2017年05月18日 更新 | 20,744 views

「処女膜切開手術」とは?性交渉の痛みに耐えられない人必見

「いつまでたっても性交時の痛みや出血がおさまらない」という女性は、「処女膜強靭症」や「処女膜閉鎖症」あるいは、そのほかの先天的な処女膜の形態異常を抱えている場合があります。そうした性交時のトラブルが心理的要因に起因するものではない場合、処女膜切開手術を受けることで解決することができることが多いようです。

オザキクリニック新宿院 増田あゆみ

この記事は、オザキクリニック新宿院 増田あゆみ先生が監修しています。

性交渉は、本来男性と女性両者によろこびを与えるものです。

しかし、女性のなかには処女膜の先天的異常が原因となって、性交時に痛みや出血をともなう人も。

性交痛の原因となる処女膜の先天的な異常の解消を目指すには、「処女膜切開手術」という方法があります。

この記事に書いてあること

  • 処女膜とは
  • 処女膜切開手術とは
  • 手術でも痛みがおさまらなかったら

「処女膜」とは

性交痛に悩む女性

「処女膜」とは、女性の膣の入り口にある、フリルのようなひだ状の粘膜のこと。

「膜」という言葉のイメージのせいか、処女膜は膣の入り口をぴったりと覆っているものであるかのように思われがちですが、じつは真ん中に指先ほどの大きさの穴の開いた構造になっています。

膣からの分泌物や経血などは、この処女膜の穴から外へと排出。

性交時の性器の挿入も弾力のあるこの開口部を通して行われるため、「処女膜を破る」という表現はふさわしくありませんが、初めての性交時には処女膜がひっぱられたり裂けたりすることで出血したり痛みを感じたりする場合が多いようです。

女性の身体は、性交渉の回数を重ねるごとに性交渉に慣れてゆき、潤滑液が出やすくなって、徐々に快感を覚えるようになっていきます。

「いつまでも痛いまま」という場合には

しかし、なかには処女膜の先天的な形態異常のせいで、何度性交渉を行っても痛みや出血がおさまらない女性も。

そのような処女膜の先天的な形態異常を解消するのに有効とされるのが、「処女膜切開手術」です。

処女膜切開手術とは

ベッドに横になった女性の脚の写真

処女膜切開手術とは、その名のとおり処女膜の切開もしくは除去を行う手術のことです。

処女膜に切れ目をいれるか完全に除去したあと、また閉じてしまわないように周囲を縫合します。

通常は局部麻酔で行いますが、恐怖や緊張を感じてしまう人は、静脈麻酔をほどこし、寝ている間に手術を行うことも可能。

局部麻酔の場合は30分、静脈麻酔の場合は1時間〜1時間半程度で終わり、痛みはほとんどありません。手術後2、3日は血がにじむ場合があるので、ナプキンの使用が必要に。

シャワーは手術当日より可能ですが、入浴は7日目ほど空ける方が良いとされます。激しい運動は最低2週間、性交渉は1か月は時間をあけてからが望ましいでしょう。

縫合の際には、ほとんどの病院で自然に溶ける糸を使用するので、抜糸の必要はないようです。

手術にかかる費用は15万円程度が相場になります。

処女膜切開手術が有効とされる症状

飲み物を飲む女性の写真

処女膜切開手術は、性交時の痛みに悩んでいる人に有効とされます。

何度性交渉をしても、性交痛や膣からの出血がなくならないという人は「処女膜強靭症」「処女膜閉鎖症」などといった、先天的な処女膜の形態異常を抱えている可能性があります。

処女膜強靭症

処女膜強靭症とは、女性の膣口を取り囲むひだ状の器官である処女膜が厚くなり、リング状に硬くなっている状態のことをいいます。

先天的な形態異常が原因であることが多いものの、なかには心理的な問題が要因になることも。

たとえば、性交のときにひどい痛みを感じたせいで「性交恐怖症」になり、それが処女膜強靭症につながっているかもしれません。

処女膜強靭症の改善を目指すには、硬くなった処女膜を切開したり除去したりする処女膜切開手術が有効とされます。手術を受ければ、性交時の痛みはかなり軽減されるようです。

処女膜閉鎖症

通常、処女膜は中央に穴があいており、膣を完全にふさいでいるわけではありません。しかし、なかには先天的異常のせいで処女膜が完全にふさがってしまっている人もいます。

この処女膜が完全にふさがっている状態が処女膜閉鎖症。処女膜閉鎖症の人は、膣内に粘液や月経血がたまってしまうので、下腹部に痛みを感じることがあります。

思春期になっても初潮がなかなかおとずれず、心配になって産婦人科を受診することで発覚。

処女膜閉鎖症も、処女膜切開手術で月経血や粘液のとおり道をつくってあげることで完治するとされます。そのため、妊娠や出産にも問題はないそうです。

処女膜の形態による性交困難

処女膜の形状は人それぞれ。中央に環状の穴が開いた「環状処女膜」の人がもっとも多く、このタイプの処女膜は性交に支障をきたしにくいとされていますが、性交に困難を伴いやすい形状の処女膜の持ち主も少なくありません。

