NICOLY:)[ニコリー] コンプレックスの悩み解決・応援サイト

医師が教えるコンプレックス解決サイト
監修済記事:1022記事

メルマガ登録

2016年11月14日 更新 | 2,104 views

メスを使わずに施術したい人は必見!手軽なプチ豊胸で美乳に♡

品川スキンクリニック新潟院院長 武内大

この記事は、品川スキンクリニック新潟院院長 武内大が監修しています。

豊胸手術を考えているけれど、メスを使うことに抵抗がある人には「プチ豊胸」がおすすめ。プチ豊胸はおもに「ヒアルロン酸注入」「プラズマジェル豊胸」「アクアフィリング豊胸」があります。それぞれ注意点もあるため、理解した上で施術を検討してください。

女性らしさの象徴といえば「胸」

海外女性のようなナイスバディとまではいかなくとも、適度な大きさの美乳には憧れますよね。

胸は女性のスタイルの良さを決定づける部分。それゆえ、胸の大きさや形は女性のコンプレックスになりやすいもの。

もちろんホームケアも重要ですが、深刻に悩んでいるなら、思い切って美容医療に助けを求めてみてはどうでしょうか?

この記事では、豊胸初心者でも安心して気軽に受けられる「プチ豊胸」を紹介していきます。

目次

バストアップに悩んだら試したい「プチ豊胸」

豊胸を受ける女性

バストの悩みを抱えている女性は、意外に多いです。特にバストのサイズアップは、一生懸命ホームケアを試みても、なかなか思い通りにはいきません。

また、若いころにはそれなりにハリのある美乳だったという人も、出産や年齢と共にハリが失われ、バストに悩みを持つようになった……というのはよくあること。

ホームケアは美乳を維持するのに重要ですが、改善の効果が目に見えてわからないという場合もあります。

そのようなときにおすすめしたいのが、「プチ豊胸」です!

プチ豊胸はメスを使わない施術

プチ豊胸はリスクが低く安全性も高いとされており、気軽にバストアップすることが可能に。

メスを使わない注射での施術法になるので、傷跡もほぼ残りません。ダウンタイムも少なく、日帰りで済ませることができます。

プチ豊胸の弱点は……

ただし、プチ豊胸には下記のような弱点も。

  • 永久的な効果はない。

  • 1カップ程度以上のバストアップは難しい。

しかしながら、豊胸手術は初めてで、いきなりメスを入れるのは怖いという人には、「プチ豊胸」はおすすめの方法といえるでしょう。

何回かに分けて注入することで、自然に少しずつ大きくすることも可能です。

また、「薄着の季節である夏だけでも1サイズアップしたい!」と考えられるのも、気軽に受けられるプチ豊胸ならでは。コンプレックス解消を手助けしてくれるかもしれません。

理想の美乳になるには

豊胸手術を考える女性

ここで、プチ豊胸の特徴を確認しておきましょう。

プチ豊胸は、注射によって一定の期間、胸のサイズを大きくするだけでなく、注入する場所によって理想のバストになることが可能。

そのためカウンセリングの際は、美乳を意識したデザインを医師と相談することが重要になります。

現在の胸のサイズだけではなく、体型なども考慮した上でバランスよく注入することが、スタイルをよく見せるバスト作りのコツになるのです。

  1. 胸を大きくする全体的に均等に注入するのがおすすめ。

  2. 谷間を強調したいバストの内側に注入することで、セクシーな胸元に。

  3. 加齢や出産・授乳でバストが垂れた上部へ注入することで、バストにハリを取り戻す。

このように、個人の胸の悩みによって、より効果的な注入箇所を考えることは重要なポイントに。

プチ豊胸といえども、ただ注射を胸にさせば胸が大きくなるという単純なものではありません。

医師の確かな技術とデザイン力が必要になるので、医師選びは丁寧に行い、自分の希望をきちんと伝えるようにしましょう。

プチ豊胸には2種類の方法がある!

