NICOLY:)[ニコリー] コンプレックスの悩み解決・応援サイト

医師が教えるコンプレックス解決サイト
監修済記事:1032記事

メルマガ登録

2016年12月03日 更新 | 525 views

専門家の指導があれば成功率もアップ!おすすめファスティングホテル5選

ファスティングは半日から3日間ほど断食をするダイエット法。ファスティングホテルでは、復食期の食欲調整、準備期から復食期まで、専門家の指導受けなが行うことができるのです。おすすめのファスティングホテル5つをご紹介します。

ダイエットやデトックス効果を期待され、注目された「ファスティング」。半日から3日ほどの間、食べ物を摂取せずに水や栄養ドリンクで過ごす、いわゆる断食です。

しかし、フェスティング中の空腹感を乗り越えるのは困難な上、ファスティング後の復食期における食欲の調整が難しく、 自己流だと失敗してしまう率が高いのが現実。

そこで、 「ホテルや専門施設でファスティングをおこなう」という選択肢があります。

食べものの誘惑の少ない場所で、専門家の指導のもとにおこなうファスティングは、成功率が格段にアップ。近年では、専門の断食施設に加え、ファスティングプログラムを提供しているホテルも増えています。

これらのホテルでおこなうファスティングとは、どのようなものなのでしょうか?詳しく検証します。

ダイエットだけじゃない!ファスティングで得られるたくさんの効果

コーヒーを飲んでいる女性の写真

「ファスティングホテルにステイすることで得られる効果」を知るために、まず「ファスティングそのもので、本来どのような効果が得られるのか」を知っておきましょう。

「ファスティング」は、英語の動詞「fast」(「絶食する」の意味)の名詞形。日本語に訳すと「断食療法」または「絶食療法」となります。

しかし、現在主流の「ファスティング」は、 ただ単に絶食するものではありません。野菜ジュースや酵素ドリンクなどで、 ビタミンやミネラルなど体に必要な栄養素を摂りながら行います

ファスティングは、ダイエット目的で行う人が圧倒的に多いでしょう。しかし実は、ダイエット効果はファスティングの数ある効果のひとつでしかありません。

ファスティングを正しく行うことによって、以下の5つの効果が期待できます。

ファスティングの効果1:ダイエット

ファスティング中は普段に比べ、摂取エネルギーが大幅に減ります。

すると、体の代謝が、食事で摂る食べものに含まれる糖質をエネルギーに変える「グルコース代謝」から、みずからの体脂肪を分解してエネルギーに変える「ケトン体代謝」に切り替わります。

体脂肪がエネルギーとして使われるため、脂肪が減り、やせることが期待できるのです。

また、現代人は、 本来体が必要とする以上に食べ過ぎている人がほとんど

ファスティングを一定期間行うと、食欲が正常に戻ります。

このため、ファスティング後は、以前より少ない食事量で満腹感を感じるようになり、食事量が減る結果、ファスティング後もダイエット効果が続くのです。

ファスティングの効果2:歯や臓器を休ませる

現代人の多くは食べ過ぎであるため、歯や内臓を酷使しており、胃腸をはじめとする内臓が疲労により弱っていると言われます。

ファスティングをすることで、 歯や内臓を休ませることにより、歯や内臓が本来の機能を回復します。

ファスティングの効果3:体の修復力や免疫がアップ

ホテルでリラックスしている女性の写真

わたしたちの体内でつくられる酵素は、「消化酵素」「代謝酵素」の2種類。

消化酵素は、食べものを分解し、栄養として吸収できる状態にする役割をもつ酵素です。

一方、代謝酵素は、消化酵素の働きにより腸から吸収された栄養素を体内で化学反応させることで、解毒や排泄、免疫機能や細胞の新陳代謝、運動や呼吸、脳での思考など、人間が行うあらゆる生命活動を支えています。

