NICOLY:)[ニコリー] コンプレックスの悩み解決・応援サイト

医師が教えるコンプレックス解決サイト
監修済記事:1032記事

メルマガ登録

2016年10月24日 更新 | 14,165 views

厚化粧とおさらば!くすみの悩み別おすすめ化粧下地12選

肌のくすみを隠すには悩み別に下地を選んで使用することがおすすめです。青白くすみにはピンクの下地、茶色くすみにはイエローやオレンジの下地、黄色くすみにはパープルやブルーの下地を。くすみを根本的に改善するためには、生活習慣やスキンケアを見直し改善させる必要があります。

肌のくすみが気になって、カバーするために化粧が厚くなったり濃いファンデーションを使って暗い肌色になっていませんか?

できれば、きちんとくすみケアをしながら、ナチュラルなメイクが理想ですよね。

そんなときに役立つのが、コントロールカラーと呼ばれる化粧下地です。

自分のくすみにぴったりと合ったカラーの化粧下地を使えば、厚塗りや暗い色を使わずとも、綺麗にくすみをカバーすることができます。

しかしながら、化粧下地を使わずにメイクをしているという方も多くいるようです。まずは、化粧下地の効果や重要性を知りましょう!

化粧下地の効果:顔全体が明るくきれいに

メイクをする女性の写真

化粧下地を使わなくても、もちろんメイクをすることが出来ますが、化粧下地を使うかどうかでメイクの完成度には大きな違いがでます。

化粧下地にはコントロールカラーと呼ばれるピンク、イエロー、ブルーなどのカラフルなものや、リキッドファンデーションのようなベージュのものがありますが、どちらもファンデーションと密着させる効果や、ファンデーションが直接肌に触れるのを防ぐ効果があるようです。

化粧下地は、コンシーラーに比べて、薄付きで肌の悩みを自然にカバーしてくれるので、初心者でも扱いやすいことが魅力的。

肌のくすみを化粧下地でカバーすることで、顔全体の色が整うので、ファンデーションもきれいに発色し、顔色を明るくみせます。化粧下地でくすみケアができていれば、ファンデーションを厚塗りする必要がないので、化粧崩れに悩まされることもありません。

タイプ別のおすすめ化粧下地

化粧品の写真

くすみには、コントロールカラーと呼ばれる、化粧下地を用いるのが効果的です。肌くすみの悩み別に改善が期待できる色とおすすめの化粧下地をご紹介します。

青白くすみ:ピンク系

血行不良が原因の青白くすみにはピンクの下地がおすすめです。ピンクの下地を使って肌に赤みを足してあげることで、青白く不健康に見える肌が元気にみえるようです。

以下ではおすすめのピンク下地を紹介します。

PISA(イプサ) コントロールベイス

コントロールベイス(ピンク)の写真出典:IPSA

肌に足りない光を補う効果がある化粧下地。光が反射するとツヤや透明感を感じる肌に見えるので、若々しい印象を与えることができます。血行不良によるくすみ肌にピンク色がおすすめです。

ちふれ メーキャップ ベース クリーム UV

メーキャップ ベース クリーム UVの写真出典:ちふれ

コストパフォーマンスが良い人気の化粧下地。ヒアルロン酸やトレハロースなどの成分が入っているので、保湿効果が期待できます。クリームタイプですが、重くなく、のび感があり、使い心地も好評です。乾燥が気になる方におすすめです。

SUSIE N.Y.(スージーニューヨーク) コントロールカラーベース

コントロールカラーベースの写真出典:SUSIE N.Y.

