NICOLY:)[ニコリー] コンプレックスの悩み解決・応援サイト

医師が教えるコンプレックス解決サイト
監修済記事:1035記事

メルマガ登録

2016年08月31日 更新 | 7,308 views

目のくぼみの原因は3つ。実年齢より老けないための緊急対処法3選

実年齢よりも老け顔や疲れ顔に見られやすい「目のくぼみ」は、加齢による「筋肉の衰え」や「目の疲労」、「ハリ不足」が原因です。改善方法として、目元の保湿や血行改善、顔筋ストレッチなど日々のケア以外にも、クリニックでのヒアルロン酸治療などがあります。

「目がくぼんできている......」と気になったり、「最近疲れてる?」と聞かれるようになったら、目元の老化の第一歩かもしれません。

人の第一印象は「目」で決まるといわれます。

魅力的な人をよくよく見ると「目力」があり、人をひきつける力があると感じたことはありませんか?

しかし、このように「目」は人の魅力を増してはくれるものの、首と同じくらい年齢が出てしまう場所でもあります。さらに、目のくぼみは見た目年齢を5歳〜10歳上げてしまうといわれているのです。極端な話、肌や首の衰えは隠せても、目の衰えは隠しきれません。

そこで今回は、目のくぼみの原因と、今からでも間に合う対処法を紹介します。

目のくぼみ「3つの原因」とは?

片目のアップの写真

目のくぼみの原因は、大きく3つ考えられます。

1. 加齢による筋肉の衰え

年齢とともに目のまわりにある「眼窩(がんか)脂肪」を支える筋肉が衰え始めると、本来あるべきところの脂肪が下へと落ちていき、目がくぼんでいくといわれています。

2. 目の疲労

女性が目元を抑える写真

目が疲れることによって、目のまわりの血流が悪くなります。そして、目のまわりがこり固まってくることで、まぶたにくぼみができてくるのです。

以下のような人は、目のくぼみにつながりやすい傾向があります。

  • パソコンや携帯電話などの電子機器を使う機会が多い人
  • 日常で眼鏡やコンタクトをしている人
  • 慢性的な寝不足の人

パソコンやスマホを長時間使う人は、気づかぬ間に目に負担をかけ、疲れ目の原因となっていることがあるでしょう。また、睡眠不足の人は1日の目の疲れを十分に回復することができないため、目の疲れはたまる一方です。

3. 皮下脂肪やコラーゲンの減少

加齢によりまぶたの皮下脂肪やコラーゲンが減少すると、目のまわりを支えている皮膚のハリがなくなります。このハリ不足が目のくぼみにつながりやすくなるのです。特に、やせ型の体型の人は、まぶたの皮下脂肪も少ないため、くぼみが出やすいといわれています。

目のくぼみがあるとどんな印象に?

目のしわを気にする女性の写真

実年齢よりも老け顔に見られたり、疲れているように見られたりと、決して良い印象とはいえないのが、目のくぼみです。

化粧でカバーすることもできますが、本質的な解決方法ではないのも事実です。気づいたそのときからケアしていくことがもっとも重要といえるでしょう。

放置すると危険!同時発症しがちな症状

困った顔の女性の写真

上述の「目のくぼみの原因」にも書いた内容を放置していると、目の老化はさらに深刻化していきます。以下のような症状を同時発症する危険性もあるため、注意していきましょう。

  • 目の下のクマ
  • 下まぶたのたるみ
  • 眼瞼下垂(がんけんかすい)

※眼瞼下垂とは、字のとおり、「まぶたが垂れ下がった状態」のことです。顔を正面に向けた状態で眼を開けたとき、まぶたが瞳孔(黒目の部分)にかぶさった状態で、しっかりと持ち上げられていない目のことを指します。

いますぐ実践!目のくぼみの対処法3つ

「すでに目のくぼみができちゃった」「とはいえ仕事上PC作業はやめられないよ......」とお困りの人に、これ以上悪化させないための対処方法と禁止事項を紹介します。

