NICOLY:)[ニコリー] コンプレックスの悩み解決・応援サイト

医師が教えるコンプレックス解決サイト
監修済記事:1027記事

メルマガ登録

2016年12月05日 更新 | 505 views

ほうれい線を改善して若々しい自分に!〜原因と改善方法を徹底調査〜

品川スキンクリニック新潟院院長 武内大

この記事は、品川スキンクリニック新潟院院長 武内大が監修しています。

ほうれい線ができる原因は、おもに加齢からくるたるみや乾燥です。ほうれい線の改善方法は、自分でできるスキンケアから美容施術までさまざまです。表情筋を鍛える体操や、肌のハリを増やすための食生活やスキンケアで改善していくことができるかもしれません。

ある日、突然鏡を見たらいつの間にかできているほうれい線......。

ほうれい線があるだけで、見た目年齢が+5歳になるのだそう。

そんなほうれい線は、女性にとって大敵ですよね。

にっくきほうれい線をなくすために、ほうれい線の原因と改善方法を知りましょう!

ほうれい線はなぜできる?

女の人

ほうれい線はお化粧で隠すのが難しいので、もちろん無くしてしまいたい。でも、それがなかなかできません。

そもそも、どうしてほうれい線ができてしまうか知っていますすか?

実はほうれい線をうすくするためには原因を知ることがとても大切です。

それは、ほうれい線が一度深くできてしまうと、完全に消すのがとても難しいからです。

ほうれい線がうすいうちに早めに対処することにより、ほうれい線はうすくなっていきますし、予防をすることにより、ほうれい線ができにくくなっていくでしょう。

たるみ【原因1】

顔には目や口、鼻などを動かす表情筋という筋肉と皮下脂肪が付いています。

表情筋は無表情でいる時間が長かったり、年齢を重ねたりしていくうちに筋肉がだんだん衰えていきます。また、皮下脂肪は過食や運動不足が原因で増えていきます。

肌の土台の真皮を作るコラーゲンやエラスチンという線維が加齢の影響で減少すると、肌の弾力やハリが失われていくため、衰えた筋肉や増えた皮下脂肪を支えきれなくなって皮膚がたるんでしまいます。

そして、垂れ下がった頰と口の上の境界線に溝のようなほうれい線ができでしまうのです。

人は常に重力を受けているため、ほうれい線対策をしないとほうれい線はどんどん深くなっていきます。

乾燥【原因2】

皮膚は年を重ねるにつれて、水分を維持する成分が減少していくので肌が乾燥しがちになります。

乾燥肌は水分量、皮脂量が少ないので、乾燥じわと呼ばれる小じわができやすくなります。特に、口のまわりは皮膚が薄いためにしわができやすく、それらが集まってほうれい線となってしまいます。

もともと乾燥肌の方は若くてもほうれい線ができやすくなるので注意が必要です。

むくみ【原因3】

むくみとは、リンパの流れがスムーズに行われなくなり、余分な血液や水分、老廃物が溜まった状態のこと。

代謝が悪くなり、リンパの流れが滞ると、体の余分な老廃物が顔に溜まります。そして、重力で頬の下に老廃物が溜まっていきます。

すると、老廃物の重さで頬が下垂し頬がたるんでしまいます。このたるみから、ほうれい線ができてしまうのです。

日常生活の習慣【原因4】

電車

習慣というのは知らず知らずに行っているもの。

ほうれい線の原因が日常生活の思わぬ習慣だとしたら、今のその習慣をやめる必要があります。まずはあなたの習慣を知ることから始めてみましょう。

下の表で当てはまる番号をチェックしてみてください。このチェックリストは、ほうれい線ができやすい人の特徴です。

【あなたは、ほうれい線ができやすいかも?チェックしてみよう】

  1. ダイエットで太ったり痩せたりを繰り返している
  2. 二重あごである
  3. 片側で噛む
  4. 口が半開きになりやすい
  5. パソコン作業の時間が長い
  6. 口呼吸をしている
  7. きつくひとつ結びにする髪型をする
  8. 日焼けしている
  9. 洗顔後によく肌がつっぱる
  10. 猫背だ
  11. 肩や首がよくこる
  12. 水分をよくとる
  13. 塩っ辛いものをよく食べる

多く当てはまった人は、残念ながらほうれい線がとてもできやすいと言えるでしょう。

できてしまったほうれい線はどうしたらいい?

