NICOLY:)[ニコリー] コンプレックスの悩み解決・応援サイト

医師が教えるコンプレックス解決サイト
監修済記事:1032記事

メルマガ登録

2016年09月26日 更新 | 6,203 views

自分が思う以上にお尻は肌荒れ中!色素沈着やプツプツの改善方法

品川スキンクリニック新潟院院長 武内大

この記事は、品川スキンクリニック新潟院院長 武内大が監修しています。

お尻の色素沈着は、摩擦刺激・ニキビやかぶれなどの炎症・乾燥・ホルモンバランスの乱れなどが原因。生活習慣・食生活の改善と正しいスキンケアで予防・改善ができます。医療機関で行う治療法は、外用薬・内服薬・ケミカルピーリング・レーザーおよび光治療です。

友達とプールや温泉に行くことが決まってから、お尻に黒ずみやプツプツがあることに気づいてしまった!

これって自分で治せるの……? 

顔などと違い自分のお尻をしっかりと見ない人は、意外と多いかもしれません。

きれいなお尻を手に入れるために、原因と治療法を見ていきましょう。

お尻の黒ずみ・くすみは色素沈着が起こっている証拠!

白いショーツを履いている女性のおしりの写真

お尻が黒ずんで見えるのは、皮膚を守るためにメラニン色素が生成されたり、皮膚表面が厚くなったりして、色素沈着が起こっていることが原因です。

お尻の色素沈着の原因を確認する前に、まずは肌の「ターンオーバー」を理解しましょう。

【ターンオーバーとは?】

肌の深部で作られた細胞が、次第に押し上げられて皮膚表面の「角質層」となり、やがては垢として自然にはがれ落ちるサイクルのこと。

角質とともにメラニン色素などの不要なものを排出して、肌を新しい状態に保っています。

それでは、お尻に黒ずみやくすみができる具体的な原因を見ていきましょう。

肌の摩擦で「摩擦黒皮症」が起きる

摩擦(こすれて起こる刺激)によって肌が黒ずむのが「摩擦黒皮症」です。

デスクワークなどで、座る時間が長い人のお尻が黒ずむことがあります。座った姿勢ではお尻に上半身の体重がかかり、皮膚がこすれるからです。

そのほか、サイズの合わないきつめの下着で圧迫されることや、入浴の際に固いスポンジなどでゴシゴシと洗うことも、お尻の黒ずみの原因になります。

傷やかぶれの跡にできる「炎症後色素沈着」

肌の炎症が治ったあとに残るシミを「炎症後色素沈着」といいます。 炎症後色素沈着の代表的なものが、ニキビ跡です。

お尻は顔などの部位に比べると血流が少なく、あまりターンオーバーが活発ではありません。そのため、炎症後に跡が残りやすいという特徴があります。

ニキビのほか、アレルギー性皮膚炎、体質に合わない化粧品によるかぶれあせもなども色素沈着の原因です。

乾燥によって皮膚表面が厚くなる「過角化」にも注意!

背伸びをした足の裏の写真

メラニン色素の生成以外にもうひとつ、皮膚が身を守るために起こす反応があります。 肌表面の角質層がぶ厚くなる「過角化」です。

過角化はひじやかかとが固くなるのと同じ現象で、肌がガサガサと固くなるほか、肌色がくすんで見えます。過角化のおもな原因は皮膚の乾燥です。

プツプツとしたできもの「毛孔性苔癬(毛孔性角化症)」

お尻ニキビに間違われやすい症状として「毛孔性苔癬(もうこうせいたいせん)」または「毛孔角化症(もうこうかくかしょう)」と呼ばれる皮膚炎があります。

毛孔性苔癬の原因は皮膚の過角化です。何らかの理由で毛穴周辺の角質層が溜まり、毛穴がプツプツ・ザラザラとするもので、お尻のほか二の腕・背中・デコルテなどにできることもあります。

毛孔性角化症は、放置しても痛みや炎症など健康上の問題はなく、ほかの人に感染することもありません。原因ははっきりとわかっていませんが、遺伝的要素が大きいと考えられています。