プチ豊胸には、2種類の方法があります。これらは金額に多少の差がありますが、施術時間が短く、日帰りできるのはもちろんのこと、切らないのでダウンタイムがほとんどありません。

それぞれくわしく紹介しますね。

プチ豊胸1:ヒアルロン酸注入法

ヒアルロン酸注入をする女性

プチ豊胸の中で、もっともメジャーな方法が「ヒアルロン酸注入法」。

この方法は、ヒアルロン酸を注射で胸に注入することで、ボリュームアップや形を整えることができるというものです。

ヒアルロン酸はもともと人体に存在する成分なので、アレルギーや違和感を感じにくい安全性の高い成分だというのも魅力のひとつ。

使用するヒアルロン酸によって、持続時間や仕上がり時の感触などに差が出てきますので、カウンセリングの際、必ずクリニックに確認するようにしましょう。

また、最近主流のバストアップ注入用のヒアルロン酸のひとつとして、「マクロレンVRF30」と「マクロレンVRF20」というものがあります。

品川スキンクリニック新潟院院長 武内大

実際の臨床ではVRF30も使用しますが、VRF20を使用する頻度の方が多いです。

従来のヒアルロン酸は、個人差はあるものの半年〜1年で体内に吸収されてしまうことに。

ですが、「マクロレン VRF30」と「マクロレン VRF20」は従来のものに比べて粒子を10倍にすることで、持続時間を通常の約2倍にし、1〜2年は持つといわれています。世界的にも高い評価を得ているヒアルロン酸なのです。

