NICOLY:)[ニコリー] コンプレックスの悩み解決・応援サイト

医師が教えるコンプレックス解決サイト
監修済記事:1022記事

メルマガ登録

2016年11月01日 更新 | 687 views

医療とエステサロンならどっち?敏感肌の人に向いている脱毛法

敏感肌の人には「医療レーザー脱毛」がおすすめ。脱毛効果が高いほか、万が一肌トラブルが起こったときも医療機関なのですぐに治療が可能です。しかし、脱毛時の痛みが気になる人や費用を抑えたい人は、エステサロンでの光脱毛や自分でできる家庭用脱毛器も検討すると良いでしょう。

敏感肌の人は、ムダ毛の処理も一苦労。

カミソリやピンセットで毛を抜く……などの自己処理は肌トラブルの原因にもなります。特にカミソリでの自己処理は、肌を傷つけてしまうためおすすめできません。

自己処理が難しいとなると、医療機関やエステサロンでの脱毛が考えられますが、自己処理よりも脱毛効果が高いぶん、肌に大きな負担がかかるのでは?と不安に思う人も多いでしょう。

今回は、敏感肌の人におすすめの脱毛方法について紹介します。

敏感肌には医療とエステどっちが良い?

悩むふたりの女性の写真

プロの手による脱毛には大きく分けて2種類あります。エステサロンで行う光脱毛と、皮膚科や美容外科で行う医療レーザー脱毛です。

どちらも黒いメラニン色素に作用し、皮下のムダ毛を通じて毛根を破壊するので、表皮を傷つけることなく脱毛できるといわれています。

おすすめは医療機関で行う「レーザー脱毛」

皮膚に直接、作用するわけではないので、敏感肌の人でも光脱毛、医療レーザー脱毛の両方を受けることができますが、おすすめは医療レーザー脱毛です。

なぜ医療レーザー脱毛が良いの?

脚を触る女性の写真

エステサロンの光脱毛も、医療レーザー脱毛も、上述したように、皮下のムダ毛を通じて毛根を破壊するので、表皮を傷つけることなく脱毛できるそうです。しかしなぜ、後者の方が敏感肌におすすめとされるのでしょうか?

数ある脱毛法のなかで唯一「永久脱毛」を行うことができる

レーザー脱毛では、レーザーで毛母細胞を破壊します。レーザーにより、毛母細胞が破壊された毛穴は毛を作る機能を失うため、再度生えてくることはないとされています。これが永久脱毛と呼ばれる理由です。

また、毛母細胞の破壊は医療行為であるため、エステサロンではできません。そのため、数ある脱毛法のなかで永久脱毛が可能なのは、医療機関による脱毛となります。

【永久脱毛の定義】

永久脱毛は、「永久に毛が生えてこなくなる脱毛法」を意味するものではありません。

米国電気脱毛協会では最終脱毛から1ヶ月後の毛の再生率が20%以下である脱毛法が永久脱毛であるとされています。

万が一の肌トラブルも医療機関なら安心!

脱毛中、または脱毛後に肌トラブルが起こった場合も適切に対処してもらえることが医療レーザー脱毛のメリットです。

痛みは伴うが3回ほどで毛が目立たなくなる

強い出力のレーザーを試用するぶん、痛みが伴うことが挙げられますが、3回ほどの施術で、毛が目立たなくなることがほとんどだそうです。

毛の周期に合わせて2〜3か月に一回のペースで脱毛を行うため、半年ほどで自己処理も楽になるでしょう。

レーザー脱毛と光脱毛との違いは何?

エステサロンの写真

光脱毛は医療レーザー脱毛より弱い照射を行います。

医療レーザー脱毛が一定の波長を集中的に照射する施術であるのに対し、光脱毛は波長の広い範囲に照射するのです。

痛みは少ないが脱毛効果が実感できるまで時間がかかる

光脱毛は、威力が分散されるため全体的にみると効果は弱くなりますが、照射時の痛みが少ないのがメリットです。

しかし、1回の照射の威力が弱いので、脱毛効果を時間するまでに時間がかかります。医療レーザー脱毛とは異なり、減毛を目指すため完全に毛がなくなることはなく、うすくなる、毛が減るといった効果を感じるでしょう。

価格は医療レーザー脱毛と比べて安い

また、エステサロンで行う光脱毛は、医療レーザー脱毛に比べ価格が安いです。キャンペーンを上手に使うと10万円ほどで全身脱毛コースを受けられることも。

しかし、効果を実感するまでには何度も通うこととなり、結果的に金額が高くなるという恐れもあります。

自宅でできるおすすめの自己処理とは?