ホルモンバランスの乱れもお尻の肌トラブルに繋がる

生理前後のホルモンバランスの乱れによってターンオーバーのサイクルが滞ると、肌荒れしやすくなったり、色素沈着が治りにくくなったりします。

不規則な生活ストレスも、ホルモンバランスが乱れる原因です。

肌のスムーズなターンオーバーが行われなくなると、ニキビができたり、角質が厚くなったりすることがあります。

お尻の色素沈着の原因 ここまでのまとめ:)

  • 摩擦黒皮症:長時間座ったり締め付けの強い下着を着用することで、肌がこすれて黒ずんでしまうこと。
  • 炎症後色素沈着:ニキビやアレルギー性皮膚炎・化粧品かぶれなどによる炎症の跡が残ってしまうこと。
  • 乾燥による過角化:角質が厚くなることで肌が固くなり、くすんでしまうこと。
  • 毛孔性苔癬・毛孔性角化症:プツプツとした皮膚のできもののこと。肌が角化することが原因。
  • ホルモンバランスの乱れ生理前後不規則な生活ストレスなどにより、肌のターンオーバーがスームズに行われなくなる。

このように、さまざまな原因で肌に負担が掛かると、お尻に黒ずみや色素沈着が起きることがわかりました。

次の章からは、できてしまったお尻の色素沈着を改善する方法や、予防する方法を紹介していきます。

お尻の色素沈着を消すための方針3つ

お風呂に入りながら考え事をする女性の写真

お尻の色素沈着の予防・改善法は、おもに自分で行える「セルフケア」と医療機関で受けられる「医療機関でのケア」に分けられます。

  • 自分でできるお尻のケア1:生活習慣を見直して色素沈着を改善
  • 自分でできるお尻のケア2:スキンケアをして色素沈着を改善
  • 医療機関によるケア:皮膚科や美容クリニックで治療

それでは、それぞれのケア方法について詳しく見ていきましょう。

お尻の色素沈着をセルフケアする5つの方法(生活習慣)

自転車を漕ぐ女性を背後から撮った写真

まずは、生活習慣を見直すことでお尻の色素沈着を改善する方法です。

いまある黒ずみを改善するだけでなく、今後の色素沈着の予防にもなります。

1:長時間椅子に座る時はクッションを敷く

仕事や勉強などで長時間座る習慣のある人は、椅子に厚めのクッションを敷きましょう。

固い座面はお尻の皮膚に摩擦刺激を与え、黒ずみの原因になります。

クッションの素材は低反発素材がおすすめです。体重を分散させて1箇所に負担が掛かりにくくなります。

2:下着はサイズの合ったものを使用

サイズの小さな下着を無理に着用していると、お尻が締め付けられ肌に負担を与えます。 お尻の色素沈着を改善・予防するためには、サイズの合ったショーツを履きましょう。

また、ナイロン素材よりも天然素材(シルク・綿など)の下着の方が、肌当たりが柔らかく低刺激です。

3:睡眠時間を充分に確保する

睡眠中は「成長ホルモン」が分泌され、肌のターンオーバーが促進されます。

睡眠不足が続くとターンオーバーが正常に行われず肌荒れが起きやすくなり、老廃物の排出が滞る原因に。

必要な睡眠時間には個人差がありますが、5時間以下になると睡眠不足と感じる人が多いようです。

ネットやゲームなどでつい夜更かしをしてしまうこともありますが、お尻の色素沈着を改善するためには、睡眠時間をきちんと確保しましょう。

4:ビタミンACEで体の内側から改善

肌の色素沈着の改善には、ビタミンAビタミンCビタミンEが効果的です。3つをまとめて"ビタミンACE(エース)"と呼ばれることもあります。

もちろんお尻だけではなく全身の肌にはたらきかけるので、美容のためには意識的に摂りたいビタミンです。食事からの充分な補給が難しい場合には、サプリメントを利用するのも良いでしょう。

