NICOLY:)[ニコリー] コンプレックスの悩み解決・応援サイト

医師が教えるコンプレックス解決サイト
監修済記事:1027記事

メルマガ登録

2016年10月29日 更新 | 1,850 views

老け顔になってない?知っておきたい「しわ」の改善を目指す方法

品川スキンクリニック新潟院院長 武内大

この記事は、品川スキンクリニック新潟院院長 武内大が監修しています。

しわには種類があり、「表情しわ・表皮性しわ・真皮性しわ」があります。改善するためには、自分のしわのタイプを知ることからスタート。それぞれのしわに当ったエクササイズや、正しいスキンケア、生活習慣を見直すことで改善を期待できます。

「目尻や眉間のしわが気になる……。」という人や、「しわのせいで老けて見られてしまう……。」という人は少なくないはず。「しわ」が少しでも改善すれば自分に自信を取り戻せるのに!と考えている人も多いのではないでしょうか。

年齢と共に徐々に増えてくる「しわ」。目で見える分、老化を一番感じやすい部分です。しかし、老いは仕方ない……諦めるのはまだ早いかもしれません!

しわに対して正しいケアを行うことで、改善が期待できることもあるのです。しわを目立たなくして、いつまでも若々しくいるためのしわの改善を目指す方法を紹介します。

目次

しわの種類とその原因を知ろう!

同じ表情でもしわで老けて見える図

しわと一言でいっても、実はいくつかの種類があり、しわが発生する原因もさまざまなのです。

自分に必要なしわ対策を行うためにも、自分のしわがどれに当てはまるのか、鏡を見ながら確認してみましょう。

表情じわ:コラーゲンの減少で発生する

名前の通り、顔の表情を作ったときにできるしわ。若い頃なら表情を戻すと簡単にしわは消えます。ところが、年齢を重ねると、次第にコラーゲンが減少していき、いくら表情を元に戻しても日々の表情の癖が残ってしまうことに……。

気になる人も多い、ほうれい線はこの表情じわにあたります。

なぜ、コラーゲンが減少すると、表情のしわが残ってしまうことになるのか、コラーゲンの役割についておさらいしてみましょう。

【コラーゲンの役割って?】

美容に良いというイメージのあるコラーゲンは、体内に最も多く存在するタンパク質のこと。私たちの体は細胞が集まってできていますが、コラーゲンには、以下のはたらきがあります。

  • 細胞と細胞をくっつけて結合する「接着剤」のようなはたらき
  • 細胞を支える「土台」のようなはたらき

このようなはたらきから、コラーゲンがあることで、細胞は正確な場所に存在することができます。

ところが、年齢とともにコラーゲンは減少するため、細胞を支える土台部分が頑丈ではなくなり、正確な場所をキープするのが難しくなってしまうのです。

これによって、若い頃はすぐに元に戻った表情の癖も次第にしわとなってしまいます。

コラーゲンの減少でしわができやすくなる仕組みの図

乾燥しわ:乾燥が原因で発生

乾燥しわも名前の通り、乾燥が原因で起こるしわのこと。乾燥しわは、表皮性のしわと真皮性のしわの2種類に分けられます。

皮膚の構造の図

表皮性のちりめんじわ

肌の表皮にできる、浅くて糸のように細かいしわのこと。

肌の新陳代謝が低下、肌の角質層にある保湿作用のあるセラミドが減少し、肌の水分が減少することで起こります。

真皮性の小じわ

肌の深い部分である真皮まで刻まれたしわのこと。

老化や肌の敵である紫外線によって、コラーゲンやうるおいを保つ成分であるヒアルロン酸が減少]したり、エラスチンの減少で肌の弾力が失われることで起こります。

【エラスチンの役割って?】

エラスチンは、コラーゲンとコラーゲンを結びつけるはたらきがあるタンパク質。ゴムのように伸縮性があり、肌のハリや弾力を与える役割があるのです。

エラスチンは20代半ばで減少していくので、老化とともに肌にハリや弾力がなくなるのはエラスチンの減少が原因といわれています。

紫外線は真皮性しわの原因にも

紫外線がいかに肌に悪く、真皮性しわの原因になるかをわかりやすく示した、名古屋工業大学の松本氏による研究結果の一部を紹介します。

この実験では、毛のないマウスに紫外線を週3回、10週間照射し、何もしていないマウスと比較しています。

紫外線を照射したマウスの肌にできるしわの写真出典:文献:松 本 健 郎(2013)「シワ形成のバイオメカニクス」 Vol. 37, No. 2, pp. 101–106 日本香粧品学会誌 

