2017年10月10日 更新

しわを撃退しハリを取りもどす。「3D PRP」で若々しくなってきました【湘南美容外科池袋東口院】

「最近しわが気になる……若い頃のハリを取りもどしたい……」そう悩む女性に有効なのが、再生美容医療「3D PRP」。ヒアルロン酸とPRP血小板を同時に気になる箇所に注入することで、肌が若々しくなれるそう。本当に効果があるのか検証するため、50代女性が実際に湘南美容外科池袋東口院を訪れ、3D PRPを受けてきました。果たしてそのビフォーアフターは。

湘南美容外科池袋院 総括院長 古澤雅史

この記事は、湘南美容外科池袋院 総括院長 古澤雅史先生が監修しています。

目次

顔のしわに悩む女性の写真

「最近肌にハリがなくなって、しわが気になってきた……」

そう感じたとき、女性はエイジングケアを意識し始めるはず。

秋は同窓会や結婚式も多いし、エイジングケア人気がヒートアップする季節でもあるのです。

「同窓会で久しぶりに会う旧友に「老けた?」なんて、絶対言われたくない……!」

「でもエイジングケアって、何から始めれば良いの?」なんて疑問に思う人も多いのでは。

ひとえにエイジングケアといってもさまざまな美容医療がありますが、今回ご紹介するのは、3D PRP(スリーディー ピーアールピー)という最新のエイジングケア美容。

しわやくぼみを軽減し、肌のハリを取りもどすことが可能とされている美肌治療のひとつです。

3D PRPは、最新の美肌治療である!

注射器を持つ手元の写真

もともと肌のハリを取りもどす治療として、ヒアルロン酸PRP血小板療法のふたつが人気でした。

ヒアルロン酸注射とは?

しわやくぼみがある箇所にヒアルロン酸というジェル状の製剤を注入することで、くぼみを押し上げる治療。

PRP血小板療法とは?

自身の血液から採取した血小板を気になる箇所に注入することで、コラーゲンの産生を促進し、肌を若々しくするための治療。

両者とも効果が見込める美容医療なのですが、それぞれには悲しい欠点が。

ヒアルロン酸注射は、効果の継続が3か月から長くても1年。持続性がないんです。

PRP治療は2〜3年効果が継続するものの、効果が出るまでに1〜3か月かかります。即効性がないことが、患者の不満要素になっていました。

そんな患者の不満を解消するために登場したのが、ずばり3D PRP

専用のキットを使用し、ヒアルロン酸とPRP血小板をミックスすることで、ふたつの治療を同時に行える画期的な治療なのです!

ふたつの治療を同時に行うことで、即効性も持続性も損なうことなく、肌を若々しくすることが可能になったのだとか♡

3D PRPが人気な理由!

  • 比較的早く効果を実感できる。
  • 効果が持続しやすい。
  • 短時間で治療終了。
  • 傷跡が目立ちづらい。
  • 注射のみの治療なので気軽に受けられる。

このように、いくら効果を語っても「本当に?」と疑ってしまいがち。そこで、実際に3D PRPを体験してみることにしました。

女性の顔写真

今回3D PRPの取材に応じてくれたのは、50代女性のRさん。

40代を過ぎたあたりから、影クママリオネットラインが気になってきたそう。

クマとマリオネットラインを図示した写真

影クマもマリオネットラインも、メイクで隠すのが難しい部分。「いつまでも若く美しくありたい!」と願う女性にとっては大敵ですよね……。

本当に3D PRPを受ければ、影クマとマリオネットラインは解消されるのか?

美容整形の取材を数多く行っているNICOLY編集部が、その真偽を確かめに行ってきまーす!

3D PRPを受けるため、湘南美容外科池袋東口院へ!

美容外科を訪れた女性の写真

あ、改めましてNICOLY編集員の者です!というわけでやってきました湘南美容外科池袋東口院

カウンセリング室で医師を待つ女性の写真

まずはカウンセリングから!ドキドキしながら担当医の登場を待ちます……!

カウンセリングを行う美容外科医の写真

やって来ました本日の担当医!湘南美容外科池袋院の総括院長と、池袋東口院院長を兼任されている古澤先生です!