ビタミンA

肌のターンオーバーを正常化して、色素沈着の排出を促す効果があります。

【ビタミンAを多く含む食品】

レバー・うなぎ・ニンジン・ほうれん草・カボチャなど。

ビタミンC

内側から色素沈着を予防するほか、できてしまったシミや黒ずみを排出しやすくするはたらきがあります。

【ビタミンCを多く含む食品】

ブロッコリー・ピーマン・イチゴ・キウイなど。

ビタミンE

抗酸化作用が高く、色素沈着を予防する効果があります。

【ビタミンEを多く含む食品】

ナッツ類・モロヘイヤ・アボカド・魚卵類など。

5:痒みがあってもかき壊しをしないように注意

肌に合わない材質の下着の着用や、生理ナプキンの蒸れなどによるかぶれで、痒みを感じることがありますが、かき壊しは色素沈着の原因です。

入浴時や睡眠時に無意識にかいてしまわないよう、市販の痒み止め薬などを上手に使用してもよいかもしれません。

お尻の色素沈着をセルフケアする3つの方法(スキンケア)

アロマオイルの写真

毎日きちんとスキンケアする人でも、お尻の肌はついおろそかにしがちなもの。お尻も顔と同様にスキンケアしてあげましょう。

お尻の色素沈着対策も、顔のシミや美白ケアと同じアプローチで行います。

1:洗浄剤をしっかり泡立てて優しく洗う

入浴の際、石けんやボディソープを泡立てネットやスポンジでしっかりと泡立てて、お尻を優しく洗いましょう。

スポンジやタオルでゴシゴシこすって洗うのは厳禁です。特にナイロン製のタオルは刺激が強いので、直接体を洗うのには適していません。

2:ピーリング石鹸や化粧品を使う

お尻の角質が厚くなり、固くザラザラとしている場合には、ピーリング効果のある石けんや化粧水を使用すると良いでしょう。

ピーリング化粧品にはフルーツ酸などが配合されており、肌を柔らかくする効果があります。

3:お尻も化粧水やクリームでスキンケア

乾燥はお肌の角化や黒ずみの原因です。

入浴後には顔や手足だけでなく、お尻にも化粧水やクリームを塗って保湿しましょう。

お尻の色素沈着を改善するために病院で受けられるケア

病院でケアをうける女性の写真

皮膚科や美容クリニックなどの医療機関では、肌の状態に応じた的確な治療を受けることができます。

お尻の色素沈着の治療法は、おもに「外用薬」、「内服薬」、「ケミカルピーリング」、「レーザー・光治療」の4種類です。

複数の治療法を組み合わせて行うこともあります。

医療機関での色素沈着治療1:外用薬(塗り薬)

肌に塗るタイプの処方薬が、色素沈着のタイプ肌の状態に応じて処方されます。

ハイドロキノン

色素沈着を改善する効果が期待でき、「シミの消しゴム」とも呼ばれる外用薬です。

ルミキシル

肌に透明感を与え、シミを予防する効果があるといわれています。

トレチノイン

肌のターンオーバーを強力に促進するとされている外用薬です。色素沈着のほかシワやニキビの治療にも使用されることがあります。

品川スキンクリニック新潟院院長 武内大

外用薬は3ヶ月以上使用すると十分な改善が期待できます。また、皮膚のかぶれの副作用も少なくないことが注意点です。

医療機関での色素沈着治療2:内服薬(飲み薬)

色素沈着の内服薬として処方されるのが「シナール」です。

シナールはビタミンCとパントテン酸(ビタミンB5)の複合ビタミン剤で、風邪やアレルギーの際に処方されることも。

肌のターンオーバーを正常に保ち、色素沈着を改善する効果があ期待できるといわれています。

医療機関での色素沈着治療3:ケミカルピーリング

ケミカルピーリングとは、肌に酸性の薬剤を塗って皮膚の表面をほんの少し溶かす施術です。

ターンオーバーの滞りを改善し、肌の生まれ変わりを促します。

医療機関での色素沈着治療4:レーザー・光治療

肌に医療機器でレーザーやフラッシュ(一瞬の強い光)を照射し、肌内部のメラニン色素のみにダメージを与えて分解する施術です。

肌の細胞を刺激してコラーゲン生成を促す効果もあるといわれています。

お尻の色素沈着のケア方法 まとめ:)

