NICOLY:)[ニコリー] コンプレックスの悩み解決・応援サイト

医師が教えるコンプレックス解決サイト
監修済記事:1022記事

メルマガ登録

2016年11月24日 更新 | 12,592 views

更年期がはじまると、デリケートゾーンがにおうように......。更年期症状ですそわきがになった私の話[体験談]

私が更年期に気付いたのは、今から2年ほど前。生理の血の量が多いことで、更年期を疑い始めました。起きると、シーツが血の海になるほどの量だったのです。「更年期だろう。」と思っていたある日、私は自分の下着から嗅いだことのないにおいに気づきました。

更年期の始まり

女の子の背中出典:weheartit

私が更年期に気付いたのは、今から2年ほど前です。

更年期は、閉経前5年と閉経後5年の10年間更年期障害というものと付き合っていかなくてはいけないそうです。

私が、2年前に更年期かしら?と気づいたキッカケは、生理の量の多さです。朝起きてみると、ベッドのシーツが血の海になっていたのです。

私は子宮筋腫を患っていたので、そのせいかと思ったのですが、子宮筋腫が原因の出血とはなんだか様子が違うように感じました。その数か月前から生理が遅れるようになってきていたので、子宮筋腫というよりも更年期がやってきたと思ったのです。

私の生理は定期的にきちんと来るタイプでしたので、生理が遅れ始めたことと、血の海になるような大量の出血は更年期の始まりだと納得しました。

そして、いよいよ更年期との10年にも及ぶ付き合いが始まります。覚悟を決めていかないと、更年期にやられてしまします。

更年期が原因で、仕事や家事が出来なくなってしまう女性がたくさんいるそうです。私も気が付けば、もうそんな歳です。

私の部下の女性社員のお母さまは更年期でいつも荒れていると言って嘆いています。私はそうならないように気を付けて更年期と付き合っていかなければと感じました。

でも、まだ更年期を決まったわけではないので、しばらく様子を見ることにしました。子宮筋腫が大きく育ち15キロの大きさになって手術した友人もいます。

子宮筋腫が原因であれば、きっと何らかの症状がでて友人に話も聞けます。更年期は女性にとって節目になる身体の変化なので、慎重に観察していきます。

やっぱり更年期だった

女の子出典:weheartit

血の海になるような生理がくり返し続き、生理の間隔も25日周期できていたのに、30日周期や、40日周期と間があくようになってきました。

でも、友人や親類に聞いた話しだと、顔が急に暑くなり汗が吹き出るとか、上半身だけ暑いとか、イライラしていつも怒鳴っているとか、そんな症状は一切、私ことにはなかったのです。

まだ更年期になり始めだし、これから辛い更年期の症状が出てくるかと思い、生理が来るたびにタンポンをして、大量の出血を抑えていました。

当時、私は販売員をしていて、長年勤めていた百貨店で生理が来るたびに立ち仕事での生理の辛さを経験してきました。

更年期になって生理の量が大量になったことで、より辛い生理の期間をあじわわなければなりませんでした。タンポンをして、ナプキンを敷いてダブルで出血対策をしても、2時間で出血がタンポンからはみ出てきてナプキンについてしまうくらいです。

タンポンは8時間の経血量に耐えられるタンポンです。それなのに......。

そんな生理との戦いを2年過ごした頃に生理が来ない月があるようになってきました。

これは、いよいよ生理が終わる時期がきたのかな。と思い、私もいよいよ閉経の仲間入り。と思っていたら、突然生理が始まったのです。

このときの生理は大量の生理ではなく、キレイな赤い血が少量出ました。もしかしたら、閉経ではなく、子宮体癌?そんなことも考えながら、生理が終わるのを待ちました。

ほかに異常はないし、やっぱり思いついたときに来る更年期障害の生理だったかと思いながら、日常の生活を送っていました。

手帳に生理が来た日と終わった日、量などを細かく書き込み、次回の生理日付近になるとナプキンをして、いつ生理が来ても心配ない様にしていました。

更年期障害には不眠症になるとか、うつ病になりやすいとかききますが、私は、主人の母、姑に酷く嫌われていて生活を共にしていた頃に、うつ病を患ってしまい、精神疾患の薬を今でも服用しているので、更年期が原因でうつ病を患ったり、不眠症になることはないのです。

不眠症はうつ病のときに患って、ずっと今でも睡眠薬を飲んで寝ているので更年期障害で精神に出る症状は、いつも服用している薬で抑えられているようです。

なので、本当に更年期障害の症状で困ったのは生理の出血の量だけなのです。

いよいよ止まった

女の人出典:weheartit

そうこうしているうちに、急に生理が何か月過ぎても来ないです。

生理が止まってから半年経ちます。生理は生理が止まって1年を経過しないと閉経といわないそうです。

良く聞く話では、生理が来なくなって半年経ち、もう生理は来ないでしょ......。と思っていたら半年ぶりに再開した。なんて話もあるくらい更年期の生理の終わりを迎えるのは大変だそうです。

