NICOLY:)[ニコリー] コンプレックスの悩み解決・応援サイト

医師が教えるコンプレックス解決サイト
監修済記事:1032記事

メルマガ登録

2016年10月24日 更新 | 1,276 views

肌だけじゃない!頭皮の敏感肌におすすめしたいシャンプー4選

敏感肌の人は、顔や体だけでなく「頭皮」にもトラブルが発生しやすくなるため、シャンプー選びは重要。界面活性剤、石油系、さらにフケ専用のシャンプーは殺菌作用が強いため避けましょう。敏感肌の人は、弱酸性で低刺激のアミノ酸のシャンプーを使用することがおすすめです。

女性のなかには、敏感肌で悩んでいる人もいるでしょうが、顔のことばかりを気にしていませんか?

しかしながら、「頭皮」も肌の一部なため、顔と同じように敏感肌になるのです。

この記事では、敏感肌の人におすすめのシャンプー&染髪法を紹介していきます。

敏感肌の人は頭皮に痛みかゆみフケが発生などのトラブルが!

頭皮がかゆい女性

頭皮は、腕や足、顔と比べると皮脂腺や汗腺が多いため、肌のなかでは汚れやすい部分に属します。皮脂量は、なんとTゾーンの2倍といわれているほど!

頭皮は汚れやすい部分にも関わらず、角質のバリア機能が低下する「敏感肌」になってしまうと、少しの刺激でも痛みやかゆみがでてくることに……。

また、頭皮の場合は痛みやかゆみに加えて、フケが出るなどの肌トラブルにもなってしまいます。

敏感肌の人が避けるべきシャンプーの種類

シャンプーが陳列されている写真

敏感肌の人は、普通のシャンプーでは刺激が強い場合があります。シャンプー選びにも注意しなければなりません。以下で紹介するものは、避けたほうが良いと考えてください。

「界面活性剤」入りのシャンプーは頭皮への負担大

肌のバリア機能が低下している敏感肌では、「界面活性剤」が頭皮に入り込みやすくなっています。

界面活性剤とは、本来混ざらないものどうしを混ぜるために加える添加物なので、肌への負担が大きくなってしまいます。

下記のものは、界面活性剤として入っていることが多い成分。

  • ラウレス硫酸Na
  • ラウリル硫酸Na
  • ラウリル硫酸カリウム
  • アルキル硫酸

シャンプーを買う際には、よく表示を見るようにしてください。

フケ専用シャンプーは「殺菌作用」が強すぎ

敏感肌の人は、フケ専用シャンプーも避けるようにしてください。フケ専用のシャンプーは、頭皮を清潔に保つために「殺菌作用」を強くしているのです。

敏感肌の場合は、この殺菌作用により肌に負担がかかってしまうため、たとえフケが出ていてもフケ専用シャンプーは使わないでください。

安い「石油系シャンプー」も避けるべし

石油系のシャンプーの使用も、敏感肌の人はやめておきましょう。かつては主流であった石油系のシャンプーは、洗浄力が強いのが最大の特徴なのです。

近年はかなり減っている製品ですが、極端に安い製品は石油系のシャンプーの可能性があります。基本的には安いものを避ければ安心なので、注意してみてください。

敏感肌の人には「アミノ酸シャンプー」がおすすめ!

シャンプーを選ぶ女性

頭皮のためにも、敏感肌の人は上記で取り上げたシャンプーは避けておきたいところ。そうした人におすすめなのが、「アミノ酸シャンプー」です。

アミノ酸シャンプ:肌にハリと健康を与えてくれる

まず、「アミノ酸」の特徴について見ていきましょう。

アミノ酸は、私たちの体の筋肉、血管、皮膚などを作っているタンパク質を構成している成分。タンパク質は、アミノ酸がつながってできています。

肌を構成しているコラーゲンも、アミノ酸がつながってできたタンパク質の1種。アミノ酸は、肌にもハリと健康を与えてくれるのです。

アミノ酸シャンプーは弱酸性で低刺激

アミノ酸系のシャンプーは、弱酸性の洗浄成分で肌に優しいというのが特徴。洗浄力は高くありませんが、必要な皮脂を落としてしまわない効果があります。

肌に化粧水だけでなく、乳液やクリームをつけて皮脂を補うことがあるように、頭皮も皮脂を落としすぎるとバリア機能を失ってしまうことに……。

そのため低刺激のアミノ酸シャンプーは、敏感肌の方におすすめできるシャンプーなのです。

またアミノ酸シャンプーは、頭皮だけでなく髪の毛の乾燥も防いでくれる効果も!

特に秋冬の時期は空気が乾燥しているので、敏感肌ではない方でも秋冬のみアミノ酸系シャンプーにするのもおすすめです。

敏感肌の人が気をつけたいシャンプーの方法

シャンプーしている女性

敏感肌の人はシャンプーの選び方だけでなく、シャンプーの仕方にも十分に気をつけなければなりません。なぜなら、肌への負担が変わってくるのです。

指の腹を使って優しく洗浄

シャンプーをするときは、できるだけ指の腹で優しく洗うようにしましょう。爪をたててゴシゴシ洗うと、皮膚を傷つけてしまうことも。

不要な皮脂や汚れは落とさなければならないので、毎日優しく髪の毛を洗うようにしましょう。

シャンプーの洗い残しは頭皮を傷つける原因に!

