ハリのある若々しい肌に!ほうれい線除去が目指せる美容整形とは

ほうれい線除去を目指すには、セルフケアでは悪化防止程度にしかなりません。そのため、美容整形がおすすめ。おもな施術は、ヒアルロン酸注入、高周波治療(サーマクール)、スレッドリフト、フェイスリフトがあります。それぞれの施術を理解し、信用のおけるクリニックでカウンセリングからスタートしましょう。

品川スキンクリニック新潟院院長 武内大

この記事は、品川スキンクリニック新潟院院長 武内大先生が監修しています。

年々、深いしわを刻んでしまうほうれい線

さまざまな化粧品で対策をして何とか隠してきたけれど、だんだん隠し切れなくなってきている気がする……。

その悩みは、実は、ほうれい線が直接の原因ではないかもしれません。

今回は、ほうれい線を除去したい人におすすめの美容クリニックでの施術について紹介します。

ほうれい線ができる原因はたるみが関係している!

鏡を見る女性の写真

ほうれい線が目だってしまう最大の原因は頬のたるみ。老化によって、頬を持ち上げる、以下の筋肉が衰えることが問題です。

  • 大頬骨筋(だいきょうこつきん)
  • 小頬骨筋(しょうきょうこつきん)
  • 上唇拳筋(じょうしんけんきん)

これらの筋肉が衰えると、口に両脇にあるほうれい線にかぶってしまい、影や溝が深くなるのです。そのため、ほうれい線が目立つようになってしまいます。

紫外線や不規則な生活習慣によって起こることも

紫外線を浴び続ける生活やや不規則な生活習慣心理的なストレスなどが続くと真皮のコラーゲンの減少が起こりやすくなります。

真皮のコラーゲン腺維やエラスチン腺維が減少してしまうと、表皮を支えられず肌の乾燥を招き、さらにしわの原因になってしまうことも。特に、ストレスは、真皮コラーゲン減少を起こしやすくなるといわれています。

化粧品は悪化予防にしかならない

肌のたるみによって起こるほうれい線。

自分でできる対策方法として、レチノール配合クリームやビタミン群誘導体化粧水など、真皮にはたらきかけコラーゲン合成を促進してくれる化粧品を使用する方法があります。

しかし、しわの悪化防止になることはあっても、根本からしわを減らしてくれるわけではないので、根本的な解決にはなりません。

ほうれい線除去を目指せる4つの施術

整形をする女性の写真

ほうれい線の除去を目指すためには、美容整形という手段も。施術法としてはおもに以下の方法があります。

  1. ヒアルロン酸注入
  2. 高周波治療(サーマクール)
  3. スレッドリフト
  4. フェイスリフト

1:ヒアルロン酸

ほうれい線のしわに沿って、ヒアルロン酸を注入して皮膚を皮下から持ち上げ、ほうれい線の溝をなくことができるとされる方法。 注入時には、麻酔クリームを塗布するため注射の痛みを緩和できるので痛みはチクッとする程度です。

治療時間

10分程度で完了し、日帰りで施術が可能。注射後でもメイクができます。

ダウンタイム

ダウンタイムは、ほぼないといわれています。まれに内出血が起こることもありますが、メイクでカバーでき、そのまま放置しておけば自然に消えるようです。

また、注入したところが目立ってしまうこともありますが、ヒアルロン酸を分解を促進する薬があるので、早く体内に吸収させることが可能です。

ヒアルロン酸を溶かす薬を注入すると翌日にはほとんど溶けます。

効果

ヒアルロン酸は、6~12か月で体内に吸収され、元に戻るため、半年に1回のペースで注入が必要になります。

何回か注入していくと効果の持続時間は長くなっていきます。

費用

クリニックにより異なりますが、3〜10万円ほどです。

メリット

即効性が高く、体内に存在する成分を注入するので副作用の心配がないため、アレルギーや肌の状態に関係なく注入できます。

デメリット

効果の持続は短く、定期的に注射をする必要があります。また、医師の技量不足によって、注入部が浅かったり、量を入れすぎることによって、注入部が目立ってしまうことも。

ごく、まれですが注射による色素沈着や皮下出血を起こしてしまうことも。

こんな人におすすめ!

