NICOLY:)[ニコリー] コンプレックスの悩み解決・応援サイト

医師が教えるコンプレックス解決サイト
監修済記事:1022記事

メルマガ登録

2016年10月05日 更新 | 994 views

今からでも遅くない!ターンオーバーを正常化して、つるつる肌に

ターンオーバーは別名「新陳代謝」といわれ、肌の生まれ変わりのことを指します。ターンオーバーの周期が乱れる原因には、摩擦・乾燥・冷えによる血行不良・加齢などが挙げられ、周期を正常化するには、セラミドやピーリングを取り入れたスキンケア・適度な運動・食事などが有効だとされています。

お肌と密接な関係にある、ターンオーバー

ターンオーバーについて、「たまに耳にすることがあるけれど一体何なの?」と思う人や、「初めて聞くけど肌と何の関係が?」という人も多いはず。

そこで、この記事ではターンオーバーについての情報をひとまとめにしてご紹介します。

「え、それってターンオーバーを崩すの?」など、日常で行っている意外なことが肌荒れを呼び寄せる引き金になっているかもしれません。肌トラブルに悩む女性は、必見です!

そもそも「ターンオーバー」って何?

ターンオーバーとは、肌(皮膚の細胞)の生まれ変わりのことを言い、「新陳代謝」とも呼ばれています。

ターンオーバーの図

肌が生まれ変わることによって、肌のダメージを修復していくことができます。

軽い切り傷やシミがいつの間にか無くなっていることってありませんか?それは皮膚の細胞が持つ機能、ターンオーバーのおかげです。細胞が生まれ変わることで傷やシミ、そばかすなどダメージを受けた細胞が垢として剥がれ落ち、新しい細胞が外に現れてつるんとした健康な肌を保つことができるのです。

ターンオーバーの周期は?

考える女性の写真

ターンオーバーの周期は一般的に約28日~56日といわれますが、なぜこれだけの幅があるのでしょうか。それは年齢や体の部位によってターンオーバーの日数が変わってくるからです。そして、ほかにも生活習慣やホルモンのバランスによってもターンオーバーの周期は変わります。

的確な数字というを算出するのは難しいのですが、以下の計算式で自分のターンオーバーの目安の周期を簡単に割り出すことができます。

ターンオーバーの周期=自分の年齢×1.5

肌トラブルはビタミン不足や紫外線だけが原因じゃない!奥に潜む「ターンオーバーの乱れ」

悲しむ女性の写真

ビタミン不足や紫外線が原因で肌トラブルが起きることはありますが、ターンオーバーの周期が乱れて肌トラブルが起きることも多々あります。皮膚の生まれ変わりは、早すぎても遅すぎてもダメで、どちらの場合も肌トラブルを招きかねません。

ターンオーバーが乱れることによって、肌のコンディションが下記のように変化するといわれています。

  • 肌がくすむ、透明感がない。
  • なんとなく肌が硬い気がする、ふっくら感が減少。
  • シミ、シワが目立つ。
  • 乾燥しやすい。
  • 洗顔しただけでヒリヒリする。
  • ニキビができやすい。

食事やスキンケアなど、特に肌荒れの原因が思い当たらないときは、もしかするとターンオーバーが崩れてしまっているかもしれません。では、どうしてこのようなターンオーバーの不調が起きるのでしょうか?

ターンオーバーを早めてしまうおもな原因

乾燥が気になる肌の写真

ターンオーバーが早くなると不完全な細胞が表面(角質層)に現れ、肌のバリア機能が低下し、敏感肌になりやすいという傾向が見られます。

紫外線

皮膚がんの原因にも挙げられる紫外線は、ターンオーバーを早める原因にもなります。紫外線でダメージを受けた細胞は「早く修復しなきゃ」とまだできあがっていない細胞を角質層(肌の表面)まで無理に押し出すのです。それを繰り返すことによってターンオーバーの周期を早める癖がついてしまいます。

対処方法

日傘やサングラス、つば付きの帽子で、顔への紫外線を防止しましょう。

摩擦

皮脂が気になって1日に何度も洗顔をしたり、スキンケアの際に肌をこすったりしていませんか?

