2017年10月04日 更新

太ももの脂肪を胸に移せる豊胸術・セルーション(セリューション)を調査した!【再生美容医療シリーズ】|湘南美容外科新宿本院

最新の豊胸術・セルーション(セリューション)豊胸を湘南美容外科で取材してきました。セルーション(セリューション)は、自身の脂肪を使って豊胸やエイジングケアができる最新の美容医療。低リスクで豊胸やエイジングケアをしたい人におすすめの記事です!

SBCメディカルグループ副総括院長 中村大輔

この記事は、SBCメディカルグループ副総括院長 中村大輔先生が監修しています。

「豊胸はしたいけど、安全性が心配……」

そんな人におすすめなのが、自身の脂肪から採取した幹細胞を注入して胸を大きくするセルーション(セリューション)豊胸

この記事では、セルーション豊胸について、医師の解説とともにくわしく紹介します。

セルーション豊胸って何?

湘南美容外科で扱う脂肪注入による豊胸術には、コンデンスリッチ豊胸という人気メニューがあり、そのコンデンスリッチ豊胸よりも高い脂肪の定着率を叶えるために開発されたのが、セルーション豊胸です。

従来の豊胸

セルーション豊胸では、コンデンスリッチ豊胸よりも脂肪を200ccほど多く採取し、セルーションという全自動で幹細胞を取り出す機械にかけます。

そして、取り出した幹細胞と凝縮した脂肪を混ぜて胸に注入することで、コンデンスリッチ豊胸にくらべて注入した箇所で血管ができやすくなり、定着率のアップが期待できます。

また、幹細胞は自らを複製する能力をもち、幹細胞自体が脂肪になることもあるので、胸のボリューム感アップが望めます。

豊胸後の胸

幹細胞を使うことで期待できる効果

  • 血管ができやすくなり、注入した脂肪の定着率が向上する
  • 活性化した幹細胞が増殖し、脂肪細胞に変化することによる胸のボリューム感アップ

やってきたのは、湘南美容外科 新宿本院

医師の写真

本日インタビューを受けてくださるのは、SBCメディカルグループ副総括院長・新宿本院院長の中村大輔医師

すごい肩書ですが、とても優しいし話しやすい......!!(しかもダンディーなイケメン)

中村医師は、その確かな技術と親身なカウンセリングでファンが多く、常に指名が多く入る人気の医師なのだそうです。

セルーション豊胸は新しい技術ですが、中村医師はセルーション豊胸の症例数で言うと世界で最多!とのこと。海外の学会で表彰される予定もあるそうです。

セルーション豊胸についてくわしく聞いてみた!

湘南美容外科の医師にインタビュー

セルーション豊胸の持続性は?

ーーセルーション豊胸は、従来の脂肪注入豊胸よりも定着率が良いと聞きますが、患者さんの実感としてどうですか?

そうですね、実際にセルーション豊胸の提供をはじめてしばらく経ちますが、3か月検診などでも患者さんから満足だというお声をいただいています。

平均して1.5〜2カップ大きくなりますね。

ーー豊胸効果は一生残りますか?

6か月後に残った細胞は一生残り、やせたら小さくなり、太ったら大きくなり、などの変動はあります。

しかし、増えた分の脂肪細胞自体が減ることはありません。

セルーション豊胸にはどのようなリスクがある?

これまでの脂肪注入タイプの豊胸には、いくつかのリスクがあるといわれています。

脂肪注入タイプの豊胸のリスク

  • しこりになる
  • 採取する脂肪が足りなく、手術ができないことがある
  • 定着が悪く、希望の大きさにならないことがある

セルーション豊胸ではどのようなリスクがあるか聞いてみました。

ーー注入する脂肪に死活細胞が入っていると、壊死やしこり、石灰化のリスクがあると聞いたのですが、リスクはありますか?