問題は、 体内で酵素を合成する能力には限界があること。したがって、体内に存在する酵素の量も一定量に限られています。

この一定量の酵素が、消化と代謝の活性度合いに応じて「消化酵素」と「代謝酵素」に配分されるのです。

暴飲暴食により消化が忙しくなると、消化酵素を大量に必要とするため、代謝酵素が減ります。

代謝酵素が減ると、代謝そのものだけでなく、さまざまな器官の働きが衰えるのです。

ファスティングを行うと、それまで消化酵素に大量に配分されていた酵素が、代謝酵素にも配分されるようになります。

代謝酵素が充分に働くようになると、代謝が改善。また、細胞は活性化し、免疫機能や、弱っている組織や細胞の再生・修復能力も向上するのです。

ファスティングの効果4:デトックス

大気中に存在する汚染物質や食品添加物、残留農薬などの有害物質が体に入ってくると、体は一部の有害物質を皮下脂肪のなかに蓄積して閉じ込めることで、有害物質が体のほかの部分に影響を与えることを防いでいます。

ファスティングにより皮下脂肪が燃焼されはじめると、皮下脂肪のなかに蓄積されていた有害物質が、血液中に放出され、体から排出

また、普段大量の有害物質の解毒を行い疲労している肝臓や腎臓などの内臓も、ファスティング中は休むことができるため、本来の機能を取り戻しやすくなるのです。

このため、ファスティング後は、以前より肝臓や腎臓などの解毒機能が向上するとされています。

ファスティングの効果5:感覚や思考が鋭敏になる

サングラスをかけて薬を飲む女性の写真

ファスティングを行うと、 味覚が研ぎ澄まされ、食べもの本来の味がはっきりわかるようになります。

これは、ファスティングにより数日間食べものを摂らないと、舌の表面にあり、味のセンサーの役割をしている「味蕾(みらい)」という感覚器官の細胞が修復され、麻痺していた味覚が鋭敏になることにより起こる変化。

味覚が麻痺する理由

味細胞(みさいぼう=味蕾の細胞のこと)は、約10日という短いサイクルで新しい細胞と入れ替わりますが、その際に大量の亜鉛を必要とします。

しかし、偏った食生活により亜鉛が不足したり、食品添加物の摂取により亜鉛の吸収が妨げられたりすると、味細胞の新陳代謝をさまたげるため、味覚障害が起こるのです。

ファスティングで思考や感覚が冴える理由

体脂肪が分解されはじめると、脂肪酸は肝臓で代謝されて「ケトン体」という物質に変わります。このケトン体が血流に乗り、脳を含む全身でエネルギーとして使われるのです。

ケトン体には、脳神経のエネルギー代謝を改善したり、神経細胞を活性酸素や炎症から保護する作用があることがわかっています。

このため、ファスティングにより「ケトン体代謝」になると、思考が冴えたり、集中力が高まったり、五感が鋭敏に

ファスティング成功のカギは、ファスティング前後の期間の過ごし方にあり

ヨガをしている女性の写真出典:unsplash

ファスティングのこれらの効果を得るためには、ファスティングを自己流で適当に行ってはいけません。「正しく」行い、かつ「成功させること」が不可欠です。

ファスティングの最大の難関は、意外にも「ファスティング中の空腹に耐えること」ではありません。

ファスティング成功のカギは、ファスティング前後の期間である「準備期」と「復食期」にあります。同時に、この「準備期」と「復食期」は、ファスティングが失敗に終わる原因にもっともなりやすいのです。

なぜ、ファスティング中だけでなく、前後の期間も大事なのでしょうか?