顔をゴシゴシ強く擦りすぎると、角質層にまだとどまっていなければいけない細胞がポロポロと剥がれてしまいます。細胞が角質層から剥離すると、肌を守るために体内で新しい細胞を押し出さなければとはたらき始めて、ターンオーバーの周期を早めてしまいます。

対処方法

洗顔は朝晩2回などとし、泡を肌にすべらせるようにして洗います。そして、やわらかいタオルでそっとおさえて、水分を拭きとりましょう。

乾燥

肌が乾燥すると一時的な不調が起き、それをリカバリーしようを細胞の産生が促され、これによりターンオーバーが促進されます。

乾燥にはあらゆることが関係しますが、保湿不足のスキンケア、エアコンなどの環境ダメージなどにはすぐに対処できるのではないでしょうか。

対処方法

スキンケアでは、肌のバリア機能を高めるセラミドや、水分保水力を高めるヒアルロン酸などでしっかり保湿し、環境ダメージを受けにくい生活環境や就業環境になるよう気をつけましょう。

ターンオーバーを遅らせてしまうおもな原因

冷えを感じている女性の写真

ターンオーバーが滞ると、角質が肥厚し、肌のゴワゴワ感やくすみ、ニキビなどの肌トラブルを引き起こします。

冷えによる血行不良

体が冷えやすい人には、下記のような特徴があります。

  • 薄着
  • 白砂糖による糖分の摂取が多い
  • 運動不足の傾向にある基礎代謝が不活発
  • バスタイムはシャワー浴で済ませがち

体が冷えると、血行不良となって全身に酸素や栄養分が行き渡らなくなり、オーバーを遅れさせるだけでなく、免疫が下がり生理不順や便秘の原因にもなります。

薄着はいうまでもなく、糖分が冷えに関係することは、最近では広く知られていますね。

運動不足とシャワー浴では血行が悪くなり、基礎代謝を滞らせて冷えを招きます。

対処方法

エアコンの温度設定など、自分の思うような環境で過ごすのは難しいもの。はおりものやひざ掛けなどを使って、特に下半身を冷やさないように注意します。

白砂糖を含む甘いものやコーヒーを摂りすぎだと思う人は、一品あるいは一杯だけ減らしてみることから始めてみては?

そして、シャワー浴の人はまずは週に1回の半身浴を実践して、少しずつ回数を増やしてみましょう。さらに、ウォーキングなどの適度な運動も忘れずに。

加齢

ターンオーバーの周期は人それぞれですが、年齢を重ねるごとに代謝が鈍ってくることがあります。40代~50代にかけての更年期によってもホルモンのバランスが大幅に変わり、これによりターンオーバーの周期も変動します。

対処方法

スキンケアと食生活の見直しで、アンチエイジングをしましょう。

スキンケアではアスタキサンチンポリフェノールなどの抗酸化力のある成分を含んだアイテムを取り入れ、さらに保湿も忘れずに。

また、ピーリングを定期的に行い、古い角質を意図的に剥がすのも良いでしょう。

食生活でもアスタキサンチンとポリフェノールは若返りに有効とされ、アスタキサンチンはサケ・マス・イクラ、ポリフェノールはブルーベリーやイチゴ、赤ワインなどに多く含まれます。

ターンオーバーを正常化するために、さらに心がけたいこと

スキンケアをする女性の写真

ターンオーバーの周期を整えることでハリが出て、潤い感のある美肌になっていくでしょう。

前でも対処方法については触れていますが、さらにターンオーバー周期を正常にするための方法を、スキンケア編・食事編・適度な運動編・生活習慣編・サプリメント編の5パターンに分けてご紹介します。年齢や生活習慣によってターンオーバーの日数は人それぞれ。自分に合ったケアを選んでくださいね。