誰でも使いやすいがコンセプトのスージーニューヨークの下地は、塗るだけで毛穴カバーやテカリ、化粧崩れを防いでくれるので初心者でも使いやすいのが特徴。ナチュラルピンクは、ラベンダー風味の落ち着いたピンクなので、使いやすいです。

CEZANNE(セザンヌ) ウルトラフィットベースN

セザンヌ UV ウルトラフィットベース Nの写真出典:CEZANNE

ヒアルロン酸をはじめとする7種類の保湿成分が配合されているので、乾燥知らずの肌で1日を過ごすことができます。肌の凹凸を平らにしてくれるので、ファンデーションとの相性も良いです。ライトピーチは、血色感をアップして健康的な肌にみせてくれます。

無印良品 ベースコントロールカラー・ピンク

ベースコントロールカラー・ピンクの写真出典:無印良品

無香料、無鉱物油、紫外線吸収剤フリーの上、潤い成分に植物性の成分を配合している自然派な化粧下地。安心安全でコストパフォーマンスも良いので人気です。ピンク色は、ナチュラルに血色の良い肌色を演出してくれます。

茶色くすみ:イエロー・オレンジ系

紫外線などのメラニンが原因の茶色くすみには、イエローやオレンジの下地がおすすめです。茶色くすみは、にごった印象を与えてしまうので、イエローやオレンジの下地でフレッシュな印象をめざしましょう。

オレンジかイエローかで迷った時は、日本人の肌色になじみやすいイエローの下地を使うのがおすすめです。イエローは、にごったくすみを明るい肌色にカバーし、健康的にみせてくれます。

茶色くすみが濃い場合や、クマやたるみなども気になる場合は、オレンジの下地を使うのがおすすめです。

PISA(イプサ) コントロールベイス

コントロールベイス(イエロー)の写真写真出典:IPSA

肌に足りない光を補う効果がある化粧下地。光が反射するとツヤや透明感を感じる肌に見えるので、若々しい印象を与えることができます。シミやソバカスなどが気になる肌には、イエロー色がおすすめです。

SUSIE N.Y.(スージーニューヨーク) コントロールカラーベース

コントロールカラーベースの写真出典:SUSIE N.Y.

誰でも使いやすいがコンセプトのスージーニューヨークの下地は、塗るだけで毛穴カバーやテカリ、化粧崩れを防いでくれるので初心者でも使いやすいのが特徴。ナチュラルイエローは肌が黄色くなりすぎないので、ナチュラルにくすみをカバーすることができます。

無印良品 ベースコントロールカラー・イエロー

ベースコントロールカラーの写真出典:無印良品

無香料、無鉱物油、紫外線吸収剤フリーの上、潤い成分に植物性の成分を配合している自然派な化粧下地です。安心安全でコストパフォーマンスも良いので人気です。イエロー色は、シミや色ムラをカバーして均一の明るい肌色にしてくれます。

黄色くすみ:ブルー・パープル系

日焼けや、透明感が失われたように見える黄色いくすみの場合は、ブルーやパープルの下地がおすすめです。

ブルーやパープルの下地などの寒色は、肌に透明感を与え、色白肌を演出してくれます。茶色のクマができた場合のカバーにも効果的です。

肌になじみやすいブルーの下地がおすすめですが、乾燥している場合など、ツヤ感が失われている時は、より透明感やツヤ感を引き出してくれるパープルの下地がおすすめです。

PISA(イプサ) コントロールベイス

コントロールベイスの写真出典:IPSA

肌に足りない光を補う効果がある化粧下地。光が反射するとツヤや透明感を感じる肌に見えるので、若々しい印象を与えることができます。水分不足でツヤのない肌には、ブルー色でツヤや透明感を引き出すことができるでしょう。

CEZANNE(セザンヌ) ウルトラフィットベースN

セザンヌ UV ウルトラフィットベース Nの写真出典:chomotto

ヒアルロン酸をはじめとする7種類の保湿成分が配合されているので、乾燥知らずの肌で1日を過ごすことができるでしょう。肌の凹凸を平らにしてくれるので、ファンデーションとの相性も良いです。ライトブルーは、くすみをカバーし、透明感を引きだします。

無印良品 ベースコントロールカラー・ブルー 

ベースコントロールカラー・ブルーの写真出典:無印良品

無香料、無鉱物油、紫外線吸収剤フリーの上、潤い成分に植物性の成分を配合している自然派な化粧下地。安心安全でコストパフォーマンスも良いので人気です。ブルーは、くすみや茶グマをカバーし、透明感のある肌に仕上げてくれます。

naturaglace(ナチュラグラッセ) カラーコントロールピュレ

カラ―コントロール ピュレの写真出典:naturaglace

ナチュラルグラッセは、日本生まれのオーガニックコスメ。オーガニックの成分でできているため安心して使え、保湿力も良いので人気の下地です。バイオレットは、肌に優しく潤いと透明感を与えながら、ツヤ感を引き出し、上品な肌質を演出してくれます。

