NICOLY:)[ニコリー] コンプレックスの悩み解決・応援サイト

医師が教えるコンプレックス解決サイト
監修済記事:1034記事

メルマガ登録

2016年11月12日 更新 | 788 views

メス要らず!目の下のクマを「注射だけ」で改善を目指す方法5選

品川スキンクリニック新潟院院長 武内大

この記事は、品川スキンクリニック新潟院院長 武内大が監修しています。

目の下のたるみやくぼみによるクマは注射による治療がおすすめ。目の下の注射には「ヒアルロン酸注入」「脂肪注入」「PRP療法」などの種類があります。いずれも信頼できるクリニックを探し、しっかりとカウンセリングを受けてから施術を検討しましょう。

メイクをしても、しっかりと睡眠を摂っても、まったく消えない目の下のクマ……。

特に、目の下のたるみ、くぼみのせいで影を落としたようになってしまう「黒クマ」は、注射による治療で改善が期待できるかもしれません。

今回、目の下のクマに悩む人たちにおすすめしたい美容外科や美容皮膚科などで受けることのできる施術を紹介します。

目の下のクマは注射で改善が期待できる

目元のアップ写真

目の下のクマは、注射を使用した方法で改善が期待できます。注射の最大のメリットは、手術と違って皮膚を切らないで手軽にできること。

おもに、以下の成分を注射して目の下のくぼんだクマの改善を図ります。

  1. ヒアルロン
  2. ボトックス
  3. 脂肪 1.多血小板血漿

以下では各施術をくわしく解説します。

目の下のクマ改善注射1:ヒアルロン酸

目元に注射をする女性の写真

ヒアルロン酸を注射することで、目の下のクマやくぼみを目立たせなくすることができます。

費用が3~10万円ほどと安い半面、ヒアルロン酸は体内に吸収されていくため効果は半年~1年間ほどでなくなってしまいます。

また、ヒアルロン酸は注入しても分解することが可能。入れた後、想像と違ったなど気が変わっても、効果がなくなるのを待たず分解注射をすれば元に戻すことができるのです。

顔に不純物を残さず分解してしまうことができるというのは、ヒアルロン酸注入の大きなメリットといえるでしょう。

術後のダウンタイムについては、腫れや内出血が起こる場合がありますが、1週間ほどで落ち着きます。

洗顔やメイクは当日から可能ですが、注入したところは強くこすらないように気を付けましょう。長時間でなければシャワーや入浴も可能です。

ヒアルロン酸注入を選ぶメリット・デメリット

【メリット】

  • 1回の費用が比較的安く済む
  • 痛みが少なくダウンタイムも短いため気軽に施術ができる
  • 分解注射でヒアルロン酸を溶かすことができる

【デメリット】

  • 半年~1年間でほぼなくなってしまう
  • 何度も通うことで費用がかさむ
  • 施術後、腫れや内出血が起こる場合がある

ヒアルロン酸は本当になくなる?

ヒアルロン酸は半年ほどでなくなると一般的にはいわれていますが、必ずしもそうとは限りません。

ヒアルロン酸の効果には個人差があり、注射したヒアルロン酸が10年近く残ってしまう人もいるようです。

しかし、注入したヒアルロン酸の周りにコラーゲンの被膜ができ、そこだけぷっくりとふくれてしまうことも。

しかし、ヒアルロン酸が不自然に残ってしまった場合は、上述したように分解注射で改善されます。費用はヒアルロン酸と同じく3~10万円ほどで、複数回打たないとすべて分解できない場合もあるそうです。

分解注射を打った後はヒアルロン酸を打ってもすぐに分解されてしまうため、ふたたびヒアルロン酸注入をする場合は1週間以上おいてからにしましょう。

目の下のクマ改善注射3:ボトックス注入

目元に注射をする女性の写真

目の下にボトックスを注入し、筋肉の発達をブロックすることで、目の下のクマやたるみ、しわを改善するリフトアップ効果が期待できます。

費用が5万円ほどと比較的安い半面、効果は3ヶ月~半年でなくなってしまいますが、治療を受け続けることにより持続時間が伸びるといわれています。

効果が現れるまでは3日ほどかかることがありますが、施術から7~10日経過した頃には目元のハリが実感できるようです。

術後のダウンタイムについてはほとんどありませんが、稀に内出血が出る場合がありますが、1~2週間ほどでなくなることがほとんど。

洗顔やメイクは当日から可能ですが、注入したところは強くこすらないように気を付けましょう。長時間でなければシャワーや入浴も可能です。

ボトックス注入を選ぶメリット・デメリット

【メリット】

  • 1回の費用が比較的安く済む
  • 痛みが少なくダウンタイムも短いため、気軽に注射できる

【デメリット】

  • 3ヶ月~半年ほどで効果がなくなってしまう
  • 継続して効果を得たい場合は費用がかさむ

目の下のクマ改善注射4:脂肪注入

注射器を持つ女医の写真

脂肪注入は自分の脂肪が多い部分、おもにお腹や太ももから採取し、目の下のくぼみに注入する施術です。

注入した脂肪が定着した場合は半永久的に効果が持続しますが、およそ30%の脂肪は定着せず吸収されてしまうといわれています。

脂肪が定着するまでは3週間ほどかかり、その後1ヶ月~1ヶ月半で定着できなかった脂肪が吸収されていきます。

脂肪注入にかかる費用は20万円ほどと、ほかの施術と比べて高くなりますが、その分長い効果を期待できるのがうれしいポイントです。また、自分の脂肪を使うためアレルギー反応などの心配がなく、自然な仕上がりを期待できるのも脂肪注入のメリットといえるでしょう。

