NICOLY:)[ニコリー] コンプレックスの悩み解決・応援サイト

医師が教えるコンプレックス解決サイト
監修済記事:1035記事

メルマガ登録

2016年09月20日 更新 | 1,873 views

ダイエットからの摂食障害......完璧主義で努力家で、寂しがりやの人ほど自分のことを愛してあげてほしい[体験談]

摂食障害になる引き金となったのは、大学1年生のころにはじめたアルバイトでした。わたしは3つ上の先輩が好きになりました。ずっと私の恋愛相談にのってくれていた親友Aちゃん。ある日、AちゃんとK先輩が付き合っていることを聞かされます。親友に裏切られて、私が考えたことは、「私が痩せればいい。」ということでした。

摂食障害。拒食症、過食嘔吐......、食べることに悩んでいる人は、一度は耳にしたことがある言葉だと思います。

しかし、多くの女の子たちは自分がそんな病気になる可能性なんて、病気になるまで、これっぽっちも思っていないはず。

わたしもそうでした。

でも、多くの女の子が、人生で一度はダイエットをしたことがあると思います。実は、そのダイエットが、誰でも摂食障害という病気にしてしまう可能性があることを、知っていますか?

真面目で、努力家で、完璧主義で......自分に厳しい人ほど、知ってほしい。

そのままのあなたでも、愛してくれる人はいるんだよ、ということを。

ずっとぽっちゃりだった子ども時代

空出典:weheartit

わたしは生まれた時からずっとぽっちゃりでした。今、小さなころの写真を見返してみると、当時自分自身が思っていたほど、太っていないなあ、と思います。

しかし、兄と弟がいて、2人からからかい半分で「ぶたー」「太ってる!」と言われてきたわたしは、自分が太っているのだと信じ込んでいました。

それに、小学校の女の子って、みんなだいたいマッチ棒みたいに細い子が多いですよよね?

そういう子たちと比べたら、確かにわたしはぽっちゃりでした。ぽっちゃりと言っても、普通体形、ぐらいなのですか......。

とにかく、わたしはいつも、自分が太っていることを気にしていました。でも、この時は特別、ダイエットという方向へ考えは向きませんでした。

母の言う、大人になったら痩せる、という言葉を無邪気に信じていたのもあったのかもしれません。

中学にあがり、全員が同じ制服に身を包むようになり、ますます周囲の目が気になってきました。

スカートから出ている自分の足の太さは、ほかの細い子より、明らかに太いからです。さらに、スカートも短めの丈がカッコいい、となっているのですから、スカートは短くしたいし......そうなると、嫌でも自分の太い太ももが目につきます。

しかし、わたしが進学した中学は進学校の女子校でした。これが、少し功を奏しました。

女子校というだけあって、いろいろな女の子が集まっています。とっても細い子から、かなり体が大きな子まで。

そしてもちろん、体型がすべてではありません。痩せていても性格が悪い子もいたし、太っていても人気者の子もいます。

いろいろな種類の女の子たちの中に紛れて、わたしは自分が痩せているとは決して思わなかったですが(むしろ、太っていることに悩んでいましたが)それほど自分の体型に執着することはありませんでした。

ほかに、やらなければいけないことがたくさんあったから、というのもあります。

進学校だったから、学校の勉強についていくために日々勉強は一生懸命やらないとついていけないし、ほかにも、学校行事で朝練があったり、放課後は部活動で忙しかったり。 

あとは、学校に異性がいなかったことも、自らの体型に執着せずに済んだ理由かもしれません。

痩せたいなあと思いながら、実際していたことと言えば、ちょっと間食の量を減らすくらいでした。それでも、十分満足して、毎日友達とおしゃべりして、勉強をして、部活をして、充実した日々を送っていました。

