NICOLY:)[ニコリー] コンプレックスの悩み解決・応援サイト

医師が教えるコンプレックス解決サイト
監修済記事:1022記事

メルマガ登録

2016年10月05日 更新 | 497 views

旬を楽しみながらきれいに!梨に含まれる美肌効果とは

管理栄養士 岩月啓四郎

この記事は、管理栄養士 岩月啓四郎が監修しています。

秋に旬を迎える梨。含まれている栄養素には、疲労を回復するアスパラギン酸やカリウム、腸内を掃除するソルビトール、抗酸化作用があるといわれるタンニン・アルブチン・クロロゲン酸などがあります。梨を食べることで老廃物が排出されやすくなり、血色の良い美肌づくりが可能なのです。

といえば、みずみずしく甘いフルーツ。

おいしさを知っていても、さまざまな栄養素が含まれていることを知る人は案外少ないのではないでしょうか?

梨には美肌をサポートする成分が含まれるため、夏に受けた肌ダメージを回復するにはうってつけのフルーツなのです。

今回は、梨が美肌に効果的であるヒミツをお教えします。

梨の美肌栄養素1:アスパラギン酸とカリウムで余分な毒素を排出

携帯をみて驚く女性の写真

梨に含まれるアスパラギン酸は、肝臓での解毒を活発にし尿の生成を促します。さらに梨に含まれるカリウムによって、体内の余分な水分とナトリウムを排出。

この2つのはたらきで、尿として体内の毒素と余分な水分が排出されるのです。

肝機能の正常は美肌づくりに必要なこと!

尿としてアンモニアを出すことは、肝機能を正常に保つということにつながります。肝臓は、解毒やあらゆる栄養素を吸収する臓器のため、内側からの美肌づくりには軽視できません。

余分な水分を出すことは、むくみの改善と防止になり、細胞にしっかりと栄養素を送り込み老廃物を排出できる理想的な状態を保てるのです。

ひとつひとつの細胞が健康であることは、美肌にとっても不可欠なことです。

梨の美肌栄養素2:ソルビトールで食物繊維に似たはたらきを

サラダの写真出典:We Heart It

梨にはブドウ糖や果糖などの糖質以外に、糖の一種とされるソルビトールが含まれています。 ソルビトールは、体内にはほとんど吸収されず高い吸水作用があり、食物繊維に似たはたらきがあるのです。

腸内環境が改善され肌トラブルも減る

便秘が続くと、吹き出物などの肌トラブルが発生することもあります。

しかし、梨を食べることで吸水作用により便を柔らかくし、同時に腸のぜんどう運動を活発にするので、排便を促して腸内環境を整えてくれるのです。

美肌は腸内環境と密接に関連しているため、積極的に梨を食べておきましょう。

梨の美肌栄養素3:ポリフェノールが美肌をサポート

赤ワインの写真

梨には、ポリフェノールの一種であるアルブチンとクロロゲン酸を含んでいます。

このふたつは、それぞれ美肌へのサポートしてくれるのです。

アルブチン:シミを防ぐ

アルブチンは、シミの基となるチロシナーゼと呼ばれる酵素のはたらきを抑制

紫外線を浴びるとメラニンが生成されますが、酸化酵素のチロシナーゼをはたらかせなければ黒変してシミにはなりにくいのです。

クロロゲン酸:肌細胞に栄養を届ける

クロロゲン酸は、高い抗酸化力で活性酸素を除去し細胞を酸化のダメージから守ります。

また、クロロゲン酸が中枢神経にはたらきかけることで、心臓のポンプ機能と血管の収縮力を高め、肌細胞にまで栄養素が行き渡りやすくなるといわれているのです。

梨の美肌栄養素4:ミネラルで健康的な肌色に

女性のスカートが風になびく写真出典:We Heart It

梨で最も多く含まれているのは、5大栄養素のひとつであるミネラル。 そのミネラルにあるは、体内で一度、赤血球の材料として使われ肝臓に戻ってきた鉄を還元し、ふたたび赤血球の材料として使えるようにします。

血色を良くしておくことは、美肌づくりにおいて避けられません。

貧血の予防だけでなく、生き生きとした肌色にしておくためにも梨を食べておきたいものです。

梨の美肌栄養素5:タンニンでハリのある肌へ

髪がかぜになびく女性の写真出典:We Heart It

お茶などの苦み成分として知られるタンニン。実は梨にも含まれているのです。

タンニンには高い抗酸化力があり、活性酸素の除去にはたらきかけます。また、血管の収縮作用があるので、肌を引き締めてハリのある美肌へと導くのです。

梨には夏で疲れた体を癒やす効果も!

