ほくろから生えている毛は何者?がんの可能性や正しい処理方法

ほくろから生えている長く太いたくましい毛は、メラニン色素の分泌量が増えることで生えてきます。ほくろのない部位に比べ、ほくろには色の濃い毛が生えることが多いですが、がんの心配はほぼありません。また、ほくろ毛の処理方法はほくろを刺激しないようにはさみで短くカットすることがおすすめです。

品川スキンクリニック新潟院院長 武内大

この記事は、品川スキンクリニック新潟院院長 武内大先生が監修しています。

鏡を見るたびに気になりがちな「ほくろ」。そのほくろのなかでも毛が生えているものは、特に気になるもの。

「このほくろから生えている毛は、いったい何者なのだろう……」と考えたこともあるのではないでしょうか?

今回はほくろの毛に関する悩みの解決に向けて、さまざまな疑問を探ります!

目次

そもそも「ほくろ」とは?

ほくろの写真

ほくろ毛の原因は、ほくろのしくみについて知ることが近道となります。

ほくろとは、医学用語で「母斑細胞母斑」あるいは「色素性母斑」と呼ばれており、皮膚の表面に現れた良性の皮膚腫瘍(できもの)のひとつ。

また、ほくろはメラニン色素を生み出すメラニン細胞が変化した「母斑細胞」の増殖によってできるものといわれています。

腫瘍と聞くと怖いと感じるかもしれませんが、ほくろは良性の皮膚腫瘍なので一般的には人体に無害と考えられています。

ほくろ毛の原因はメラニンが関係している

毛が生えているほくろの写真

ほくろに毛が生える原因として、ほくろを作るメラニン色素が大きく関係しているといわれています。

メラニンの生成が活発になると、メラニン色素の分泌量が増えて毛穴が成長し、色の濃い毛が生えることがあるようです。

つまり、ほくろのある場所はメラニンの生成が活発な場所なので、ほくろのない場所よりも濃い毛が生えやすいのです。

毛が生えているほくろは「皮膚がん」?

女性の写真

「痛みはないけど、濃い毛が生えているし病気じゃないかな……」

このように、ほかと違うほくろに対して病気の面で不安に思う人も少なくないでしょう。では、毛が生えているほくろは皮膚がんの可能性があるのでしょうか。

毛が生えているほくろは病気ではない

毛が生えているほくろに関しては、がんの心配はほぼないとされます。

もし、ほくろから悪性の腫瘍が発生する場合は、毛穴自体が壊れてしまうからです。

毛穴が壊れてしまったら毛が生えてくることはないので、毛が生えているほくろは安全といえるでしょう。

皮膚がんが疑われるメラノーマとは

注意すべきほくろは、毛が生えているものではありません。

ほくろの細胞ががん化して起こる、メラノーマと呼ばれる皮膚がんの一種である場合は早急に治療が必要です。別名、悪性黒色腫とも呼ばれています。

では、メラノーマの可能性があるのはどのような特徴があるのでしょうか。

注意するべきほくろのタイプ

  • 皮膚が盛り上がっていて、赤みがある。
  • 大きさ、形が変わることがある。
  • 色が濃い部分と薄い部分がある。
  • 形が非対称になっている。

上記のタイプに当てはまるほくろがある人は、一度メラノーマを疑ってみたほうが良いかもしれません。

皮膚がんは、早期に発見できれば治せる可能性が高いといわれています。

もし気になるほくろがあったら、早めに皮膚科で受診することをおすすめします。

ほくろ毛は処理しない方が良い?

女性の写真

毛が生えているほくろが医学的に安全とはわかっていても、やっぱり「取り去ってしまいたい……」という人も多いでしょう。

しかし、「ほくろから生えている毛を抜いたらがんになる」という噂を聞いたことがある人もいるのはないでしょうか?

