NICOLY:)[ニコリー] コンプレックスの悩み解決・応援サイト

医師が教えるコンプレックス解決サイト
監修済記事:1022記事

メルマガ登録

2016年11月12日 更新 | 6,720 views

幼少期からの肥満体型は、骨盤の歪みが原因だった!ぽっちゃり体型を克服するまで[体験談]

私の体型は、寸胴、ぽっちゃり。そんな自分なので、彼氏を作ることも恥ずかしくて、中学・高校時代はいつも教室のすみで友達とマンガやアニメの話で盛り上がっているような学生でした。体型コンプレックスから、自分に自信がない、でも、運動は苦手で、食事を減らしても効果がない......そういう悪循環に陥ってしまっていました。

どうしてだかわからないけども、気付いたらこんな体型に成長していました。

私の体型は、寸胴、ぽっちゃり。

特に下腹が出ているため、体型をカバーする洋服ばかり着ていました。

結婚をしても、大好きな夫にもいつも「デブ」呼ばわりされて、「もう少し痩せれないの?」と言われる日々......。

痩せれるなら痩せています。しかし、あの頃はどうしても痩せることができませんでした。

なぜだかは、自分でもわかりませんでした。

しかし、自分に病気があることを知り、その病気を通じて痩せる方法を知り、自分に自信を持つことができるようになりました。

あの頃の辛い気持ちと、自分に自信を持つようになれたことをお話ししたいと思います。

子どもの頃からコンプレックスだった

空と花出典:weheartit

子どもの頃から、ぽっちゃりしていて実母からも「太っている」となじられる有様でした。

おまけに、足はおそくて、運動全般が苦手で、いつもどんくさい子どもとして、教室のすみっこで暗い気持ちでいました。

「どうして自分はこんなに太ってるんだろう?」と自問自答して、年頃には食事を減らしたりもしましたが、効果はありませんでした。

それどころか、成長するにつれて下腹はどんどん出て、二の腕はもっちり、おまけに胸だけは成長しないという、完璧な寸胴スタイルになってしまいました。

そんな自分なので、彼氏を作ることも恥ずかしくて、中学・高校時代はいつも教室のすみで友達とマンガやアニメの話で盛り上がっているような学生でした。

体型コンプレックスから、自分に自信がない、でも、運動は苦手で、食事を減らしても効果がない......そういう悪循環に陥ってしまっていました。

彼氏ができても......

ジーンズ出典:weheartit

大学生になって、化粧やおしゃれを覚えたり、自分の好きな趣味のサークルに熱中していたら、同じ趣味同士の彼氏ができました。

でも、体型コンプレックスがあって、セックスの時はいつも電気を消してもらったり、恥ずかしい思いをしていました。

また、友達同士でプールや海、温泉旅行に行く時も、いつもどうしようと悩んでいました。お腹が出てしまってみっともないので、水着は絶対にビキニ以外のもので、その上からパーカーやTシャツを羽織って徹底しました。

友達たちには「日焼けするから絶対に脱がないよ!」と言ってごまかしていました。また、更衣室や温泉に入る時は、友達と時間をズラしたりしてなんとか醜い自分をさらけ出さないようにしていました。

みんなと楽しい時間を過ごしても、「友達はスッキリ痩せててキレイだったな......それに比べて私は......」「体型がもっとマシだったらもっと楽しめるのに......」と残念に思うことは少なくありませんでした。

ある日、駅前でエステのモニター募集をしていました。そこで、無料で自分の体型を測ってもらいました。

そうしたら、「手足は長いのに、脂肪がついていてもったいないよ」と言われてしまい、ショックでした。

「脂肪吸引をすれば脂肪がとれる」とも案内されたのですが、手術は怖いし、お金も月に何十万もかかると言われ、そんなお金はあるはずもなく断って帰路につきました。

股関節のゆがみを発見

空出典:weheartit

社会人になってから、デスクワークの仕事に就いていました。

しかし、肩こりや頭痛がひどくなるようになり、度々マッサージをしてもらいに接骨院へ通うようになりました。私はなで肩でストレートネックだから、このような不調が起こると接骨院で言われました。

しかし、肩こりや頭痛はどんどんひどくなり、さらに腰痛もともなうようになってきてしまいました。

接骨院のすすめもあり、整形外科に受診してみることにしました。

そうしたら、腰椎が一部潰れたようになっていると言われました。また、股関節がゆがんでいることも指摘されました。また、友達の整体師に相談し、診てもらったら、確かに股関節がゆがんでいて、そのゆがみから、腰、肩、頭へと不調が来ていると指摘されました。