それを知るために、「準備期」と「復食期」を含む、それぞれの期間の意味と過ごしかたを知りましょう。

準備期で内臓を休める

この期間には、普段の食事から、内臓に負担をかけない食事へとシフトしていきます。

ファスティングの主目的は、「内臓を休めること」。しかし、いきなり食事を断つのではなく、準備期にあらかじめ消化の良い食事にシフトしておくことで、内臓の活動を徐々にスローダウンさせていくのです。

この期間には、お酒やカフェイン、食品添加物が含まれるもの、白砂糖が含まれるお菓子などは控えましょう。

ファスティング前日の食事は、20時までに終えておくことが良いとされます。翌朝までに消化が終わり、胃のなかに食べ物が残っていないようにするためです。

準備期の期間の長さは、「ファスティングを行う期間の倍」

準備期の期間の長さは、「ファスティングを行う期間の倍の期間」が必要であるとされています。

倍の期間を確保するのが難しい場合は、最低でも、ファスティングを行う日数と同じ日数は準備期として確保しましょう。

準備期間の例:

ファスティングを3日間行う予定であれば、準備期は6日間。

6日間が難しい場合は、少なくとも3日間は確保しましょう。

ファスティング期は水分補給をしっかりと

水を飲む女性の写真

固形の食べものを摂らず、野菜や果物のジュース、または酵素ドリンクでビタミンやミネラルを補いながら過ごす期間です。

この期間には、水をたくさん飲むことが重要です。目安として、1日2リットル以上が必要とされます。

水を飲むことにより、脂肪の代謝を助けるだけでなく、酸性であるケトン体が血中に増えて血液が酸性にかたむく「ケトアシドーシス」という状態をふせぐことができるのです。

また、水をたくさん飲んで有害物質のすみやかな排泄をうながすことで、好転反応をおさえる効果も

復食期(回復期)はとくに慎重に

復食期とは、「ファスティングが終わってから、普段の食事に戻すまでの期間」のこと。

ファスティングでもっとも大事であり、かつ難関ポイントでもあるのがこの復食期。なぜなら、復食期で失敗すると、体重がリバウンドしたり、体調を崩したりするからです。

理由1:体重のリバウンドを防ぐため

ファスティングにより、体はエネルギーに飢えている状態

そこにいきなり普段通りの食事をしてしまうと、まるで乾いたスポンジのようにカロリーを吸収し、体重がリバウンドしてしまいます。

理由2:消化機能を徐々に上げるため

ファスティングを行ったことで、胃腸は「お休みモード」です。ここにいきなり普段通りの食事をしてしまうと、消化機能が追いつかず、腸閉塞や腸捻転が起こってしまうことがあり、非常に危険。

「お休みモード」に入っている胃腸を、「普段の食事を消化できるモード」にまで、時間をかけて慣らしていく必要があります。

ファスティングからの回復食のおこないかた

準備期同様、復食期にはファスティング期間の2倍の時間が必要です。「回復食」からはじめて、食事を徐々に元に戻していきます。

回復食は、まず重湯からスタート。次に、具なしの味噌汁やおかゆなどの流動食に移行し、その後徐々に固形物を摂りはじめます。

この期間には、動物性たんぱく質や動物性脂質、食品添加物を含む食品、小麦粉製品や白砂糖はご法度です。

ホテルや断食道場でファスティングの成功率アップ

ビーチでヨガをする女性の写真出典:We Heart It

これまで見てきたように、ファスティングは、さまざまな事柄に注意を払いながら慎重におこなう必要があります。

これらの全てを自分で完璧に整えようとすると、かなり大変……。

その点、ホテルや断食道場などのファスティング専門施設でおこなうファスティングには、以下の4つのメリットがあります。

メリット1:専門家が常駐or監修で安心

ファスティングをはじめると、ときには体調を崩すこともあるのです。

皮下脂肪のなかに封じ込められていた有害物質が血液中に出てくるため、頭痛や吐き気、眠気や倦怠感、吹き出物や口内炎などの症状が出ることがあります。

これらは「好転反応」と呼ばれ、基本的には心配のないものですが、症状が重い場合は、ファスティングを中断したほうが良い場合も。

ファスティングで好転反応が起こる人は多いため、専門家に相談できる環境でファスティングを行うと安心です。

メリット2:断食中のドリンクや回復食を用意する必要がない

ファスティング中の野菜ジュースや酵素ドリンク、準備期や復食期の食事は、普段と違う食材を揃えたり、慣れない食事を作らなければならなかったりと、かなりのエネルギーが必要。

