NICOLY:)[ニコリー] コンプレックスの悩み解決・応援サイト

医師が教えるコンプレックス解決サイト
監修済記事:1033記事

メルマガ登録

2016年11月12日 更新 | 1,949 views

幼少期からの肥満体型は、骨盤の歪みが原因だった!ぽっちゃり体型を克服するまで[体験談](2)

しかし、肩こりや頭痛がひどくなるようになり、度々マッサージをしてもらいに接骨院へ通うようになりました。そうしたら、腰椎が一部潰れたようになっていると言われました。また、股関節がゆがんでいることも指摘されました。この歪みが原因で、下腹が出ていたのです。

食事にも注意するようになった

空出典:weheartit

筋トレをもっと効果的に行いたいと思い、食事にも注意するようになりました。

いろいろと調べた結果、糖質を制限すると、筋肉がつきやすい体になることを学びました。

糖質制限は、肉や魚や乳製品などのタンパク質以外のものは摂取しないダイエット方法ですが、私の場合、あまり辛くしすぎてもストレスになってしまい、リバウンドも怖いと思ったので、できることから少しずつ始めるようにしました。

まず、朝ごはんと昼ごはんは玄米ごはん、味噌汁に、お魚やお肉、野菜をバランスよく摂取します。

そして、夜ごはんはお米をやめて、肉中心のメニューにしました。

けして、食べること自体を制限しているわけではないので、無理なく続けれるようになりました。飲み会でも、肉を中心にたくさん食べることができます。

家や職場では、おやつににぼしやチーズを用意して食べるようにしていました。

食事に注意した上で筋トレをすると、より効果的に贅肉が落ちていくようになりました。

鏡を見る

空と女の子出典:weheartit

痩せたい人は、自分の理想の体型をイメージして、鏡を見るようにすると良いと言われています。

私は、女性アイドルのグラビアなどを見て「こんな体型になりたい......なるぞ!」と自分を奮い立たせていました。

はたから見たら、女なのに女性アイドルに夢中になってるようでおかしかったかもしれません。また、綺麗なアイドルや俳優さんが、どんな生活を送っているかも参考になります。

テレビや雑誌のインタビューを読んで、彼女たちはジムに通ったり、食事に気をつけている人がほとんどということを知りました。キレイになるには努力が必要だと学びました。

以前は大嫌いだった鏡も、痩せてくるにつれ見れるようになってきました。

今ではお風呂上がりには必ず鏡を見て、「まだここがもちもちしてるな」「ここの肉を落としたいな」とチェックして、その部位に効果的な筋トレをするようにします。

毎日やれば必ず結果はついてくる......そう思って続けるしかありません。

夫が優しくなる

絵の具とスケッチブック出典:weheartit

自分の気持ちがダイエットに前向きになり、体型もみるみるスッキリするにつれて、夫も優しくなりました。

今まで、股関節の歪みという、目に見えない原因から太っていたことを理解してくれて、「今までひどいことを言ってごめん、これからは一緒に頑張ろう!」と言ってくれるようになりました。

ちなみに、夫はどちらかというと瘦せ型なので、筋肉をつけて標準体型に近づけたいようです。

一緒にウォーキングをしたり、自転車に乗ったり、筋トレ器具を使ったりと、夫婦で健康活動に勤しむようになりました。

ダイエットは、家族の支援がないとやる気がなくなってしまいます。家族から「どうせおまえなんかに無理だ」という態度をとられたら、できるものもできなくなってしまうのです。

夫はいままで、私がダイエットできないのは私の意志が弱いからだと決めつけていました。しかし、股関節のゆがみという原因が見つかり、それを治療していく上で体型が良くなっていくのを目の当たりにして考えを変えたようです。

太っているのを気にしているのに、ダイエットができない理由は、人によってさまざまです。

私の場合、運動が苦手だと自分で決めつけ、食事を減らすことしか知識がなかったので無理で、悪循環に陥っていました。

原因がしっかり分かって、傾向と対策をとれば誰でもダイエットをすることは可能になると思います。

ダイエットをしたい人がまわりにいたら、ぜひ応援してあげて、嫌味や悪口を言わないようにしてあげてください。

最後に

ブランコ出典:weheartit

肥満の原因は、実は骨や内臓の病気に隠れている人が多いかもしれません。また、精神的な不調で太る人もいるようです。

自分が痩せられないのはどうしてかを知ることは、ダイエットにも、健康にもとても良いことだと思います。

また、ちょっとした不調を感じている人や、ちょっとだけ体型が気になっている人でもインナーマッスルを鍛えるだけで体調が良くなることがあるのでおすすめです。

インナーマッスルの鍛え方はとても簡単で、ドローインという方法があります。

方法は、息を吸いながらおへそを前へ突き出し、息を吐きながら思いっきりおへそをへこまします。立ってても座ってても、寝た姿勢でもできます。インナーマッスルを鍛えると、お腹がスッキリするだけでなく、背筋や肩の筋肉にも効果的で、腰痛や肩こりにも効き目があると言われています。

また、下がっている内臓の位置を正確な位置へ戻す効果もあるため、女性では生理痛が軽減したという人も多いです。

私もインナーマッスルを鍛えるようになってから、肩こりや腰痛をはじめ、頭痛、生理痛、便秘などが解消されました。

私は、痩せてから太っている時の自分はつくづく自信がなかったと思いました。

自信がなくなって、やることが適当になってしまい、自分に面倒なことが降りかかってくるという悪循環も生んでしまっていました。

は、やりたい職業を目指して資格を取ったり、趣味を充実させたり、SNSに自撮りをアップしたりと、自分に自信が持てたことでさまざまなことに挑戦できています。

肥満体型にコンプレックスがある人は、「自分はもう太っているから......」と諦めないで、自分に自信を持つために、少しずつからでもダイエットを始めてみることをおすすめします。

written by moeacin

Top image via Weheartit

NICOLY:)編集部員がメディカルダイエットに挑戦!

※ 記事の内容は、医学的な正確性、効能、効果を保証するものでなく、かつ、記事の利用においてはしかるべき資格を有する医師や薬剤師等に個別に相談するなど読者の責任において行ってください。

関連するキーワード

注目の記事

【大人気】ブログより詳しい!整形の痛みやダウンタイム・術後経過すべて見せます!美容整形体験レポートシリーズ

【大人気】ブログより詳しい!整形の痛みやダウンタイム・術後経過すべて見せます!美容整形体験レポートシリーズ

NICOLY編集部では、カウンセリングから術後経過までの画像がたっぷりの、美容整形体験レポートを公開しています。切らないプチ整形から、脂肪吸引まで読み応え十分。NICOLY編集部いちおしの記事です。随時更新中!

45471 views | 整形二重脂肪吸引脂肪溶解注射

カテゴリ一覧

この記事のライター

本日のアクセスランキング

いまNICOLYで人気の記事

話題のキーワード

いまNICOLYで話題になっているキーワード

専門家ライター募集

NICOLYで記事を執筆していただける医師を募集

NICOLYでは「コンプレックスで悩んでいる人を笑顔に」というビジョンのもと毎日記事を更新しています。信頼性の高い記事を出し続けるために、記事の執筆をしていただける医師を募集しています

専門家ライター募集フォーム

編集者募集

NICOLYで記事を編集してくれる編集者募集

NICOLYでは「コンプレックスで悩んでいる人を笑顔に」というビジョンのもと、一緒に働いてくれる編集者を募集しています。

編集者募集フォーム

関連する記事

この記事に関連する記事をピックアップ