  • ほうれい線など、部分的に気になる場所だけを除去したい人
  • 費用もあまりかけないで、高い効果を得たい人

2:高周波治療(サーマクール)

特殊な高周波の熱によって、真皮層のたんぱく質を破壊してやけどを作り、創傷治療のために生じる弾力性の高いコラーゲンを強制的に作らせて、顔全体を若々しくする効果が期待できる方法です。

段階的にリフトアップを図るので、すぐには、たるみ改善の効果は出ませんが、ハリやツヤを早い段階で実感することができるとされています。

治療時間

30分~40分程度のことがほとんどです。

ダウンタイム

施術中に、チクッとする痛みがあるだけで、術後のダウンタイムはほとんどありません。施術後はメイク可能です。また、痛みが気になる人は麻酔クリームの塗布も希望できます。

効果

施術後、すぐには効果は得られませんが、1ヶ月~半年で段階的にリフトアップするようです。効果を持続させるためには、半年に1回は施術を受けるようにしましょう。

費用

クリニックにより異なりますが、20〜30万円ほどです。

メリット

コラーゲンの再生成を目的としている治療法なので、ハリやツヤなどの美肌効果をトータルで実感することができるようです。

現在では、サーマクールCPTと呼ばれる最新式のサーマクール治療器の導入により、ほぼ無痛で治療を行うことができます。

デメリット

ほうれい線除去の効果が期待できるのは、治療から数週間から数ヵ月後で徐々に出てくるため、急激な変化を求める人には向きません。

1回の治療で高額な費用がかかり、定期的な治療が必要です。ごく、まれですが術後に赤みが出てしまうこともあります。

こんな人におすすめ!

  • 顔全体のトータルな若々しさを目指したい人

サーマクールは、ほかにもひきしめ効果が期待できます。

3:スレッドリフト

髪の毛より細い特殊な糸を、皮下組織に挿入し、糸の反発力を利用して皮膚をリフトアップを目指す施術方法です。皮膚に微量な穴を開け、専用の針で糸を通し、針を刺した部分から引き抜きます。

切開をせずに治療でき、即効性が得られるとされる治療方法です。現在は、3Dリフトと呼ばれるより安全な方法でリフトアップ効果を得られる施術もあります。

治療時間

施術は、5分程度。術後は保冷剤で冷却して様子をみるので、トータルで30分程度で済みます。

ダウンタイム

2週間程度、つれや内出血やむくみが起こることも。針跡が残りますが、数日で消えます。当日から、洗顔が可能で、翌日からメイクが可能です。

効果

数か月~2年ほどで、糸が体内に完全に吸収されます。2年に1回ほど再治療が必要です。糸の刺激によって、コラーゲンが増加するので、糸が溶けた後も1〜2年程度のリフトアップ効果が期待できるそうです。

費用

クリニックに本数により異なりますが30〜50万円ほどです。

メリット

施術前に、麻酔クリームを施術部に塗布するので、痛みがほとんどありません。柔軟性の高い糸を使うので自然なリフトアップ効果を得ることができるそう。また、糸の刺激によってコラーゲンの増加をはかれるので、3年ほど効果が持続することもあります。

デメリット

数か月~2年で、糸が完全に吸収されてしまうため、常に効果を高めるためには再施術が必要。また、術後腫れやつれが生じてしまうこともあります。

こんな人におすすめ!

  • たるみのリフトアップによって、ほうれい線の除去をしたい人
  • 切開を伴わないほうれい線除去をしたい人

スレッドリフトを数回繰り返し受けると明らかにたるみにくくなります。

4:フェイスリフト

耳周りに沿って、切開し皮下にある表在性筋膜を持ち上げて、フェイスラインをシャープにリフトアップ させる方法です。

治療時間

2時間~2時間半程度です。

ダウンタイム

施術後、局所麻酔によって、むくみ、腫れなどが起こることもありますが1〜2週間ほどで落ち着きます。しばらく、バンドによって局部を圧迫するため、顔全体が内出血などを起こすことも。

効果

5〜10年は効果が持続します。

費用

クリニックにより異なり、70万〜100万ほどです。

メリット

一度の手術で5〜10年効果が持続するといわれており、何度も通院する必要がありません。

デメリット

やり直しが効かないので、クリニックや医師選びを慎重にする必要があります。抜糸まで1週間程度はかかるので、仕事をしばらく休むなど、時間的な余裕も必要です。

こんな人におすすめ!

  • 半永久的なほうれい線除去を目指したい人

失敗を避ける!クリニック選びのポイント

驚く表情をする女性の写真

整形施術は、100%の成功はありません。それは技術的に成功であっても、本人が失敗と思えば満足のいく結果ではありません。施術によっては、医師の技量不足や経験不足で失敗することもごく希にあるでしょう。

失敗を避けるためにも以下のポイントを抑えておきましょう。

誇大広告をしているクリニックに注意

例えば、「絶対的に効果がある」「絶対に痩せます」などの宣伝を前面出しているクリニックは、注意。

上述したように、整形施術には100%の成功はなく、人によっては効果がないこともあるため「絶対」という言葉はありません。そのため、誇大広告をしているクリニックは少し信用にかけるといえます。

