NICOLY:)[ニコリー] コンプレックスの悩み解決・応援サイト

医師が教えるコンプレックス解決サイト
監修済記事:1027記事

メルマガ登録

2016年11月24日 更新 | 808 views

剛毛とムダ毛に悩んだ青春時代。"フレンチカットグラン"で、髪質が変わった[体験談]

私のコンプレックスは、髪が多い、太い、硬い、そしてぼうぼうに生えたムダ毛です。小学生低学年の時には、気になりすぎてハサミで切ってしまったぐらいです。縛ることもできない長さだし、クセはつくし、ひろがるし......。美容院へ言っても、美容師さんは私の髪の毛を見て困った顔をしていました。

幼い頃からの悩み

部屋出典:weheartit

私の長年のコンプレックス......。

それは、髪が多い、太い、硬い、そしてぼうぼうに生えたムダ毛です。

幼い頃からずーっと悩みの種で、明らかにまわりのみんなより髪、ムダ毛の多さを感じてました。

小学生低学年の時には、気になりすぎてハサミで切ってしまったぐらいです。

その後は、逆に目立ってしまいバカなことをしてしまったと悔んでしなくなりましたが。

私の髪の多さといえば、他の人に半分くらいあげても問題ないだろうと思うほどで、髪がペッタリした量の少ない子や髪が細くて柔らかい子、そしてムダ毛処理をしなくてもいいぐらいうっすらと見えるだけの子を心底羨ましいと感じていました。

増毛や植毛のCMを見るとやり切れない気持ちになり、「欲しけりゃ、あげるのに......。」とつい、ツッコミを入れてみたり。

父も母も剛毛だったので間違いなく遺伝......。申し訳ないけれど、本当に恨みました。

今思えばどうしようもないことなのに、母に文句を言い放ったこともありました。

ただ、母は髪は硬いけれどムダ毛はなくツルツルな肌をしていたので、大人になればもしかしたら薄くなるのかな?と淡い期待も抱いておりました。

母は現在では、髪の量はすっかり減ってしまい、あんなに硬くて針金のようだったのに幾分細くて柔らかい髪になってしまいました。

いつかは、そんな時がくるんでしょうか。

今は、こんなに悩んでいるのに。

ヘアカットでの失敗は数知れず......。安定のロングヘア

髪の毛出典:weheartit

小学校の時、ロングヘアからショートにした子がいてとっても似合っていたし、かなりのイメチェンで話題になっていたので自分もしてみたくなり挑戦してみました。

近所の美容院のおばさまにカットしていただいたのですが、とんでもなくまとまりのない仕上がりとなってしまいました。

もう髪も少なくなったおばさまたちが通うところなのでおそらく“梳く”なんてことしなかったんでしょう。

涙目で帰り、結局母にスキバサミで切ってもらったぐらいです。

縛ることもできない長さだし、クセはつくし、ひろがるし......。考えた結果、ヘアバンドをしておさえることにしました。幼いながら、よく考えついたなと思います。

高校を卒業してからは、パーマに挑戦。

肩につくかつかないかの長さのゆるいパーマが流行っていたので憧れてました。

しかし懸念していた通り、ボリュームはでるわ、髪が傷んでチリチリになるわ、朝なかなか上手くセットできないわで散々な目にあいました。

切ってる最中も、ロッドを巻いてる最中も心なしか美容師さんの顔が不安そう......。

パーマが出来上がった時は、やはりボリュームが出ていてそれをワックスで何とか落ち着かせなんとか格好をつけさせた感じに。

髪を洗った次の日は、自分の手には負えない荒くれ者へとなっているのです。

新たなヘアスタイルにする時には美容師さんの様子が気になりすぎて仕方がなく、これからどう施行してくれるんだろう?カットは、これで終わりなのかな?乾かしたらどのくらいボリュームでるかな?

など、笑いながら世間話をしながらも目は美容師さんの一挙手一投足を捉え、祈るような気持ちで見守ったものです。

なんだかんだ経験した結果、結局縛れる長さのロングヘアが1番扱いやすいことが分かりました。

ただ、雑誌などに載ってるいろんな髪型が気にはなりました。

よく美容院に置いてあるヘアカタログにそのモデルさんの情報だったり、この髪型をするのに適した顔の形、髪の量、硬さが載ってますが、私の場合範囲を超えちゃっててあまり参考にならず......。