ヒアルロン酸注入法のメリット

ヒアルロン酸注入の最大のメリットは、気軽さ。

上記で説明したように、ヒアルロン酸はもともと人体に存在する成分のため、アレルギー反応を起こす可能性が低く、安全性も比較的高いといえるでしょう。

また、施術時間が短く日帰りでの施術なのはもちろん、傷跡もほとんど残りません。

アフターケアなども特に必要なく、デスクワーク程度であれば翌日から仕事ができます。

ヒアルロン酸注入のデメリット

考えている女性

このようなメリットがある一方で、効果が永久的ではないということが最大のデメリットに。

ヒアルロン酸の種類や個人によって違いがありますが、1〜2年でヒアルロン酸は体内に吸収され、なくなってしまいます。

もちろん、いきなり効果が失われるわけではありませんので、時とともに徐々に胸のサイズダウンが起こることになるでしょう。

サイズダウンした場合に再注入することは可能ですが、何度もプチ豊胸をすることはあまりおすすめできません。

1回の金額は、メスを使う豊胸手術に比べれば安いのですが、回数を重ねると金額的にも随分と高くなってしまうことに……。

1〜2カップ以上のサイズアップには不向き

サイズアップは、1カップ程度が一般的。1カップのサイズアップには個人差はありますが、片方100ccは注入する必要があるでしょう。

ヒアルロン酸注入後は、基本的に少し固めの胸になりやすいのですが、ヒアルロン酸を多めに入れすぎると、触り心地がごつごつとしてさらに悪くなってしまいます。

2カップ以上のサイズアップを望む場合には不向きといえるでしょう。

しこりができる危険性も……

また、ヒアルロン酸注入法はしこりになる可能性があるというリスクもあります。

しこり自体が体に悪影響というわけではないのですが、以下のようなことも。

  • 触り心地が悪い
  • まれに感染・痛みを伴う
  • 乳がん検診の際に、しこりが邪魔になる

注入回数が増えれば増える分だけ、しこりになる可能性もアップすることを覚えておいてください。

しこりを防ぐ方法「マルチプルインジェクション」

しこりになるのを防ぐ注入法として、「マルチプルインジェクション」というものがあります。

これは、ヒアルロン酸を少しずつ、まんべんなく注入するという技術繊細な技術がしこりや胸の触り心地に影響することは、言うまでもありません。

品川スキンクリニック新潟院院長 武内大

しこりになってしまった場合は程度にもよりますがマッサージで軽快することも多いです。マッサージで軽快しない場合はヒアルロン酸を溶かす注射を打つ場合があります。

ヒアルロン酸注入法の施術について

ヒアルロン酸注入法の施術時間は、20〜40分程度と非常に短時間。

外科的手術を必要とせず、注射器で脇か胸の下からヒアルロン酸を注入します。

傷跡は2〜3㎜の傷のみだそうで、一般的にその傷もすぐに消えてなくなるとのこと。ただ、まれにニキビ跡のようになる人もいるようですね。

痛みは?

胸が痛む女性

基本的に、どのクリニックでもクリーム麻酔や局所麻酔を使用しますので、個人差はありますが痛みは抑えられます。クリニックによっては、マスク麻酔を選択できる場合も。

術後には、生理前の胸の張り、筋肉痛のような痛みを感じることがあるようです。

品川スキンクリニック新潟院院長 武内大

術後は筋肉痛のような痛みが1週間程度ある場合が多いです。

ダウンタイムは?

ヒアルロン酸注入法は、ダウンタイムがほとんどないといわれています。当日のシャワーも可能で、施術前と同じ状態で生活することができるでしょう。

ヒアルロン酸を注入したことによって「胸が腫れる」ということはあまりないようですが、麻酔の影響で当日はヒアルロン酸の大きさ以上に胸が余分に大きくなります。ですが、5〜7日後に施術効果の通りの大きさに戻るでしょう。

まれに、内出血を伴う場合もあるそうです。内出血が起こる原因は、注入時に注射針が細い血管に偶然あたって、血管を傷つけてしまうこと。

医師が注意を払っても、内出血は起こり得ます。もしも内出血の症状が見えたら、必要以上に温めすぎたりマッサージなどをするのは控えましょう。1〜2週間程度でおさまるとされています。

クリニックによっては、「先端が丸い注入針」を使用することで注入時の痛みを軽減し、内出血や腫れが起こる確率を低下させるという対策をとっているところもあります。

品川スキンクリニック新潟院院長 武内大

平均的には、ヒアルロン酸豊胸は腫れ・内出血も引き完成するのは1週間後です。

ヒアルロン酸注入法の値段

ヒアルロン酸注入法の値段は種類によっても異なりますが、相場としては10ccあたり3〜5万円が一般的。

値段が極端に低い場合などは質の悪いものを使用していたり、別メニューを強く勧められたりする恐れがあります。

安さに飛びついて、病院選びをすることは絶対にやめましょう。

ヒアルロン酸注入法で「AAA」→「A」に

これは、ヒアルロン酸を注入して「AAA」の胸から「A」サイズになった人のブログです。

ヒアルロン酸注入をしたときの気持ちや、注入後に起こったことについて赤裸々に綴られているので、読んでみてはいかがでしょう。

現在はサプリとマッサージで、さらなるバストアップを目指されているようです。

NICOLYの記事も要チェック! ヒアルロン酸注入についての体験レポート

プチ豊胸を考えている人は、こちらの体験レポートを合わせて読んでみてくださいね!

プチ豊胸2:プラズマジェル豊胸

豊胸手術を受ける女性
品川スキンクリニック新潟院院長 武内大

プラズマジェル豊胸は1週間程度で吸収され効果はほとんどありません。当院(品川美容外科グループ)でもメニューとして取り扱いはしていますが実際にはほとんどやっていません。