スキンケア編

スキンケアのキーワードは「セラミド」と「ピーリング」。ふたつとも先述していますが、さらにくわしく見ていきましょう。

セラミドについてもっとくわしく

セラミドはバリア機能を高めて、外からの刺激だけではなく保湿効果も担います。セラミドの成分は、動物から抽出されたもの、こんにゃく芋や大豆などの植物から抽出されたもの、酵母から作られたものなど種類が豊富です。

なかでも酵母から作られるヒト型セラミドは保湿効果が高く、肌への刺激が少ないのでおすすめです。このヒト型セラミドは、「セラミド1」「セラミド2」「セラミド6Ⅱ」などのさまざまな名称で化粧品に表示されています。

ピーリングは家で?クリニックで?

ホームピーリングの利点は、市販品なら安価で、いつでも好きなときに行えること。ただし、薬剤の選定が素人判断になるため、思わぬ肌トラブルが起きるおそれがあります。そのため、下記の点に注意して行いましょう。敏感肌の人は、ホームピーリングを避けるのが賢明です。

正しいホームピーリングを行うための5カ条

  1. ピーリング剤を長時間、肌につけたままにしない。
  2. 洗い流すときは擦らない。
  3. 使用頻度・量を守る。
  4. 事前に腕の内側などの見えづらい箇所でパッチテストを行う。
  5. 赤み、違和感、痛みなどの異常が出るようであれば、使用を中止して皮膚科へ相談する。

一方、クリニックでのピーリングは、専門医のもとで、肌の状態を見ながら薬剤を選択してもらえるのがメリット。

また、美容医療のなかでもピーリングは比較的安価で、数千円〜1万円台で施術を受けることができます。

ホームピーリングとクリニックのピーリングでは、後者の方が効果をすぐに実感しやすいですが、予算や手軽さなど、求めるものは人それぞれ。

自分に合う方を選び、スキンケアに取り入れましょう。

食事編

ビタミンは美容に必要不可欠!ビタミンが多く含まれる野菜や果物を摂取する習慣をつけて、美しい肌を手に入れましょう。ターンオーバーを整えるとされるおもな食べ物は以下のとおり。

野菜、肉

  • ブロッコリー
  • ニンジン
  • モロヘイヤ
  • レバー

果物

  • キウイ
  • アーモンド
  • イチゴ
  • アボカド
  • マンゴー

ほかにも、新陳代謝や免疫を上げる亜鉛もターンオーバーの周期を整えてくれます。亜鉛を多く含む食品として牡蠣が挙げられますが、生だと消化不良を起こしやすいという人は、火を通して調理するなど工夫して摂取しましょう。

サプリメント編

ターンオーバーに有効とされる成分を、食事で摂るのが難しい場合は、手軽なサプリメントを利用しましょう。

ターンオーバーが早い人に効果的とされるサプリメント

「セラミド」成分が含まれているサプリメントがおすすめ。ターンオーバーが早い人は本来、細胞に備わっているバリア機能が低い状態なので、セラミドでダメージに負けない強い肌を育みましょう。

ターンオーバーが遅い人に効果的とされるサプリメント

剥がれ落ちなければいけない細胞がいつまでも角質層に留まっている……という人は「レチノイン酸」のサプリメントを。細胞の産生を促し、新しい細胞への入れ替えをスムーズに行うサポートをします。

適度な運動編

負担にならない程度に、運動を習慣づけましょう。お肌のためだけでなく、健康な体づくりにも役立ちます。

血流を良くするウォーキング

激しいランニングや短距離走は無酸素運動といい、体に負担をかけます。対して、ウォーキングは有酸素運動といい、体内に酸素を取り込んで細胞を活性化させる手軽な方法。費用もかからず、今すぐ始められます。