女の人

ほうれい線の原因がわかったら、改善への道はぐっと近くなったと言えます。原因は人によって違いますので、自分に合った対策をはやめに行いましょう。

対策方法は、3種類あります。上のチェック表で当てはまった項目別に対策をしていきます。

たるみによるほうれい線の改善方法(チェック表1〜7)

先ほどのチェック表1〜7番に当てはまる人の対策方法です。

普段の生活で、1~7番が習慣になっている人は、たるみを引き起こしやすい生活をしています。

そして、たるみによるほうれい線は、表情筋の衰えと皮下脂肪のつき過ぎが原因とわかりました。

改善方法は表情筋を鍛えることです。

それには表情筋を鍛えるエクササイズが効果的です。

また、皮下脂肪は過食と運動不足によるもの。摂取カロリーを減らし、脂肪を燃焼させる有酸素運動を行いましょう。

表情筋を鍛えるエクササイズですが、無理なく少しづつ続けていきましょう!

舌回しエクササイズ

舌を回すことで口のまわりの筋肉が鍛えられます。

また、血行の促進にも効果があります。TVで紹介され、話題になったようですし、口コミでも多数の成功体験談が寄せられています。

【舌回しエクササイズ】

  1. 口を閉じたまま、舌を歯の表面に沿ってぐるりと回します。
  2. 左回りに20回、右回りに20回まわしましょう。

このフローを、1日に3セット行います。

動画で、くわしく説明されているので見ながら実践してみましょう。

ポイントは、舌を回すときに目も一緒に回すことです。

なぜなら、目のまわりの眼輪筋と口のまわりの口輪筋はつながっています。両方一緒に動かすことで、顔の筋肉がよく動き、効果を高めることができます。

品川スキンクリニック新潟院院長 武内大

舌回しエクササイズに大きな期待はしない方が良いでしょう。

乾燥によるほうれい線の改善方法(チェック表8、9)

先ほどのチェック表8、9番に当てはまる人の対策方法です。

普段の生活で、8、9番が習慣になっている人は、肌の乾燥を引き起こしやすい生活をしています。

乾燥肌は水分量や皮脂量が少なくなることで小じわができやすくなり、それがほうれい線につながることがわかりました。

そのため、改善方法は肌の潤いを保つことです。

肌の保湿をしましょう

肌の乾燥を防ぐための方法は、5つあります。

  • 洗顔は、ゴシゴシと洗うのではなく、やさしく洗うこと。
  • 洗顔は、ぬるま湯で行うこと。
  • 保湿力の高い化粧品を使うこと。
  • 1年を通して、紫外線対策をすること。
  • 睡眠をしっかりとること。

毎日行う洗顔ですが、ゴシゴシと強く肌をこすらないように、やさしく洗いましょう。

肌の摩擦で、肌表面がボロボロになってしまいます。肌の表面にあるバリア機能が壊れると、肌の内側にあるセラミドという潤い成分が減ってしまいます。

また、乾燥している季節だけ気をつければいいというわけではありません。

湿気の多い夏でも、肌は乾燥します。季節は関係なく、肌の保湿を心がけましょう。

同じように、紫外線は1年中ふりそそいでいます。日焼け止めを塗るなど、気をつけてみてください。

食事から肌の乾燥を防ぐ

写真

さらに食生活にも気をつけるといいですね。

肌の乾燥を防ぐ成分が入っている食物を積極的に摂りましょう。

【亜鉛】

  • 牡蠣
  • レバー
  • たまご
  • チーズ

【ビタミンA】

  • ウナギ
  • 緑黄色野菜
  • バター

【ビタミンE】

  • アーモンドやクルミなどのナッツ類
  • イクラ
  • ウナギ
  • イワシ
  • アボガド

【ビタミンC】

  • キウイ
  • イチゴ
  • パプリカ
  • パセリ
  • 芽キャベツ
  • ブロッコリー

近所のスーパーで手に入りやすい食材ばかりなので、1食だけでも意識してみるところから始めてみましょう。

むくみによるほうれい線の改善方法(チェック表10~13)

