NICOLY:)[ニコリー] コンプレックスの悩み解決・応援サイト

医師が教えるコンプレックス解決サイト
監修済記事:1034記事

メルマガ登録

2016年11月05日 更新 | 4,271 views

痛みなし、リバウンドなし!? 部分やせ施術「リポコントラスト」

リポコントラストは、施術部位に「加熱→冷却→加熱」と3段階の温度差を与えて脂肪細胞を破壊し、脂肪細胞が代謝により自然に体外へ排出されることで部分やせ効果を得る施術。施術中の痛みもダウンタイムもほぼなく、「楽して部分やせ」が叶うといわれる施術です。

テレビ番組などで紹介され、じわじわと話題になりつつある、新しい痩身施術「リポコントラスト」

痛みもダウンタイムもない施術で、リバウンドの心配もなく、部分やせ効果が高いという点で、画期的な痩身術であると言われています。

しかし、従来のダイエット法や痩身治療は、「辛い・痛い・ガマン」がつきもの。「楽してやせられる」なんて、にわかには信じられない人も多いでしょう。

そこで、リポコントラスト施術のメカニズムと、その効果の実際のところを検証していきます。

リポコントラスト(LipoContrast)とは

クエスチョンマークのリングをつけた女性の写真出典:We Heart It

リポコントラストは、「部分やせ」に特化した、最新技術を使った痩身機器です。

リポコントラスト施術では、皮膚の上から施術部位に「加熱→冷却→加熱」と、3段階の温度変化を与えることで脂肪細胞を破壊し、体外に排出することで部分やせを実現します。

リポコントラストは「切らない脂肪吸引」施術のひとつ

お腹にマークをつけている様子の写真

クリニックで行われる部分痩せ治療には、以下の2種類があります。

  • 「切る脂肪吸引」……皮膚を切開してカニューレという管を入れ、脂肪細胞を体外へ吸引する。
  • 「切らない脂肪吸引」……超音波や脂肪細胞冷却マシンを使い、皮膚の上から脂肪細胞を破壊して、自然に体外に排出させる。

リポコントラストは、このうち「切らない脂肪吸引」に属します。

リポコントラストのしくみ

ワークアウト中の女の子出典:we heart it

脂肪には、他の組織よりも高い温度で凍るという性質があります。体内の水分は0℃で凍りますが、脂肪は4℃の温度になると、すでに凍りはじめます。

リポコントラストは、この「脂肪が他の組織よりも高い温度で凍る」という性質を利用した施術です。

リポコントラストは、3段階の温度差で脂肪細胞を死滅させる

リポコントラスト施術では、施術部位に専用のアプリケーターを当てて吸引します。この状態で脂肪をまず温め、次に冷却し、再び温めます。

皮膚や血管などのほかの組織にはダメージを与えない温度設定を行い、温度差を与えることで、脂肪細胞のみをシャーベット状に凍らせて破壊します。

シャーベット状に凍った脂肪細胞は、不要となった細胞が自ら死滅する「アポトーシス」という現象を起こします。壊れた脂肪細胞は、施術後3~4週間かけて、汗や尿とともに徐々に体外へ排出されます。