ふたつめに紹介するプチ豊胸は、「プラズマジェル」。

プラズマジェルとは、血漿(けっしょう)に含まれるPPP(少血小板血漿)のタンパク質に熱変性を起こして、ジェル状にしたもののことです。

なお使用する血漿は、プチ豊胸を受ける本人から採血した血液を、遠心分離機にかけて作ります。

自分由来のジェルを注入してプチ豊胸を行うので拒絶反応がほとんどなく、安全性の高い方法だといわれています。

プラズマジェル豊胸のメリット

プラズマジェル豊胸の最大のメリットは、その「安全性」。

先ほどもお伝えしたように、施術を受ける本人の血液を使用するので、拒絶反応がほとんどありません。

また、「ヒアルロン酸のデメリット」の項目で「しこりになる可能性」があることを伝えましたが、プラズマジェルによるプチ豊胸の場合は、プラズマジェルが完全に体内に吸収されるので、ヒアルロン酸よりもしこりになる可能性が低いといわれているのです。

プラズマジェル豊胸のデメリット

ただ、プラズマジェル豊胸の欠点を挙げるとするならば、持続時間がヒアルロン酸よりもずいぶん短いということ。

早い人で3か月、およそ1年程度しか持ちません。ある程度定期的にプチ豊胸を行わなければ、サイズの持続は難しいと考えられます。

プラズマジェル豊胸の施術について

施術時間は40分〜90分。ヒアルロン酸注入より少し長めですね。理由は、採血→プラズマジェル生成→注入という行程が必要になるため。

方法は、注射器で脇か胸の下からプラズマジェルを注入します。

一時的に2〜3㎜の傷はつきますが、基本的にその傷もすぐに消えてなくなるよう。まれに、ニキビ跡のようになる人もいるようです。

痛みは?

基本的に、注入時は痛みを防ぐために局所麻酔を使用します。

そのため、個人差はありますが痛みは抑制されるといわれています。人によっては、まったく痛みを感じなかったという人も。

麻酔が切れた後は、鈍い痛みが残ることがあります。

ダウンタイムは?

プラズマジェル豊胸は、ダウンタイムがほとんどありません。その日のうちに日常生活に戻ることができるでしょう。

まれに内出血を起こすことがありますが、1〜2週間程度でおさまるとされています。

プラズマジェル豊胸の値段

プラズマジェル豊胸の費用は、10ccあたり2万円程度が相場に。

ヒアルロン酸よりも少し安いですが、持続時間を考慮に入れると、永久的に注入するのは金銭的には厳しいという印象ですね。

プチ豊胸3:アクアフィリング豊胸

豊胸手術をする女性

最後に紹介するのが、「アクアフィリング豊胸」。

これは、アクアフィリングという薬剤を胸に注入することで、バストアップすることができるプチ豊胸です。

ヒアルロン酸注入と同じような手軽さにも関わらず、ヒアルロン酸よりも触り心地が柔らかな上に長持ちするというのが人気の理由。

その持続時間は、ヒアルロン酸の6〜10倍の3〜5年!

注入された物質は徐々に吸収、あるいは尿として体外に排出されます。バストサイズもヒアルロン酸よりも大きく、2カップ程度サイズアップすることが可能です。

また、もし注入した後で取り出したくなった場合は、生理食塩水で溶解することができるよう。

アクアフィリングが入っている状態でも授乳ができるので、注入後に妊娠したということになっても安心ですよね。

アクアフィリング豊胸の施術について

アクアフィリング豊胸の施術時間は30分〜1時間程度。外科的手術を必要とせず、脇か胸の下からアクアフィリングを注入します。

柔らかい胸にするために、マッサージをしながら注入してくれるクリニックもあるよう。

傷跡は、ほとんどわからないといわれています。ただ、まれににきび跡のようになる場合も。

痛みは?

基本的にどのクリニックでも局所麻酔を使用しますので、痛みは抑えられるでしょう。クリニックによっては、マスク麻酔を使用するケースもあります。

ダウンタイムは?