結果は一目瞭然。何もしていないマウスには、特に変化がありませんが、紫外線を照射したマウスには、深いしわができているのがわかります。

表皮性?真皮性?自分のしわを見極める方法

顔のしわを気にする女性の写真

それぞれしわの種類によってしわの改善方法が異なります。いくらしわに対するケアを行ったところで、自分のしわに効果的でなければ意味がありません。

そのため、しわに効果的な改善方法を知るためにも、まずは自分のしわがどれに当てはまるのかを見分ける必要があります。

表情じわは、笑ったときや怒ったときの表情で深くなることから判別は簡単ですが、問題は表皮性のしわか、真皮性のしわかの見極めです。

以下の方法で自分のしわのタイプを確かめてみましょう。

【しわタイプの確認方法】

指でしわを押す、またはしわを濡らしてみて、しわが消えるかどうかを確認。

しわが消える:表皮性のちりめんじわの可能性が高い。

しわが消えない:真皮性の小じわの可能性が高い。 

自分のしわがどの種類に当てはまるか、わかりましたか?それでは、次にしわの種類別の改善方法をみてみましょう。

表情しわの5つの改善方法

表情じわの改善を目指すためには以下の5つの方法を試してみましょう。

表情しわの改善1:表情の癖をなおす

表情しわができるのは、日頃の表情の癖が原因のひとつと考えられます。

  • 遠くのものを見るときに目を細める
  • 笑うときに顔全体をくしゃっとしてしまう
  • 気が付くと眉間を寄せてしまっている

人それぞれ、何気なく行ってしまう表情があるかもしれません。そのため、意識して自分の表情の癖をなおしましょう。

表情しわの改善2:筋力低下の予防エクササイズ

表情筋の筋力が低下すると、頬が垂れてきたり、口角が下がってきたりすることで、しわができやすくなってしまいます。

筋力低下を防ぐには、筋力を鍛えることが大切です!

【頬の筋肉を鍛えるエクササイズ】

90秒のトレーニングなので、毎日のあいた時間で行うことができるでしょう。

【目の下の筋肉を鍛えるエクササイズ】

目の下がたるむと、しわができる原因にもなります。

このエクササイズを行ってみると、目の下のあたりは普段意外と使っていない筋肉だと気付くかもしれません。

品川スキンクリニック新潟院院長 武内大

エクササイズで大きな期待はしない方が良いでしょう。

表情しわの改善3:マッサージで顔の血行促進

エクササイズと一緒に取り入れたいのが、マッサージです。血行が悪いと、肌の新陳代謝に必要な栄養が十分にいきわたらなくなってしまいます。

首や肩と違い、顔はあまり凝りを感じない部位ですが気付かないうちに血行が悪くなっていることも。

【目のしわとたるみを防ぐ!目のリンパドレナージュ】

注意が必要なのはマッサージを行うときに、肌が乾燥した状態で行わないこと。肌が乾燥している状態でマッサージを行うと、摩擦により肌が傷つき肌の状態を悪化させる原因にもなります。

品川スキンクリニック新潟院院長 武内大

過剰なマッサージはしない方が良いでしょう。

表情しわの改善4:コラーゲン配合のスキンケア用品を使用

上述したように年齢と共に細胞を支える土台であるコラーゲンが減少すると、細胞が正しい場所に戻りにくくなります。これにより、表情の癖が元に戻らなくなってしまうことで表情しわができることに。