先ほどのチェック表10~13番に当てはまる人の対策方法です。

普段の生活で、10~13番が習慣になっている人は、むくみを引き起こしやすい生活をしています。

そして、余分な水分などが排出されずに溜まってしまうことがほうれい線をつくるひとつの原因でした。

改善方法は、むくみを解消するマッサージが効果的です。

顔のリンパマッサージ

滞ったリンパの流れを良くします。

そうすることで、むくみをとり、血液の流れも良くなるのでこりも無くなります。

【リンパマッサージ】

  1. 右手を左肩におき、鎖骨をさすります。
  2. 左手を右肩において鎖骨をさすります。
  3. 次に、右手を左肩におき、鎖骨から脇の下までさすります。
  4. 同じように、左手を右肩におき、脇の下までさすりましょう。
  5. そして、親指以外の4本の指で、顎の先からこめかみまで、フェイスラインに沿ってさすります。
  6. 次に、口角からこめかみまで、頬骨の外側をさすります。
  7. 最後に、口角の下からほうれい線をなぞるように、マッサージしましょう。

このフローを5回返しましょう。

動画にくわしく説明されています。見ながら実践してみましょう。

このリンパマッサージの注意ポイントは、肌を傷めないように、こするのではなく、やさしく撫でるようにして行うことです。

マッサージ用のオイルやジェルを使うのもいいでしょう。

品川スキンクリニック新潟院院長 武内大

リンパマッサージに大きな期待はしない方が良いでしょう。

むくみを解消する食事をしよう

梅干し

むくみを解消する食事をすることも、ほうれい線解消の改善につながります。

【カリウム】

  • アサリ
  • 海藻類
  • パセリ
  • ヨモギ
  • アボガド

【タンパク質】

-シラス

  • イワシ
  • 牛肉

【ビタミンE】

  • アンコウの肝
  • イクラ
  • アユ

【クエン酸】

  • 梅干し
  • レモン
  • トマト

特にカリウムは、水分の排出を促すはたらきがあるので、むくみ解消に高い効果が期待できます。

ほうれい線にアプローチする基礎化粧品

化粧品

化粧品によるケアでほうれい線をうすく目立たなくしていくには基礎化粧品がおすすめです。

スキンケア商品を選ぶポイントは3つ。

  1. 保湿、保水力が高い。
  2. リフトアップの効果がある。
  3. アンチエイジングの成分が含まれている。

乾燥肌には、保湿成分であるセラミドとヒアルロン酸が入ったもの、肌のハリをつくる弾力成分であるコラーゲンとエラスチンが入ったもの、また、コラーゲンの生成をサポートするビタミンC誘導体が入ったものを選ぶといいでしょう。

以下にご紹介するのは、ほうれい線に効くと評判の化粧品です。参考にしてみてください。

FUJIFILM(フジフィルム) アスタリフトモイストローション

化粧水出典:FUJIFILM

ハリと潤いを与える高機能化粧水。肌の浸透力がよく、しっとりモチモチした浸透感が得られます。

3種類のコラーゲンが配合されているため、肌の弾力がアップするという口コミが多く寄せられています。

decencia(ディセンシア) アヤナス EV エッセンス

化粧水出典:ディセンシア

敏感肌専門ブランドのもの。通常のセラミドより浸透力が高いヒト型ナノセラミドが配合。たるみ改善のキーとなるコラーゲンの産生を促す成分も配合されています。

b.glen(ビーグレン)