傷つく言葉の数々

女の子出典:weheartit

中学の時には、親戚のおばさんに「あんた、えらく毛深いねぇ〜。」とまじまじと見られ、大変恥ずかしい思いをしました。

まったく乙女心を分かってませんよね。

こんなデリカシーのないおばさんにはなりたくないものです。

こんなやり取りが改めて、人よりも多いムダ毛の量を再認識する機会となりました。

また、学園祭の練習の時に、同級生の男の子が他の女の子の腕を見て

「ちゃんとムダ毛の処理しろよ〜。」

とからかわれ、内心ドキドキするなか、

「〇〇(私)だって、してないもんねー、いいんだよね〜。」

っと私の方を向きニコッとする姿に、苦笑いで返すのがやっとでした。

それからは、入浴時にカミソリで処理をして学校に行くようになりました。

初めて剃った時には、かなり感動を覚えました。

何せ、ずっとつきあってきたムダ毛がなくなり、つるんとした肌が目の前にあったのですから。

まぁ、当たり前ですが一瞬にしてそのつるんと肌とはお別れとはなりました......。

毎度毎度の自己処理にうんざり

女の子出典:weheartit

ムダ毛の自己処理といえば、カミソリ、毛抜き、脱色、除毛クリーム、家庭用脱毛器等々。

一番手っ取り早いのはやはりカミソリですよね。

私も何本使ったか分からないほど使いました。

ただ、このカミソリでの処理......。

広範囲で一気に処理できる利点に対し、すぐ生えてきてチクチクするのと、生えてきた毛が太く見えるというデメリットもあります。

前に知ったのですが、太くなっている訳ではなく、剃る事で表面積が広がり太くなったように見えるようです。

そして、膝や肘など剃りにくい部分は注意しないと切れてしまうこともかなりありました。

カミソリの中に入った毛を洗い流す時、なかなか取れずに思わず指で触ってしまい、誤って指を深く傷つけ洗面器が血の海......。

浴室は、一気に恐怖の現場へと変貌を遂げるという由々しき事態に。

苦労して剃っても、その時だけはキレイになりますがすぐに黒いものが見えてきて、剃る前よりチクチクと肌触りがより一層悪くなるのです。

剃っても剃っても生えてくる、とても憎たらしい存在に思えてならなかったです。

他にも除毛クリームや脱色など試してはみたもののこれといった処理を見つけることは出来ず、またパイナップルの酵素?が効くという謳い文句で売られていたクリームを購入したこともありましたが、なかなか結果が得られず断念。

この面倒なカミソリの処理をずっとしていかないとならないのかと途方にくれました。

本格的な脱毛を思慮

部屋出典:weheartit

社会人となり経済的に少し余裕がでてきた頃、思いきって脱毛をしてみようと様々な方法を調べました。

まず気になったのがエステ。

敷居が高く感じますが、よく大手企業の広告を目にしていたので行ってみたい気持ちが強くなりました。

ある企業さんから誕生日祝いとしてクーポンをもらっていて、魅力的なことも書かれていたので申し込もうと思ったら......。

いただいたクーポンに友達紹介クーポンもあったので母にあげていました。

早速行ってきたとの事で感想を聞くと、

「高額コースを強く勧められて、困ったよ。断るのが大変だった。もう二度と行かない。」という答えが返ってきました。

きっちりと断れるタイプの母が、大変だったと......。

断るのが苦手な私なんかが行ったら、割賦の契約にでももちこまれそうだなと感じ、ネットで検索してみると、同じように強引な勧誘に困った方々のエピソードの数々。

なかには、本社に苦情の電話をいれたという方も。

一気に目が覚めました。

割引クーポンに目がくらんで、高額を払うはめになるところでした。

脱毛への希望

女の子が望遠鏡で覗いている出典:weheartit

もっと違う方法はないかと調べていく中で、レーザーを使用する家庭用脱毛器の存在を知りました。

惹かれたところは、自宅で好きな時間に好きな部分を、他人に見られることなく出来る事。

すぐにまたネットを検索し、口コミを見ると、痛みを伴うし根気のいる作業だけれど効果は期待できるといった内容のものばかり。

何度も何度も口コミを確認し、安い買い物ではありませんでしたが、思いきって購入する事を決めました。

10年ほど前に、14万円ほどの値段を1年ほどの分割にしましたので働いているとはいえ失敗はしたくない、いや出来ないと感じていました。

照射のやり方は、レーザーを当てたい部分をきちんとカミソリで剃ります。

黒に反応するので、毛の部分が多いとそれだけ痛みがあるようです。

痛みは、説明書によるとかな輪ゴムをパチンと弾いた感じと書かれておりました。

毛の濃い所は、かなり痛かったので普通の輪ゴムでなく太い輪ゴムでパチンとしたような感じです

強さが3段階あり1番弱いものから挑戦しましたが、慣れてくると効果を感じたい思いから強いものでバンバン頑張って射ってました。

ムダ毛が薄くなることを夢みて何度も何度もレーザーを照射したところ、何か月かすると細くなり、やがては生えてこなくなりました。

膝や肘は、でこぼこしているのでうまく照射出来ていないのか多少生えてはいますが処理は格段にし易くなりました。

何人かの人に、

「ムダ毛薄くていいね〜」

となんとも嬉しい言葉をかけてもらいました。

結婚式の前には、頑張って背中にも照射しました。

ブライダルエステの方にドレスに合わせた部分を剃ってもらった時には、

「ムダ毛、薄いしほとんどないですね〜」とも言ってもらえました。

本当に購入してよかった、忍耐強く照射してよかったと心から思っています。

斬新なヘアカット方法

電球出典:weheartit

産後、なかなか美容院に行けず梳いてもらっていた髪がどんどん伸び、どんどん増えて収集がつかなくなっていました。

お出かけをしないといけない朝にも、子どもの世話でバタバタし、キチンとセットできず寝グセをなおす事ができないままひとつでむすぶ......というオシャレのかけらもない髪型。