【自分でできるお尻のケア方法:生活習慣を見直す】

  • 椅子にクッションを敷く厚みのあるクッションでお尻の負担を軽減する。
  • 下着:サイズの合った締め付けないショーツを着用する。シルクや綿などの自然素材がおすすめ。
  • 寝不足に注意する睡眠時間を充分に確保して、肌のターンオーバーを促す。
  • バランスの良い食事:美白効果のあるビタミンA・C・Eを充分に摂る。
  • かき壊しを予防する:痒みがある場合には、市販の痒み止めなどを使用する。

【自分でできるお尻のケア方法:スキンケア】

  • 優しく洗う:洗浄料をしっかり泡立てて優しく洗う。ゴシゴシ洗いは厳禁。
  • ピーリング化粧品ターンオーバーを促す効果のある化粧品を使用する。
  • 保湿:顔と同様にお尻も化粧水やクリームで保湿する。

【医療機関で受けられるお尻のケア方法】

  • 外用薬:「ハイドロキノン」・「ルミキシル」・「トレチノイン」などの薬剤で外側から治療する。
  • 内服薬:複合ビタミン剤「シナール」で内側から色素沈着を改善する。
  • ケミカルピーリング:酸性の薬剤で皮膚表面を薄く溶かす施術。
  • レーザー・光治療:照射してメラニン色素のみにダメージを与えるほか、コラーゲン生成を促す効果のある施術。

見えないお尻もスキンケアをしてあげよう!

服を着たままお風呂に入る女性の写真

お尻にできる色素沈着の予防や治療方法は、顔のシミ・ソバカスと同じです。

お風呂あがりのスキンケアの際には、お尻も仲間に入れてあげましょう。

また、生活習慣の改善で効果を感じない場合は、医療機関に頼ってみることもおすすめです。

美肌・美白・くすみの美容医療の地域別人気クリニック

東京

水の森美容外科 東京銀座院

銀座一丁目駅 6番出口より徒歩1分

詳しく見る

大阪

水の森美容外科 大阪院

谷町線東梅田駅より徒歩4分

詳しく見る

福岡

湘南美容外科クリニック 福岡院

天神南駅より徒歩約1分

詳しく見る

NICOLYおすすめ:美容整形やってみたシリーズ

※ 記事の内容は、医学的な正確性、効能、効果を保証するものでなく、かつ、記事の利用においてはしかるべき資格を有する医師や薬剤師等に個別に相談するなど読者の責任において行ってください。

関連するキーワード

注目の記事

【大人気】ブログより詳しい!整形の痛みやダウンタイム・術後経過すべて見せます!美容整形体験レポートシリーズ

【大人気】ブログより詳しい!整形の痛みやダウンタイム・術後経過すべて見せます!美容整形体験レポートシリーズ

NICOLY編集部では、カウンセリングから術後経過までの画像がたっぷりの、美容整形体験レポートを公開しています。切らないプチ整形から、脂肪吸引まで読み応え十分。NICOLY編集部いちおしの記事です。随時更新中!

45433 views | 整形二重脂肪吸引脂肪溶解注射

カテゴリ一覧

この記事の監修者

この記事のライター

本日のアクセスランキング

いまNICOLYで人気の記事

話題のキーワード

いまNICOLYで話題になっているキーワード

専門家ライター募集

NICOLYで記事を執筆していただける医師を募集

NICOLYでは「コンプレックスで悩んでいる人を笑顔に」というビジョンのもと毎日記事を更新しています。信頼性の高い記事を出し続けるために、記事の執筆をしていただける医師を募集しています

専門家ライター募集フォーム

編集者募集

NICOLYで記事を編集してくれる編集者募集

NICOLYでは「コンプレックスで悩んでいる人を笑顔に」というビジョンのもと、一緒に働いてくれる編集者を募集しています。

編集者募集フォーム

関連する記事

この記事に関連する記事をピックアップ