安すぎる料金設定のところはあやしいかも

「安さ」を売りにしているクリニックは、患者を数で稼いでいる可能性も。予約しているにもかかわらず長い時間待たされるなども考えられます。

さらに、安すぎる料金設定のところは、経営状態が苦しい状態にあり、近いうちに倒産してしまうということも考えられるかもしれません。倒産してしまえば、違うクリニックに転院せざるを得なくなります。

しかし、企業努力により料金を安く提示しているクリニックも多くあるため、安いから駄目というわけではありません。

カウンセリングが短い・雑である

施術を受ける前のカウンセリングはとても重要。カウンセリング時に、以下のことがあればほかのクリニックを検討した方が良いかもしれません。

  • リスクについて答えてくれない
  • 相談した内容に的確に返してくれない
  • すぐに施術を進めてくる
  • カウンセリング時間が短すぎる

施術の種類が少なすぎないか

多くの美容皮膚科や美容外科は、施術数が多く最新のマシンを導入しています。しかし、施術件数が少なく、最新マシンの導入を行っていない場合は注意が必要です。

注意する点としては、カウンセリングの際一つの施術方法を執拗に勧めてくる場合、施術数や臨床数が少ない可能性があったり、技量不足の医師である可能性があります。

施術の種類が多いことのメリット

  • その人にあった施術や治療ができる

肌トラブルがあったり、症状によっては適している施術と適していない施術があります。施術の種類が多ければ、その人にあった施術や治療を選択できるということです。

  • 目的に合った施術ができる

施術の種類が多いということは、目的に合った施術ができるということです。ピンポイントでも広範囲の施術であっても、その希望が実現可能になります。

  • 料金を選べる

さまざまな施術方法ができるということは、カウンセリングの際に、料金の相談をした上で施術の選択ができるということです。同じ効果を狙った施術方法であっても、金額に差が出ることもあります。

ほうれい線除去は自分に合った整形を試そう!

鏡を見る女性の写真

いかがでしたか?自分に合うほうれい線除去の整形施術はみつかりましたか?

美容整形や美容皮膚にはさまざまな施術があり、そしてリスクが伴うものもあります。特に、ダウンタイムは、その後の日常生活でも支障をきたしてしまうことも。

こういったリスクをカウンセリング時にしっかりと確認し、安心できるところで施術を行いましょう。

手術にリスクがあるのはもちろんですが、手軽なヒアルロン酸注射でさえアレルギー等のリスクがあります。
そのため、効果・ダウンタイム・料金だけでなくカウンセリングのときにリスクを十分に聞いてどのような施術を受けるか決めましょう。

NICOLYおすすめ:美容整形やってみたシリーズ

関連する記事

【ブログまとめ】ブログよりくわしい!整形の痛みやダウンタイム・術後経過すべて見せます!美容整形体験レポートシリーズ

NICOLY編集部では、カウンセリングから術後経過までの画像がたっぷりの、美容整形体験レポートを公開しています。切らないプチ整形から、脂肪吸引まで読み応え十分。NICOLY編集部いちおしの記事です。随時更新中!

記事に関するお問い合わせ

※ 記事の内容は、医学的な正確性、効能、効果を保証するものでなく、かつ、記事の利用においてはしかるべき資格を有する医師や薬剤師等に個別に相談するなど読者の責任において行ってください。

しわ・ほうれい線の施術を受けられるクリニック

  • 東京JR池袋駅より徒歩5分
  • しわほうれい線治療 3DPRP注入 2箇所124,200円

湘南美容外科 池袋東口院の詳細

  • 大阪JR大阪駅より徒歩3分
  • しわ・ほうれい線治療 ヒアルロン酸注入60,000円〜

シロノクリニック 大阪院の詳細

  • 福岡西鉄天神大牟田線福岡駅「南口」より徒歩約5分
  • ほうれい線治療うるおい注射 1箇所46,110円

品川スキンクリニック 福岡院の詳細

注目の記事

【ブログまとめ】ブログよりくわしい!整形の痛みやダウンタイム・術後経過すべて見せます!美容整形体験レポートシリーズ

【ブログまとめ】ブログよりくわしい!整形の痛みやダウンタイム・術後経過すべて見せます!美容整形体験レポートシリーズ

NICOLY編集部では、カウンセリングから術後経過までの画像がたっぷりの、美容整形体験レポートを公開しています。切らないプチ整形から、脂肪吸引まで読み応え十分。NICOLY編集部いちおしの記事です。随時更新中!

この記事の監修者

この記事のライター

本日のアクセスランキング

注目のクリニック

注目の医師

サイトメニュー