前述のような「処女膜閉鎖症」以外にも、たとえば膜の一部がつながってしまっている「中隔処女膜」や小さい穴が複数開いている「篩状処女膜」などは、初めての性交時に裂けることが多く、痛みや出血を生じやすいようです。

このような場合には、処女膜切開であらかじめ性器の挿入を妨げる箇所を切開しておくことで、性交時の苦痛を減らすことが可能とされています。

処女膜による性交痛全般

そのほか、先天的な異常などがなくても、人より処女膜の開口部が狭かったり、初性交の痛みに対する不安が大きかったりするときにも、処女膜切開手術は有効とされます。

手術をしても痛みがおさまらなかったら?

窓の外を見る女性の写真

何度性交をしても痛みがなくならない場合、処女膜の先天的異常が原因であることがほとんどです。その場合は、処女膜切開手術を受ければ症状はかなり解決できるはず。

しかし、場合によっては体に問題がなくても、心理的な問題が引き金となって痛みを引きおこしているケースも。

性交時に恐怖を感じたトラウマなど、心理的な問題が痛みの原因の場合、処女膜切開手術を行っても改善する可能性はあまり高くありません。

処女膜の形態異常が見当たらなかったり、処女膜切開手術をしても性交時の痛みがなくならなかった場合には、心療内科やクリニックでのカウンセリングを受けてみても良いかもしれません。

処女膜切開手術で痛みからの解放を

しゃぼんだまの写真

せっかくのパートナーとの大切な時間に、苦痛な思いをしてしまうのは悲しいこと。

もし性交渉のときに痛みや不安を感じるなら、一歩踏みだして専門機関に助けを求めるのもありかもしれません。

そうすれば、パートナーと過ごす日々が、もっと笑顔にあふれるものになるはずです。

まとめ:おさまらない性交痛は処女膜切開手術で解決しよう

処女膜とは

  • 膣の入り口にある穴の開いたひだ状の組織
  • 性交によって裂けたり出血したりすることはあるが、徐々に慣れていく
  • 処女膜の形態によっては性交が困難であり性交痛を伴いやすいことも

処女膜切開手術とは

  • 処女膜の切開、または切除を行う手術
  • 処女膜強靭症や処女膜閉鎖症、そのほか処女膜の形態異常などの解消が期待できる

手術でも痛みがおさまらなかったら

  • 性交痛がトラウマなど精神的な要因によるものである可能性がある
  • さまざまな可能性を考慮したうえで治療にあたってくれるクリニックで診察を受けることが大切

この記事の監修医:増田あゆみ先生のクリニックはこちら

  • 住所東京都新宿区歌舞伎町1-1-17 エキニア新宿7F
  • アクセス東京メトロ副都心線 新宿三丁目駅徒歩5分 JR 新宿駅東口徒歩5分
  • 休診日年中無休
  • 診療時間平日 11:00〜20:00 土日祝 10:00〜18:00
  • 電話番号0120-565-449
  • 予約電話予約 WEB予約

※ クリニック情報や診療メニューなどは、公式ホームページから取得した内容ですので、情報の正確性は保証されません。必ず事前にご確認の上ご利用ください。

オザキクリニックLUXE新宿の詳細

NICOLYおすすめ:美容整形やってみたシリーズ

関連する記事

【ブログまとめ】ブログよりくわしい!整形の痛みやダウンタイム・術後経過すべて見せます!美容整形体験レポートシリーズ

NICOLY編集部では、カウンセリングから術後経過までの画像がたっぷりの、美容整形体験レポートを公開しています。切らないプチ整形から、脂肪吸引まで読み応え十分。NICOLY編集部いちおしの記事です。随時更新中!

記事に関するお問い合わせ

※ 記事の内容は、医学的な正確性、効能、効果を保証するものでなく、かつ、記事の利用においてはしかるべき資格を有する医師や薬剤師等に個別に相談するなど読者の責任において行ってください。

注目の記事

【ブログまとめ】ブログよりくわしい!整形の痛みやダウンタイム・術後経過すべて見せます!美容整形体験レポートシリーズ

【ブログまとめ】ブログよりくわしい!整形の痛みやダウンタイム・術後経過すべて見せます!美容整形体験レポートシリーズ

NICOLY編集部では、カウンセリングから術後経過までの画像がたっぷりの、美容整形体験レポートを公開しています。切らないプチ整形から、脂肪吸引まで読み応え十分。NICOLY編集部いちおしの記事です。随時更新中!

この記事の監修者

この記事のライター

本日のアクセスランキング

注目のクリニック

注目の医師

サイトメニュー