1. 「ホームケア」で対処

目元の保湿ケアをする女性の写真

保湿

シンプルですが、基本となる対処法です。

皮膚は自分でコラーゲンなどの美肌成分を作るはたらきを持っています。もちろん、まぶたの皮膚もそのはたらきがありますが、目のくぼみがある状態の皮膚は、年齢や、目の過労などで本来の力を発揮できていない状態なのです。そのため、肌のはたらきを活発にするためには、「保湿」が一番効果的といえるでしょう。

また、目のまわりの保湿として代表的な アイクリームも、肌の力を引き出してあげるための補助的な役割をしてくれるものです。しっかり保湿をしてまぶたの皮膚が再生しやすい状態を作ることが、目のくぼみ解消の第一歩です。

目のつぼ押し

目を抑える女性の写真

目のつぼを押すことで、 目の疲れの軽減につながります。

■晴明(せいめい)

目の疲れを解消するといわれる有名なツボです。このツボは目の疲れ解消だけでなく、目の不調全般に有効とされています。

【位置】目頭の少し上のくぼんだ部分

【押し方】鼻筋をはさむような感じで、片手の親指と人差し指を左右のツボにあてます。鼻筋へ向かって垂直に力を入れます。眼球の方に押すのではなく、必ず鼻筋に向かって押すようにしてください。5秒ずつ×3回を目安にするとよいでしょう。

■攅竹(さんちく)

眉頭にあるツボで、目の疲れ解消、頭痛の緩和、老眼や眠気解消に効果的とされています。顔や目元のむくみ解消など、美容面でも有効なツボです。

【位置】眉頭の眉間側、少しへこんでいる部分

【押し方】左右のツボに左右の親指をそれぞれあてて、優しく上に持ち上げるように押します。親指ではなく人差し指で行ってもOKです。押しやすい方の指を使いましょう。

■太陽(たいよう)

目のかすみ、疲れ目からの頭痛・老眼に良いとされているツボです。太陽を刺激していると眼病と無縁になるという意味から “眼医者ごろし”とも呼ばれています。

【位置】眉尻と目尻の中心部分の少し外側、骨の際のわずかなくぼみ。

【押し方】左右のツボに両手の人差し指の腹をあてて、中指・薬指を添えます。

すぐ効く!すごく効く!3つの「疲れ目解消法」

  1. まず親指と中指で顔のこめかみ部分をガバッとつかみます。
  2. そのまま小刻みに微振動を15秒ほど送ります。
  3. 次は、眉毛の内側の骨の部分を少し下からひっかけるように15秒ほど押します。
  4. 眉毛の真ん中部分も同じように15秒ほど押さえます。

注:眼球を圧迫しないように注意してください。力加減は思ったより軽めでも十分効果がありますので、加減しながら行ってください。

表情筋ストレッチ

目だけではなく、顔の筋肉を鍛えることで、顔全体のリフトアップにつながります。さらに、顔の筋肉が整うことで、スムーズに血液循環ができるようになり血行が良くなります。

上まぶたのたるみをとる表情筋トレーニング

  1. 眉を上げます。
  2. 目を見開き5秒静止します。
  3. 眉を上げたままで目を閉じ、そのまま5秒キープします。
  4. ゆっくりと自然な表情に戻します。
  5. 3セット繰り返しましょう。

血流を改善する

目のまわりを温めることで、血行が良くなり、むくみがとれていきます。40度位に温めたホットタオルを目の上に置いたり、市販のホットアイマスクでケアするのも効果的でしょう。

さらに効果を高めたい時には、目を温める→冷やすの動きを数回繰り返すと血流が良くなります。

睡眠の質

理想的な睡眠時刻は、ゴールデンタイムと呼ばれる22時~2時を含む睡眠です。

同じ4時間の睡眠であっても、1時~5時まで睡眠を取るよりも22時~2時までの睡眠の方が、肌のハリも頭のすっきりさも変わってくるといわれています。

また、夜間の十分な睡眠も重要ですが、昼休憩も出来れば横になって休むなど、目を休めることを意識すると良いでしょう。

※禁止事項※ (これだけは絶対しないで。)

