2016年12月29日 更新 | 27,797 views

ピアスの金属アレルギーの症状って?対処法とほかに考えられる可能性

ピアスの金属アレルギーの症状にはかゆみや赤みなどの症状があります。熱をもって痛んだり、浸出液が出たりすることも。症状が治まったらチタンやステンレス、非金属のピアスをつけるようにしましょう。コーティング剤もおすすめ。また、金属アレルギー以外の原因でトラブルが起こる可能性もあるのでご紹介します。

品川スキンクリニック新潟院院長 武内大

この記事は、品川スキンクリニック新潟院院長 武内大先生が監修しています。

リコ

リコ

はじめまして!リコです。

リコ

25歳OLでひとり暮らし。鼻が小さいのが悩みで、コンプレックス解消も含めて美容に興味しんしん。ニャコリーに言いくるめられがちだけど、なんだかんだで信頼している。好物はプリン。

ニャコリー

ニャコリー

どうも、ニャコリーです。

ニャコリー

毛がボワッとしがちなのが悩みの、3歳♂。1年ほど前に、母猫とはぐれたところをリコに拾われる。なぜか美容や美容医療にくわしい。小生意気でクールを気取ってるけど、たまに取り乱す。好物はえびせんべい。

リコ

リコ

最近ピアスを付けるとかゆいんだよね……なんでかなあ?

ニャコリー

ニャコリー

それって金属アレルギーじゃない?

リコ

リコ

金属アレルギー?今まで大丈夫だったから違うはず……。

ニャコリー

ニャコリー

そうとも限らないよ。金属アレルギーは突然症状が出るようになることもあるんだって。

ピアスを付けるとかぶれてかゆいという場合、金属アレルギーの症状が出ているのかも

誰にでも突然金属アレルギーになる可能性があります。「もしかして金属アレルギー?」となったとき、どうすれば良いのでしょうか?

また、金属アレルギーと似た症状が出ていても原因がほかのことにある可能性も。なぜ症状が出ているのかを知ることで、辛いかゆみや痛みを防げるはず。

快適にピアスを楽しめるよう、金属アレルギーのことや考えられるほかの原因について知っておきましょう。

金属アレルギーの症状はかゆみから

金属アレルギーの症状にはどのようなものがあるのでしょうか?

多くの人に起こりやすい症状は、金属に触れていた部分のかゆみです。しかしそのほかにもさまざまな症状があります。

ピアスを付けている最中や外した後に以下のような症状が現れたら、金属アレルギーの可能性が高いかもしれません。

金属アレルギーの症状

  • 痒みがある。
  • 赤く腫れている。
  • 発しんや水ぶくれができている。
  • 熱をもっている。
  • 痛みがある。
  • ただれている。
  • 透明または薄黄色の液体(浸出液)が出ている。

思い当たるものはありましたか?

人によって症状の重さやどの症状が出るかには差があるようです。

もし軽いかゆみや赤みがあるだけだとしても、金属アレルギーの可能性はあります。大丈夫だろうと思って同じピアスを付け続けていると症状が悪化してしまうかも。

また、片方の耳にだけ症状が出ることもあるようです。片方だけピアスホールが安定していなかったり傷が付いていたりすると、その耳に強く症状が現れるかもしれません。

片耳だけだと金属アレルギーだとは疑わないかもしれませんが、可能性があることは知っておきましょう。

金属アレルギーは蓄積されて起こる!

リコ

リコ

どうしてずっと付けてきたピアスで突然かゆくなるんだろう?

ニャコリー

ニャコリー

ずっと付けてきたからこそ、かもしれないよ。

以前付けて何の問題もなかったピアスを付けて、突然症状が出るようになってしまう可能性があります。

生まれつき金属アレルギーの人もいますが、ピアスを付けるようになって金属アレルギーになったという人も少なくないようです。

誰がいつ発症するかわからない金属アレルギー。どのような仕組みで起こるのでしょうか?