専門施設では、これらのすべてが用意されているため、食事の準備のストレスを感じることなく、ファスティングを行うことができます。

メリット3:誘惑が少ない

自宅など、食べものが身近にある環境でファスティングを行うと、挫折の確率も大きくなりがち。

必要以外の食べものが身近にないファスティングホテルでは、誘惑が少なく、ファスティングを乗り切りやすくなります。

また、復食期には食べものを抑制しながら摂らなければならないため、ファスティング中よりも精神的なつらさは勝る場合も。この点でも、余計な食べものが目に入らない環境で復食期を過ごすと、精神的にも楽でしょう。

メリット4:豊富なアクティビティで気が紛れる

ファスティング中はやはりお腹が空くため、食べもののことばかり考えてしまいがち。

ファスティングホテルでは、さまざまなアクティビティが用意されているため、食べものや空腹に意識がいかず、ファスティング期間を楽に乗り切ることが可能です。

理論に基づいたファスティングが行えるホテル5選

コーヒーを持つ手の写真

ここでは、ファスティングにおすすめのホテルや断食道場を紹介します。

ファスティングホテルや断食道場を選ぶ重要ポイントは、「明確な理論に基づいたファスティングプログラムを提供している」こと。

ここに挙げる施設のうち、最初の3軒は「ファスティング宿泊プラン」を提供している「ファスティングホテル」で、最後の2軒はファスティング専門の施設です。

どれも、マクロビオティックやアーユルヴェーダなど確立された理論に基づき、体の反応を十分に考慮して組み立てられたファスティングプログラムを提供している施設であるため、安心してファスティングを行うことができます。

新鮮な野菜や果物のジュースが魅力の「アイランドホテル&リゾート那須」

アイランドホテル&リゾート那須出典:アイランドホテル&リゾート那須

アイランドホテル&リゾート那須は、那須の豊かな自然に囲まれた施設で、リゾートにステイする感覚でファスティングを行うことが可能。

医師と提携している女性管理栄養士が常駐しているため、栄養面や体調についてのサポートも万全です。

杏林予防医学研究所所長で、米国公益法人ライフサイエンスアカデミー理事長でもある山田豊文氏と提携しており、山田氏が提唱する 「山田式ファスティング」にもとづくファスティングプログラムを提供しています。

ファスティング中に供されるジュースや回復食には、自社農場で栽培される新鮮な野菜や果物を使用

また、那須の天然温泉アルカリイオン水が飲めるのも嬉しいポイントです。

口コミ1:医療機関との提携と管理栄養士の常駐で安心

ファスティングプランにエステもついているプランにしました。

ファスティング中に体調が悪くなったのですが、専門知識がある方に相談に乗っていただき、医療機関との連携もあるため、安心してファスティングを行うことができました。

ファスティングで減った体重は、その後半年ほどキープすることができました。いまはもとの体重に戻っていますが、管理栄養士さんの栄養指導で食べて良いものと食べないほうが良いものを教えていただいたので、その後の食生活に活かしています。

ラグジュアリーな環境でダイエットすることができて良かったです。ぜひ、またファスティングしに行きたいです。

口コミ2:きめ細かい対応とリラックスできる環境

ファスティングをするのははじめてだったので不安でしたが、栄養士さんが常駐されており、チェックインのときからチェックアウト時まで、ファスティング中の食事(ジュース)を含めきめ細かく対応してもらい、とても贅沢な環境でした。

ジュースに使われている野菜は新鮮で、香りの強いものでした。

回復食がついていないプランを選んだため、帰宅後、指導してもらった食材の選びかたやレシピを参考に、自分で回復食を作って食べました。その内容は目からウロコなもので、本当に勉強になりました。