セラム出典:ビーグレン

即効性のあるピュアビタミンC配合。たるみはもちろん、しわ、くすみ、毛穴、ニキビなど、総合的な肌トラブルの改善が期待できます。

また、365日返品と返金対応をしているので、試しやすさからも高評価の口コミが多数あります。

b.glen Cセラム 15ml  4,700円

美容施術でほうれい線をうすくする

施術

「ほうれい線が気になってしょうがない、時間をかけないで何とかしたい......」

と考えている人には、美容施術という方法もあります。美容クリニックで行われている、おもな美容施術を紹介します。

ヒアルロン酸注入

ヒアルロン酸とは、肌にハリや潤いをもたらすのに欠かせない成分で、コラーゲン、エラスチンとともに真皮の3大要素といわれています。

いわゆるプチ整形と言われるもので、ほうれい線部分に極細の針で直接ヒアルロン酸を注入し、ほうれい線の溝を下から持ち上げてうすくする施術です。

注入時の痛みは耐えられる程度であるという口コミが多数ありますが、痛みに弱い人は麻酔を使用しましょう。

そして、処置時間はわずか10分程度。

その場で改善状態を確認できる即効性があると言われており、仕上がりに違和感を感じない人が多いというメリットがあります。

反対に、デメリットはヒアルロン酸は体内にある成分なので徐々に吸収され、頰の状態は注入前に戻ります。

そのため、鼻の高さを維持したい人は、半年に1回くらいのペースで注入しなければなりません。

また、ダウンタイムはほぼないと言われていますが、内出血が起こる場合があります。

費用の相場は、2万円から15万円程度と幅広いです。注入するヒアルロン酸の量によっても変わってきます。

サーマクール

サーマクールとは、高周波(RF)で肌のたるみやしわを改善する治療機器のことです。

高周波の熱で真皮層内のコラーゲンの生成を促して収縮させ、肌を引き締めます。

効果は段階的にあらわれ、半永久的に続きますが、老化などでたるみが発生することはあります。

ただし、痛みが強く皮膚の内部にアプローチする施術のため、表面麻酔もあまり効かないのだとか。そのため、最近では、痛みを改善した機器が開発されるなど、徐々に強い痛みを感じることは少なくなってきているそうです。

また、サーマ-クールのメリットは皮膚を切ることなくたるみを改善でき、顔全体の美肌効果が期待できることで、デメリットは肌の状態や年齢、体質によって効果が半減する場合があることです。

そして、施術時間は、 30分〜60分程度。施術後は、赤みが出ることがあり2~3日のダウンタイムがあると言われています。

なので、施術後に大切な予定はいれないほうがいいかもしれません。

サーマクールの費用相場は、10万前後〜30万前後。クリニックによって、差があるようです。

品川スキンクリニック新潟院院長 武内大

サーマクールはたるみ改善のレーザーとしては有名であご下やフェイスラインに効果が出やすく70%以上の人が良くなったと答えたという論文もあります。ただ、ほうれい線改善に関しては大きな期待はしない方が良いでしょう。

スレッドリフト

女の人

スレッド(糸)リフトとは、特殊加工された溶ける糸を使用します。

側頭部の頭髪内に穴を開けて、そこからほうれい線や下顎に向けて必要な数の糸を挿入し、糸の引っかかりや反発力でたるんだ皮膚を持ち上げる施術です。

メリットは、短時間の施術で即効性を期待できるということです。皮膚を切らずに針を通すだけなので、翌日からメイクやシャワーができます。

一方で、効果の持続性に個人差があるというデメリットがあります。ただ、一般的には2〜3年効果が持続すると言われています。

また、施術時間30分程度で終わります。

ダウンタイムは、2~3日と言われていて、患部が腫れる場合があります。術後1週間程度は、頬のつっぱりがあり、違和感に感じることがあるかもしれません。

スレッドリフトの費用相場は、 5万前後〜60万前後です。費用の差が大きい理由は、糸の本数によって料金が異なるためです。

フェイスリフト

フェイスリストとは、皮膚にメスを入れて、顔の筋肉自体を引き上げる施術です。

フェイスリフトの種類はいくつかありますが、より効果が高いと言われていて、病院でもっとも採用されているSMAS方をご紹介します。

軽度のたるみやしわには肌の表皮のみをひきあげる施術があるのですが、たるみの原因は皮下組織にまで及んでいる場合が多く、この場合に表皮のみを引っ張っても理想のフェイスラインになるには難しいそう。

