ほくろ除去後は「キズパワーパッド」でアフターケア?方法と効果とは

ほくろ除去後には、傷跡を残さないために軟膏をつけてテープで保護する方法や、「キズパワーパッド」を使用した湿潤療法が推奨されています。湿潤療法とは、保護テープなどでおおい、患部が乾燥しないようにする治療法のこと。キズパワーパッドは、患部にぴったりくっつき潤いを逃さず傷口を治す効果が期待でできます。

品川スキンクリニック新潟院院長 武内大

この記事は、品川スキンクリニック新潟院院長 武内大先生が監修しています。

ほくろは、除去をしたらすぐにきれいな肌色が手に入るというわけではありません。

除去をした部分は傷となり、放置してしまうと傷跡が残ってしまいます。

そこでおすすめされているアフターケアが「湿潤療法」。この方法は、薬局などで販売されているキズパワーパットでも行えるようです。

この記事では、ほくろ除去後の「湿潤療法」とはなにか、アフターケアの方法を紹介します。

4,000円台でほくろ除去が受けられるクリニックをみる

目次

なぜキズパワーパッド?ほくろ除去後の湿潤療法とは

潤い

湿潤療法とは、患部を水できれいに洗い、消毒せず保護テープなどでおおい、乾燥しないようにする治療法のことです。

ほくろ除去後に傷の跡を残さないためにアフターケアとして大切なことは、湿潤環境を保つこと。

そのため、「湿潤療法」が推奨されています。

湿潤環境が傷の治りを早める

ほくろ除去後の傷跡からは、滲出液(しんしゅつえき)という液がしみ出てきます。

この滲出液は患部にたまった状態の方が傷の治りが早いと、イギリスのウィンター博士によって提唱され、医療現場で取り入れられるようになりました。

言い換えれば患部の湿潤環境を整えることで、ほくろ除去後の皮膚再生が早くなるということ。

このようなことから、ほとんどのクリニックがほくろ除去後に、患部に軟膏をぬり保護テープを貼る湿潤療法を推奨しているようです。

ほくろ除去後の湿潤療法1:軟膏とテープ

絆創膏の画像

ほくろ除去のアフターケアは、クリニックによって方法が少し異なります。

しかし、ほとんどのクリニックが下記のような「軟膏とテープ」を使用したアフターケアを行うようです。

  • 患部に軟膏をぬり、テープで保護する
  • 患部に貼った肌色テープの上から軟膏をぬり、浸透させる
  • 遮光テープを患部に3〜4日貼る

ほくろ除去後のテープを貼る期間

ほくろ除去後の当日は、24時間テープをはがしてはいけません。

ほくろ除去後のテープを貼っている期間は、治療翌日〜10日ほど。ほくろの大きさや、深さによって、変わります。

1週間程度のテープ保護を指導することが多いです。

4,000円台でほくろ除去が受けられるクリニックをみる

ほくろ除去後の湿潤療法2:キズパワーパッドを使用

絆創膏をはる女性の写真

クリニックで行う軟膏やテープでの方法以外に、市販で買える「キズパワーパッド」の使用でも湿潤療法が可能とされています。

キズパワーパッドは医療機関の外傷の治療でも使用されるハイドロコロイド素材を使用したもの。

ハイドロコロイドは、皮膚にぴったりとくっつき、水分を吸収してゼリーのようなゲル状のクッションになり潤いを逃さずに傷口を守ります。

このような効果から、キズパワーパッドは皮膚の回復に適した環境を整える滲出液を保つことができるとされています。

ほくろ除去後のキズパワーパッドの使い方

使用方法はとても簡単。傷にキズパワーパッドを貼るだけ。端まで密着させるために、貼った部分を上から手のひらで1分間ほど温めましょう。

貼ってしばらく経つと、キズパワーパッドの粘着面が滲出液(しんしゅつえき)を吸収し、白いゼリーのようなゲル状にふくらみます。

皮膚が再生され、傷口から出てくる滲出液(しんしゅつえき)が減ると、貼り替えるたびにふくらみが小さくなるそうです。

キズパワーパッドから滲出液(しんしゅつえき)がもれたり、汚れてはがれそうになったりした場合は、新しいものに取り替えましょう。

使用上の注意

キズパワーパッドをほくろの大きさに合わせてカットをしてはいけません。カットした断面より水分を吸収してはがれやすくなってしまいます。

キズパワーパッドには、さまざまなサイズがありますが、ほくろには比較的小さめな「スポットタイプ」がおすすめです。

治療前にほくろ除去のアフターケアについて知ろう

アフターケア

「せっかくほくろ除去をしたのに、傷あとが残ってしまった」このようなことにならないためには、治療後のアフターケアをしっかりと行うことが大切です。

また、治療前にほくろ除去のアフターケアについてくわしく知ることで、医師との相談をスムーズに行うことが可能です。

4,000円台でほくろ除去が受けられるクリニックをみる

ほくろ除去の費用目安

キャラクターの画像
クリニック 費用(目安)
品川スキンクリニック 4,860円
聖心美容クリニック 9,800円
城本クリニック 10,000円
シロノクリニック 10,000円

※費用は税抜表示です。※主に直径1mmのほくろ除去の金額を掲載しています。

※掲載している情報は2017年10月11日時点で公式サイトに記載されていた情報であり、またクリニックによって施術条件や価格条件が異なるため各情報を保証する内容ではありません。正確な情報はクリニックの公式サイトを訪れていただくか、クリニックに直接お問い合わせ下さい。

この記事の監修医:武内大先生のクリニックはこちら

  • 住所新潟県新潟市中央区弁天1-1-22 東信新潟ビル2F
  • アクセスJR新潟駅「万代口」徒歩約2分 京成新潟駅「新潟駅」徒歩約2分
  • 休診日年中無休
  • 診療時間10:00~19:00
  • 電話番号0120-293-740
  • 予約ネット予約・電話予約

※ クリニック情報や診療メニューなどは、公式ホームページから取得した内容ですので、情報の正確性は保証されません。必ず事前にご確認の上ご利用ください。

品川スキンクリニック新潟院の詳細

医師・薬剤師・その他医療関係者の方へ

より正確な医療情報を発信するためにも、医師の監修を経て誤りがないよう万全を期しておりますが、もし誤りとお考えになる情報があった場合には、ご指摘いただけますと幸いです。社内で確認の上、必要な対応をさせていただきます。

医療・薬剤に関する情報の指摘

その他記事へのお問い合わせ

この記事の監修者

この記事のライター

本日のアクセスランキング

注目のクリニック

注目の医師

共立美容外科新宿本院 望月香奈

望月香奈

監修記事 (1)

共立美容外科新宿本院

聖心美容クリニック 統括院長 鎌倉達郎

鎌倉達郎

統括院長 / 監修記事 (3)

聖心美容クリニック

id美容外科 代表院長 パク サンフン

パク サンフン

監修記事 (1)

id美容外科 代表院長

サイトメニュー