化粧下地の正しい塗り方

メイクをする女性の写真

ここまでで、くすみの悩み別に化粧下地を見てきましたが、化粧下地をどのタイミングでどのように使って良いか分からないという人も多いでしょう。

正しい化粧下地の使い方を知り、完璧な肌をめざしましょう。

化粧下地を塗るタイミング

洗顔→化粧水→美容液→乳液→日焼け止め→化粧下地→ファンデーション

化粧下地を使うタイミングは、ファンデーションの前、日焼け止めの後のタイミング。もし日焼け止め成分入りの化粧下地であれば、乳液の後にすぐに化粧下地塗っても構いません。

正しい順番で、保湿きちんとできた肌の上に化粧下地をのせることで、ファンデーションとの密着度が高くなり、化粧崩れを起こさない美しい状態をキープすることができます。

化粧下地の塗り方

化粧下地は、カラーコントロールなどカラフルな色がついているものほど薄付きですが、カバーできていないかもと厚塗りすると、白浮きして不自然に見えてしまうので、塗りすぎないように注意しましょう。適量はパール粒大といわれています。

【化粧下地の塗り方】

  1. 顔の中でも高くなっている部分である、鼻、額、頬、顎に少量ずつ化粧下地を置きます。
  2. 顔の外側に向かって伸ばしていきましょう。顔と首の境目の部分にも伸ばし広げると自然に仕上がります。

【ワンポイントアドバイス】

鼻や小鼻の部分は、化粧下地が溜まりやすい場所なので、指の先で下から上に向かって伸ばすようにすると、時間が経ってもよれにくくなります。目元や口元など動きが多い部分は特によれやすいので、薄く丁寧に伸ばすことが大切。

初心者は指で化粧下地を伸ばしていくのがおすすめですが、慣れてきたらスポンジを使うのもおすすめです。余分な化粧下地をスポンジが吸い取ってくれるので、よりナチュラルに仕上に。

少し難易度が上がりますが、コントロールカラーによって、効果のある塗り方があるので、紹介します。ぜひトライしてみてください。

ピンク下地の塗り方

血行の悪さをカバーしてくれるピンク下地は、血行がよく見える部分にのせるのがおすすめです。目の下や頬に少量ずつのせて周りにぼかしていきましょう。あまり塗りすぎると、赤ら顔になってしまうので、薄付きにすることが重要です。

イエロー・オレンジ下地の塗り方

茶色くすみを明るくしてくれるイエローやオレンジの下地の塗り方は、光を多く受ける頬の高い部分に。イエローやオレンジの下地を両方の頬に2点ずつおき、頬周辺にぼかして馴染ませましょう。頬が明るくなると顔全体に立体感が生まれ、綺麗に仕上がります。

ブルー・パープル下地の塗り方

肌の透明感を引き出す、ブルーやパープルの下地は、顔の中心から、放射線状に外側に向かって塗ります。中心部分から外側に向かって光の受け方に強弱をつけることで、より透明感を感じさせることができるのです。

パールが含まれている下地の塗り方

パールが含まれている場合は、目の下の部分に塗ると光を受け美しく発色するのでおすすめです。顔全体に伸ばすと、不自然に見えてしまうので注意してください。

肌のくすみの原因と改善法

下を向き歩く女性の写真

肌のくすみは、化粧下地を用いてカバーすることが出来ますが、肌のくすみは、生活習慣を見直すことで改善することができる場合があります。

肌くすみの原因と改善法を知り、本来の透明感のある肌を取り戻しましょう。

メラニンによるくすみ:UVケア

紫外線の影響や、肌の刺激からメラニンが多く生成されて茶色く肌がくすんでしまうことがあります。肌のターンオーバーによって通常はくすみも古い角質と一緒に剥がれ落ちますが、きちんとターンオーバーが行われないと、シミになってしまうことも。