そこで、SMAS方では、傷が目立たない耳の付け根付近から、皮膚の下にある表在性筋膜や余分なたるみを引き上げます。

また、皮膚を切るため、静脈麻酔や局所麻酔、全身麻酔を使用します。

メリットは、1回の施術で10年程度の効果が期待できることで、デメリットは料金も高く施術のし直しがきかないので、慎重な病院選びが必要となることです。

そして、施術時間は2〜3時間程度です。麻酔を使用するので、施術中には痛みを感じることはないそうですが、施術後には強い腫れがあります。

こめかみの部分に傷跡ができるので、目立たない場所ではありますが、1週間程度は傷跡が目立つ状態かもしれません。

フェイスリフトの費用相場は、90万前後〜180万前後となっています。

こちらの施術時間や金額は病院によってさまざまです。病院に行く前にホームページなどで調べるといいでしょう。

ほうれい線の改善に向けて

女の人

ほうれい線を改善するには、原因を知り、習慣に気をつけ、改善方法を続けることが大切です。

そして、少しずつ改善されてきたら、予防を心がけて下さい。ほうれい線は作らないことが何より大切! 予防をすることがとても重要となります。

また、美容施術でもっとも重要なのはカウンセリングです。自分の希望をきちんと伝え、よくドクターと話し合いましょう。

ほうれい線がうすくなった若々しい自分を取り戻せるよう、そして、ほうれい線を気にしないで笑える日が1日でも早くくるようにがんばっていきましょう!

品川スキンクリニック新潟院院長 武内大

適応となる施術は程度や状態によって様々です。信頼できる医師のカウンセリングを受けるのが良いでしょう。

しわ・ほうれい線の地域別人気クリニック

東京

湘南美容外科 池袋東口院

JR池袋駅より徒歩5分

詳しく見る

大阪

シロノクリニック 大阪院

JR大阪駅より徒歩3分

詳しく見る

福岡

品川スキンクリニック 福岡院

西鉄天神大牟田線福岡駅「南口」より徒歩約5分

詳しく見る

NICOLYおすすめ:美容整形やってみたシリーズ

※ 記事の内容は、医学的な正確性、効能、効果を保証するものでなく、かつ、記事の利用においてはしかるべき資格を有する医師や薬剤師等に個別に相談するなど読者の責任において行ってください。

関連するキーワード

注目の記事

【大人気】ブログより詳しい!整形の痛みやダウンタイム・術後経過すべて見せます!美容整形体験レポートシリーズ

【大人気】ブログより詳しい!整形の痛みやダウンタイム・術後経過すべて見せます!美容整形体験レポートシリーズ

NICOLY編集部では、カウンセリングから術後経過までの画像がたっぷりの、美容整形体験レポートを公開しています。切らないプチ整形から、脂肪吸引まで読み応え十分。NICOLY編集部いちおしの記事です。随時更新中!

44379 views | 整形二重脂肪吸引脂肪溶解注射

カテゴリ一覧

この記事の監修者

この記事のライター

本日のアクセスランキング

いまNICOLYで人気の記事

話題のキーワード

いまNICOLYで話題になっているキーワード

専門家ライター募集

NICOLYで記事を執筆していただける医師を募集

NICOLYでは「コンプレックスで悩んでいる人を笑顔に」というビジョンのもと毎日記事を更新しています。信頼性の高い記事を出し続けるために、記事の執筆をしていただける医師を募集しています

専門家ライター募集フォーム

編集者募集

NICOLYで記事を編集してくれる編集者募集

NICOLYでは「コンプレックスで悩んでいる人を笑顔に」というビジョンのもと、一緒に働いてくれる編集者を募集しています。

編集者募集フォーム

関連する記事

この記事に関連する記事をピックアップ