髪が多い•硬い•太い人にオススメの髪型を検索していた時でした。

フレンチカットグランというカット方法があるのを知ったのは......。

フレンチカットグランとは、特殊なハサミを使い、髪の根元から均一に梳いていく方法です。

美容師さんでも講習を受けないといけないと聞きました。

髪の根元からなんて、とんでもなくコワイ事をするなと思ったのが最初の感想です。

しかし、ある美容院のブログでは何人もの剛毛さん達がフレンチカットグランをしたビフォーアフターが載っていました。

すると、なんということでしょう〜。(笑)

根元からハサミをいれているのにピンピンとした毛が全くなく、全体的に髪の量が減り頭が一回り小さくなってるじゃありませんか〜。

この“全体的に”っていうのが重要で、普通に梳いてもらうだけだと毛先がペラペラで頭のボリュームがより強調されてしまいます。

イカかタコの足のようです。

だからといって、頭皮に近い方から梳くと短い毛がでてきてとても見栄えが悪くなります。

髪を縛るとピョンピョン短い毛があってうまくはまとまらないでしょう。

このフレンチカットグランは、先ほども言ったように専用のハサミ、そして講習を受けた美容師さんでないと上手く仕上がりません。

調べると、運良く住んでいる所の近い所にそれを売りにしている美容院がありました。

私の住んでいる県では、数軒のようでしたので、近くにあるなんて本当に奇跡です。

早速、予約をしてフレンチカットグランをしていただき、自然な感じでゴッソリと髪を少なくする事ができました。

早く乾くし、セットもとっても楽チンです。

ピンピンした毛がでるのではと思っていたヘアアレンジも問題なくできます。

家族には、「ストレートパーマをかけた?」と言われるほどクセもなくなりました。

通い続けて、かれこれ2年ほどになりますが、髪が扱いやすくなりストレスが軽減しました。

以前美容師さんに、髪が多くて困ると嘆いた事がありました。

すると、美容師さんは、

「誰しも年をとれば少なからず減ってくるんんですから、無いよりあった方がいいですよ〜。」と返してくれました。

その時には、私があまりにも困っている様子なのでフォローするつもりであんなこと言ったんだ。と思っていました。

でも、このようなヘアカットに出会えて初めてその美容師さんが言ったことにうなづくことができたのです。

さいごに

飛行機出典:weheartit

このように、私には剛毛、ムダ毛のコンプレックスがありますが自分に合う解決法を見つけだす事が出来ました。

まだ完全には解決ではありませんが、自分で調べて、努力できたことは今では財産です。

コンプレックスをすべて無くすのは、大変時間とお金がかかりますし、どうにもならないこともあるでしょう。

今は、ネットが普及し色々な情報があふれていますのでたくさんの情報を目や耳にし、経済的、時間的にも自分に合った解決策が見つけだせたらいいですよね。

少しだけですが、私のコンプレックスは解決しだしたので自信に繋がっています。

written by luco1002

Top image via Weheartit

※ 記事の内容は、医学的な正確性、効能、効果を保証するものでなく、かつ、記事の利用においてはしかるべき資格を有する医師や薬剤師等に個別に相談するなど読者の責任において行ってください。

関連するキーワード

注目の記事

【大人気】ブログより詳しい!整形の痛みやダウンタイム・術後経過すべて見せます!美容整形体験レポートシリーズ

【大人気】ブログより詳しい!整形の痛みやダウンタイム・術後経過すべて見せます!美容整形体験レポートシリーズ

NICOLY編集部では、カウンセリングから術後経過までの画像がたっぷりの、美容整形体験レポートを公開しています。切らないプチ整形から、脂肪吸引まで読み応え十分。NICOLY編集部いちおしの記事です。随時更新中!

44328 views | 整形二重脂肪吸引脂肪溶解注射

カテゴリ一覧

この記事のライター

本日のアクセスランキング

いまNICOLYで人気の記事

話題のキーワード

いまNICOLYで話題になっているキーワード

専門家ライター募集

NICOLYで記事を執筆していただける医師を募集

NICOLYでは「コンプレックスで悩んでいる人を笑顔に」というビジョンのもと毎日記事を更新しています。信頼性の高い記事を出し続けるために、記事の執筆をしていただける医師を募集しています

専門家ライター募集フォーム

編集者募集

NICOLYで記事を編集してくれる編集者募集

NICOLYでは「コンプレックスで悩んでいる人を笑顔に」というビジョンのもと、一緒に働いてくれる編集者を募集しています。

編集者募集フォーム

関連する記事

この記事に関連する記事をピックアップ