たとえ肌に優しいシャンプーであっても、洗い残して頭皮にシャンプーが残ってしまうと、肌を傷つける原因に。

そのため、シャンプーをする際は必ず洗い残しがないようにしましょう。特に「生え際」の当たりは洗い残しをしがちなので、注意が必要です。

トリートメントを頭皮につけない

また、リンスやトリートメントは「頭皮を整えるはたらきをしない」ので、頭皮につけないように使用しましょう。

リンスやトリートメントは、髪の毛を綺麗にするのが目的。そのため、頭皮にとっては少し刺激が強い成分が含まれているものもあるのです。

敏感肌の人におすすめのシャンプー4選

シャンプーをする女性の写真

それでは、敏感肌の方におすすめのシャンプーを4つご紹介します。

ここで紹介する製品は、どれもドラックストアで手に入るので、すぐに購入できるものばかり。

気になるものがあれば、ぜひ今日から使ってみましょう!

merit(メリット) メリット シャンプー

メリット出典:花王

メリットのシャンプーは、素肌と同じ弱酸性で肌に優しい製品。ノンシリコンでも、比較的しっかり洗えます。

筆者もメリットを使っていたことがありますが、ほかのノンシリコンシャンプーより洗いやすいと感じました。

メリット利用者の声を、Twitter上でも見てみましょう。

MINON(ミノン) 薬用へアシャンプー

ミノン出典:ミノン

ミノンのシャンプーは、アレルギーの原因物質を極力カットしているアミノ酸系シャンプー。

アミノ酸系シャンプーの効果は、先ほど解説した通り。頭皮に負担がかかりにくいシャンプーとなっています。

Twitterでも、評判は良いようです。

Qurel(キュレル)  シャンプー

Curel出典:花王

敏感肌の人が使える化粧品で有名なキュレルから、敏感肌人向けのシャンプーが出ています。 こちらは、植物由来の「消炎剤」を配合しているので低刺激。メーカーの花王が、「赤ちゃんにも使える」と謳っています。

Je l'aime(ジュレーム) アミノ モイスト&スムース シャンプー

ジュレーム出典:Je l'aime

CMでもよく宣伝しているジュレーム。ほかの用品よりもボトルが可愛いので、女性に人気ですよね。

こちらも、アミノ酸系シャンプー。紹介したのは「モイスト&スムース」ですが、さらにしっとりする「エクストラモイスト」という商品もあります。

トライアルセットで10mL入りのものが販売されていますので、気になる方はぜひ使ってみてはいかがでしょうか?

ジュレームにはアミノ酸系ではないシリーズも販売されていますので、間違えないように気をつけてくださいね。

さっそく頭皮の敏感肌対策をしよう!

髪がキレイな女性

頭皮も肌と同じように、皮脂でバリアを作っています。しかし、それらが上手く機能していない場合は、顔と同じように敏感肌に……。

もしもシャンプーを変える場合は、今回紹介したなかのものを選んでいただければ、対策ができるはず!

また、髪を洗うときには爪をたてずに優しく洗い、シャンプーの洗い残しがないように。リンスやトリートメントが皮膚に付着しないようにも気をつけてくださいね。

お悩み別人気クリニック

全国

品川スキンクリニック

シミ・くすみ

詳しく見る

全国

品川スキンクリニック

シミ・くすみ

詳しく見る

全国

湘南美容外科

美肌・美白

詳しく見る

※ 記事の内容は、医学的な正確性、効能、効果を保証するものでなく、かつ、記事の利用においてはしかるべき資格を有する医師や薬剤師等に個別に相談するなど読者の責任において行ってください。

関連するキーワード

注目の記事

【大人気】ブログより詳しい!整形の痛みやダウンタイム・術後経過すべて見せます!美容整形体験レポートシリーズ

【大人気】ブログより詳しい!整形の痛みやダウンタイム・術後経過すべて見せます!美容整形体験レポートシリーズ

NICOLY編集部では、カウンセリングから術後経過までの画像がたっぷりの、美容整形体験レポートを公開しています。切らないプチ整形から、脂肪吸引まで読み応え十分。NICOLY編集部いちおしの記事です。随時更新中!

45303 views | 整形二重脂肪吸引脂肪溶解注射

カテゴリ一覧

この記事のライター

本日のアクセスランキング

いまNICOLYで人気の記事

話題のキーワード

いまNICOLYで話題になっているキーワード

専門家ライター募集

NICOLYで記事を執筆していただける医師を募集

NICOLYでは「コンプレックスで悩んでいる人を笑顔に」というビジョンのもと毎日記事を更新しています。信頼性の高い記事を出し続けるために、記事の執筆をしていただける医師を募集しています

専門家ライター募集フォーム

編集者募集

NICOLYで記事を編集してくれる編集者募集

NICOLYでは「コンプレックスで悩んでいる人を笑顔に」というビジョンのもと、一緒に働いてくれる編集者を募集しています。

編集者募集フォーム

関連する記事

この記事に関連する記事をピックアップ