アクアフィリング豊胸は、ダウンタイムがほとんどありません。施術当日から日常生活に戻ることができ、シャワーにも入れますよ。

クリニックによっては1週間後に「抜糸」を行うところもあるようですが、傷口自体は2〜3㎜ですし、脇か胸の下のシワ部分あたりに注入にするので、傷跡が目立つかどうかの心配はそれほどしなくて良いでしょう。

施術後1か月は胸の圧迫や締め付けは厳禁なので、ブラジャーなどはソフトタイプのものを使用し、圧迫しないように気をつけてください。

また、内出血や腫れが出る場合もありますが、2週間以内におさまるとされています。

品川スキンクリニック新潟院院長 武内大

ダウンタイムはほとんどヒアルロン酸豊胸と同様です。

アクアフィリング豊胸の値段

アクアフィリング豊胸に必要な費用は、10cc あたり4〜6万円が相場に。個人差はありますが、基本的に100cc程度で1カップアップを目安にしましょう。

金額はヒアルロン酸よりは若干高めになりますが、持続時間がアクアフィリングの方が長いので、ヒアルロン酸よりも得だと言えることも。

しかし、効果は一時的であることに変わりはないので、度重ねてアクアフィリングの豊胸術を行うのは金銭的に厳しいと言えるでしょう。

注意が必要!アクアフィリング豊胸のリスク

アクアフィリングを懸念する医師

ここまでアクアフィリング豊胸の紹介をしてきましたが、アクアフィリングにはリスクがあることも知っておいてください。

「ヒアルロン酸よりも持続時間が長い&触り心地が柔らかい」

「気に入らなければすぐに溶解できる」

など、一見メリットが多いように見えますが、安全性に疑問の声が上がっているのも事実なのです。

アクアフィリングを懸念する医師も……

アクアフィリングは、「CEマーク」という欧州での法律を満たしている製品につけられるマークを取得しているので安全だと謳っています。

ですが、医療品の安全性も示すもっとも大切な「FDA承認」を取れていません。

しかも、アクアフィリングの文献なども今のところ見当たらず、日本の医師の中でもアクアフィリング使用を懸念する声が上がっているようです。

また、生理食塩水で溶解できるというアクアフィリングですが、「アクアフィリングは完全には分解されないのではないか」と疑念を抱く専門家も。

アクアフィリングを構成する成分は98%が水分で、2%がポリアミドという物質

「ポリアミドは100%は吸収されずに体内に一部残る可能性もある。」と指摘する医師もいます。

発がん性の可能性が否定できないとの指摘も

詳細な報告がないために、正確なことはわかりません。

ですが、アクアフィリングを注入することにより「しこり」「胸の炎症による痛み」「乳がん検診の妨げ」などになる可能性もあるでしょう。実際に、「発がん性の可能性が否定できない」という声もあるのです。

以上のことから、アクアフィリングによる豊胸の安全性というのは、まだ確立途中であるといえるかもしれません。

もちろん、アクアフィリング豊胸はメリットも多い方法なので、利用を考える人も多いとは思います。利用することを決める前にリスクについて今一度理解し、納得した上で施術に臨むことが重要だといえるでしょう。

「脂肪注入ってなんだろう」と 気になった人は、こちらの記事をチェック!

悩んでいたけど……アクアフィリング豊胸を決意した人の声

これは、アクアフィリング豊胸をするか悩んでいたけれど、ついに施術を受けてきたという人のブログです。

経過観察は少なめですが、受けるまでの思いが書かれているので、読んでみてはいかがでしょう。

プチ豊胸でもカウンセリングは大切!

クリニックを選ぶ女性

気軽に今の自分を変えられる「プチ豊胸」。

自分の胸にコンプレックスを抱いている人は、本格的な豊胸手術を行う前に、プチ豊胸でチェンジした自分を試し見してみるのもいいことかもしれませんね。

しかし、体にメスを入れないプチ豊胸といっても、医師選びは慎重に!

医師の技術力やデザインセンスによっては、思い描いている美乳とはほど遠い結果になる恐れも……。

新たな悩みの種を抱えないためにも丁寧に医師選びをし、カウンセリングのときには「なりたい自分」の姿をしっかりと伝えてください。

クリニックに行くまでに、具体的な胸のイメージを考えておくことも大切ですよ!