湘南美容外科の情熱ポーズとカメラ目線をお願いしちゃいました。

美容外科医の写真

湘南のCMっぽくしてみようとしましたが私の編集技術では無理でした。なんか先生ごめんなさい。

湘南美容外科公式ホームページはこちら

3D PRPの疑問を美容外科医にぶつけてみた

カウンセリングを行う美容外科医の写真

Q. 3D PRPってどういう仕組み?

まずは患者さんの血液を採取します。その血液をヒアルロン酸が配合された試験管に移し、その試験管を遠心分離機にかけます

遠心分離機にかけることでヒアルロン酸と血小板が混ざるので、それを注射で気になる箇所に注入します。

Q. 3D PRPのリスクは?

注射の治療には、内出血のリスクがつきものです。ただ、当院ではマイクロカニューレという先の細い針を使用するため、内出血する可能性はとても低いと言えます。

また、術後1〜2日はむくんだような感じが出る場合もあります。

Q. 3D PRPを注入した箇所が膨らみすぎちゃうリスクは?

3D PRPに膨らみすぎるリスクはほとんどありません。似たような治療でFGFと呼ばれるものがありますが、そちらには確かに膨らみすぎるというリスクがありました。

しかしPRPはコントロールがしやすく、一度だと効果が出ないことはあっても、膨らみすぎてしまう心配はありません。

Q. PRPは一度だと効果が出ない場合がある?

PRPの効果は個人の血液に左右されるので、人によっては2〜3回の注入が必要な場合もあります

Q. 3D PRPはどうやって効果がでるの?

ヒアルロン酸は注入した瞬間が一番効果が高く、2か月程かけてゆっくり効果がなくなってゆきます。

逆にPRPは2〜3か月かけてゆっくり効果が出てきます。

ヒアルロン酸が減ってゆく中でPRPと効果が入れ替わるイメージです。

3D PRPのメカニズムを説明した図

Q. 3D PRPのヒアルロン酸は、従来のヒアルロン酸とちがう?

3D PRPには、非架橋ヒアルロン酸といって、液状タイプの比較的吸収が早いものを使用します。

通常のジェル状の架橋ヒアルロン酸を使用すると、吸収に時間がかかり、PRPの効果が出始めるタイミングと期間がかぶってしまいます。

するとPRPの効果が出始めた時に膨らみすぎてしまうため、あえて吸収の早いヒアルロン酸を使用しているんです。

Q. 血栓ができるリスクがあるって本当?

ほうれい線や唇へのヒアルロン酸注入には、血栓ができるリスクがあります。しかし今回は目の下とマリオネットラインへの注入なので、血栓ができるリスクはほぼありません

Q. PRPにはどうして肌を若々しくする効果がある?

肌の真皮層には線維芽細胞(せんいがさいぼう)というコラーゲンをつくる細胞があります。

PRP血小板療法はその細胞に刺激を与え、コラーゲンをつくる力を高めるのが目的です。

コラーゲンをつくる力は年齢とともに減ってゆくので、細胞のお尻を叩いて再度その力を高めるイメージですね。

Q. 3D PRPの効果が出にくい人はいる?

もともとの体質などにもよりますが、しわやくぼみが深めの人は、一度の治療では効果が薄い場合があります。

そういった方は2〜3か月おきに、2〜3度治療を繰り返して頂くのが良いかと思います。

Q. 3D PRPは全身どこでも使える?

3D PRPは全身に使えます。手の甲のしわが気になる、という場合など、顔のみならず全身どこでも治療が可能です。

湘南美容外科公式ホームページはこちらから

3D PRPが作られる過程を一挙公開!

カウンセリング終了後、治療室に移動しました。

治療台の横たわる女性の写真

シックな室内〜♡

採血されている患者の写真

まずはPRP血小板をつくるために採血。5ccの血を抜き取りました!

ヒアルロン酸の入った試験管の写真

その後キットを使って3D PRPを作るため、別室に移動。このヒアルロン酸が入っている試験管に、先程とった血を……

3D PRPを作る過程の写真

注入!

遠心分離機に3D PRPをかける写真遠心分離機のスイッチを押す看護師の写真

試験管を遠心分離機にかけ、スイッチを入れます。待つこと数分で……!

完成した3D PRPの写真

ヒアルロン酸とPRP血小板が混ざりました!

3D PRPの出来上がりです。

3D PRPを注射器に移す様子の写真

この3D PRPを注射器に移し……

注射器に移された3D PRPの写真

準備完了!