したがって、施術部位に部分やせの効果があらわれるまでには、3~4週間を要します。

リポコントラスト施術で得られる効果とメリット

帽子を持つ女の子の写真

リポコントラスト施術のメリットには、以下のようなものがあります。

リポコントラスト施術のメリット1:リバウンドの心配がなく、太りにくい体が手に入る

脂肪細胞の数自体を減らす施術であるため、痩せた後にリバウンドしてしまう心配がありません。

つまり、施術を繰り返すごとに「太りにくい体質になっていく」ことができます。

リポコントラスト施術のメリット2:痛みもなく、横になっているだけの施術

リポコントラスト施術は、痛みをともなわないため、麻酔の使用は不要です。

多くの人は、施術中に読書したり、DVDを観たりなどして、リラックスしながら施術を受けているのだとか。

リポコントラスト施術のメリット3:ダウンタイム(日常生活が通常通り行えるようになるまでの時間)が短い

リポコントラスト施術では、ダウンタイムはほとんどないと言われています。

もちろん傷跡も残らないため、周囲の人に美容施術を受けたことがわかってしまうこともありません。

リポコントラスト施術のメリット4:やせにくい部分の痩身も可能

太ももなど、食事制限ダイエットでは脂肪が落ちにくい部位も、リポコントラストではやせることが可能です。

リポコントラスト施術のメリット5:高い痩身効果が得られるとされる

1回のリポコントラスト施術では、施術部位の脂肪組織の30%以上を除去することが可能とされています。

また、コラーゲン線維が脂肪細胞を巻き込んだ「線維状脂肪」と呼ばれる、ほかの施術では除去しにくい脂肪にも効果を発揮します。

このため、リポコントラストは、ほかの施術に比べて痩身効果が高いと言われています。

リポコントラスト施術のメリット6:安全な痩身法である

リポコントラストは、皮膚を切開することなく、体の外から、ほかの組織に影響を与えることなく脂肪細胞にだけ働きかける施術です。

そのため、副作用がなく、安全な施術と言えます。 

リポコントラスト施術の適用可能部位

美しい脚の写真

リポコントラスト施術は、以下のようなさまざまな部位への施術が可能です。

  • あご(のたるみ)
  • 胸部・腹部や脇腹
  • 背中や腰
  • 腕や二の腕
  • お尻
  • 太もも・ふくらはぎ・ひざ

基本的には、「アプリケーションが装着出来る部位であれば、全身どこでも施術が可能」であるとされています。

リポコントラストの3種類のアプリケーター

リポコントラストには、「大」「中」「小」の3種類のサイズのアプリケーターがあります。

背中やお尻など広範囲への施術には、皮膚との接触面積が大きい「大」サイズのアプリケーターが使われます。

二の腕など、比較的狭い範囲への施術では、皮膚との接触面積が小さい「中」または「小」サイズのアプリケーターを使用することで、各部位に対し、より効果的なアプローチを行います。

リポコントラストと他の「切らない脂肪吸引」施術の違いは?

考える女性の写真

従来の「切らない脂肪吸引」施術としては、「キャビテーション」や「ゼルティック」がよく知られています。

これらの施術とリポコントラストとの違いは、どこにあるのでしょうか?

リポコントラストとキャビテーションとの違い

キャビテーションは、特殊な超音波を施術部位に照射する施術。

超音波で脂肪細胞を振動させることにより、脂肪細胞膜を破壊します。すると中性脂肪が細胞の外へ溶け出して「乳化」し、血液やリンパ液によって排泄されるのです。

週に1~2回のキャビテーション施術を受けると、1~3か月後から効果が現れてきます。

一方、リポコントラストでは、破壊された脂肪細胞が排泄されるのは、約3〜4週間後。つまり、キャビテーションより早く効果が得られるとされています。

リポコントラストとゼルティックとの違い

ゼルティックはリポコントラストと同じく、脂肪細胞を凍らせてアポトーシスを誘発し、排泄させるという痩身法です。

リポコントラストとの違いは、ゼルティックでは、死滅した脂肪細胞が体外へ排出されるまでに2~4か月を要する点

また、リポコントラストは、ゼルティックよりも高い痩身効果を得ることを目的に開発された機器です。脂肪細胞を「加熱→冷却→再度加熱」して、温度の落差を与えることにより、ゼルティック施術よりも脂肪細胞を減少させる割合が、約3割多いといわれています。