そこで、是非とも取り入れたいのが、「コラーゲン配合」のスキンケア用品です。

残念ながら、コラーゲン配合のスキンケア用品を使用したからといって、コラーゲンが肌の奥まで浸透して、元あるコラーゲンのように機能するという効果は望めません。

これは、コラーゲンの分子が大きすぎるからです。

しかし、肌表面をコラーゲンでコーティングすることで、乾燥を防いだり、外部からの刺激を和らげる効果が期待できます。

表情しわの改善5:レチノール配合のスキンケア用品を使う

レチノールとは、ビタミンA類のこと。コラーゲンの生産を促し、コラーゲンを分解する物質を減少する作用があるといわれています。

そのため、レチノール配合のスキンケア用品を使用することで、コラーゲン増加の効果が期待できるのです。

しかし、レチノール配合のスキンケア用品は、刺激が強く肌荒れや皮膚の炎症を起こすことも。使用する場合は、肌の状態や肌質を見ながら注意する必要があります。

表皮性しわ・真皮性しわそれぞれの改善方法

頭をかかえて寝る女性の写真

続いて、表皮性しわと真皮性しわについて、それぞれの改善方法を紹介します。

表皮性しわの改善:保湿を中心としたスキンケア

表皮性のしわは、乾燥が原因で起こります。

先ほど紹介したように、少し濡らすことで消える場合が表皮性のしわは、保湿成分が豊富なスキンケア用品を使用し、乾燥を防ぐことで改善が期待できます。

保湿力が特に高い成分である、セラミド、ヒアルロン酸、コラーゲン]が配合されているスキンケア用品を選びましょう。

【正しいスキンケアの使用順序】

スキンケアは正しく使用することでその効果をはじめて期待できるものとなります。今一度正しいスキンケアの順序を見直しましょう。

  • 化粧水

水分を補い保湿力を高めます。洗顔後すぐに化粧水を塗りましょう。

  • 美容液

しみ、美白、保湿など、それぞれの目的別に有効成分が凝縮されています。それぞれの目的に応じて、集中ケアを行いたいときに使うと良いでしょう。製品によってはスキンケアの最後に使用するものもあります。

  • 乳液

水分と油分がバランスよく配合されています。保湿だけでなく、肌に蓋をして乾燥を防ぐはたらきがあります。

  • クリーム

乳液よりも、さらに油分が多く配合されています。つけすぎると、肌がべたついたり、テカリの原因になりますが、肌に蓋をする効果は乳液よりも高いです。特に乾燥が気になる場合は使うと良いでしょう。

真皮性しわの改善:紫外線対策を行う

真皮性しわを改善、予防するためには日焼け止めクリームは必須

晴れた日だけでなく、曇りの日にも紫外線は降り注いでいます。外出時には、しっかりと日焼け止めクリームを塗りましょう。

また、帽子や日傘などを活用し、なるべく直射日光を避けるように心がけましょう。

真皮性しわの改善:抗酸化作用のあるスキンケア用品を使用

いくら日焼け止めを塗っていても、紫外線を避けられないときもあります。紫外線をたくさん浴びたときには、抗酸化作用のあるスキンケア用品で日焼け後のお手入れをしましょう。