湘南美容外科公式ホームページはこちら

3D PRPを顔に注入!

目の下を冷やす患者の写真

3D PRPを作っている間、Rさんは患部をアイスノンで冷やして待機。

痛みが心配だったため、Rさんは笑気麻酔をオプションでつけました。

治療部位を確認する医師の写真

古澤先生がやってきて、注入箇所を確認。

患者に針を刺す医師の写真

今回使用する極細針、マイクロカニューレは先端が丸いのが特徴。

そのためまずは注入部位に針で穴を開け、マイクロカニューレの通り道をつくりました。

3D PRPを注入する医師の写真

穴を開けた箇所から3D PRPをグググっとっと注入〜。

3DPRPの注射を受ける女性の写真

その後マリオネットラインにも同じ工程で3D PRPを注入しました。

マリオネットラインはそれぞれのラインに0.5ccと0.9cc、影クマは0.3ccずつ注入。

しわの深さは左右非対称なため、左右の注入量は異なる場合が多いらしいです。

針が入っている感覚はあったけれど、チクっとする程度でまったく痛みはなかったそう!

Rさんは大満足で湘南美容外科を後にされました。

3D PRPのビフォーアフターは?

3D PRPを打った女性のビフォーアフターの写真

ビフォーアフターはこんな感じ!

たった数分の治療で、見違えるほど若々しくなってる……!

目尻のしわがなくなり、マリオネットラインは軽減されています!

湘南美容外科公式ホームページはこちら

3D PRP治療翌日!腫れはある?

3D PRPを受けた女性の治療翌日の写真

少し腫れが出るかも?といわれている治療翌日の顔は、こんな感じ。

3D PRPを打った目元の翌日の写真

影クマもきれい!

3D PRPを打ったマリオネットラインの翌日の写真

マリオネットラインも気になりません!

Rさんいわく、腫れや内出血、違和感などもまったくなく驚いていたそうです。

3D PRPはいくらかかる?

3D PRPは、何か所打つかに応じて料金が変わります。

3D PRPの料金

1か所 … 69,000円

2か所 … 124,200円

3か所 … 165,600円

1か所3回コース … 186,300円(62,100円/回)

2か所3回コース … 331,200円(110,400円/回)

3か所3回コース … 434,700円(144,900円/回)

※表示価格はすべて税込です

ちなみに今回、Rさんは影クマとマリオネットラインの計2か所に3D PRPを注入。またオプションで笑気麻酔(税込3,000円)をつけたため、かかった費用の総額は127,200円でした!

この記事の監修医:古澤雅史先生のクリニックはこちら

  • 住所東京都豊島区南池袋1丁目19-6 オリックス池袋ビル2F
  • アクセスJR池袋駅東口より 徒歩1分
  • 休診日年中無休
  • 診療時間10:00~19:00
  • 電話番号0120-742-910
  • 予約電話予約 WEB予約

※ クリニック情報や診療メニューなどは、公式ホームページから取得した内容ですので、情報の正確性は保証されません。必ず事前にご確認の上ご利用ください。

湘南美容外科クリニック池袋東口院の詳細

NICOLYでは随時、美容整形の体験レポートを公開しています!

美容整形の最新情報をゲットするために NICOLYのLINE@に友だち追加してくださいね。

NICOLYのLINE@でできること

  • おすすめの最新記事のお知らせ
  • 無料のモニター募集(不定期)
  • その他お得情報の配信

NICOLY限定!美容整形をモニター料金で安く受けられちゃう情報もいち早くお知らせします!

医師・薬剤師・その他医療関係者の方へ

より正確な医療情報を発信するためにも、医師の監修を経て誤りがないよう万全を期しておりますが、もし誤りとお考えになる情報があった場合には、ご指摘いただけますと幸いです。社内で確認の上、必要な対応をさせていただきます。

医療・薬剤に関する情報の指摘

その他記事へのお問い合わせ

この記事の監修者

この記事のライター

本日のアクセスランキング

注目のクリニック

注目の医師

id美容外科 代表院長 パク サンフン

パク サンフン

監修記事 (1)

id美容外科 代表院長

共立美容外科 銀座院 藤巻尊子

藤巻尊子

監修記事 (1)

共立美容外科 銀座院

共立美容外科新宿本院 望月香奈

望月香奈

監修記事 (1)

共立美容外科新宿本院

サイトメニュー