NICOLY:)[ニコリー] コンプレックスの悩み解決・応援サイト

医師が教えるコンプレックス解決サイト
監修済記事:1037記事

メルマガ登録

2016年10月31日 更新 | 1,164 views

眉下切開の医師&実際に手術を受けた人のブログまとめ5選

眉下切開は皮膚を切除する手術なので腫れや傷跡はどれくらいでなくなるのかやダウンタイムの長さが気になるところです。そこで今回は、参考にしたい実際に手術をした人のブログと、医師のブログを5つを選んでまとめました。

眉下切開(眉下リフト、上眼瞼リフト)はまぶたのたるみを解消する方法のひとつです。

他のたるみ解消の施術に比べて施術を受けている人が少なく、ネットでの情報量は少ないと言われています。

しかし、だからと言って施術を諦めてしまう必要はありません。

そこで今回は、眉下切開に関するブログのなかから、参考になる情報が多い5つを厳選しました。

この記事に書かれていること

  • 実際に手術を受けた人のブログ3選
  • 本当にためになる医師のブログ2選
  • 無料カウンセリングを行っているクリニック

眉下切開とは?

眉下切開はあまり聞きなれない施術だと思うので、簡単に説明します。

眉下切開法の説明画像出典:もとび美容外科クリニック 新宿院 公式サイト

眉下切開法は上まぶたのたるみや重みを眉毛の下縁で切って改善する治療で、まぶたや二重ラインの腫れぼったさを抑えて自然な若々しい目元にすることができます。

眉毛の下は、メイクでカバーもしやすい部分のため傷跡が目立ちにくい点がメリットです。
毛包斜切開によって手術を行うとさらに傷跡が目立ちにくくなります。

出典:もとび美容外科クリニック 新宿院 公式サイト

実際に眉下切開の手術を受けた人のブログ

実際に手術をした人たちのブログには、クリニックや病院のPRと関係のない、率直な感想や意見が書いてあります。自身の術後の写真を載せている人もいて、リアルな情報が満載です。

チャコの整形ブログ+母

チャコさん(ブロガーさん)の母親が、眉下切開下まぶた切開の手術を行ったときのことがまとめられています。

経過画像が豊富で、内出血や傷跡の様子がわかりやすいですが、内出血や術後直後の糸が目立つ閲覧注意画像も多くあります。

失敗とまではいかないもの、チャコさんは仕上がりにいまひとつという思いを抱いています。

20代男の整形ブログ

20代男性の整形ブログです。手術直後は毎日画像付きで投稿されていて、術後の経過は女性でも参考になります。

現在(2016年10月16日)は術後1年と1か月ですが、最近の傷跡の状態もわかり、術後の長期的なイメージがわかるブログです。

麻酔の注射がとても痛かったというエピソードもあり、これから手術を受けようという人は覚悟しておいた方がよさそうです。

フェイスリフト・眉毛下皮膚切除術・体験ブログ

経過画像は少なめですが、医師とのやり取りが細かく描写してあります。優しい語り口調で、ユーモアも散りばめられている文章は読んでいて飽きません。

術後のリハビリが必要というのは見逃せない情報です。

眉下切開の解説も読める!医師のブログ2選

施術についての詳しい情報や専門家からの注意点など、医師のブログではここでしか読めない情報が豊富にあります。疑問に思っていたことの答えも見つかるかもしれません。

医師が教えるキレイの教科書

渋谷高野美容医院院長のブログです。現役医師によるブログはさすがの情報量ですが、難しくなりがちな眉下切開の説明をイラストを交えながらわかりやすく解説しています。

要点ごとに"キレイ"にまとめられていて、とても読みやすく書かれています。

眉下切開は二重のラインを手術することなく、皮膚のたるみを取るので、元々の自然な目元が生かせるのが特徴です。「まぶたの切開によるたるみとり手術」では、皮膚を切り取るので眉毛側の厚い皮膚が下がって来て、腫れぼったい二重になる事があります。