窓から見える景色も、山が連なり緑も多く、癒されます。美肌の湯という温泉にも手足を思いきり伸ばして入ることができ、リラックスできます。

ゆったりと時間を過ごしながらファスティングすることができました。

口コミ3:美味しいジュースで飢餓感なし

2泊3日のファスティングプランを選びました。

空腹感に耐えられるか心配でしたが、食事代わりのジュースがとても美味しかったため、飢餓感を覚えることなく、あっという間に滞在期間が過ぎました。

毎回ジュースのレシピが配布されたので、帰宅後も自分でジュースを作ることができます。回復食も美味しく、見た目もとてもキレイで、器も素敵でした。

ファスティングしながら、優雅な時間を過ごすことができるプランです。

ファスティングでは好転反応が起こることが多いため、医療機関と連携している管理栄養士が常駐しており、いつでも相談できるのは心強いポイント。

ファスティング中のジュースや回復食が美味しいだけでなく、レシピがもらえるのも、その後の生活に生かすことができるようです。

アイランドホテル&リゾート那須

住  所:栃木県那須郡那須町寄居393-1

電話番号: 0287-74-1010

料  金:プレミアファスティングプラン(4泊5日)大人1名1室・1泊 23,000円(税抜)〜

100%源泉かけ流しの温泉も楽しめる「ホテル クアビオ」

クアビオ出典:クアビオ

「ホテル クアビオ」は、マクロビオティックにもとづく食事を提供する、「デトックスとリフレッシュ」をコンセプトとしたリゾートホテル。

ファスティングプログラムの食事では、ニンジンジュースや、マクロビオティックに欠かせない「三年番茶」や梅干しなどが供されます。

草津の湯は、日本三名泉のひとつ。クアビオでは、100%源泉かけ流しの温泉が、前面開放の半露天風呂で堪能できるだけでなく、フィンランド式サウナもあり、デトックスを促すことが可能です。

三年番茶とは?

普通の番茶は緑茶の新芽を乾煎りしたものですが、三年番茶は緑茶の茶葉と茎を天日干ししたのち、三年間熟成させたもの。

長期間熟成することで、カフェインやタンニンなどの刺激物質が抜け、味がまろやかに。身体を温める効果や、デトックス効果があるとされます。

梅干しに醤油をたらして練ったものに三年番茶を加えた「梅醤番茶」は、マクロビオティックで胃腸強化や疲労回復に効果があるとされている定番レシピです。

口コミ1:とても居心地の良い空間

とても素敵なホテルだなと思い予約したのですが、全く期待を裏切らないホテルでした。掃除が行き届き、眺めもすばらしく、とても居心地の良い空間でファスティングを行うことができました。

ニンジンジュースはオーガニックで、梅干しも酸味の加減が絶妙でした。

温泉も名湯だけあってとても良いお湯でした。オプションで山のウォーキングやマッサージがあり、両方試してみましたが良かったです。

口コミ2:女性ひとりの参加者も多い

草津の温泉街から離れた、静かな森のなかにあるホテルです。

温泉に1日何度も入り、有機野菜の特製ジュースを飲むと、普段の忙しさを忘れられ、心も体もすっきりすることができました。

オプションのヨガレッスンやウオーキングに参加してみました。女性ひとりで来ている人も多かったです。

口コミ3:年1回の心と体のリセットに

ダイエット目的ではなく、心と体をリセットするために、年に1回ファスティングでお世話になっています。

空気も良く、調度品も品が良く、温泉も文句なしの気持ち良さです。森林浴ウォーキングも組み合わせると、さらにリフレッシュ効果があります。

名湯である草津の湯の効能は、やはり大きいよう。

マクロビオティックに基づくファスティング食と組み合わせると、体だけでなく心のデトックス効果も期待できます。

ホテル クアビオ

住  所: 群馬県吾妻郡草津町草津226-63

電話番号: 0120-89-0932

料  金:ファスティングプログラム 大人1名1室・2泊3日 36,000円(税抜)〜

ヨガや鍼灸などのセミナーが充実している「THE SOARA」

THE SOARA出典:THE SOARA

長崎県佐世保市のテーマパーク「ハウステンボス」内の「フォレストヴィラ」エリアにある「THE SOARA」は、インドの伝統医学「アーユルヴェーダ」をベースに、温熱療法や鍼灸、ヨガなども取り入れたホリスティック・ヘルスケアセンターです。

