NICOLY:)[ニコリー] コンプレックスの悩み解決・応援サイト

医師が教えるコンプレックス解決サイト
監修済記事:1037記事

メルマガ登録

2016年11月24日 更新 | 2,260 views

15年以上つづいたニキビとの戦闘記。私にとって、ニキビは青春の敵だった[体験談]

12歳の頃の思春期ニキビから始まり、そこから15年以上ニキビとの闘いが続きました。母からの遺伝による体質的なものですが、それでも不衛生・だらしないイメージを持たれるのではと常にいつも引け目がありました。皮膚科や美容外科に通ったり出来る事はやってきた私。現在のことやこれまでの体験談をお話します。

12歳の頃からニキビができ始めた

ほっぺを押す女性出典:We heart it

ニキビができ始めるようになったのは、12歳の頃からでした。

初めは頬にポツポツ、白ニキビぐらいのものでしたが、それまで顔に出来物が出来たことなんかなかったので気になっていました。

そのうちおでこにもポツポツ出来るようになったので、前髪をおろして隠していました。

最初の頃は洗顔などをしていれば悪化せずに治りましたが、でもまた出来ての繰り返しでした。

いわゆる思春期ニキビの始まりです。

今思えば、この頃はニキビは出来ていても肌そのものの状態はそこまで悪くなかった頃です。

この時は、ニキビにこの先長いこと悩まされるとは想像していませんでした。

高校生になってニキビが悪化。皮膚科に通い始める

花だらけの少女出典:We heart it

高校生になり、ニキビが出来てもなかなか治らなくなっていました。

特に右頬が酷くて、頬全体がうっすら赤みを帯びている状態で、少しでも隠したくてこの頃からフェイスパウダーを使い始めました。

そして学校帰りに皮膚科通いを初め、ゲル状の塗り薬やビタミン剤を処方して貰っていました。

その薬をしばらく使っているとマシになりましたが、いつまた悪化するか、いつもビクビクしていました。

薬をきらさないように、いつもきっちり皮膚科に通っていました。

1度、当時付き合っていた彼氏にその時出来ていた大きなニキビを指さされて、

「ニキビ、早く治せよ」

と言われて凹んだ記憶があります。

彼氏はニキビが出来ないタイプの子だったので、私がこんなにニキビで悩んでいるとは知らなかったでしょう。

大体常にニキビが出来ているので写真を撮るのも好きじゃなくて、今思えば高校生の頃はいつも肌のことを気にしていたように思います。

母もニキビで悩んでいた!

暗い少女出典:We heart it

高校生の頃は「なんで自分はこんなにニキビが出来るんだろう」ということをよく思っていました。

ニキビが出来ない子は本当に綺麗な肌をしていて、その違いって一体なんなんだろう、と悩みました。

よく「チョコレートの食べ過ぎ」とか「スキンケアをちゃんとしてないから皮脂が溜まる」とか、ニキビが出来る原因として、今は明確な関連性のないようなことでも当時は当たり前のように言われていた時代です。