改善するには、UVケアをきちんとすることや、肌に刺激を与えるスキンケアをしないことが重要。また、肌のターンオーバーを正常に効果がある、充分な睡眠や、食事の中でビタミンCが多く含まれるフルーツや野菜をバランスよく摂るようにしましょう。

汚れによるくすみ:正しいスキンケア

毛穴詰まりや皮脂汚れをほっておくと、肌のくすみにつながります。これらは、化粧の落とし残しや、スキンケア不足から起こるのです。古い角質が溜まると、肌のターンオーバーがきちんと行えない状態になり、肌のくすみにつながります。

毎日のクレンジングや洗顔をきちんと行うようにしましょう。この時に力を入れてスキンケアをすると肌刺激から茶色くすみにつながることがあるので、優しく行うことがポイントです。

血行不良によるくすみ:リンパマッサージ

ストレス、冷え、睡眠不足、運動不足などで血行不良が起こると、顔にも十分な血液が回らないために、青白くくすんだ肌色になってしまいます。

改善するには血液の流れをよくすることが大切です。ストレスをなくし、規則正しい生活を心がけましょう。リンパマッサージなどで血流を促すこともおすすめです。

乾燥によるくすみ:保湿

肌が乾燥することにより、肌のターンオーバーが乱れて、古い角質が残ったままになり、くすみがでてくる原因になります。乾燥からくるくすみは、保湿をしっかり行うことが重要です。充分に水分を与え、肌のハリやツヤが戻るようにしましょう。

老化によるくすみ:コラーゲンやヒアルロン酸でケア

加齢によるターンオーバーの乱れや、コラーゲンの減少から古い角質が残り、肌のくすみになります。老化によるくすみの場合は、肌のターンオーバーを正常にするための、睡眠、食事、軽い運動など規則正しい生活と、コラーゲンやヒアルロン酸の成分をスキンケアに取り入れることなどがポイントです。

くすみタイプに合った下地を選んできれいな肌へ!

顎に手をあてる女性の写真

化粧下地を上手に活用すれば、簡単にくすみのない肌を手に入れることができます。しかしながら、化粧下地を使う方法は、緊急の場合にも役立つ方法ですが、くすみの原因と改善方法を知り、健康な肌を取り戻すことも重要です。

化粧下地の上手な使い方や、くすみの改善方法を参考に、くすみ知らずな肌を目指しましょう。

お悩み別人気クリニック

全国

品川スキンクリニック

シミ・くすみ

詳しく見る

全国

品川スキンクリニック

シミ・くすみ

詳しく見る

全国

湘南美容外科

美肌・美白

詳しく見る

※ 記事の内容は、医学的な正確性、効能、効果を保証するものでなく、かつ、記事の利用においてはしかるべき資格を有する医師や薬剤師等に個別に相談するなど読者の責任において行ってください。

関連するキーワード

注目の記事

【大人気】ブログより詳しい!整形の痛みやダウンタイム・術後経過すべて見せます!美容整形体験レポートシリーズ

【大人気】ブログより詳しい!整形の痛みやダウンタイム・術後経過すべて見せます!美容整形体験レポートシリーズ

NICOLY編集部では、カウンセリングから術後経過までの画像がたっぷりの、美容整形体験レポートを公開しています。切らないプチ整形から、脂肪吸引まで読み応え十分。NICOLY編集部いちおしの記事です。随時更新中!

45303 views | 整形二重脂肪吸引脂肪溶解注射

カテゴリ一覧

この記事のライター

本日のアクセスランキング

いまNICOLYで人気の記事

話題のキーワード

いまNICOLYで話題になっているキーワード

専門家ライター募集

NICOLYで記事を執筆していただける医師を募集

NICOLYでは「コンプレックスで悩んでいる人を笑顔に」というビジョンのもと毎日記事を更新しています。信頼性の高い記事を出し続けるために、記事の執筆をしていただける医師を募集しています

専門家ライター募集フォーム

編集者募集

NICOLYで記事を編集してくれる編集者募集

NICOLYでは「コンプレックスで悩んでいる人を笑顔に」というビジョンのもと、一緒に働いてくれる編集者を募集しています。

編集者募集フォーム

関連する記事

この記事に関連する記事をピックアップ