ファスティング(断食)ステイ・プランでは、ジュースやスムージー、ドライフルーツが供されます。

プログラムには、健康セミナーやヨガ、瞑想などが含まれているので、期間中にアクティビティを行うことで食欲への意識を紛らわすことができそう。

口コミ1:施術後は心も体もすっきり

ストレスと不摂生で太ったり痩せたりの繰り返しで、もう自力でやせるのは無理だと思い、2泊3日のファスティング・ステイをしました。

全身温熱浴「ソアラ」、アーユルヴェーダの体質チェック、アビヤンガを受けました。施術後は心も体もすっきりして、夜はぐっすり眠れるようになりました。

冷え性でもあったのですが、いただいたアドバイスはとても役に立ちました。いまでも、習ったヨガをしています。

口コミ2:アーユルヴェーダの体質チェックは、実用的知識が満載

3日間で心も体も軽くなっただけでなく、味覚もとても鋭くなりました。

アーユルヴェーダの体質チェックでは、毎日の生活に取り入れることができるような実用的なお話が満載でした。

これからは体と対話しながら、もっと食事に気を遣おうと思います。

THE SOARAの口コミに多く見られたのは「心も体もすっきりした」というもの。

体だけでなく、精神のデトックスにも重点を置いている施設と言えるでしょう。

THE SOARA

住  所: 長崎県佐世保市ハウステンボス町7-5 ハウステンボスハーバーゾーン内 ウェルネスセンター1階

電話番号: 0956-27-0585 

料  金:ファスティング(断食)ステイ 1泊2日 22,000円(税抜)+宿泊代

復食期もしっかりカバーしてくれる「やすらぎの里」

やすらぎの里出典:やすらぎの里

「やすらぎの里」は、伊豆高原にある断食道場。1週間の「断食コース」では3日間の断食プラス回復食の3日間行われます。ファスティングでもっとも難しいとされる、復食期もカバーしている点が安心です。

ファスティング中は酵素ジュースやスムージー、味噌汁などが供されます。

プランには自律神経検査や個別面談、生活習慣改善講座、ヨガや気功、マッサージやリンパケア、鍼灸やカッピング(吸い玉療法)、アロマトリートメントなどの施術……と盛りだくさんのプログラムが含まれており、空腹を持てあまして退屈する心配はなさそう

天然温泉や岩盤浴が利用し放題なのも、嬉しいポイントです。

口コミ1:金額以上のものを得られた

何年も前から訪れたかったのですが、有名な道場なので予約が取れず、今回やっと予約が取れました。6泊7日の費用は安くはないですが、金額以上のものを得られたと思います。

リピーターが多いのもうなずけますし、私もリピーターになりそうです。

以前体験したほかのファスティング施設より、プログラムが豊富です。時間が空いて体調も良いときは、みんなで近隣のスパに行ったり、緑の中を散歩したり、日の出を見に行ったりしました。

過去にファスティングしたときは好転反応が強く出ましたが、今回は全く出ませんでした。生姜湯を飲んでいたおかげでしょうか?