私も半年が経ち、そろそろ生理が再開するかもしれないと、不安な毎日です。なぜ不安なのかと言いますと、半年も止まっていた生理が再開したときの生理は、ものすごく大量の血がでるそうです。

私は、更年期の症状は出ていないけど、精神科の薬も服用しているし、更年期の歳のもなってきたということで、30年働いてきた販売の仕事を退職することにしました。

更年期だけが原因ではないのですが、我が家の愛犬も老犬になり病気がちになってきて、長い時間のお留守番の役目も終えてあげなくてはいけないと感じ、これからの余生は、家に誰かがいる安心した家の中で、ゆっくり過ごしてもらいたいと思い、歳を老いた者同士仲良く生活していこうと決心して退職を決意しました。

誰もいない家にいつも誰かがいることで、愛犬もすっかり元気になり、主人も家で家庭のことをしている私がいることが嬉しいみたいでした。

仕事を辞めてから、体調も良くなり相変わらず来ない生理を待ち続けているのですが、家にいるのなら、いつ生理が来ても怖くないし、安心していられると思い、つけていたナプキンも外し、気分も解放的になり、すっかり更年期のことなど忘れていたら......。

何だか、私のアソコが変!変なニオイがする!と気づいたのです。

それと当時に不思議な現象が起こるようなったのです。

アソコと臭いとオリモノが大量に出る

女の人出典:weheartit

私のアソコのニオイが臭い!

そして、いつもオリモノが水っぽく出てきて下着が汚れる。

今まで臭ったことのないようなニオイ。いや違う!たまにこの臭いを嗅ぐときがあった......!一体何のニオイ?

ずっと考え、しかもニオイがしないときがある。

オリモノのニオイなのかと思って、下着についたオリモノのニオイを嗅いでみた。でもこのニオイではないし、オリモノにニオイがない!やっぱり私のアソコから臭いニオイを発しているかもしれない。

オリモノは生理があったときと比べるどころではないくらい、別物になっています。

オリモノではなく、水のような汗のような、水分です。下着がすぐに湿ってしまって、1日に何度も取り替えるようです。

下着に付いているニオイと、私が感じるニオイが違う。

私は、どこからこのニオイがしているのか分からなくなってきました。でも愛犬にご飯を上げるときにしゃがむと、モワ―ンとした臭いニオイがするのです。

私は、ネットで調べることにしました。でも、なんて調べれば検索にヒットするのか考えて、まずは更年期のことから調べ始めました。

そして、オリモノ、デリケートゾーンのニオイについて、検索をかけてみました。すると、ビックリです。私の症状が当てはまるサイトがいくつもあったのです。

まず、更年期になると、水のようなオリモノが出ることがある。それは子宮体がんの可能性がある。そして、デリケートゾーンのニオイは、更年期になると、すそワキガになることがある。

これって!嗅いだことのあるニオイってワキガのニオイだったのだと気づきました。

そうです。そうなんです。ワキガのようなニオイなのです。

私は更年期になってすそワキガになってしまったみたいなのです。

どうしてすそワキガと水のようなオリモノに

人がたくさんいる出典:weheartit

私のデリケートゾーンはすそワキガのようなニオイ。

でもすそワキガって実際に嗅いだことがあるニオイではないので、本当にすそワキガなのか判断がつきません。

しかし、ネットで見る限りではワキガのニオイです。百貨店で働いているときにたくさんのお客様のなかには、色々な体臭をお持ちの方がいらして、特に際立って強烈なのが、ワキガです。

ワキガは残り香としても、その場所に居続けます。

私は思わず、務めていた頃のことを思い出し、今の私は、居る場所やいた場所にニオイとして形跡を残しているのかと思いました。

家では、3人がけのソファーに主人と並んで座ってテレビやお茶などをしていますが、主人から、ニオイのことに対して言われたことがありません。

主人は少しニオイに鈍感なところがありまして、だから、私のニオイに気が付かないのか、私が思っているようなニオイはしていないか判断が出来ません。

娘もたまに孫を連れて帰ってくるのですが、私が臭いなどと言ったこともありません。私が急にこんなニオイを出すようになってしまったから、みんなが気を遣って言わないでいてくれているのか......。不思議です。