このため、リポコントラストは二の腕や腹部など、「脂肪が多い部位の効率的な部分やせ」に適している施術であると言えます。

リポコントラストの施術のデメリット

破れたハートの写真

「楽してやせられる」という、多くの女性の夢が本当に叶ってしまうリポコントラストですが、デメリットもあります。

リポコントラストの施術のデメリット1:即効性はない

破壊された脂肪細胞は、代謝により、3~4週間かけて徐々に体の外へ排出されていきます。

このため、「すぐにやせたい!」という人には向かない施術です。

リポコントラストの施術のデメリット2:長期にわたる施術が必要

リポコントラストは、「1回の施術では効果が得られにくい」とされています。

複数回の施術が必要であるため、施術が長期間にわたることがあります。

リポコントラストの施術のデメリット3:費用が高額である

リポコントラストは、1回の施術に数万円~数十万円の費用がかかります。

さらに、1回の施術では効果が得られにくく、複数回の施術が必要です。

このため、トータルの施術費用は高額になってしまう場合も。

リポコントラストは、こんな人におすすめ!

ハートのプレートを目に当てる女性の写真

リポコントラストは、以下のような人に適している施術です。

  • 運動や食事制限ダイエットが続けられず、楽にやせたい人
  • 「切る脂肪吸引」手術には抵抗があるが、脂肪をとにかく減らしたい人
  • 部分やせしたい人
  • 痛みやダウンタイムがあったり、傷跡の残る施術はイヤで、身体に負担をかけずにやせたい人
  • リバウンドしたくない人

リポコントラストの施術の流れ

病院の受付の写真

リポコントラストの施術を受ける際は、以下のような手順で施術が行われます。

手順1:診察とカウンセリング

体のどの部位をどの程度やせたいのか、どのような仕上がり状態を希望するかなどを医師が聞きとり、健康状態とあわせて、リポコントラストが適当な施術であるか否かの判断が行われます。

手順2:施術の準備(マーキング)

施術部位に印をつけます。

手順3:加熱→冷却→加熱

施術部位にジェルを塗ったのち、「アプリケーター」と呼ばれる専用の器具を装着します。

アプリケーターで吸引すると、アプリケーター内に皮膚と脂肪が吸引されます。この状態で、約15分間加熱します。

次に約30分間冷却し、最後にふたたび約15分間加熱を行います。

手順4:施術終了

アプリケーターをはずしてジェルをふき取り、施術は終了です。

1回の施術の所要時間は、約1時間です。

リポコントラスト施術にかかる費用の相場は?何回受ける必要がある?

リポコントラスト施術で痩身効果を得るために必要な施術の回数は、施術部位や、脂肪の厚さなどにより異なります。

一般には、1部位に対し1〜3回の施術が必要であるといわれています。

施術から次回の施術までは、約4週間の間隔をあけることが適当であるとされています。

1回の施術(60分間)にかかる費用の目安は、大型または中型のアプリケーターでの施術では50,000〜70,000円、小型アプリケーターでは30,000〜40,000円が相場のようです。

リポコントラスト施術にともなう痛み

リポコントラスト施術中は、痛みはほとんど感じません。

ただし、施術部位をアプリケーターで吸引する際、引っ張られる感覚や違和感を感じたり、加熱や冷却にともなう温度差を感じることがあります。しかし、ほとんどの人が数分後には慣れて、気にならなくなるようです。

このため、リポコントラスト施術は麻酔不要で受けることができます。麻酔も体に負担を与えるため、この点でもリポコントラスト施術は体への負担が少ない施術であると言えます。

ただし、頑固なセルライトができてしまっている人などは、吸引の際に少し痛みを感じることがあります。

「痛みがあるのでは?」と怖い人は、麻酔クリームを塗布してくれるクリニックもありますので、事前に相談してみましょう。

リポコントラスト施術のダウンタイム

掛け時計の写真出典:We Heart It

リポコントラスト施術を受けた後は、吸引した部分が少し赤くなることがありますが、数時間後には消えます。

このため、ダウンタイムはほぼないと言って良いでしょう。

まれに、施術部位に内出血ができたり、痛みが出ることがありますが、この場合も1週間ほど経つとおさまります。

リポコントラスト施術後の経過とアフターケア

施術当日から、普段どおりの日常生活が可能です。入浴や運動も行って問題ありません。

施術の直後から、死滅した脂肪細胞の排出が徐々にはじまっているため、排出をうながすために、施術部位を温めたり冷やしたりする必要もありません。 

しかし「施術を受けただけでやせる」と安心して何もしないよりは、体から老廃物が排泄されやすくなるようなアフターケアを行った方が、より高い痩身効果を得ることができます。