ニキビが出来ている自分は、チョコレートなどの油っこいものを食べているとか、だらしない女の子だとまわりに思われているんじゃないかと悲しくなることもありました。

私がニキビに悩んでいると、母が

「お母さんと同じだね......」

と言っていました。

母も若い頃は私と同じようにニキビに悩んでいて、病院に行ったり、ハト麦茶を飲んだり、色々な方法を試したそうです。

「でもどれも効かなかったわ~」というのが結論でした。

「じゃあ、このニキビはいつ治るの?」

と私が聞くと、

「まあ、もう少し大人になればいつか治るから、今は我慢しなさい」

という答えが返ってきました。

なんだか無責任に聞こえるその返事に、

「母の体質が遺伝したから、私にもこんなにニキビができるんだ」

と、この時は腹立たしく感じていました。

今思えば母の言うこともしょうがないことなのですが、この時は本当にニキビがコンプレックスだったので、肌に関する話になると些細なことでもイライラしていました。

一方、母とは違い、若いころにニキビがほとんど出来なかったという父。

「なんで父の肌に似なかったんだろう」とため息をつく毎日でした。

「メイクする→ニキビが出来る→メイクで隠す→また悪化」の悪循環に

メイク道具出典:We heart it

大学生になってメイクを始めました。

最初は肌の状態は落ち着いていましたが、毎日メイクするようになってニキビも常に出来ているような状態でした。

それをまた隠すので、またニキビが増えて悪循環に陥っていました。

この時にはうまくニキビが隠せて、崩れにくいコンシーラーを探すのに必死でした。

何本、色々なメーカーのコンシーラーを買ったかわかりません。

このときにはニキビ自体を治すことをいつの間にか諦めてしまっていて、隠すことにばっかり必死になっていたんです。

たまに皮膚科に行くこともありましたが、「どうせまた出来るんだし」と継続的に通わなくなっていました。

また、私は元々生理不順があり、ホルモンバランスが悪いからニキビが出来る原因ではないかと考え、産婦人科でピルを貰いに行ったこともあります。

ピルを飲めば多少はニキビは良くなったような気がしました。

しかし学生には保険適用外のピルは高く、これも続きませんでした。

社会人になって少しニキビが落ち着いた

紅葉と女性出典:We heart it

社会人になり、私のニキビも少し落ち着いてきました。

20代前半の頃です。

この頃はニキビがない状態が続くこともあり、カバーするためにあれこれ塗らなくなったので、メイクも薄くなっていました。 それがまた肌に良かったのでしょう。

そして、ちょうどミネラルファンデーションが流行り出したころで、私も使用していました。

この頃は、無添加化粧品やオーガニックコスメなどを意識して使っていたのも、ニキビが良くなった理由の一つだと思います。

基礎化粧品もごくごくシンプルにしていました。

肌の状態がいい時が暫く続いていたので、「もうこれでできなくなるかも」と甘い期待を抱いていました。

生理周期もこの頃は安定していたのも良かったのかもしれません。

特に左の頬はニキビもニキビ跡もほぼない状態で、こんな肌の状態は小学生以来ではないかと思いました。

しかし喜びもつかの間、1年後ぐらいから、また私の肌の状態は悪くなっていくのです......。

20代後半になってまたニキビが出来始める

バスに揺られる女性出典:We heart it

20代後半になり、今まであんなに落ち着いていたのにまたニキビができ始めました。

しかも、赤くてボツボツと大きなものができ始めました。

Uゾーンにばかり出来ていたので、今思えば、アダルトニキビというやつでしょう。

1度できると膿んでしまってなかなか治らず、いよいよ困って皮膚科に通うことにしました。

その時に処方されたのは日本で認可されたばかりの、レチノールが配合されたタイプの新しい塗り薬です。

しかしこの薬は副作用があるから、塗り方などにも注意が必要だと医師から説明を受けました。

その説明としては

「1度はニキビが悪化したような状態になるけど、しばらく続けていたらよくなります」

というものでした。

おそるおそる塗ってみると、確かに日を重ねるにつれてニキビが悪化したようになってしまいました。

元々ただでさえボツボツと大きいニキビが、さらに赤く盛り上がってしまい目立ってしょうがないのです。

今までのニキビの塗り薬のイメージは「塗ったらニキビが枯れる」みたいな感じだったのですが、この新しい薬は、塗ると全く逆な状態になりました。

ニキビはジンジンして今にも潰れそうだし、この薬のことが怖くなってしまい、結局私は途中で使用をやめてしまいました。

ニキビ跡が気になりはじめて......

モノクロと花出典:We heart it

結局、皮膚科でのニキビ治療は自己判断でやめてしまい、自己流で治す結果となりました。

二キビは出来ては治っての繰り返しで、この頃には赤い色素沈着やクレーター状になったニキビ跡がいくつか残ってしまっていました。

私は体質なのか、傷跡などもなかなか消えないタイプなんです。

これにはニキビ跡も当てはまり、数か月どころか1年以上消えないニキビ跡もいくつかありました。

この頃にはニキビも気になるけれど、ニキビ跡が気になるようになってしまっていました。

色々調べて、ビタミンC誘導体が配合された化粧水がいいとか、発光ダイオードの美顔器がいいとか、自宅で出来るものは試す毎日です。

しかし自己ケアには限界があります。

即効性はあまりなくて、効果が出るには時間がかかります。

どうにかいい方法はないか自分なりに調べた結果、美容外科にの治療を受けてみることにしました。

初めての美容外科

欧米風ソファー出典:We heart it

雑誌やインターネットで調べて、私はフォトフェイシャルをやってくれる美容外科に予約を入れました。

予約した美容外科は、テナントが入るビルの6階にあり、とても綺麗なクリニックでいた。

初回は通常料金よりもいくらか安くなっており、お試しのような感じで受けられます。

クリニックに着くと、まずはカウンセリングを受けました。

担当してくれた女性には、

あなたの場合はフォトフェイシャルよりもどちらかといえばピーリングの方がいいよ

とすすめられました。

しかしその時の私はピーリングになんだか怖いイメージをもっており、さらにフォトフェイシャルを受けたい気持ちが固まってしまっていたので、その日は予約通りフォトフェイシャルを受けて帰宅しました。