金属アレルギーが起こるまで

  1. 身につけた金属が汗や唾液などの体液と触れて、金属イオンという形になって溶け出す。
  2. 金属イオンが皮膚から吸収され、体内でタンパク質と結びつく。
  3. タンパク質と金属イオンの結びついたアレルギー物質から体を守るために、体内で抗体がつくられる。
  4. アレルギー物質が許容の量を超えると、抗体が過剰に反応するようになる。

アレルギー物質は一定の量までは受け入れることができるのだとか。しかし体が受け入れられる量を超えると抗体が過剰に反応するようになり、症状が現れます。

また受け入れられる量は人それぞれなので、発症までにかかる期間には差があるようです。

そして、一度金属アレルギーになってしまうと、アレルギー体質自体が改善されることはほとんどないのだとか。症状が出ないように工夫することが大切です。

金属アレルギーの症状が出てしまったら

ピアスを付けてかゆみや赤みなどの症状が出た場合、どのように対処すれば良いのでしょうか。

少しのかゆみと赤み程度の場合、薬を付けていなくてもピアスを外していれば治っていくことが多いようです。

しかし、直接金属に触れていない部分にもかゆみや赤みが広がっていたり、浸出液が止まらなかったりする場合、すぐに皮膚科へ行って軟こうを処方してもらうのが望ましいでしょう。

皮膚科に行く場合も、家で様子を見る場合も気をつけるべきことがあります。知っておきましょう。

ピアスを外して清潔に保つ

金属アレルギーの症状が出てしまったら、かゆみや赤みが治まるまではピアスを付けないことが望ましいです。

荒れた状態の肌に再び金属が触れると、症状が悪化してしまう可能性が高くなってしまいます。

症状が治まるまでは、ピアスを付けないようにし、ピアスホールを清潔に保つことが大切。

抗菌力の弱い石けんを泡立てて塗り、お湯や水で丁寧にすすぎます。そして、綿棒やドライヤーの冷風でしっかり乾かしましょう

ピアスホールは消毒した方が良いと言われることもあるのですが、アルコール消毒剤は、強い刺激によって症状を悪化させる可能性があります。なるべく使わないようにしましょう。石けんとお湯だけで十分です。

かゆくてもかかない

かゆみを我慢することは辛いことかもしれませんが、アレルギー症状の出ている部分をかくのは禁物です。

かくことで、小さな傷が付いて炎症し悪化する可能性があります。また、放っておけば残らないはずの跡が色素沈着として残ってしまうことも。かゆくても触るのは我慢するようにしましょう。

かゆみは冷やすことで軽減されるといわれています。タオルを巻いた保冷剤を当ててみるのもいいかもしれません。

パッチテストを受けよう

金属アレルギーの疑いが出てきたら、どの金属でアレルギー症状が出るのか、出ないのかを知っておくことがおすすめ。

もっとも主流な検査方法は、さまざまな金属の試薬を塗布したシートを背中に貼り、それぞれに出る反応を見るパッチテストです。この検査では2日間シートを貼りっぱなしにしておきます。

すべての皮膚科で実施しているわけではないので、受けたい場合はパッチテストを受けられる皮膚科を探しましょう。入浴の制限があったり、検査から一週間以内に何度が通院しなくてはいけなかったりするので注意が必要です。

一日でできる手軽な検査というわけではありません。しかしどの金属でアレルギーが出るかわかっていればその金属を避けて症状を防ぐことができるので、受けてみても良いでしょう。

金属アレルギーになった時のピアスの選び方

金属アレルギーの人は、問題なく付けられるピアスを選ばなくてはいけません。

パッチテストでアレルギー反応が出た金属を避けるのはもちろん、一度症状が出たピアスは二度とつけないようにすることも大切です。

しかし、アクセサリーにはさまざまな金属が混ざった合金が使われることが多いのだとか。そのため、避けるのが難しい場合もあるようです。

では、どのようなピアスを選べば良いのでしょうか?

リコ

リコ

金属アレルギーになっちゃったら、どんなピアスを付ければ良いのかな?