私にはしっかり臭っているのです。よく、ワキガの人は自分のニオイに気が付かないとか、まわりの人はワキガを教えてあげられないとか言います。

でも、私の場合は自分でニオイにきづきますし、自分が臭いのも分かっています。

一体私の体はどうなってしまったのでしょうか。

ネットを見る限りでは、更年期のすそワキガになる人は意外と多いようです。

こんなこと主人にも、娘にも相談できません。

それに気になることがもうひとつあります。私の水のようなオリモノです。子宮体がんの可能性があると書いてありました。

更年期になるとオリモノは自然に減っていく

ピンク出典:weheartit

ネットで検索したときに目についたことは、更年期になるとオリモノが自然と減っていくそうです。

子供を作る機能がなくなるのでオリモノは必要なくなり、更年期になると出なくなるそうです。

私はそれを見たときに、それでは尿もれをしているのかとも考えました。確かにくしゃみをすると、以前はなかった尿もれを感じることが更年期になってからあるのです。

でも、尿漏れは、自然と流れて出てくるものではありません。

くしゃみや咳などをしたときに出るものだと思っていたのです。私の場合は、家で何か仕事をしているときでも、下着が濡れているときがあるのです。

これはオリモノのように自然に出てきている物ではないかと感じます。そんなこと言ってる間に病院へ行って検査をしなさいっていわれますが、私はもしも、子宮体がんであったなら、治療はしない方針なんです。

どんな病気でもそうですが、私は、長いこと精神系の薬を服用していても、精神は元に戻ってくれないのです。

人と話したり、仕事をしたりすることに支障はないのですが、私の心の奥が壊れたまま元にもどらないのです。

ですから、これから先にどんな病気に罹って生死をかけた病に侵されても一切の治療は受けないで、自然に死んでいきたいと願っている人間なので、病院で検査はうけません。

ですが、もし更年期で同じような症状を患っている方には、必ず病院に早く行って検査を受けて頂きたいと思います。

更年期になったと感じたら、婦人科に行くのがいいそうです。血液検査で更年期になっているのかも分かるそうです。

婦人科に行けば、更年期に罹りやすい病気などの説明もうけられますので、私のように悩んでるという方、困ることはないと思います。更年期の症状も人によって違いがあります。

最後に......。

女の人出典:weheartit

私はまだ、閉経したわけではありません。いつ、生理が再開するかもしれないという不安もありながら、このまま閉経するのかなという人生の節目を迎えようとしています。

そんなときに人には言えないコンプレックスということで、恥ずかしながら、このようなお話しをさせて頂くことができて、気分的に少し楽になりました。

更年期は女性にとって最終過程であって、女性としての役目を終えたような節目になります。

そんなときに思いもよらず、私のすそワキガ疑惑や、オリモノなのか尿漏れなのか、わからないオリモノ。

きっとこの世の中で同じような想いをされている方がいらっしゃるかもしれません。そんなときに私の体験がお役に立てば、治療なり対処法なりができると思っています。

私はこの記事を通じて、更年期で疲れ果てた女性が少しでも元気になってくれることを願います。

そして、私はこの記事を通して人には言えないコンプレックスがひとつ、ふたつあっても個性として受け止めていくことにしました。

私の更年期のつたない話を読んでくださってありがとうございます。人に迷惑をかけない程度に自分のニオイに気を付けて生きていきます。

コンプレックスは個性のひとつです。

そう考えると、人に言えないコンプレックスも難しく考えないで良いと思います。

私の場合、アソコが臭い。なんて恥ずかしくて人には言えないことですが、匂いっている以上、人に気づかれてしまうことが多いです。

自分で言わなくても気づかれてしまうのは、抵抗がありますが、デリケートゾーン専用のソープなどを探してニオイ対策に励んでみます。

主人に聞ける日がきたら、勇気を出して聞いてみようとも思っています。

そのときには少しコンプレックスを感じなくなっているのかもしれないです。

written by momo0131

Top image via Weheartit

他の体験談も見てみる!NICOLYコンプレックス体験談

※ 記事の内容は、医学的な正確性、効能、効果を保証するものでなく、かつ、記事の利用においてはしかるべき資格を有する医師や薬剤師等に個別に相談するなど読者の責任において行ってください。

関連するキーワード

注目の記事

【大人気】ブログより詳しい!整形の痛みやダウンタイム・術後経過すべて見せます!美容整形体験レポートシリーズ

【大人気】ブログより詳しい!整形の痛みやダウンタイム・術後経過すべて見せます!美容整形体験レポートシリーズ

NICOLY編集部では、カウンセリングから術後経過までの画像がたっぷりの、美容整形体験レポートを公開しています。切らないプチ整形から、脂肪吸引まで読み応え十分。NICOLY編集部いちおしの記事です。随時更新中!

43884 views | 整形二重脂肪吸引脂肪溶解注射

カテゴリ一覧

この記事のライター

本日のアクセスランキング

いまNICOLYで人気の記事

話題のキーワード

いまNICOLYで話題になっているキーワード

専門家ライター募集

NICOLYで記事を執筆していただける医師を募集

NICOLYでは「コンプレックスで悩んでいる人を笑顔に」というビジョンのもと毎日記事を更新しています。信頼性の高い記事を出し続けるために、記事の執筆をしていただける医師を募集しています

専門家ライター募集フォーム

編集者募集

NICOLYで記事を編集してくれる編集者募集

NICOLYでは「コンプレックスで悩んでいる人を笑顔に」というビジョンのもと、一緒に働いてくれる編集者を募集しています。

編集者募集フォーム

関連する記事

この記事に関連する記事をピックアップ