夢の大学生活! 恋人がほしい! 初めて好きになった人

花と空出典:weheartit

そんな中高時代を過ごして、わたしはついに、大学生になりました。

第一志望に無事合格して、夢にまで見た憧れのキャンパスで楽しい毎日を送る日々。当時のわたしは、大学生になれば、みんな彼氏ができるもの、と思い込んでいました。

なので、きっとあっという間にサークル、バイト、授業、恋人とのデートと忙しくなるだろう、とわたしはすっかり妄想にふけこんでいました。 ......まあ、当然、そんなとんとん拍子にいくわけがなく。(笑)

結論から言うと、わたしは大学4年間で一度も彼氏ができませんでした。

彼氏がほしいどころではなくなってしまったんです。

あることが起きて、それからは、少しずつ、生活が破たんしていき、最終的には、家から一歩外に出ることさえできなくなりそうだったんです。あとでくわしく書きますが、本当に、生きていること自体がつらい日々でした。

わたしの大学4年間を苦しめる引き金となったのは、大学1年生のころにはじめた、アルバイトでした。

大学生活が始まると、わたしの家ではお小遣いがもらえない決まりでした。

兄も姉もそうしてきたので、わたしも文句を言えるはずもなく。携帯料金、友だちとの交際費を手に入れるためにも、わたしのバイト探しが始まりました。

幸い、名の知れた大学に通っていたので、数名の生徒の家庭教師ができることになりました。

しかし、家庭教師はいくら時給が良くても、1人当たりたいてい週に1回授業する程度。当然、たくさん稼ぐことはできません。

そこで、大学生活と家庭教師のアルバイトの生活にも慣れ始めたころ、家庭教師のない曜日は、別のアルバイトをしたいな、思うようになりました。

しかし、家の近くや大学の近くで、アルバイト先を探してはみるものの、面接に行っては落ちる日々。

そんなとき偶然、小学校時代の親友が、家の近くのドラッグストアでアルバイトをしていることを知りました。

その子に、バイトを探していることを相談すると、なんと、その子(Aちゃん)はバイト先の店長に直接かけあってくれたんです。

おかげで、コネ入社?(笑)ではありませんが、そのドラッグストアでアルバイトできることがすんなり決まりました。

決まった当初は、わたしは親友もいるお店で働けるなんて、嬉しくて仕方ありませんでした。

実際、バイトをしてみても、きついことは何ひとつありませんでした。業務内容もハードすぎることもなく、パートの人も、社員の人も、みんな良い人で、店長も面白い人。しかも、親友までいるんです。

わたしは空いている日はどんどん、そこのドラッグストアのアルバイトのシフトを入れるようになりました。

そんな日々の中で、ついにわたしに好きな人ができました。

大学の中では、わたしのことを好きになってくれる人が現れることはあったものの、自分で誰かを好きになったことがなく......つまらないなあと思っていた矢先のことだったので、あっという間にわたしはその恋に夢中になりました。

わたしが好きになった人は、バイト先の先輩、わたしより3つ年上のK先輩でした。

他大学に通っていて、就職活動をするか、院に進むか、悩んでいました。Aちゃんは浪人中だったので、わたしとK先輩だけが、実質バイト仲間で大学生でした。

仕事のできるK先輩に、わたしはあっという間に惹かれていきました。

わたしとK先輩の2人でシフトに入っている時など、趣味の話や大学の話で盛り上がり、社員の人におしゃべりを注意されてしまうくらい、仲が良かったんです。

生まれて初めて、異性とこれほど仲良くなって、話も合って、しかもその相手が仕事のできる先輩で......わたしは毎日でもK先輩に会いたくて、これまで以上にドラッグストアのシフトを入れるようになりました。

もちろん、シフトを入れてもB先輩と会わない日もあります。でも、K先輩がいない日はたいてい、Aちゃんとシフトが重なっていました。

わたしは初めてといってもいい恋に浮かれてしまい、誰かに話したくて仕方がなかったので、そんな日はAちゃんに、いかにK先輩がかっこいいか、のろけていました。

こないだはこんな言葉を言ってもらえた、こんなふうに助けてくれた、など、今考えれば、そんなこと話さなければよかったのですが......とにかく、逐一、Aちゃんに報告していたんです。