ニャコリー

ニャコリー

アレルギーになりにくい金属とか、金属じゃないものでできているピアスが売ってるよ。

リコ

リコ

でもそういうのって可愛いデザイン少なそう……。

ニャコリー

ニャコリー

そんなことないよ。探せば案外たくさんあるんだ。コーティング剤を使うのもありかもね。

純チタンやサージカルステンレス製のピアスを選ぼう

汗と触れることで金属が溶けることが金属アレルギーが起こるきっかけ。つまりほとんど溶けることのない種類の金属は、身につけてもアレルギー症状が起こることは少ないといえます。

溶けにくい金属としては、チタンとステンレスが有名です。その中でも純度99%以上の純チタンや医療用に使用されるサージカルステンレスは、アレルギーが起こる可能性が低いといわれています。

これらのピアスなら問題なく付けられる人が多いのだとか。

注意したいことのひとつにチタンの表記があります。通常チタンと表されているものは、チタン合金であったり表面だけチタンでコーティングされていたりすることが多いようです。

そのため、チタン以外の金属によってアレルギー症状が出てしまうことを防げません。純チタンのものを選ぶようにしましょう

また、ピアス全体に同じ素材が使われているとは限らないので注意が必要です。純チタンやサージカルステンレスがピアスの軸の部分だけでなく、留め具であるキャッチや飾りの土台部分にも使われているか確認しましょう。

樹脂やアクリル製のピアスを選ぼう

金属アレルギーの症状が出るのを避けるには、金属製でないピアスを付けるというのもひとつの方法です。

金属アレルギーの人に向けて、樹脂やアクリル製のピアスが作られています。とくに、樹脂製のものは種類が多く、好みのデザインのものが見つかるはず

また、インターネット上で販売されているハンドメイドのピアスは、注文すると樹脂の軸に付け替えてくれることも多いのだとか。既製品で気に入ったピアスが見つからない場合は、ハンドメイドのものに目をつけてみても良いかもしれません。

ただし、軸や留め具が樹脂やアクリルだとしても、飾りの部分に金属が使われていて皮膚に触れてしまうとアレルギー症状が出る可能性があります。

金属が使われているとしても、皮膚に触れにくいデザインのものを選びましょう。

コーティング剤を使おう

お気に入りのピアスでアレルギーが出るようになって付けられなくなってしまうことがあります。また、欲しいと思ったピアスを素材のせいで諦めざるをえないことも。

付けたいピアスが付けられないときには、市販の金属アレルギーを防止するコーティング剤を使ってみましょう。

コーティング剤には金属イオンが溶け出すのを防ぐはたらきがあります。そのためピアスの軸の部分に適量塗って乾かせば、症状を起こすことなくピアスを付けられることが多いようです。

定期的に塗り直す必要はありますが、付けられるピアスの幅を広げることができるでしょう。

金属アレルギー以外に考えられる症状の原因は?

ニャコリー

ニャコリー

リコっていつもいろんなネックレスつけてるけど、かぶれたことないの?

リコ

リコ

うん!指輪もするけどかゆくなるのはピアスだけかなぁ。

ニャコリー

ニャコリー

それなら金属アレルギー以外のものが原因になってるかもね!

ピアスを付けている部分に、かゆみ、赤み、痛み、体液の分泌などの症状が見られても、違うことがきっかけで起こっている可能性があります。

金属アレルギーを起こさないピアスを使っていても、ピアスの部分にかゆみや赤みなどの症状が出る場合は、ほかに原因があるのかもしれません。

細菌感染による化膿

ピアスホールの洗浄を怠ったり、不潔な手で触ったりすると細菌が入って化膿してしまうことがあります。

とくにファーストピアスを付けている期間は、ピアスホールが完成していないので化膿してしまいがち

化膿すると腫れて膿が出るのに加えて、かゆみや痛みが生じることもあります。

化膿している場合の対処法については下の記事をチェックしてみましょう。

関連する記事

ピアスから膿が出てきた場合の対処法。正しい処置で早く治そう!

ピアスをしていると膿が出てきてしまうことがあります。本当に化膿しているのか、どの程度悪化しているのかを判断して適切に処置しましょう。軽い化膿の場合は、ホットソークという方法や市販の軟膏で治る可能性も。膿を事前に防げるよう、細菌感染から守るための正しいケア方法についても知っておきましょう。

シャンプーやコンディショナー

シャンプーやコンディショナーがしっかり洗い流せていない場合も、耳元にかゆみが出ることがあります。シャンプーやコンディショナーは、肌に残さないように丁寧にすすぐことが大切です。

またしっかり流していている場合、シャンプーやコンディショナーの成分に反応してアレルギーが出ている可能性も。体調が良くないと、普段は何ともないのに症状が出てしまうことがあります。

とくに首元や顔にも症状が出ている人は、シャンプーやコンディショナーを違う種類のものに変えてみると良いかもしれません。

乾燥

ピアスの周りがかゆい原因は乾燥にあるのかもしれません。顔は保湿していても、耳元に化粧水や乳液を塗ったことがないという人もいるのではないでしょうか?