両腕で顔を隠す女性の写真出典:We Heart It

ようやく涼しい風を感じられるようになった今、夏の気温・紫外線・湿度・冷房などで溜め込んだ疲れが一気に出やすいときです。

疲れを感じているとき、梨に含まれるアスパラギン酸が、疲労を回復する手助けをしてくれます。

アスパラギン酸は、タンパク質の合成に必要なアミノ酸の一種で、糖質のエネルギー回路を活性化。そのはたらきをより促すクエン酸とリンゴ酸が梨には含まれているのです。

クエン酸とリンゴ酸は糖質のエネルギー回路となり、アスパラギン酸と協力して多くのエネルギーを生み出します。

梨は1日に半分〜1個が適量!

たくさんのフルーツの写真出典:We Heart It

美肌に効果が期待される梨は、積極的に食べたい果物のひとつ。しかし、食べれば食べるほど効果を実感できるという訳ではありません。

フルーツの中では比較的に糖質の少ない梨ですが、1日半分~1個がちょうど良いとされています。そのまま食べてもおいしいですが、ヨーグルトやシリアルとの相性も◎

食べ過ぎると下痢になる可能性も

梨は上述したとおり、腸内環境が改善し便秘などにも効果がある食材です。

しかし、反対に食べ過ぎてしまうと、お腹をこわしてしまう恐れもあります。お腹が弱い人は1個食べただけでも下痢になることもあるため、体と相談しながら食べましょう。

旬の梨を食べて美肌効果を実感しよう!

かごに乗った梨の写真

秋に旬を迎える梨。

梨の種類は豊富で、幸水・豊水・二十世紀などがあります。さまざまな種類の梨を食べ比べして自分の好みのものを見つけてみるのも楽しいかもしれません。

そして、食べ過ぎには注意して美肌効果をゲットしましょう!

※ 記事の内容は、医学的な正確性、効能、効果を保証するものでなく、かつ、記事の利用においてはしかるべき資格を有する医師や薬剤師等に個別に相談するなど読者の責任において行ってください。

関連するキーワード

注目の記事

【大人気】ブログより詳しい!整形の痛みやダウンタイム・術後経過すべて見せます!美容整形体験レポートシリーズ

【大人気】ブログより詳しい!整形の痛みやダウンタイム・術後経過すべて見せます!美容整形体験レポートシリーズ

NICOLY編集部では、カウンセリングから術後経過までの画像がたっぷりの、美容整形体験レポートを公開しています。切らないプチ整形から、脂肪吸引まで読み応え十分。NICOLY編集部いちおしの記事です。随時更新中!

43399 views | 整形二重脂肪吸引脂肪溶解注射

カテゴリ一覧

この記事のライター

本日のアクセスランキング

いまNICOLYで人気の記事

話題のキーワード

いまNICOLYで話題になっているキーワード

専門家ライター募集

NICOLYで記事を執筆していただける医師を募集

NICOLYでは「コンプレックスで悩んでいる人を笑顔に」というビジョンのもと毎日記事を更新しています。信頼性の高い記事を出し続けるために、記事の執筆をしていただける医師を募集しています

専門家ライター募集フォーム

編集者募集

NICOLYで記事を編集してくれる編集者募集

NICOLYでは「コンプレックスで悩んでいる人を笑顔に」というビジョンのもと、一緒に働いてくれる編集者を募集しています。

編集者募集フォーム

関連する記事

この記事に関連する記事をピックアップ