Aちゃんは、そんなわたしの話を少々呆れた顔で、でも、きちんと聞いてくれました。聞いてくれたあと、Aちゃんは決まってわたしにこう言いました。

「私ちゃんはほんとに、K先輩が好きだね、K先輩が好きなんて、ちょっとB専なんじゃないの?」

わたしは、そんなことないもん、と笑顔で言い返していた、と思います。とにかく、Aちゃんのこの言葉に安心しきっていたんです。

崩れた友人関係

雨出典:weheartit

そんな楽しい片思いが終了したのは、バイトを初めて7か月が経ったころでした。

季節は寒くなってきていて、わたしは相変わらず、K先輩が好きで、AちゃんにK先輩のことを報告していました。

しかし、若干、今の変わらない状態にモヤモヤした気持ちを抱き始めていました。   こんなにK先輩が好きなのに、K先輩だってこんなにわたしと仲が良いのに、いつまでたっても友達関係のまま。

もういっそ、告白しまって、付き合うかフラれるか、どっちかに進みたい!あいまいな状況がずっと続くことが苦手なわたしは、そう感じ始めていました。

そしてある日、Aちゃんとシフトがかぶり、K先輩がいないとき、Aちゃんにそのことをそのまま相談したんです。

Aちゃんは、そのときも笑顔で話を聞いてくれていました。しかし、じゃあ、告白しちゃいなよ、と背中を押してくれることは、しなかったんです。

わたしはそのことに、少しだけ疑問を感じましたが(Aちゃんはなんでも、わたしのことを応援してくれる子だったので。)話すだけ話してすっきりしてしまい、そのままAちゃんとは別れました。

その夜です。

急に、Aちゃんからメールが届きました。

今、電話してもいい?と。

もちろんいいよ、と返信すると、すぐにAちゃんから電話がかかってきました。

そこで、言われたのは、簡単に言うと、下のようなことでした。

・実はK先輩と2週間程度前から付き合っている。

・私ちゃんがK先輩を好きになったころは、本当にK先輩のことなど全然好きではなかった。

・だけど、私ちゃんからK先輩の良いところをたくさん聞くうちに、自分もK先輩のことが好きになってしまった。

・良くないとわかっていたけれど、どうしても、我慢できなくて、自分の気持ちをK先輩に伝えた。

・そうしたら、K先輩と付き合えることになった。

わたしはしばらく、携帯を握りしめながら無言でした。Aちゃんは謝り続けていました。Aちゃんが言うには、K先輩はわたしの気持ちに気づいていなかったようです。

わたしは大丈夫、わかった、話してくれてありがとう、とAちゃんに伝え、K先輩と電話で話してもいいか、聞いていました。

Aちゃんは、いいよ、と返事をしたので、すぐさまK先輩に電話をしました。

自分でも、そのときK先輩に電話して、どうしたかったのか、今でもわかりません。

ただ、電話口にK先輩が出たとたん、涙があふれていました。K先輩に自分の気持ちを伝えると、Aちゃんから聞いた、気持ちにこたえられなくてごめんね、と謝られました。

それから、私ちゃんには俺よりももっと良い人が絶対にいるから、と言われ、また、Aとは、友達のままでいてやってほしい、Aは私ちゃんのことを大事な友達だと思っているから、とまで言われました。

今考えれば、ひどい話です。

まだわたしはK先輩のことが大好きなのに、K先輩本人が俺よりもいい人がいるから、と言われるし、それどころか、Aちゃんとは今まで通りの関係でいてと言ってくるし。

翌日、わたしはK先輩と2人のシフトが入っていました。

死ぬほどバイトに行きたくありませんでしたが、バイトに行き、普通に仕事をこなしました。

帰る頃になって、いつもは途中までK先輩と2人きりで一緒に帰るのですが、K先輩は「今日、Aが近くに来てるんだ。このあと一緒に夕飯食べるけど、私ちゃんもどう?」と意味不明なことを言われ、頑張って笑顔を保ちながら断ったのを覚えています。

