NICOLY:)[ニコリー] コンプレックスの悩み解決・応援サイト

医師が教えるコンプレックス解決サイト
監修済記事:1037記事

メルマガ登録

2016年11月23日 更新 | 3,554 views

体臭は本当に辛い......。ハエが集まるほどの強い体臭と闘いつづけた30年[体験談]

小学生のころから、汗をかいた後は、体操着や制服が臭くなりました。汗臭い臭いのほかに、油のような臭いがしました。高校生になったころ、体臭は少しきつくなりました。なぜか私のところにハエが集まることも。しかし、高校生のころまでは、臭いについて指摘されることはありませんでした。

成人になってから、体臭で悩んでいます。

体臭は年をとるとともに悪化しているような気がします。でも、思い起こせば子供のころからあったかなとも思います。

また、父が多汗症で、足の臭いがきついので、私の体臭は遺伝なのかなとも思います。

同じ悩みを持つ人に読んでほしくて、自分の体臭の悩みや実体験を書きたいと思います。

小学生のころの体臭

空出典:weheartit

小学生のころにすでに体臭があったかもしれないです。

というのも、姉と同じ部屋で寝ていたのですが、朝、母が起こしにくると、すごく変な顔をして、窓を全開にするのです。

母は「この部屋空気が悪い。」と私のほうを怪訝そうな表情をして見るのです。

自分でも自分がいた締め切った部屋を、一度外に出て戻ると独特なむわっとした空気がしたのを覚えています。

また、私が着ている体操着や制服のブラウスの脇や襟足がかならず黄色くなるのです。

小さいころから脂性だったようです。

汗をかいた後は、体操着や制服が臭くなりました。汗臭い臭いのほかに、油のような臭いがしました。

それでも、そのころはまわりの人に指摘されることはなく、自分ではそんなに気にしていませんでした。友達に体臭のことでいじめられることもありませんでした。

高校生のころの体臭

空出典:weheartit

高校生になったころ、体臭は少しきつくなったような気がします。

なぜか私のところにハエが集まることもありました。それを見た後ろの席の男の子はあからさまに私を見ると嫌そうな顔をしました。

虫に好かれやすいのは、小学生のころからそうでした。同じ部屋に姉と寝ていても、私のほうがいっぱい蚊にさされるのです。

大人になってから、知ったのですが、蚊にさされやすい体質の人は、汗っかきの人、色黒の人、二酸化炭素の排出量が多い人だと、テレビで知りました。

私は色黒で、汗っかきなので、そのせいもあるのでしょうが、二酸化炭素の排出量が多いというのも、もしかしたら、あてはまるのかもしれません。

何か独特なにおいを排出しているのかもしれません。足の臭いはこのころ、すでに強かったと思います。自分でも、自分がはいている運動靴をかぐと、特に夏場は臭いなって思いました。

高校は電車とバス通学で、片道1時間半ほどかかっていたのですが、帰りの電車の中で靴が蒸れているなって思って、ちょっと脱いでみると、臭いが自分でも分かったのを覚えています。

それでも、体臭のことで学校でいじめにあうことはありませんでしたし、高校生までは体臭のことでそれほど悩むことはありませんでした。

社会人に1年目に体臭が原因でいじめにあう

女の子出典:weheartit

社会人になってから、自分で自覚できるほど臭いは強くなりました。

1番最初に勤めた会社では、経理の女性にあからさまに嫌な顔をされました。どうも、私の臭いが銀杏の香りに似ていたようで、その女性は、職場に銀杏をもってきて、机で銀杏をむき始めました。

すごい臭いで、同じ部屋にいたので、仕事ができなくなるほどでした。後で思えば私へのあてつけだったのかなと思います。

それから、その女性は私の後ろを通るたびに、小声で「臭い」とか「へんな臭いがする」とか、言ってきました。

そして、いろいろと嫌がらせや心無いことを言われたりしました。

それで社内いじめにあい、とうとうその会社を1年足らずで、辞めてしまいました。

思えば私の体臭が原因で、その女性は不快な思いをしていたのかもしれません。

それから、転職してほかの会社に勤めるようになったのですが、その会社でも私の体臭が話題になるほどでした。

その会社はスポーツ雑誌の出版社で、小さな一軒屋が会社でした。社員は8名ほどで、私は2階の屋根裏部屋に配属されていました。

その部屋は窓はあるのですが、風通しが悪く、とても狭い空間でした。そこに社員が3名で作業にあたっていました。

雑誌の出版社で、月刊誌を発行していたので、1か月に1回はとても忙しい時期が3日間ほどあって、その3日間は泊り込みになるほどでした。

お風呂やシャワーがないので、体を洗うこともできませんでした。なので、夏が最悪でした。

職場にエアコンがなかったので、風通しも悪い社内で、汗っかきな私には最悪でした。

泊り込みで作業するので、体臭がきつくなってしまいました。ほかの社員はあからさまに、私と話すときや近くに来るとき、鼻をおさえるのです。

臭いのかなって、自分でも思いました。たまにくる外注さんには、「お風呂に入ったの?」ってあからさまに聞かれました。

なので、泊りがけになるときは、どんなに忙しくても朝方とか自宅に帰らせてもらって、シャワーを浴びてから、会社にとんぼ返りしたりしていました。

私の体臭のうわさは社員だけでなく、社長にも知れ渡っていました。社長はお客さんが来たときに、会社が狭いことを言いながら「臭いですが......」、なんて笑いながら私に聞こえるように、ジョークを言っていました。