ベッドに座る女性の写真

敏感肌の人の脱毛は、プロに任せるのが一番。しかし、それは費用も時間もかかるもの。自分で何とかしたい!という人におすすめの自己処理の方法を紹介します。

家庭用脱毛器

昨今、多くのメーカーからさまざまな家庭用脱毛器が発売され、どれを選べば良いのか迷ってしまうほどです。

レーザーやフラッシュを使って、自宅にいながらエステサロンのような脱毛効果を実感できるものもあります。当然ながら、医療レーザーのように完全な脱毛はできないものの、毛が薄くなる、ムダ毛が気にならなくなる、ことも。

一度、購入すれば、自分で好きなときに脱毛ができるようになるので、サロン等に通う時間が取れない人には良いかも知れません。

また、敏感肌の人はとくに、脱毛後は保湿をしっかりと行いましょう。

除毛クリーム

除毛クリームは肌に塗り込み、一定時間置いてから洗い流すと、毛がなくなり肌がツルツルに。クリームに含まれるアルカリ性の薬剤が、タンパク質のムダ毛を溶かすのです。

毛と肌は同じタンパク質なので、毛と一緒に肌も溶かしてしまいます。肌の強い人でも短期間に使い続けると、皮膚にダメージが蓄積され、炎症などのトラブルを起こすことも。

肌の弱い人であれば尚のこと、気を付けなくてはいけません。

敏感肌の方が除毛クリームを選ぶとき、注意すべき点は、配合されている薬剤の成分抗炎症成分や抗菌成分、美肌成分を含んだ敏感肌用のクリームを選ぶようにしましょう。

除毛クリームは、ジェルタイプやミルクタイプなども販売されています。好きなものを選んで楽しむのも良いですね!

安心第一!お肌に合った脱毛方法を選ぼう!

コーヒーを飲みながら本を読む女性の写真

敏感肌の人におすすめな脱毛方法は、医療レーザー脱毛。医療機関で行うため、万が一肌トラブルが起こっても安心して適切に対処してもらえるでしょう。

しかし、金銭面や痛みが気になる人はエステサロンでも脱毛を検討してみても良いかもしれません。時間がない人は自宅でできる家庭用脱毛器や除毛クリームを検討してください。

また、脱毛後はしっかりと保湿をするという点を忘れずに。

医療脱毛・レーザー脱毛の地域別人気クリニック

東京

リゼクリニック 新宿院

新宿駅東口より徒歩3分

詳しく見る

大阪

湘南美容外科 大阪駅前院

谷町線 東梅田駅から徒歩1分

詳しく見る

福岡

リゼクリニック 福岡天神院

西鉄 福岡駅より徒歩2分

詳しく見る

NICOLYおすすめ:美容整形やってみたシリーズ

※ 記事の内容は、医学的な正確性、効能、効果を保証するものでなく、かつ、記事の利用においてはしかるべき資格を有する医師や薬剤師等に個別に相談するなど読者の責任において行ってください。

関連するキーワード

注目の記事

【大人気】ブログより詳しい!整形の痛みやダウンタイム・術後経過すべて見せます!美容整形体験レポートシリーズ

【大人気】ブログより詳しい!整形の痛みやダウンタイム・術後経過すべて見せます!美容整形体験レポートシリーズ

NICOLY編集部では、カウンセリングから術後経過までの画像がたっぷりの、美容整形体験レポートを公開しています。切らないプチ整形から、脂肪吸引まで読み応え十分。NICOLY編集部いちおしの記事です。随時更新中!

43303 views | 整形二重脂肪吸引脂肪溶解注射

カテゴリ一覧

この記事のライター

本日のアクセスランキング

いまNICOLYで人気の記事

話題のキーワード

いまNICOLYで話題になっているキーワード

専門家ライター募集

NICOLYで記事を執筆していただける医師を募集

NICOLYでは「コンプレックスで悩んでいる人を笑顔に」というビジョンのもと毎日記事を更新しています。信頼性の高い記事を出し続けるために、記事の執筆をしていただける医師を募集しています

専門家ライター募集フォーム

編集者募集

NICOLYで記事を編集してくれる編集者募集

NICOLYでは「コンプレックスで悩んでいる人を笑顔に」というビジョンのもと、一緒に働いてくれる編集者を募集しています。

編集者募集フォーム

関連する記事

この記事に関連する記事をピックアップ