股関節がゆがんで前方へ突き出てしまうと、それにともなって下腹も出やすくなると教えてもらい驚きました。もしかしたら、私の肥満体型は股関節のゆがみからきているのかも......と気づきました。

さらに、どうも私の家系は、股関節がゆがみやすく、また関節も柔らかくて脱臼などもしやすい家系だということもわかりました。現に親は股関節を手術し、人工関節で生活しています。

整形外科で股関節のリハビリテーションをすすめられたので、やってみることにしました。

治療のためのリハビリが肥満解消に

空出典:weheartit

リハビリと一口に言っても、さまざまな方法があります。

肩や腰など凝っている部分に微弱な電流を当てたり、部位をホットパックで温めたりと、物を使って体を癒す「物理療法」、効果的に筋肉をつけて体を強化する「運動療法」、凝っている部位を直接もみほぐす「マッサージ療法」などの方法です。

これらを、主治医の指示のもと、柔道整復師や理学療法士などの資格をもった先生が、丁寧に教えてくれたり、実践してくれます。

私の場合は、痛む肩をホットパックで温めたり、筋トレのような運動をしたり、マッサージを受けたりすることになりました。始めは、股関節を治すということだけの目的だと思っていましたが、結果的に、体型が痩せることになりました。

まず、肩や腰が痛くなるのは、その部分の血流が悪くなっていることがあります。

そのため、マッサージをしてもらったりホットパックを当てるて温めることで、血流が良くなり、代謝も良くなり、動かしやすい体になります。私はホットパックのほかに、カイロを使って自宅でも血行を良くするようにしていました。

次に、マッサージで骨盤矯正をしてもらい、骨を正しい位置に戻すことで体型が整ってきました。

最後に重要なのが筋トレです。私は元々、自分は運動は得意じゃないと思い込んでいました。小学生の時は、走ればいつもビリ、ドッジボールは当てられる役な上、バレーボールではうまくボールを追えずに足をひねって捻挫をしたこともあるくらいどんくさい人です。

しかし、筋トレはほかの評価は一切関係ありません。

筋トレは、トレーニングをした部位に、自分で頑張った分だけ贅肉が筋肉に変わっていくのです。

私は、理学療法士に平均の人以上の筋肉がついていないとも言われ、かなり筋トレをすすめられました。理学療法士にすすめられる筋トレメニューは、スクワットやおもりのある自転車こぎなど、どれもキツかったです。

しかし、狙った部位が効果的にスッキリと、みるみる痩せていくのがわかりました。特に、股関節まわりである下腹や太ももの太さを気にしていたのですが、筋トレによってスッキリと贅肉が消えていきました。

さらに、インナーマッスルを鍛えると今までの肩こりや頭痛が嘘のようになくなっていきました。

人間の頭は、平均的に考えて5kg前後あると言われています。

私は、その頭を支える首や肩の筋肉が足りなかったのだ、と気づきました。そして、筋トレを続けていくうちに、結果スッキリと痩せることができたのです。

written by moeacin

Top image via Weheartit

NICOLY:)編集部員がメディカルダイエットに挑戦!

※ 記事の内容は、医学的な正確性、効能、効果を保証するものでなく、かつ、記事の利用においてはしかるべき資格を有する医師や薬剤師等に個別に相談するなど読者の責任において行ってください。

関連するキーワード

注目の記事

【大人気】ブログより詳しい!整形の痛みやダウンタイム・術後経過すべて見せます!美容整形体験レポートシリーズ

【大人気】ブログより詳しい!整形の痛みやダウンタイム・術後経過すべて見せます!美容整形体験レポートシリーズ

NICOLY編集部では、カウンセリングから術後経過までの画像がたっぷりの、美容整形体験レポートを公開しています。切らないプチ整形から、脂肪吸引まで読み応え十分。NICOLY編集部いちおしの記事です。随時更新中!

43676 views | 整形二重脂肪吸引脂肪溶解注射

カテゴリ一覧

この記事のライター

本日のアクセスランキング

いまNICOLYで人気の記事

話題のキーワード

いまNICOLYで話題になっているキーワード

専門家ライター募集

NICOLYで記事を執筆していただける医師を募集

NICOLYでは「コンプレックスで悩んでいる人を笑顔に」というビジョンのもと毎日記事を更新しています。信頼性の高い記事を出し続けるために、記事の執筆をしていただける医師を募集しています

専門家ライター募集フォーム

編集者募集

NICOLYで記事を編集してくれる編集者募集

NICOLYでは「コンプレックスで悩んでいる人を笑顔に」というビジョンのもと、一緒に働いてくれる編集者を募集しています。

編集者募集フォーム

関連する記事

この記事に関連する記事をピックアップ