目のトラブルを予防するためにも、以下のことは避けましょう。

  • 目をこする。
  • メイクしたまま就寝する。
  • コンタクトを装用したまま就寝する(適正装用時間は約12時間)。

2. メイクで対処

カラフルなアイメイクをした女性の写真

目元のメイクは、全体の印象を変える重要な部分。しかし、目のくぼみを隠そうと、濃い色を使って隠そうとしている人は、もしかしたら逆効果になっているかもしれません。

くぼみ目の人が使わない方が良いアイメイク色

濃いブラウン寒色系のアイシャドウを広げると、目の影をさらに濃くしてしまい、余計にくぼんで見えてしまう結果になりがちなので、注意しましょう。

くぼみ目の人におすすめのアイメイク色

以下のような、暖色系カラーのアイシャドウがおすすめです。

  • 透け感を演出するパールホワイト
  • 血色をよく見せるパール系オレンジ
  • 目元を明るく引き締める淡いグレー

これらの色は、くぼみがなくなり、ふっくらと丸みのあるまぶたに仕上げることができます。また、下まぶたにも同じ色を足すことでより柔らかい印象を与えます。

ほかにも、アイラインはまつげの隙間を埋めるように書いていきましょう。まぶたの際に太く書いてしまうと、二重幅が狭まり目が小さく見えてしまいます。

くぼみ目の人へ向けたアイメイク方法を紹介

3. 美容外科クリニックで対処

まぶたに注射をする女性の写真

最後に、ホームケアでは間に合わないから今すぐどうにかしたい......と即効性を求める人におすすめなのは、美容外科クリニックでの治療です。 短期間で自然なふくらみのある、若々しいまぶたを手に入れることができると、とても人気のある方法を紹介します。

ヒアルロン酸注入

目のくぼんでいる部分にヒアルロン酸を少しずつ注入し、額やまぶたとの段差を無くすという施術方法です。メスを一切使用せずに目立たなくさせることができます。

メリットとしては、傷跡が残らず、施術時間が両目あわせて約10分と短い点が挙げられるでしょう。ヒアルロン酸は、約半年〜1年間と効果が持続し、時間の経過とともに少しずつ分解されて、約2~3年かけてすべて体内に吸収されます。

  • 所要時間:約10分
  • 料金:100,000円〜/1本
  • ダウンタイム:注入部分に内出血、赤みや腫れ、しこりが出現する可能性がありますが、1~2週間程度で落ち着いてきます。
  • 持続するとされる期間:約6~12か月
  • 通院:なし
  • 洗顔:当日可能
  • シャワー・入浴:当日可能
  • メイク:当日可能

くぼみ目の症例写真参考サイト:

高須クリニック ヒアルロン酸注入 症例写真

タカミクリニック ヒアルロン酸注入 症例写真

美容整形 Kunoクリニック ヒアルロン酸注入 症例写真

脂肪を移植する(自己脂肪注入)

クリニックで治療を受ける女性の写真

腹部や太ももなど、自分の脂肪を移植する施術方法です。

メリットとしては、ヒアルロン酸だと自己吸収をしていつかは溶けてなくなるのに対し、注入した脂肪の約50%が定着し、定着した脂肪は半永久的に残るため、効果の持続性という点でも選ばれています。

また、自分の脂肪を用いているため、アレルギー反応を起こすことは少ないといわれています。

しかしながら、内出血や腫れは1週間程度出ることが多いので、時間に余裕のあるときに施術を受けるのがおすすめです。

【施術の流れ】

  1. 塗り薬麻酔、テープ麻酔、注射麻酔から選択します(組み合わせも可)。
  2. 脂肪採取部に麻酔を施します。
  3. 脂肪吸引により、自分の脂肪を腰、腹部、太ももなどから採取します。
  4. 脂肪を洗浄します。
  5. 脂肪を上まぶたの凹み・くぼみに注入します。
  6. 上まぶたをクーリングして終了します。
  • 所要時間:1時間
  • 料金:150,000円〜250,000円
  • ダウンタイム:脂肪注入部位の張り感や筋肉痛のような痛み、内出血や腫れがある可能性がありますが、1〜2週間程度で落ち着いてきます。
  • 施術の痛み:局所麻酔注射時のわずかな痛み
  • 持続するとされる期間:定着したものは5年〜半永久
  • 通院:3日後(包帯、ガーゼ交換)・7日後(抜糸)
  • 洗顔:翌日可能
  • シャワー・入浴:当日可能
  • メイク:翌日可能