必ずしもほくろから生えている毛を抜いたら皮膚がんになることはありませんが、ほくろを強く刺激してしまうと、場合によっては悪性の腫瘍に変わってがんにつながってしまうこともあるようです。

そのため、医学的にも抜かないほうが無難といわれています。

ほくろの刺激を与えることとなる、毛抜きでほくろから生えている毛を抜くことや、カミソリやシェーバーで剃る方法はおすすめできません。

処理をするならハサミでカット

ほくろから生えている毛の処理方法のなかで、もっともほくろを刺激しない方法は、はさみで毛を切ること

しかし、ほくろから生えている毛は時間が経てば再び生えてくるものです。

手入れの回数を減らしたい場合は、毛の根元ギリギリのところでカットしましょう。

ほくろごと除去する方法

スキンケアをしている女性の写真

美容の面でどうしてもほくろから生えている毛が気になる人や、いちいちカットすることは大変だと感じる人もいるかもしれません。

ほくろから生えている毛がどうしても気になる場合は、ほくろ自体を除去することで、その悩みなから解消されるでしょう。

ホームケアでほくろ除去はできる?

女性の写真

ホームケアでほくろの除去を行う方法として、ほくろ除去クリームを使う方法があります。おもに、ほくろ除去クリームは通販などで販売されていることが多いようです。

ほくろ除去クリームを使うケアは、手軽にできる一方で、すべて自己責任で行う必要があることも特徴のひとつ。

実際に起きてしまう可能性があるおもな皮膚のトラブルは、下記のとおりです。

ほくろ除去クリームの使用によって起こる可能性があるトラブル

  • ほくろ除去クリームの使用前に比べてほくろが濃くなる。
  • ほくろ除去クリームには細胞を燃やすはたらきがあることから、「化学熱傷」と呼ばれるやけどを起こす可能性がある。
  • 誤った使用方法で悪性腫瘍に変わることもある。

トラブルを避けるためにも、ほくろ除去クリームはよく考えてから購入することをおすすめします。

安全で高い効果を求めるならクリニックへ

女性が背中を診てもらっている写真

自分でほくろ除去クリームは、失敗する可能性だけでなく肌トラブルの危険性もあります。そのため、安全かつ高い効果を求める人はクリニックがおすすめです。

ほくろ除去は、おもに「皮膚科」「形成外科」「美容外科」で行っています。

皮膚科は保険が適用された場合、費用が比較的安く済むことが特徴。

さらに皮膚科の場合は、除去したいほくろが悪性の腫瘍かを確かめてから、どのように対処するかを選択できるのも利点のひとつです。

一方、美容外科の場合は美容の観点で治療を行うため、見た目がきれいになるように仕上げてくれます。

自分でよく調べてからクリニックへ、まずは相談しに行きましょう。

ほくろから生えている毛は危険なものではない!

女性の写真

濃くて長いほくろから生えている毛は、大きい存在感を放ってしまうもの。

しかし、毛の生えているほくろは病気の心配がないとされているため、幸運の証と考えることもできるかもしれません。

また、ほくろから生えている毛の処理や、クリームでほくろ除去を行う場合は、用法・用量を守って皮膚のトラブルに十分注意して行いましょう。

そして、ほくろを除去する方法としては、やはり自己責任でクリームを使うよりもプロにお願いするほうがトラブルを防止できる印象です。

もしクリニックへ向かう時間がある人は、ほくろ除去を行っているクリニックについて調べてみると良いかもしれません。

皮膚トラブルを避けるためにも、正しい方法でほくろから生えている毛やほくろとサヨナラしましょう!

ほくろ治療に関してはリスク等もありますし、自分でクリーム処理するよりもクリニックを受診した方が良いでしょう。

この記事の監修医:武内大先生のクリニックはこちら

  • 住所新潟県新潟市中央区弁天1-1-22 東信新潟ビル2F
  • アクセスJR新潟駅「万代口」徒歩約2分 京成新潟駅「新潟駅」徒歩約2分
  • 休診日年中無休
  • 診療時間10:00~19:00
  • 電話番号0120-293-740
  • 予約ネット予約・電話予約

※ クリニック情報や診療メニューなどは、公式ホームページから取得した内容ですので、情報の正確性は保証されません。必ず事前にご確認の上ご利用ください。

品川スキンクリニック新潟院の詳細

医師・薬剤師・その他医療関係者の方へ

より正確な医療情報を発信するためにも、医師の監修を経て誤りがないよう万全を期しておりますが、もし誤りとお考えになる情報があった場合には、ご指摘いただけますと幸いです。社内で確認の上、必要な対応をさせていただきます。

医療・薬剤に関する情報の指摘

その他記事へのお問い合わせ

この記事の監修者

この記事のライター

本日のアクセスランキング

注目のクリニック

注目の医師

サイトメニュー