普段よりも少し早歩きをすることによって、血行の循環を良くし細胞の生まれ変わりを促進させることができます。

生活習慣編

生活習慣を見直して、ターンオーバーを正常化させましょう。どれも手軽に、今日からでも行えそうなものばかりです。

睡眠の質&量にこだわる

適切な睡眠時間は6時間以上8時間未満。そして肌のターンオーバーに関わる成長ホルモンが盛んに分泌されるのは、睡眠時間帯は22時~2時の間といわれます。

また、寝る前にスマートフォンやパソコンを触っていませんか?就寝前はできるだけ電子機器の使用を避けましょう。電子機器から発するブルーライトは、熟睡の妨げになるといわれています。

さらに、「早い時間から寝つけない」「普段から睡眠時間が短い」という人は、下記のような工夫をしてみましょう。

  • 枕を変えてみる。
  • 汗を吸収しやすい綿、ガーゼ素材のパジャマを着てみる。
  • 寝る一時間前にスマートフォンやパソコンの画面を見ないようにする。

※成長ホルモンが分泌される時間帯については諸説あります。

ストレスを解消する

「病は気から」と言われるように、ストレスはお肌のトラブル以外にもさまざまな体の不調を呼び寄せます。残業続きの日や仕事がハードな日は「アロマ」を試してみるのもひとつ。寝る前にアロマを利用することで、リラックスした状態で眠りに入りやすくなります。

  • ラベンダー(気持ちを落ち着けてくれる作用があります)
  • ローズ(リラックス効果があり、保湿も期待できます)
  • ネロリ(新陳代謝を促し、心身を落ち着ける柑橘系の香りです)

自分に合った香り、効能を選んでお部屋の空気を一新してみましょう。

正常なターンオーバーで、すべすべお肌を保とう

微笑む女性の写真

今回ご紹介したターンオーバーの周期を正常に戻すための方法は、日常生活で「これなら取り入れたい」「これだったらやってみたい」というものや、あまり費用がかからず手軽に始められるものを厳選してみました。

いままでスキンケアをしてみたけれど肌荒れが治らないという人は、あきらめずにターンオーバーを正常化してみましょう。

頑固に居座っていたニキビやくすんだ肌が一気にツルンと剥けて、美しい肌に近づけるはずです!

top image via We Heart It

お悩み別人気クリニック

全国

品川スキンクリニック

シミ・くすみ

詳しく見る

全国

品川スキンクリニック

シミ・くすみ

詳しく見る

全国

湘南美容外科

美肌・美白

詳しく見る

※ 記事の内容は、医学的な正確性、効能、効果を保証するものでなく、かつ、記事の利用においてはしかるべき資格を有する医師や薬剤師等に個別に相談するなど読者の責任において行ってください。

関連するキーワード

注目の記事

【大人気】ブログより詳しい!整形の痛みやダウンタイム・術後経過すべて見せます!美容整形体験レポートシリーズ

【大人気】ブログより詳しい!整形の痛みやダウンタイム・術後経過すべて見せます!美容整形体験レポートシリーズ

NICOLY編集部では、カウンセリングから術後経過までの画像がたっぷりの、美容整形体験レポートを公開しています。切らないプチ整形から、脂肪吸引まで読み応え十分。NICOLY編集部いちおしの記事です。随時更新中!

43613 views | 整形二重脂肪吸引脂肪溶解注射

カテゴリ一覧

この記事のライター

本日のアクセスランキング

いまNICOLYで人気の記事

話題のキーワード

いまNICOLYで話題になっているキーワード

専門家ライター募集

NICOLYで記事を執筆していただける医師を募集

NICOLYでは「コンプレックスで悩んでいる人を笑顔に」というビジョンのもと毎日記事を更新しています。信頼性の高い記事を出し続けるために、記事の執筆をしていただける医師を募集しています

専門家ライター募集フォーム

編集者募集

NICOLYで記事を編集してくれる編集者募集

NICOLYでは「コンプレックスで悩んでいる人を笑顔に」というビジョンのもと、一緒に働いてくれる編集者を募集しています。

編集者募集フォーム

関連する記事

この記事に関連する記事をピックアップ