私のこと言っているのかなって思いました。

劣悪な職場環境で、体臭も悪化してしまい、結局その会社も1年足らずで、辞めてしまいました。

3社目でも体臭のことで社員からいじめにあう

女の子出典:weheartit

3社目に勤めた会社でも、やっぱり体臭のことでほかの社員からひそひそ話や、いじめにあいました。

職場で革靴を履いていたのですが、ある特定の皮の靴を履くと、臭いが強くなるようです。魚の腐ったような臭いがしました。

その靴を会社のロッカーに入れていたら、ロッカーがすごく臭くなってしまいました。そのことを何人かの女性社員が気づいて、噂話をしていました。

この靴はもう履けないと思い、それなりに高い靴だったのですが、処分しました。

それからは、通気性の良い靴を職場で履くようになりました。また、1番困ったのはトイレでした。

体臭のことで自分で悩むようになり、そのストレスが原因かお腹の調子が悪くなるようになりました。

そのせいか、便臭がきつくなってしまいました。過敏性腸症候群になり、職場で便がでてしまうことがあったのですが、私がトイレに入りそのトイレがすごく臭くなると、また女性社員の間で、噂になってしまいました。

ある女性社員は私がトイレから出た後、あからさまに「臭い~!」って笑いながらほかの女性社員と騒いでいるのです。

それがきっかけで、結局その会社も半年足らずで辞めてしまいました。

体臭が原因で引きこもりになる

花畑出典:weheartit

その後しばらく会社勤めはできなくなりました。自分の体臭が気になって、働けないんです。

半年ほど自宅にこもるようになり、引きこもりにました。このままではいけないと、今度はパートのお仕事を始めました。

それでもやっぱり、その仕事も3か月足らずで辞めてしまいました。私の隣の人が咳払いや、鼻をすすっていたりしたので、それが自分の体臭が原因じゃないかって思うようになり、それが辛くて会社に行けなくなりました。

母からは精神科を受診したほうがいいのではないかと、薦められ、精神科を受診しました。

結局その精神化には1回ほど通って、その後通いませんでした。

精神科では自分の体臭は治せないことは明らかだったからです。

また、体臭を専門にしている、都内のクリニックを受診しましたが、腋臭ではないという判断を出されました。そのクリニックの医師には腋臭ではないけど、何らかの臭いはあると言われました。

結局腋臭ではないので、治療はできませんでした。ほかに自分でネットで体臭について調べて見ると、魚臭症という病気があることが分かりました。

自分はこれではないかと思うようになり、ネットで検査キッドを送ってもらうことにしました。そのキッドを大学の医療機関へ送り返して、検査してもらいました。その検査結果はメールで知らされました。

結果は魚臭症ではないという判断がでました。

これにはがっかりしました。

いっそのこと魚臭症なら、自分の体臭の原因が分かってよかったのですが、結局わからないので、これでは対処の使用がありません。

自分の臭いは、今までのまわりの人からの反応ですと、玉ねぎ臭い、銀杏の臭い、便臭い、に近いのかなって思います。

なんらかの、刺激臭が出ているのかなとも思います。

自分にあった職種が見つかる

コート出典:weheartit

体臭が原因で転職が多く、どこに勤めても長続きしませんでした。

今までの経験で分かったことは自分はデスクワークは向かないことです。デスクワークだとずーっとその場所に座っていて、そこから動かないことになります。

自分の体臭で周囲に過剰に気をつかってしまい、自分で自分自身にストレスをかけてしまうことになります。今まで、1番自分に向いていた職場は、清掃のお仕事でした。3か月ほどでパートのデスクワークのお仕事を止めた後、はじめたアルバイトが清掃のお仕事でした。

これは、ある重度障害者の施設の清掃のお仕事だったのですが、1人で各部屋を掃除しながら、部屋をまわるというもので、1か所にいないし、1人なので、ほかの社員を気にしなくて良いところが精神的に楽でした。

また、各患者さんの部屋の清掃もありましたが、患者さんは重度の障害を負っていて、意思がはっきりしている人はいなかったので、それも楽でした。

また、そこで働いている、介護職員の方は優しい方が多く、頭が下がる思いでした。みんな20代、30代前半と若く、大変な仕事なのに、文句も言わず、排泄や食事の補助をしていました。