体調は明らかに良くなり、入らなかった服も入るようになり、感覚がリセットされた感じがします。

口コミ2:充実のプログラムが人気の理由

小淵沢にあった「フォルス」時代から「やすらぎの里」に通って10年以上。リピーターが多い施設ですが、人気なのはやはり、内容が充実しているからでしょう。

マッサージや鍼など治療の時間が毎日1時間あり、そのほかにもさまざまな施術メニューがあるため、退屈している暇は皆無です。

断食で回復食がもっとも難しいのは、断食の反動でついたくさん食べてしまいがちだから。このため、断食後は専門家の指導のもとに、段階的に胃を慣らすことが必要です。

「やすらぎの里」の回復食はよく考えられており、個人の断食日数にあわせてきめ細かく調整されます。例えば、やせている人には「高タンパク食」など。

参加者全員の食事内容を、毎日調整して準備するのは、すごい手間です。ここまでやってくれる施設は、他にはないのではと思います。

主宰の大沢先生は、もと鍼灸師。先生の問診で、経絡を測る機械で内蔵の活発度を測定し、その人に合った断食内容が処方されます。

リラクセーションプログラムが毎年少しずつ変わっているのも、大沢先生の熱心さのあらわれで、いつも改善を考えておられるのだと思います。

断食と、玄米と野菜・魚中心の回復食、毎日マッサージを受けて温泉に入り、ヨガやリラクセーション、散歩などを行う日々を1週間送ると、体調もお肌も良くなります。年に1度のデトックスです。

豊富なプログラムと、きめ細かな対応で、払った金額以上の満足を得る人が多く、「また来たい」と思える施設であることは、参加の共通しているよう。

やすらぎの里

住  所: 静岡県伊東市八幡野1283-78

電話番号: 0557-55-2660 

料  金:1週間プラン 相部屋(和室・3名用)77,760円(税抜)

レシピも話題になった「ヒポクラティック・サナトリウム」

ヒポクラティック・サナトリウム出典:ヒポクラティック・サナトリウム

「ヒポクラティック・サナトリウム」は、イシハラクリニック院長の石原結實医師が運営する保養所(サナトリウム)。

石原結實医師はメディアにも登場し、著書も多数。「生姜紅茶」、「ニンジンジュース」、「少食」、「体温め」などの独自の健康法を提唱しています。

ヒポクラティック・サナトリウムは、ムラキテルミ著「余命3ヶ月のガンが消えた 1日1食 奇跡のレシピ」で、さらに話題になりました。

ヒポクラティック・サナトリウムでは、ニンジンジュースや生姜湯、具なしの味噌汁などを摂ります。ニンジンジュースは1回にコップ3杯飲み、1日の摂取カロリーは約1,000キロカロリーに達するため、断食というよりは低カロリーダイエットに近いものです。

口コミ1:講義は冗談やダジャレの連続

断食は初めてだったので、食べるのが大好きな私は、耐えられるかどうかが心配でした。

部屋には、黒糖入りの生姜紅茶が常備されています。黒糖は新陳代謝を良くするため、太らないそう。黒糖を入れた生姜紅茶は体が温まり、空腹感をおさえるので、断食の間かなりお世話になりました。

食事では、ニンジンとリンゴをジューサーにかけたジュースを3杯飲みます。使っているニンジンは有機野菜だと思います。えぐみが強かったですが、ニンジンは好きなので、美味しく飲めました。

石原先生の講義は、たっぷり2時間です。冗談やダジャレの連続で、おばちゃんたちが大ウケしていました。講義内容を簡単に言うと「体を温めること」と「水を摂りすぎないこと」という感じです。

2泊3日の断食で、体重はマイナス400グラム。やはりは2泊3日では短いようで、石原先生も講義のなかで「7日ぐらい断食するのが良い」とおっしゃっていました。

口コミ2:6日間の断食で体重マイナス5.8キロ

今年の目標が「1年で10キロ減」なのですが、その半分ほどを一気に減らそうと、ここで1週間の断食をしました。

ここでは朝・昼・晩にニンジン・リンゴジュースを3杯ずつ飲むのに加え、朝10時に具なしお味噌汁、午後3時に生姜湯を飲みます。普段の食事に比べるとかなりの粗食ですが、飢餓状態になることはなく、むしろ快適なぐらいでした。

石原先生は「ほとんどの日本人は食べ過ぎて健康を害している」 とおっしゃっていました。食べ過ぎたり、水分を取り過ぎたりすると、食べものや水分を体外に排出しきれず、体内で滞るそうです。