若干は死活細胞が含まれていますが、脂肪を胸にちょっとずつ入れているので、リスクは非常に少ないですね。しかし、一度に多くの脂肪を入れるとしこりなどのリスクは高まります。

医師の腕が悪くない限りは、さほど心配いらないでしょう。

ーーセルーション豊胸だと、通常の脂肪注入豊胸よりも多く脂肪を太ももから取るそうですが、手術ができないと判断された人はいますか?

脂肪を1200cc太ももから取りますが、たいていの女性は取れます。

よっぽど細いか、筋肉質じゃない限りは大丈夫です。たまに、筋肉質な人で、脂肪が取れなくて手術できないと判断することもあります。

セルーション豊胸をすると、乳がんや妊娠・出産に関わるリスクが上がる??

湘南美容外科の医師

ーーセルーション豊胸を受けることで、妊娠、出産、授乳への悪影響はなにかありますか?

手術から1か月おいていただければ、大丈夫でしょう。

シリコンバッグ豊胸手術の場合は、乳腺が伸びて授乳しづらくなることがありますが、脂肪注入豊胸はそういったリスクはほとんどありません。

ーーセルーション豊胸によって、乳がんのリスクが上がったりしますか?

手術が原因で乳がんのリスクが上がることはないでしょう。

また、乳腺内に脂肪を注入しないので、万一豊胸によってしこりができた場合も悪性腫瘍との識別は可能です。

豊胸手術のあるなしに関わらず、30歳以上の女性は1年1回は乳がんの検診に行ってくださいとお伝えしてます。

ーーなるほど!一番気になっていたリスクが少ないとのことで、安心しました!ちなみに、1回でどかん!と大きさを出したい人におすすめの豊胸術は何ですか?

どかんと大きさを出したい人には、シリコンバッグ豊胸がおすすめです。

しかし、シリコンバッグ豊胸の場合触ると感触でばれてしまうことが多い、というデメリットがありますね。

その点、セルーション豊胸の場合は触ってもばれないので、大きさのインパクトよりも自然さを求める人にはセルーション豊胸がおすすめです。

セルーション豊胸のダウンタイムや費用について

湘南美容外科の医師にインタビューする画像

ーーダウンタイムはありますか?

胸部と脂肪を取る太ももに、腫れや内出血が1週間ほど生じます。

ただ、事務仕事なら翌日からできますし、立ち仕事も1日ほど休めば問題ないでしょう。運動も1週間ほど控えるだけで、徐々にできるようになりますね。

2〜3週間後には、腫れや内出血は落ち着き、温泉やプールに入っていただいてもぱっと見ただけではわからないでしょう。

美容整形において一番痛い、出産より痛いと言われているのがシリコンバッグです。

バッグが10とすれば、セルーション豊胸は3くらい。筋肉痛レベルです。お薬を飲めば、違和感を感じるという程度に抑えられるでしょう。

ーーワイヤー入りのブラジャーを3か月はつけられないとのことですが、手術後に触られると痛いとか、今後うつ伏せで寝られなくなるといったことはありますか?

1〜3か月は、うつぶせ寝も締め付ける下着も、控えてもらいます。それ以降は大丈夫です。

なぜかというと、脂肪の定着には血流が必要なのです。注入した脂肪は、血管ができて血流が再開すれば定着します。

血流障害の原因となるタバコも控えてください。

ーーここまで聞くと、セルーション豊胸がすごく良いもののように感じてきました!なにか弱点はないんですか?

強いて言うなら、料金が高いのがデメリットでしょうか。

セルーション豊胸では、非常に高額なアメリカ製の自動で幹細胞を取る機械と、使い捨てのキットを使用するので、費用がほかの豊胸術に比べてかかります。

ただ、高額な機械を使用できるのは、当院のような大手クリニックの魅力なので、興味があればぜひ挑戦してみていただきたいですね。

セルーション豊胸のメリット・デメリットまとめ

【メリット】

  • 大きさが1か月目以降変わらない。
  • 仕上がりが自然で、触ってもバレない。

【デメリット】

  • 腫れや内出血が1週間ほど生じ、トータルでは1〜3か月のダウンタイムがある。
  • 1,420,000円(税込)と、ほかの豊胸術に比べて費用が高額。

セルーション豊胸はエイジングケアにも使える!

