NICOLY:)[ニコリー] コンプレックスの悩み解決・応援サイト

医師が教えるコンプレックス解決サイト
監修済記事:1022記事

メルマガ登録

2016年10月24日 更新 | 499 views

1日わずか5分でOK!ほうれい線を予防する効果的な方法4選

ほうれい線を予防するためには、ヒアルロン酸不足を解消することと、表情筋の強化が重要。毎日のトレーニングやグッズを使い筋肉を鍛え、鶏の軟骨など食事からコラーゲンを補給しましょう。また、すぐにほうれい線を隠したいという人はコンシーラーを使った「ねこひげ」メイクで対処ができます

ほうれい線は、顔のなかでも年齢が出やすいパーツです。顔つきが童顔な人でも、ほうれい線があることで年相応に、またはそれ以上に見えてしまうことがあるくらいです。

ほうれい線が年齢とともに目立ちやすくなってしまうことは、老化現象なため避けることはできません。

しかし、避けられないものとはいえ予防をとれば今より目立たなくなったり、進行を遅らせたりと上手に付き合っていくことは可能です。

今回は、お手軽で今すぐできる予防方法を紹介します。

ほうれい線のできる理由はおもにふたつ

鏡を見る女性の写真

ほうれい線は老化現象のひとつ。老化現象とひとくちでいってもその原因はおもにふたつ。ほうれい線を予防するためには、まずは発生する原因を確認しましょう。

肌のヒアルロン酸不足

私たちの見ている、いわゆる肌の表面を表皮といい、その奥にはコラーゲンとエラスチンという物質でできた網目状の支柱が広がっています。

そしてその網目の間をくまなく満たしているのがヒアルロン酸

ヒアルロン酸が不足するとコラーゲンとエラスチンの支柱がつぶれ、表皮にくぼみが生じてほうれい線となります。つまり予防のうちのひとつは、このヒアルロン酸不足を解消させることです。

表情筋の衰え

表情は人が社会生活を送るうえで重要なものです。相手が笑っているのか眉をしかめているのかで私たちは無意識のうちに感情を読み取ります。

そんな表情の豊かさを支えているのが表情筋です。顔の皮膚の下には実に多くの筋肉が張り巡らされています。

表情筋は、ほかの筋肉と同様に年とともに衰えていきます。すると次第に表皮を支える力も弱くなり、肌のたるみにつながり、結果としてこちらもほうれい線ができることにつながるのです。