その日から、AちゃんとK先輩の2人の姿を見るたびに、目の前が真っ暗になるような日々がはじまりました。

そんなつらい状態から脱したくて、わたしはどうしてこんなふうになってしまったのか、どうすれば今のこの状況を変えられるのか、必死で考えました。

たぶん、まともに働いていない頭で考えたからでしょう、考えた結果、わたしは自分がもっと細くて可愛い女の子だったらよかったんじゃないか、と思ってしまったんです。

Aちゃんがわたしよりもちょっとぽっちゃりしていたからかもしれません。

わたしが今よりももっと痩せて、Aちゃんよりもずっと細くて可愛いってことが、目に見えてわかるようになれば、K先輩はこっちに振り向いてくれるんじゃないか......。そんなふうに、思ってしまったんです。

わたしはダイエットを決意しました。

ここから、わたしの地獄のような日々が始まりました。

目に見える体重減少という成果&達成感。だんだん感覚、そして神経がおかしくなる

女の子出典:weheartit

ダイエットを決意してからというもの、まずはネットでどうすれば痩せられるか、ひたすら情報を求めました。

とにかく、効果が出るダイエット。それも、できれば短期間で。

健康的、長い間かけてゆっくりと痩せる、という言葉は、そのときのわたしには必要ないものでした。

また、運動も苦手だったため、激しい筋トレ、運動する方法も避けました。

まあ、当然ですが、そうなると、痩せるためには消費カロリーを増やすことよりも、摂取カロリーを減らす方向へと考えが固まっていきます。

わたしは基本的に、すべての食事で油分と糖分(炭水化物含む)を取ることを自分に禁じました。あまりやっても我慢ができなくなるので、朝だけは少しだけなら、炭水化物なら食べてもいい、としました。

夜ごはんについては、18時以降は水以外は何も食べちゃダメ、としました。

どうしても、夜におなかが減ったら、焼きのりをゆっくり食べたり、水をがぶ飲みしたりしました。

朝は基本はサラダと果物のみ。果物は当分ですが、砂糖やお菓子よりは太らないだろう、と思い、食べることを許していました。

しかし、サラダへのドレッシングはNGです。塩をふって食べていました。

written by しろいぬ87

Top image via Weheartit

※ 記事の内容は、医学的な正確性、効能、効果を保証するものでなく、かつ、記事の利用においてはしかるべき資格を有する医師や薬剤師等に個別に相談するなど読者の責任において行ってください。

関連するキーワード

注目の記事

【大人気】ブログより詳しい!整形の痛みやダウンタイム・術後経過すべて見せます!美容整形体験レポートシリーズ

【大人気】ブログより詳しい!整形の痛みやダウンタイム・術後経過すべて見せます!美容整形体験レポートシリーズ

NICOLY編集部では、カウンセリングから術後経過までの画像がたっぷりの、美容整形体験レポートを公開しています。切らないプチ整形から、脂肪吸引まで読み応え十分。NICOLY編集部いちおしの記事です。随時更新中!

45870 views | 整形二重脂肪吸引脂肪溶解注射

カテゴリ一覧

この記事のライター

本日のアクセスランキング

いまNICOLYで人気の記事

話題のキーワード

いまNICOLYで話題になっているキーワード

専門家ライター募集

NICOLYで記事を執筆していただける医師を募集

NICOLYでは「コンプレックスで悩んでいる人を笑顔に」というビジョンのもと毎日記事を更新しています。信頼性の高い記事を出し続けるために、記事の執筆をしていただける医師を募集しています

専門家ライター募集フォーム

編集者募集

NICOLYで記事を編集してくれる編集者募集

NICOLYでは「コンプレックスで悩んでいる人を笑顔に」というビジョンのもと、一緒に働いてくれる編集者を募集しています。

編集者募集フォーム

関連する記事

この記事に関連する記事をピックアップ