耳元はケアするのを忘れがちな部分。乾燥して肌荒れを起こしてしまう可能性があります。

お風呂に入ったあとやピアスの洗浄ケアをしたあとに、化粧やクリームで保湿するようにしてみましょう。

アトピー性皮膚炎

アトピー性皮膚炎による症状も耳元のかゆみとして考えられます。浸出液が出たり、赤くなったりする点も金属アレルギーと似ているので、注意が必要。

肌を保護するはたらきは、不規則な生活や偏った食事などによって弱まります。

そのため幼少期以降治っていたアトピーが、成人して忙しくなった頃に再発することも多いのだとか。また大人になってからアトピーになってしまう人も少なくないようです。

金属製でないピアスを付けても症状に変化がない場合は、アトピー性皮膚炎の可能性を考えたほうが良いかもしれません。皮膚科に行って症状を抑えるための軟こうを処方してもらいましょう。

症状を解消して快適にピアスを付けよう

ニャコリー

ニャコリー

ピアスの金属アレルギーのことよくわかったかな?

リコ

リコ

うん。今はかゆいのを我慢するのが辛いけど、しばらく樹脂のピアスを付けてみる!

ニャコリー

ニャコリー

それがいいよ。かゆいの早く治るといいね!

金属アレルギーになってしまっても、純チタンやサージカルステンレス、非金属製のピアスなら安心してつけられる可能性が高いようです。

さらに、コーティング剤を塗れば、使っていたお気に入りのピアスや好きなデザインのピアスを諦めることなく付けられるはず!

付けるピアスを工夫しても同じような症状が出る場合は、ほかの可能性を考えてみましょう

症状が何によるものなのかを知って、適切な対処をすることが大切です。早いうちに解決し、トラブルなくピアスを楽しみましょう!

アレルギーの症状が出た場合はピアスを即座に外して、早めに皮膚科を受診しましょう。

NICOLYおすすめ:美容整形やってみたシリーズ

関連する記事

【大人気】ブログよりくわしい!整形の痛みやダウンタイム・術後経過すべて見せます!美容整形体験レポートシリーズ

NICOLY編集部では、カウンセリングから術後経過までの画像がたっぷりの、美容整形体験レポートを公開しています。切らないプチ整形から、脂肪吸引まで読み応え十分。NICOLY編集部いちおしの記事です。随時更新中!

記事に関するお問い合わせ

※ 記事の内容は、医学的な正確性、効能、効果を保証するものでなく、かつ、記事の利用においてはしかるべき資格を有する医師や薬剤師等に個別に相談するなど読者の責任において行ってください。

ピアスの施術を受けられるクリニック

  • 東京銀座一丁目駅 6番出口より徒歩1分
  • 耳ピアス(穴あけのみ3500円

水の森美容外科 東京銀座院の詳細

  • 大阪心斎橋駅「1番出口」徒歩すぐ
  • ピアス穴 (両耳/ピアス代込み)4,840円 ※1年間の安心保障付

品川美容外科 心斎橋院の詳細

  • 福岡西鉄 福岡駅より徒歩約5分
  • ピアス穴 (両耳/ピアス代込み)4,840円 ※1年間の安心保障付

品川美容外科 福岡院の詳細

注目の記事

【大人気】ブログよりくわしい!整形の痛みやダウンタイム・術後経過すべて見せます!美容整形体験レポートシリーズ

【大人気】ブログよりくわしい!整形の痛みやダウンタイム・術後経過すべて見せます!美容整形体験レポートシリーズ

NICOLY編集部では、カウンセリングから術後経過までの画像がたっぷりの、美容整形体験レポートを公開しています。切らないプチ整形から、脂肪吸引まで読み応え十分。NICOLY編集部いちおしの記事です。随時更新中!

この記事の監修者

この記事のライター

本日のアクセスランキング

注目のクリニック

注目の医師

サイトメニュー