結局のところ、効果は、あまりありませんでした。

後日、そのクリニックに行ってまたよく話を聞くと、

フォトフェイシャルはシミやそばかすには有効である場合が多いけれども、私のニキビ跡はやはりピーリングの方が合っている

とのことでした。

そしてアドバイス通り、ピーリングを受けてみることにしました。

するとピーリング後に受けるイオン導入が気持ちよくて肌も明るくなったので、暫く月1で通うようにしました。

ニキビは落ち着いたのかよくわからない

窓際に座る少女出典:We heart it

月1でピーリングとイオン導入をするようになって、確かに肌の状態は一番酷い時よりはマシになっていたと思います。

しかしそれでもニキビは相変わらず出来るし、完全に綺麗な状態になるときはありませんでした。

そして仕事が忙しくなったりして通うのが難しくなり、ピーリングもまた、何回か受けたところでやめてしまいました。

それまでのニキビ跡はいくらか薄くなっていましたが、また新しいニキビ跡が出来ていたのでなんだかイタチごっこのような感じでした。

この時の私は、30歳目前になっていました。

ニキビも気になっていましたが、今度は肌の乾燥やシミなども気になりはじめ、次第にニキビケアにはあまり重点を置かなくなっていました。

ニキビは出来なくなったけど、ニキビ跡がシミに

片目を抑える女の子出典:We heart it

私は29歳で結婚し、1年後に子供を授かりました。

この頃になると、不思議とニキビが出来なくなっていたのです。

ホルモンバランスが整ったのか、子供がいるからあまりメイクをしなくなったのが良かったのか、理由はわかりません。

ニキビはほとんど出来なくなり、出来ても白ニキビぐらいでそれ以上悪化せずに治るようになりました。

しかし今度はニキビ跡がシミになってしまいました。

頬のニキビ跡ですが、「なかなか色素沈着が消えないなあ」と思っていたら、調べてみて、ニキビ跡が紫外線などの影響でシミになることを知りショックを受けました。

私のニキビ跡は元々赤かったはずですが、よくよく見てみると、なんだか赤茶色になっているのです。

「これはまぎれもなくシミだ」と思いました。

結構落ち込みましたが、その後はとりあえず美白ケアに重点を置いてスキンケアをするようになりました。

そしてクレーター状になったニキビ跡ですが、これは以前より普段のケアではどうにもならないことを知っていました。

住んでいる地域は田舎で、美容外科なんてものはありませんし、子供がいるのであまり自分のことにお金や時間もかけられません。

そこで、肌に小さな穴をあけてコラーゲンの生成を促して凹凸を改善していくという「ダーマローラー」というものを自分で購入して行うことにしました。

地道にやっていくしかないですが、少しでも改善したいので続けています。

長かったニキビとの闘い

笑う少女出典:We heart it

ニキビ跡は気になるものの、ニキビで悩むことはほぼなくなり、私とニキビの闘いはとりあえず終止符を打ちました。

今思えば、12歳でニキビに悩み始めてから29歳頃まで、本当に長い月日でしたし、たくさんお金も使いました。

ニキビは顔に出来るものですので、女性ははもちろん、男性でも悩んでいる方が多くいます。

「ニキビは青春のシンボル」と一昔前は言われて軽く考えられているようなイメージがありましたが、私も「ニキビなんかで皮膚科に行くのは恥ずかしい」と実は少し思っていました。

しかしニキビはれっきとした病気であり、病院で治療するものなのです。

ですからニキビに悩んでいる方には皮膚科に行ってちゃんと治療を受けてほしいと今では常々思います。

私は結局、病院に通うことを続けられずに自己流でケアしていたのもあり、今ではニキビ跡に悩む結果となってしまいました。

ニキビ跡が結局、新たなコンプレックスになってしまったのです。

私のような思いをしてほしくないから、自分の子供が大きくなってニキビに悩む時がきたら、絶対に親身になって手助けをしてあげたいと思います。

written by おしみ

Top image via Weheartit

お悩み別人気クリニック

全国

品川スキンクリニック

ニキビ・ニキビ跡

詳しく見る

全国

湘南美容外科

ニキビ・くすみ・しわ

詳しく見る

他の体験談も見てみる!NICOLYコンプレックス体験談

※ 記事の内容は、医学的な正確性、効能、効果を保証するものでなく、かつ、記事の利用においてはしかるべき資格を有する医師や薬剤師等に個別に相談するなど読者の責任において行ってください。

関連するキーワード

注目の記事

【大人気】ブログより詳しい!整形の痛みやダウンタイム・術後経過すべて見せます!美容整形体験レポートシリーズ

【大人気】ブログより詳しい!整形の痛みやダウンタイム・術後経過すべて見せます!美容整形体験レポートシリーズ

NICOLY編集部では、カウンセリングから術後経過までの画像がたっぷりの、美容整形体験レポートを公開しています。切らないプチ整形から、脂肪吸引まで読み応え十分。NICOLY編集部いちおしの記事です。随時更新中!

46189 views | 整形二重脂肪吸引脂肪溶解注射

カテゴリ一覧

この記事のライター

本日のアクセスランキング

いまNICOLYで人気の記事

話題のキーワード

いまNICOLYで話題になっているキーワード

専門家ライター募集

NICOLYで記事を執筆していただける医師を募集

NICOLYでは「コンプレックスで悩んでいる人を笑顔に」というビジョンのもと毎日記事を更新しています。信頼性の高い記事を出し続けるために、記事の執筆をしていただける医師を募集しています

専門家ライター募集フォーム

編集者募集

NICOLYで記事を編集してくれる編集者募集

NICOLYでは「コンプレックスで悩んでいる人を笑顔に」というビジョンのもと、一緒に働いてくれる編集者を募集しています。

編集者募集フォーム

関連する記事

この記事に関連する記事をピックアップ