紫外線を浴びると、体の中では活性酸素が増加します。本来活性酸素は、体の有害物質を殺すはたらきがありますが、増えすぎることで体に悪影響があるのです。

そこで、増えすぎた活性酸素に対抗する、抗酸化作用のあるスキンケア用品で肌を労わってあげましょう。

ビタミンC、ビタミンE、アスタキサンチン、コエンザイムQ10などを配合されたスキンケア用品を選びましょう。

しわの改善が期待できる6種の栄養とその食品

野菜とフルーツの写真

しわを改善するには、食生活も見直すことも大切。しわの改善が期待できる食品を意識して取り入れ、体の中からもしわ改善を目指しましょう。

以下では、しわ改善に効果的な栄養素とその食品を紹介します。

コラーゲンを多く含む食品

失われたコラーゲンは、食事からも補う努力を。普段からでも簡単に食べることができ、コラーゲンが豊富な食品は牛すじ、鶏の軟骨、手羽先などがあります。

また、*ウナギの蒲焼き、鮭、サンマの開きなどの魚類もコラーゲンが豊富です。

コエンザイムQ10を多く含む食品

コエンザイムQ10には、疲労回復や抗酸化作用、肌の新陳代謝を整える作用などがあります。

イワシ、サバなどの青魚、牛肉、豚肉、ナッツ類に含まれますが、いずれも含有量はごくわずかそのため、サプリなどで補うのも良いでしょう。

ビタミンCを多く含む食品

ビタミンCには、シミやそばかすを予防するはたらきがありますが、抗酸化作用やコラーゲンの合成を助けるはたらきもあります。

ビタミンCが欠乏すると、コラーゲンの合成に支障が出るので、しっかりと摂取しましょう。ビタミンCを多く含むのは、パプリカ、ゆず、レモン、パセリなど。

ビタミンCは、時間が経つと体外に排出されてしまうので、こまめに補給することがポイントです!

ビタミンEを多く含む食品

ビタミンEには、抗酸化作用や血行促進作用、肌荒れ予防などの効果があるといわれています。

気軽に食べることができ、含有量も多いのがアーモンド。そのほかにも、いくら、たらこ、アボカド、カボチャなどがあります。

ただし、摂りすぎには注意。むくみや胃の不快感などの原因になることもあります。

ビタミンAを多く含む食品

ビタミンAには、肌の新陳代謝を促したり、夜盲症を予防するはたらきがあります。

レバー、うなぎ、にんじん、ほうれん草などに多く含まれます。

鉄分

「鉄分の不足」と聞くと、貧血を思い浮かべる人が多いかもしれませんが、実は肌の新陳代謝にも大きく関わっています。

また、コラーゲンの生成には、ビタミンCが必要だと述べましたが、鉄分もコラーゲンの合成に必要なアミノ酸を作るため欠かせません。

積極的にレバー、ひじき、乾燥のりなどを食事に取り入れましょう。

生活習慣を見直すことはしわの改善につながる!

ストレッチをする女性の写真

しわの改善には、生活習慣を見直すことも忘れずに。日頃の生活で、何気なく行っていたことが、しわを作る原因になっているかもしれません。

十分な睡眠

体の調子を整えたり、代謝に関係のある成長ホルモンは、睡眠中に分泌されます。睡眠不足が続き、成長ホルモンの分泌が不足すると、肌の新陳代謝も乱れることに。

寝る前に携帯をいじらない、夜遅くに食べ過ぎないなど、良質な睡眠を妨げる要素を取り除き、睡眠時間をしっかりと確保しましょう。

うつ伏せで寝ない

うつ伏せ寝をすることで、顔の筋肉に負担がかかったり、顔の肌に重さがかかったりすることは、しわの原因になります。

仰向きは寝にくいという人も多いかもしれませんが、顔の肌には一番負担が少ない寝方。なるべくうつ伏せで寝ないように心がけましょう。

禁煙

タバコを吸っている人、百害あって一利なしです。

タバコを吸うと、血流が悪くなり、肌の新陳代謝に必要な酸素が肌まで行きわたらなくなります。

そのほかにも、タバコを吸うことで活性酸素が発生したり、女性ホルモンが減少したりと良いことはありません。

自分の意思では難しいという人は、禁煙外来へ相談しましょう。

正しい姿勢

姿勢が悪いと、首のしわや頬のたるみの原因に。また、座るときに頬杖をついてしまう癖がある人は要注意です。

頬杖をついている顔を、一度鏡で見てください。頬杖をつくと、頬の肉を思いっきり寄せるので、目の下にしわができてしまいます。

立つときも、座るときも背筋を伸ばして正しい姿勢を保ちましょう。正しい姿勢を保つことで、ポッコリお腹の改善も期待できます。

化粧は必ず寝る前に落とす

残業や飲み会で疲れて帰宅すると、ついついそのままベットへジャンプという人もいるのでは?