よってほうれい線を予防するためには表情筋の強化ということになります。

ほうれい線を予防する4つの方法

舌を出す女性の写真

上述したように、ほうれい線を予防するためには、ヒアルロン酸不足を解消することと、[表情筋を強化]することとなります。

以下ではこれらに効果的な方法を紹介します。

1:ベロ回し体操

ベロ回し体操は表情筋の強化に有効です。

【ベロ回し体操のやり方】

  1. 舌を歯茎に沿って一周します。
  2. 右回しを20回、左回しを20回行う。

これを一日3セット行ってください。1セット3〜5分で終わります。

はじめてやる人は、口元が筋肉痛になることも。しかし、筋肉痛は表情筋に効いていることの証でもあるため、きつくても少し我慢して行いましょう。

2:ペットボトル体操

ペットボトル体操も表情筋の強化に有効です。2Lの空いたペットボトルが必要になるので用意しましょう。

【ペットボトル体操】

  1. 飲み口をくわえます。
  2. ペットボトルに息を吹き込みます。
  3. 吐き切ったらペットボトルが凹むまで吸い込みます。

20回繰り返しましょう。

気を付けたいのが、熱心にやりすぎて酸欠になってしまうこと。決して無理をしすぎず、空気を吸う量や吐く量は自分の体調や体力と相談して行いましょう。

3:ほうれい線解消グッズ

ほうれい線を予防、改善するためには、グッズを使用することもひとつの手。代表的なものに口に器具をくわえて表情筋を鍛えるものがあります。

これらは、表情筋を鍛えるために研究して設計されているのでピンポイントに効果が表れやすいというメリットがありますが、効果は必ずではありません。

グッズを買うことに費用が発生しますが、お金を出してわざわざ買うという行動が原動力にもなります。

4:ヒアルロン酸が含まれる食事を摂る

ヒアルロン酸は皮膚の下部以外にも、関節などに含まれる成分でもあります。そこで鶏の軟骨などの摂取は有効です。

ほかにも粘り気のある食品は体内のヒアルロン酸不足に有効であることも多く、なるべく毎日一品盛り込むようにしましょう。

よく噛むことで表情筋も鍛えられる

食事は、よく噛んで食べることで表情筋も一緒に鍛えられます。よく噛むことで消化が促進され、胃が荒れたりせずに栄養を吸収し、肌荒れなどのトラブル防止にもつながります。

30回を目安に噛んで食べることを意識していきましょう。

なおこの点ではガムも効果があります。ただし甘味料が使ってあるものは虫歯の原因となるために注意しましょう。

ほうれい線はメイクで隠すこともできる!?

メイクをする女性の写真

ほうれい線の予防や改善はどれも即効性はありません。毎日行うことで効果が実感できます。そのため、「すぐにほうれい線をどうにかしたい!」という人は一時的にメイクで隠すことがおすすめ。

コンシーラーでほうれい線を隠す方法

ほうれい線を隠すためにはリキッドタイプのコンシーラーがおすすめ。以下の方法でほうれい線を目立たせなくしましょう。

【ほうれい線を隠すメイク術】

  1. ほうれい線の縦線に対して、ねこのひげのように横線を3〜4本かきます。
  2. 指のはらを使ってなじませます。

ねこのひげのような塗り方は、光の反射によりほうれい線をうまく隠すことができます。

やってはいけないのがほうれい線の溝にコンシーラーを埋めるような塗り方。時間が経つとひび割れなどが起こり、かえって目立ってしまうこともあります。

ほうれい線を予防するためには毎日の行動が重要!

窓の外を見る女性の写真

どの方法も、今日からスタートできるほうれい線の予防策です。全部を行うことは大変なので、自分にあった方法はなにか、いくつか試してみて継続しましょう。

また、すぐにほうれい線をどうにかしたい!と考える人は、まずはメイクで隠すという手もあるのでぜひ試してみてくださいね。

ほうれい線対策は思い立ったが吉日。さっそく今日から始めてみましょう。

お悩み別人気クリニック

全国

湘南美容外科

くすみ・しわ

詳しく見る

全国

聖心美容外科

痛くないたるみ治療

詳しく見る

全国

品川美容外科

しわ・ほうれい線

詳しく見る

※ 記事の内容は、医学的な正確性、効能、効果を保証するものでなく、かつ、記事の利用においてはしかるべき資格を有する医師や薬剤師等に個別に相談するなど読者の責任において行ってください。

関連するキーワード

注目の記事

【大人気】ブログより詳しい!整形の痛みやダウンタイム・術後経過すべて見せます!美容整形体験レポートシリーズ

【大人気】ブログより詳しい!整形の痛みやダウンタイム・術後経過すべて見せます!美容整形体験レポートシリーズ

NICOLY編集部では、カウンセリングから術後経過までの画像がたっぷりの、美容整形体験レポートを公開しています。切らないプチ整形から、脂肪吸引まで読み応え十分。NICOLY編集部いちおしの記事です。随時更新中!

43730 views | 整形二重脂肪吸引脂肪溶解注射

カテゴリ一覧

この記事のライター

本日のアクセスランキング

いまNICOLYで人気の記事

話題のキーワード

いまNICOLYで話題になっているキーワード

専門家ライター募集

NICOLYで記事を執筆していただける医師を募集

NICOLYでは「コンプレックスで悩んでいる人を笑顔に」というビジョンのもと毎日記事を更新しています。信頼性の高い記事を出し続けるために、記事の執筆をしていただける医師を募集しています

専門家ライター募集フォーム

編集者募集

NICOLYで記事を編集してくれる編集者募集

NICOLYでは「コンプレックスで悩んでいる人を笑顔に」というビジョンのもと、一緒に働いてくれる編集者を募集しています。

編集者募集フォーム

関連する記事

この記事に関連する記事をピックアップ