具体的には、以下のようなことが効果的であるとされます。

  • デトックスをうながす食事内容に切り替える
  • 水分を十分に摂る
  • 適度な運動を行う
  • 睡眠を十分にとる

リポコントラスト施術の症例写真が見られるクリニックのサイト

PCを見る女性の写真出典:We Heart It

リポコントラスト施術を行っているクリニックのサイトには、リポコントラスト施術の症例写真が掲載されています。

症例写真を見ると、「リポコントラスト施術で実際にどのくらいの痩身効果が得られるのか」ということがよくわかるため、施術を検討する際の参考になります。

症例写真は、以下の2つのクリニックのサイトで見ることができます。

リポコントラスト施術の症例写真が見られるサイト1:湘南美容外科 新宿本院

腹部の症例写真が掲載されています。

どの写真にも、かなりの部分やせ効果が見られます。

リポコントラスト施術の症例写真が見られるサイト2:Theoryクリニック

腹部だけでなく、背中やあご、ウエストの変化を見ることができます。

*症例写真の一部は、他サイトからの転載のようです。

痛い・我慢・傷跡もなし。楽してやせたい人にぴったりな「リポコントラスト」

犬と寝転ぶ女の子出典:we heart it

痛みもダウンタイムも、傷跡が残ることもなく、「横になっているだけ」で痩せることができるリポコントラスト。

しかもリバウンドの心配もなく、施術を受けるたびに太りにくい体質になるとなれば、本当に夢のような痩身術です。

費用と時間に余裕があるのなら、ぜひ検討してみてください。

top image via we heart it

医療痩身の地域別人気クリニック

東京

渋谷美容外科

渋谷駅東口徒歩1分

詳しく見る

大阪

湘南美容外科クリニック 大阪梅田院

JR大阪駅より徒歩3分

詳しく見る

福岡

聖心美容外科 福岡院

西鉄福岡天神駅より徒歩5分

詳しく見る

NICOLYおすすめ:美容整形やってみたシリーズ

※ 記事の内容は、医学的な正確性、効能、効果を保証するものでなく、かつ、記事の利用においてはしかるべき資格を有する医師や薬剤師等に個別に相談するなど読者の責任において行ってください。

関連するキーワード

注目の記事

【大人気】ブログより詳しい!整形の痛みやダウンタイム・術後経過すべて見せます!美容整形体験レポートシリーズ

【大人気】ブログより詳しい!整形の痛みやダウンタイム・術後経過すべて見せます!美容整形体験レポートシリーズ

NICOLY編集部では、カウンセリングから術後経過までの画像がたっぷりの、美容整形体験レポートを公開しています。切らないプチ整形から、脂肪吸引まで読み応え十分。NICOLY編集部いちおしの記事です。随時更新中!

45548 views | 整形二重脂肪吸引脂肪溶解注射

カテゴリ一覧

この記事のライター

本日のアクセスランキング

いまNICOLYで人気の記事

話題のキーワード

いまNICOLYで話題になっているキーワード

専門家ライター募集

NICOLYで記事を執筆していただける医師を募集

NICOLYでは「コンプレックスで悩んでいる人を笑顔に」というビジョンのもと毎日記事を更新しています。信頼性の高い記事を出し続けるために、記事の執筆をしていただける医師を募集しています

専門家ライター募集フォーム

編集者募集

NICOLYで記事を編集してくれる編集者募集

NICOLYでは「コンプレックスで悩んでいる人を笑顔に」というビジョンのもと、一緒に働いてくれる編集者を募集しています。

編集者募集フォーム

関連する記事

この記事に関連する記事をピックアップ