ですので、眉下切開はまぶたの皮膚が厚い人や、まぶたの外側にたるみが多い人に特に向いています。

出典:医師が教えるキレイの教科書

医師が教えるキレイの教科書

まぶたをまなぶ

まぶた治療に特化した形成外科専門医師 のブログです。デメリットを中心に解説しているので、1度は読んでおきたいものです。

実は、この手術の後に眉の位置が変化(眉が下がる)ことがあります。その結果、術前に眉を描いていた位置もより上方(頭頂側)に眉を描くことになる場合があります。

その結果・・・・・眉メークと切開瘢痕が離れてしまいます。

出典:まぶたをまなぶ

まぶたをまなぶ

情報量が少ないからこそ医師とのカウンセリングを

両目を両手で押さえている女性の写真出典:We heart it

眉下切開の手術についての情報は、他のまぶたの施術に比べて少ないと言われています。

そのため、ブログや口コミなどで参考になる情報がない場合は、クリニックのカウンセリングを受けるのが良いでしょう。

まずは医師とカウンセリングをしてみて、自分にはどの施術が合っているのかを知ることが大切です。

無料カウンセリングが受けられるクリニック

眉下切開は、他のまぶたの施術に比べて行っているクリニックが少ない施術です。

眉下切開の施術を行っている病院のなかで無料カウンセリングを行っているもとび美容外科クリニック 新宿院を紹介します。

もとび美容外科クリニック 新宿院

新宿駅南口から徒歩5分の場所にあるクリニックです。公式サイトで眉下切開のくわしい説明症例写真を見ることができます。

眉下切開

238,000円(税抜)

もとび美容外科クリニック 新宿院の公式サイトはこちら

もとび美容外科クリニック

  • 所在地 〒160-0023 東京都 新宿区 西新宿1-13-8 朝日新宿ビル10階
  • アクセス 新宿駅 南口から徒歩6分
  • 電話 0120-19-6102
  • 診療時間 午前10:00〜午後8:00 (休診日 水曜日)
  • ※ 掲載している情報は2016年10月22日時点で公式サイトに記載されていた情報であり、各情報を保証する内容ではありません。正確な情報はクリニックの公式サイトを訪れていただくか、クリニックに直接お問い合わせ下さい。

不安を取り除いてから手術を受けよう

眉下切開は、まぶたのたるみを解消する方法のひとつです。そのままの目元を残して、眉下の皮膚を上に引き上げる手術なので、はっきりとしていて、かつ自然な目元になりやすいのが特徴と言われています。

「でも、情報量も少ないし、あまり聞かない施術だから……」と心配になるかもしれません。

不安が残った状態で手術を受けることは心にも体にも負担のかかること。

医師としっかりカウンセリングをして、不安を取り除いてから手術を受けましょう。

top image via we heart it

お悩み別人気クリニック

東京

水の森美容外科 東京銀座院

銀座一丁目駅 6番出口より徒歩1分

詳しく見る

大阪

湘南美容外科クリニック 大阪梅田院

JR大阪駅より徒歩3分

詳しく見る

福岡

聖心美容外科 福岡院

西鉄福岡天神駅より徒歩5分

詳しく見る

NICOLYおすすめ:美容整形やってみたシリーズ

※ 記事の内容は、医学的な正確性、効能、効果を保証するものでなく、かつ、記事の利用においてはしかるべき資格を有する医師や薬剤師等に個別に相談するなど読者の責任において行ってください。

関連するキーワード

注目の記事

【大人気】ブログより詳しい!整形の痛みやダウンタイム・術後経過すべて見せます!美容整形体験レポートシリーズ

【大人気】ブログより詳しい!整形の痛みやダウンタイム・術後経過すべて見せます!美容整形体験レポートシリーズ

NICOLY編集部では、カウンセリングから術後経過までの画像がたっぷりの、美容整形体験レポートを公開しています。切らないプチ整形から、脂肪吸引まで読み応え十分。NICOLY編集部いちおしの記事です。随時更新中!

46408 views | 整形二重脂肪吸引脂肪溶解注射

カテゴリ一覧

この記事のライター

本日のアクセスランキング

いまNICOLYで人気の記事

話題のキーワード

いまNICOLYで話題になっているキーワード

専門家ライター募集

NICOLYで記事を執筆していただける医師を募集

NICOLYでは「コンプレックスで悩んでいる人を笑顔に」というビジョンのもと毎日記事を更新しています。信頼性の高い記事を出し続けるために、記事の執筆をしていただける医師を募集しています

専門家ライター募集フォーム

編集者募集

NICOLYで記事を編集してくれる編集者募集

NICOLYでは「コンプレックスで悩んでいる人を笑顔に」というビジョンのもと、一緒に働いてくれる編集者を募集しています。

編集者募集フォーム

関連する記事

この記事に関連する記事をピックアップ