編集してくれる編集者募集

NICOLYでは「コンプレックスで悩んでいる人を笑顔に」というビジョンのもと、一緒に働いてくれる編集者を募集しています。

編集者募集フォーム

関連する記事

この記事に関連する記事をピックアップ