品川スキンクリニック新潟院院長 武内大

手軽なプチ豊胸術としてヒアルロン酸豊胸もアクアフィリング豊胸も同様に人気です。アクアフィリングはヨーロッパにおいて7年間の臨床研究で安全性が確認されていますが、まだ新しい治療ですので医師の中でも様々な議論があるのは事実です。そのため、医師とのカウンセリングでリスクを含め詳しく聞きましょう。

ヒアルロン酸プチ豊胸の費用目安

キャラクターの画像
クリニック 費用(目安)
品川美容外科 15,000円
湘南美容外科クリニック 127,777円
東京美容外科 172,000円
聖心美容クリニック 300,000円
水の森美容外科 300,000円
城本クリニック 715,000円

※費用は税抜表示です。100ccの金額を掲載しています。1cc表記しか確認できなかったものは表示金額の100倍で換算してあります。ヒアルロン酸の種類や注入量は各クリニックで異なります。

※掲載している情報は2016年10月12日時点で公式サイトに記載されていた情報であり、またクリニックによって施術条件や価格条件が異なるため各情報を保証する内容ではありません。正確な情報はクリニックの公式サイトを訪れていただくか、クリニックに直接お問い合わせ下さい。

ヒアルロン酸プチ豊胸の体験レポート公開中!

test

ビキニからあふれる胸になれるかも♡ヒアルロン酸注入で豊胸してきた!

「きれいなおわん型の大きな胸が欲しい……」そう切望する女性は少なくないのでは。今回そんな胸に悩みを抱える女性のひとり・まことが、思い切ってヒアルロン酸注入による豊胸を体験してきました。カウンセリングから施術までを、たくさんの写真と共に徹底解説。ビフォーアフターは必見です。

出典:ビキニからあふれる胸になれるかも♡ヒアルロン酸注入で豊胸してきた!【品川スキンクリニック表参道院】

豊胸・プチ豊胸の地域別人気クリニック

東京

水の森美容外科 東京銀座院

銀座一丁目駅 6番出口より徒歩1分

詳しく見る

大阪

湘南美容外科クリニック 大阪梅田院

JR大阪駅より徒歩3分

詳しく見る

福岡

聖心美容外科 福岡院

西鉄福岡天神駅より徒歩5分

詳しく見る

NICOLYおすすめ:美容整形やってみたシリーズ

※ 記事の内容は、医学的な正確性、効能、効果を保証するものでなく、かつ、記事の利用においてはしかるべき資格を有する医師や薬剤師等に個別に相談するなど読者の責任において行ってください。

関連するキーワード

注目の記事

【大人気】ブログより詳しい!整形の痛みやダウンタイム・術後経過すべて見せます!美容整形体験レポートシリーズ

【大人気】ブログより詳しい!整形の痛みやダウンタイム・術後経過すべて見せます!美容整形体験レポートシリーズ

NICOLY編集部では、カウンセリングから術後経過までの画像がたっぷりの、美容整形体験レポートを公開しています。切らないプチ整形から、脂肪吸引まで読み応え十分。NICOLY編集部いちおしの記事です。随時更新中!

43730 views | 整形二重脂肪吸引脂肪溶解注射

カテゴリ一覧

この記事の監修者

この記事のライター

本日のアクセスランキング

いまNICOLYで人気の記事

話題のキーワード

いまNICOLYで話題になっているキーワード

専門家ライター募集

NICOLYで記事を執筆していただける医師を募集

NICOLYでは「コンプレックスで悩んでいる人を笑顔に」というビジョンのもと毎日記事を更新しています。信頼性の高い記事を出し続けるために、記事の執筆をしていただける医師を募集しています

専門家ライター募集フォーム

編集者募集

NICOLYで記事を編集してくれる編集者募集

NICOLYでは「コンプレックスで悩んでいる人を笑顔に」というビジョンのもと、一緒に働いてくれる編集者を募集しています。

編集者募集フォーム

関連する記事

この記事に関連する記事をピックアップ