そこで食べものの摂取をおさえると、不要な老廃物が排出され、体内がきれいになるとのこと。実際、6日間の断食で体重が5.8キロ減りました。

ただし、断食の参加者全員が減量に成功したわけではなく、断食をしたのに体重がほぼ変わらない人も結構いたようです。

ポイントは、代謝能力ではないでしょうか。ここの断食のように、必要最低限の栄養は摂りながら行う断食では、積極的に体を動かしてカロリーを消費しないと結果は出づらいようです。

断食期間中、私は積極的に歩き、サウナにも入り、カロリーを消費するようにしました。岩盤浴は、代謝アップに効果的だと思います。

断食後は胃が小さくなっており、以前のように量が食べられません。このまま胃袋を大きくせず、石原先生の指導どおりの食事を心がければ、体重をキープできるかも。

「石原医師の話は、ギャグが満載で面白い」という口コミは、たくさんありました。講義も面白く聴けそう。

ダイエット目的であれば、期間はやはり1週間は必要のようです。

ヒポクラティック・サナトリウム 

住  所: 静岡県伊東市富戸1317-4911

電話番号: 0557-44-016 

料  金:シングル 1泊2食 1名 10,000円(税抜)~

ファスティングホテルの最大のメリットは知識も一緒に持ち帰ることができる

髪が風になびく女性の写真出典:shutterstock

これらのホテルや施設は、ただ食べものを断つのではなく、マクロビオティックやアーユルヴェーダ、石原結實医師のメソッドなど、なんらかの理論に基づいたファスティングプログラムを提供しています。

これらの施設を利用するメリットは、体調の改善だけでなく「なんらかの知識を得ることができる」こと。

「持ち帰ってきた知識を、その後の生活でも生かすことができる」ことが、わざわざお金をかけて、専門家がいるファスティングホテルでファスティングをおこなう最大のメリットでしょう。

リゾート感覚から、ストイックな断食道場スタイルまで、特徴豊かなファスティングホテルや施設が存在します。

自分に合いそうな施設を選び、知識を吸収し楽しむつもりでおこなうことが、ファスティング成功のカギと言えるでしょう。

NICOLY:)編集部員がメディカルダイエットに挑戦!

※ 記事の内容は、医学的な正確性、効能、効果を保証するものでなく、かつ、記事の利用においてはしかるべき資格を有する医師や薬剤師等に個別に相談するなど読者の責任において行ってください。

関連するキーワード

注目の記事

【大人気】ブログより詳しい!整形の痛みやダウンタイム・術後経過すべて見せます!美容整形体験レポートシリーズ

【大人気】ブログより詳しい!整形の痛みやダウンタイム・術後経過すべて見せます!美容整形体験レポートシリーズ

NICOLY編集部では、カウンセリングから術後経過までの画像がたっぷりの、美容整形体験レポートを公開しています。切らないプチ整形から、脂肪吸引まで読み応え十分。NICOLY編集部いちおしの記事です。随時更新中!

45316 views | 整形二重脂肪吸引脂肪溶解注射

カテゴリ一覧

この記事のライター

本日のアクセスランキング

いまNICOLYで人気の記事

話題のキーワード

いまNICOLYで話題になっているキーワード

専門家ライター募集

NICOLYで記事を執筆していただける医師を募集

NICOLYでは「コンプレックスで悩んでいる人を笑顔に」というビジョンのもと毎日記事を更新しています。信頼性の高い記事を出し続けるために、記事の執筆をしていただける医師を募集しています

専門家ライター募集フォーム

編集者募集

NICOLYで記事を編集してくれる編集者募集

NICOLYでは「コンプレックスで悩んでいる人を笑顔に」というビジョンのもと、一緒に働いてくれる編集者を募集しています。

編集者募集フォーム

関連する記事

この記事に関連する記事をピックアップ