湘南美容外科の医師

セルーション豊胸による脂肪注入は、胸だけでなく顔にもできるそうです!セルーション豊胸によるエイジングケアについても聞いてみました。

ーー顔、特に目の下は、しこりやでこぼこができてしまったときに目立ちやすいと聞きますが、実際のところはどうですか?

1,000人以上の患者さんのお顔に脂肪注入を行いましたが、よほど下手なドクターでない限りは大丈夫です。

ただ一番皆さんが気にされるのは、目の下。実は目の下への脂肪注入では、触った際にコリコリするのは当然なんです。

入れた脂肪には若干の硬さがあり、皮膚がうすくて脂肪がない目の下に入れるわけなので。こちらについては、治療前にご案内しています。

しこりのリスクは、顔は血流が良くて量も入れないので、まず心配いらないでしょう。

湘南美容外科の医師にインタビュー

ーー注入した脂肪のうち、吸収されるか残るかは6か月後にわかりますよね。顔のような繊細な部位に施術する際に、この残り具合をふまえて微調整ができますか?

患者さんには、3回は施術していただくつもりでいてくださいと言っています。

もっとも怖いのは、一度に脂肪細胞を入れすぎてしまった場合。多すぎたときに溶かしたり減らしたりするのが大変なのです。

なので、1回目で多めに入れて、結果を見る。そのあと、2回目微調整、3回目完成を目安にしています。3か月ごとに3回受けていただくのがちょうど良いです。

ーー脂肪を入れすぎたときは、どのような処置をしますか?

吸引する、注射で溶かす、脂肪除去の手術をする、などです。でも、顔はデリケートで難しいので、基本溶かしますね。BNLS注射やケナコルトなどを使用します。

ーー顔のくぼみへの注射は、似たような治療にFGF、3DPRPがありますが、どの部位にどの施術がおすすめですか?

目のまわりはデリケートなので、FGFや3DPRPがおすすめです。

逆に、ゴルゴラインや法令線といった皮膚の硬いところは、脂肪をちゃんと積み上げた方が土台ができて結果が出るので、脂肪注入やセルーションがおすすめです。

ーー効果はどれほどの期間、持続しますか?

若返り施術はは足し算です。老化は進みますが、プラス分は一生残ります。

特にセルーション脂肪注入の場合、入れた脂肪細胞が定着すれば、消えることはありません。

ーーなるほど。セルーションについてよくわかりました!ありがとうございました!

ちなみに、セリューションを使ったエイジングケアメニューは、注入箇所数に関係なく848,000円(税込)です。

セルーションでの豊胸&エイジングケアを受けたいなら、湘南美容外科へ!

多少のデメリットはあるものの、自分の脂肪を使うという高い安全性が魅力の、セルーションでの豊胸&エイジングケア。

気になった人は、まずは中村医師のカウンセリングを受けてみては?

湘南美容外科の医師が湘南美容外科ポーズをしている画像

湘南美容外科ポーズを一緒にしていただきました!

予約は湘南美容外科公式サイトから

医師・薬剤師・その他医療関係者の方へ

より正確な医療情報を発信するためにも、医師の監修を経て誤りがないよう万全を期しておりますが、もし誤りとお考えになる情報があった場合には、ご指摘いただけますと幸いです。社内で確認の上、必要な対応をさせていただきます。

医療・薬剤に関する情報の指摘

その他記事へのお問い合わせ

豊胸・プチ豊胸の施術を受けられるクリニック

  • 大阪JR大阪駅より徒歩3分
  • 脂肪注入による豊胸 150〜200cc380,000円

湘南美容外科クリニック 大阪梅田院の詳細

  • 福岡西鉄福岡天神駅より徒歩5分
  • バッグプロテーゼ725,000〜805,000円

聖心美容外科 福岡院の詳細

この記事の監修者

この記事のライター

本日のアクセスランキング

注目のクリニック

注目の医師

サイトメニュー