もちろん肌に悪いことは、わかりますよね。

化粧をしたまま寝ることで、肌の新陳代謝が阻害されたり、肌が乾燥したり、肌に炎症やニキビができる原因になります。

どんなに疲れていても、必ず寝る前には洗顔をして化粧を落としましょう。

洗顔時には、毛穴が開き過ぎてしまったり、乾燥の原因になったりするので、直接熱いシャワーを浴びないことも大切です。

また、すすぎの際には、血行促進効果があるといわれている炭酸水を使った洗顔もしわ改善効果が期待できるといわれています。ただし、ピリピリすることもあるので、肌の弱い人は避けた方が良いでしょう。

ストレスを溜めない

ストレスが溜まると、気が付いたら口角が下がっていたり、眉間にしわが寄っていたりしませんか?その状態が続くことで、表情じわができてしまうかもしれません。

また、ストレスはホルモンバランスの乱れを引き起こし、肌の新陳代謝低下や肌荒れにつながります。さらには、ストレスはしわの大敵である「活性酸素」が発生する原因にも。

その日あった嫌なことは、なるべくその日のうちにリセットして、次の日に持ち越さないことが大切。

おすすめは口角を上げること

楽しい気分ではないときでも、口角を上げることで、幸せホルモンと呼ばれるセロトニンが分泌されるといわれています。

セロトニンが分泌されると、不安なことや、緊張が緩和され、ストレスの改善にも効果あり。

しわを改善して老け顔からおさらばしよう!

花畑で寝る女性の写真

しわを改善するには、まず自分のしわがどの種類に当てはまるのかを知り、自分のしわに合った適切なケアを行うことが大切。

また、食生活や生活習慣もしわの発生に関わっているので、これを機会に見直してみましょう。

品川スキンクリニック新潟院院長 武内大

正しいスキンケア、バランスの良い食事、禁煙、良好な睡眠が大切であり過剰なマッサージは逆効果なので気をつけましょう。

しわ取りボトックス注射の費用目安

キャラクターの画像
クリニック 費用(目安)
湘南美容外科クリニック 10,870円
東京美容外科 12,000円
水の森美容外科 12,000円
城本クリニック 28,000円
聖心美容クリニック 38,000円

※費用は税抜表示です。ボツリヌストキシンの種類や注入量は各クリニックで異なります。

※掲載している情報は2016年10月12日時点で公式サイトに記載されていた情報であり、またクリニックによって施術条件や価格条件が異なるため各情報を保証する内容ではありません。正確な情報はクリニックの公式サイトを訪れていただくか、クリニックに直接お問い合わせ下さい。

しわ・ほうれい線の地域別人気クリニック

東京

湘南美容外科 池袋東口院

JR池袋駅より徒歩5分

詳しく見る

大阪

シロノクリニック 大阪院

JR大阪駅より徒歩3分

詳しく見る

福岡

品川スキンクリニック 福岡院

西鉄天神大牟田線福岡駅「南口」より徒歩約5分

詳しく見る

NICOLYおすすめ:美容整形やってみたシリーズ

※ 記事の内容は、医学的な正確性、効能、効果を保証するものでなく、かつ、記事の利用においてはしかるべき資格を有する医師や薬剤師等に個別に相談するなど読者の責任において行ってください。

関連するキーワード

注目の記事

【大人気】ブログより詳しい!整形の痛みやダウンタイム・術後経過すべて見せます!美容整形体験レポートシリーズ

【大人気】ブログより詳しい!整形の痛みやダウンタイム・術後経過すべて見せます!美容整形体験レポートシリーズ

NICOLY編集部では、カウンセリングから術後経過までの画像がたっぷりの、美容整形体験レポートを公開しています。切らないプチ整形から、脂肪吸引まで読み応え十分。NICOLY編集部いちおしの記事です。随時更新中!

44478 views | 整形二重脂肪吸引脂肪溶解注射

カテゴリ一覧

この記事の監修者

この記事のライター

本日のアクセスランキング

いまNICOLYで人気の記事

話題のキーワード

いまNICOLYで話題になっているキーワード

専門家ライター募集

NICOLYで記事を執筆していただける医師を募集

NICOLYでは「コンプレックスで悩んでいる人を笑顔に」というビジョンのもと毎日記事を更新しています。信頼性の高い記事を出し続けるために、記事の執筆をしていただける医師を募集しています

専門家ライター募集フォーム

編集者募集

NICOLYで記事を編集してくれる編集者募集

NICOLYでは「コンプレックスで悩んでいる人を笑顔に」というビジョンのもと、一緒に働いてくれる編集者を募集しています。

編集者募集フォーム

関連する記事

この記事に関連する記事をピックアップ