重度の障害がある患者さんたちも、重度の障害を負いながらも、懸命に日々生きている姿を見ると勇気がでました。

自分はたいしたことでもないのに悩んでいるって恥ずかしくなりました。

体臭なんてどうってことないんだって思えるようになりました。

この職場での経験が、その後の自分の人生に強く影響を与えてくれました。自分は五体満足な体で生まれてきたのに、このままじゃいけないって思うようになりました。

この清掃の仕事は半年ほどで辞めてしまいましたが、今でも良い経験をしたって思っています。

体臭が原因で恋愛でも消極的に

靴出典:weheartit

自分の体臭が気になってしまって、恋愛でも消極的でした。一度、お付き合いをしている人から、頭の臭いがするって、指摘されたこともあります。

その時とっても恥ずかしい気持ちになりました。泣きたかったです。

脂性で、夏になると頭臭がひどくなります。毎日頭を洗っていて、清潔にしていても、臭いがします。その彼氏には臭いとまでは言われませんでしたが、臭いが気になっているようでした。

しばらくして、別れ話をされたのは、そのせいなのかなって思います。

ほかに仲良くなれそうになった男性からは、あからさまになんだこの臭いって私のほうを見て、怪訝そうな表情で言われました。結局その男性とは恋愛に発展することはありませんでした。

理解ある主人に出会えて

男の子出典:weheartit

自分は体臭があるので、恋愛は無理なのかなって思っていたところ、今の主人と知り合いました。

今の主人は理解のある人で、私の体臭のことはまったく気にならないようです。というのも、主人自身も体臭がある人なので、気にならないみたいです。

主人は独特な臭いがします。便秘なので、そのせいもあるのかなとも思いますが、年齢とともにひどくなっている気がします。

職場でも社員から指摘されたことがあるようですが、主人は今の職場を10年以上勤めています。

主人を見ていると頭が下がります。自分は転職ばかりで、ちょっと嫌になると、すぐ辞めてしまっていたので。

言われても気にしない強さがある主人をうらやましく思います。自分にその強さがあったら、辞めずにすんだのかなって思います。

体臭とうまく付き合う方法

写真出典:weheartit

体臭を治せたら良いのですが、これといって、ないですよね。

先日テレビで体臭について放送していたのですが、体臭は消すことできないそうです。なので、ほかの臭いと混ぜて、軽減させることはできるそうです。

根本から体臭をなくすことはできないんだとか......。自分が気休めでやっていることは、口臭予防に、ガムを噛むようにしています。

キシリトールのガムを車を運転しているときや、誰か人に会う前に噛むようにしています。

口が渇いた状態だと、臭いが強くなるということをテレビで見たことがあるので、それから、ガムを噛むようになりました。ガムを噛むことで唾液がでて、口臭を予防することができるそうです。

また、臭いが強い食材は避けるようにしています。にんにくを食べた後は、次の日、自分でも口臭が気になるくらいなので、なるべくにんにくは食べないようにしています。

また、生の玉ねぎも口臭が強くなる気がするので、食べないようにしています。

汗をかいたときは、なるべくすぐにシャワーを浴びるようにしています。シャワーがないところでは、トイレに入ったときに、汗を拭くようにしています。

汗をかいたら、服を着替えるようにして、汗臭さを悪化させないようにしています。

同じような悩みを持っている方は、日々辛いと思いますが、考え方次第で、うまく付き合っていくことができます。

1人で悩んでいないで、私の主人のようなよき理解者にめぐりあえるといいですね。

written by 長野樹里

Top image via Weheartit

お悩み別人気クリニック

東京

水の森美容外科 東京銀座院

銀座一丁目駅 6番出口より徒歩1分

詳しく見る

大阪

湘南美容外科クリニック 大阪梅田院

JR大阪駅より徒歩3分

詳しく見る

福岡

聖心美容外科 福岡院

西鉄福岡天神駅より徒歩5分

詳しく見る

※ 記事の内容は、医学的な正確性、効能、効果を保証するものでなく、かつ、記事の利用においてはしかるべき資格を有する医師や薬剤師等に個別に相談するなど読者の責任において行ってください。

関連するキーワード

注目の記事

【大人気】ブログより詳しい!整形の痛みやダウンタイム・術後経過すべて見せます!美容整形体験レポートシリーズ

【大人気】ブログより詳しい!整形の痛みやダウンタイム・術後経過すべて見せます!美容整形体験レポートシリーズ

NICOLY編集部では、カウンセリングから術後経過までの画像がたっぷりの、美容整形体験レポートを公開しています。切らないプチ整形から、脂肪吸引まで読み応え十分。NICOLY編集部いちおしの記事です。随時更新中!

46031 views | 整形二重脂肪吸引脂肪溶解注射

カテゴリ一覧

この記事のライター

本日のアクセスランキング

いまNICOLYで人気の記事

話題のキーワード

いまNICOLYで話題になっているキーワード

専門家ライター募集

NICOLYで記事を執筆していただける医師を募集

NICOLYでは「コンプレックスで悩んでいる人を笑顔に」というビジョンのもと毎日記事を更新しています。信頼性の高い記事を出し続けるために、記事の執筆をしていただける医師を募集しています

専門家ライター募集フォーム

編集者募集

NICOLYで記事を編集してくれる編集者募集

NICOLYでは「コンプレックスで悩んでいる人を笑顔に」というビジョンのもと、一緒に働いてくれる編集者を募集しています。

編集者募集フォーム

関連する記事

この記事に関連する記事をピックアップ