プレミアムPRP皮膚再生療法

プレミアムPRP皮膚再生療法は、自分の血液から抽出した血小板とグロースファクターという薬剤を調合し、まぶたに注入する施術方法です。目のくぼみやしわ、クマやたるみなど、目元の幅広いお悩みを改善することができます。

自分の血小板を使用する」という安全性切らない注入治療という手軽さから、今人気の新しい治療法です。

  • 所要時間:約30分〜40分
  • 料金:300,000円〜
  • ダウンタイム:注入部分に内出血、周辺部の赤みや腫れ、硬さが現れることがありますが、3日~2週間程度で落ち着いていきます。
  • 施術の痛み:局所麻酔注射時のわずかな痛み
  • 持続するとされる期間:3年以上
  • 通院:なし
  • 洗顔:翌日可能
  • シャワー・入浴:当日可能
  • メイク:当日可能

くぼみ目の症例写真参考サイト:

聖心美容クリニック プレミアムPRP皮膚再生療法 症例写真

生活習慣から見直しませんか?

女性が目元をおさえている写真

くぼみ目の原因と対処法を紹介しましたが、くぼみ目を悪化させないためにも、日常の生活習慣を改めて、疲れをとるための工夫をすることが大切です。質の良い睡眠や体を温めることで健康体を作り、くぼみで悩むことのない若々しい目元を作っていきましょう。

お悩み別人気クリニック

東京

水の森美容外科 東京銀座院

銀座一丁目駅 6番出口より徒歩1分

詳しく見る

大阪

湘南美容外科クリニック 大阪梅田院

JR大阪駅より徒歩3分

詳しく見る

福岡

聖心美容外科 福岡院

西鉄福岡天神駅より徒歩5分

詳しく見る

NICOLYおすすめ:美容整形やってみたシリーズ

※ 記事の内容は、医学的な正確性、効能、効果を保証するものでなく、かつ、記事の利用においてはしかるべき資格を有する医師や薬剤師等に個別に相談するなど読者の責任において行ってください。

関連するキーワード

注目の記事

【大人気】ブログより詳しい!整形の痛みやダウンタイム・術後経過すべて見せます!美容整形体験レポートシリーズ

【大人気】ブログより詳しい!整形の痛みやダウンタイム・術後経過すべて見せます!美容整形体験レポートシリーズ

NICOLY編集部では、カウンセリングから術後経過までの画像がたっぷりの、美容整形体験レポートを公開しています。切らないプチ整形から、脂肪吸引まで読み応え十分。NICOLY編集部いちおしの記事です。随時更新中!

45900 views | 整形二重脂肪吸引脂肪溶解注射

カテゴリ一覧

この記事のライター

本日のアクセスランキング

いまNICOLYで人気の記事

話題のキーワード

いまNICOLYで話題になっているキーワード

専門家ライター募集

NICOLYで記事を執筆していただける医師を募集

NICOLYでは「コンプレックスで悩んでいる人を笑顔に」というビジョンのもと毎日記事を更新しています。信頼性の高い記事を出し続けるために、記事の執筆をしていただける医師を募集しています

専門家ライター募集フォーム

編集者募集

NICOLYで記事を編集してくれる編集者募集

NICOLYでは「コンプレックスで悩んでいる人を笑顔に」というビジョンのもと、一緒に働いてくれる編集者を募集しています。

編集者募集フォーム

関連する記事

この記事に関連する記事をピックアップ