術後のダウンタイムについては、腫れが出る場合がありますが、2~3日で落ち着くようです。また、脂肪を採取したところに筋肉痛に似た痛みが起きる場合がありますが、1週間ほどで和らぐことがほとんどだそう。

脂肪注入を選ぶメリット・デメリット

【メリット】

  • 定着した脂肪は半永久的に持続するため、長い効果に期待できる
  • アレルギーや副作用などの心配がなく、自然な仕上がりを期待できる

【デリット】

  • ヒアルロン酸注入などと比べると費用がやや高い
  • ダウンタイムや注入の結果がはっきりするまでの時間が長い
  • 定着してしまうため、結果が気に入らなかった場合の修正が難しい
品川スキンクリニック新潟院院長 武内大

脂肪注入は凹凸してしまうリスクもあります。

眼窩脂肪を取り除く「脱脂法」とは?

目の下の脂肪(眼窩脂肪)によって目の下にたるみが出ている場合、「脱脂法」と呼ばれる施術で眼窩脂肪を取り除くことがあります。

しかし、眼窩脂肪を取り除いただけでは不自然なくぼみができてしまうため、併せて脂肪注入を行うことが多いのです。

脱脂法と脂肪注入を併せて行う場合の費用は30~45万円ほどとなります。

品川スキンクリニック新潟院院長 武内大

眼窩脂肪の摘出と併せての注入は脂肪注入だけでなくヒアルロン酸注入でも長期的にみて経過は良いです。

目の下のクマ改善注射5:PRP療法

目元に注射をする女性の写真

PRP療法とは、自分の血液から抽出した、「成長因子」の入った血小板を多く含む「多血小板血漿」を注入する施術。

成長因子によって肌の若返りが目指せるため、目の下のたるみによって起こるクマだけではなく、血行不良によって起こるクマにも効果があるとされています。

PRP療法は効果を感じるまでにはおよそ1~2ヶ月かかりますが、その持続時間は1~3年間と長めなのが特徴です。

費用は20〜30万円ほどが相場でしょう。

しかし、妊婦の人や、肝臓に疾患がある人、心臓病・脳梗塞の既往がある人は治療を受けることができませんのでご注意ください。

PRP療法を選ぶメリット・デメリット

【メリット】

  • 効果時間が比較的長いため、長期的に見れば安い費用で済むことも
  • アレルギーや副作用などの心配がなく、自然な仕上がりが期待できる

【デメリット】

  • ヒアルロン酸注入などと比べると費用がやや高い
  • 注入の結果がはっきりするまでの時間が長い
  • 1~3年間ほどで効果が感じられなくなってしまう

セルリバイブジータ

セルリバイブジータとは、簡単にいうとPRP療法のパワーアップ版。血小板の中の「成長因子」に加え、濃縮した白血球、細胞成長因子を注入することで、効果を大幅にアップさせたものです。

深いしわやたるみにも効果があるとされ、3年以上と長い持続性が見込めます。

しかし、施術後は痛みや違和感が2~3日現れることも。また、腫れが出た場合は1~2週間ほどで落ち着いてきます。

しかし長い持続性があるとはいえやはり一過性のものなため、継続して効果を得たい場合は数年ごとに何度が注射をする必要があるのです。

品川スキンクリニック新潟院院長 武内大

セルリバイブジータは凹凸等のリスクもあり、アクセルだけでブレーキがない治療とも言えます。そのため、医師からリスクについてしっかり聞きましょう。

クリニックを選ぶときのポイント

カウンセリングを受ける女性の写真

目の下のクマの注射は美容外科や美容皮膚科などのクリニックで受けることができますが、どういったところに重点を置いて探せば良いのでしょうか?

実績があるクリニックを選ぶ

最も重要なのは、目の下のクマの治療の実績があるクリニックを選ぶことです。

目の下のクマの注射は要求される技術が高く、腕利きの医師を選ばないと失敗する可能性も少なくはありません。

また、クリニックによって得意な施術が違います。クリニックのサイトや口コミを見比べ、慎重に検討しましょう。

納得がいくまでカウンセリングを受ける

次に重要なのは、納得がいくまでしっかりとカウンセリングを受けることです。

ほとんどのクリニックはカウンセリングは無料で行っています。ひとつのクリニックで即決せず、色々なところでカウンセリングを受けた方が良いでしょう。

カウンセリングを受けたときに、疑問がなかなか解消しない、メリットばかりの説明でデメリットの話は一切ない、などの違和感を感じたら、そのクリニックは避けた方が良いかもしれません。

目の下のクマはクリニックでの治療で解決!

笑う帽子をかぶった女性の写真

目の下のクマの注射は、ほとんどの場合、効果は永久でなく長くとも数年。そのため継続して効果を得るためには定期的に施術を受けなければいけません。

また、目元の治療は、注入する位置が少しずれるだけで理想とは違う形になってしまったり、医師の腕が未熟だった場合は塞栓症によって壊死してしまうなどということも……。

そのため、クリニックは自分が安心して通えるところを探しましょう。

品川スキンクリニック新潟院院長 武内大

目の下は皮膚が薄く内出血も起きやすいですし、目の下のクマによって適切な治療法は異なります。そのため、医師からリスクも含め十分な説明を受けましょう。

目の下のクマ・あざの地域別人気クリニック

東京

湘南美容外科 池袋東口院

JR池袋駅より徒歩5分

詳しく見る

大阪

シロノクリニック 大阪院

JR大阪駅より徒歩3分

詳しく見る

福岡

品川スキンクリニック 福岡院

西鉄天神大牟田線福岡駅「南口」より徒歩約5分

詳しく見る

NICOLYおすすめ:美容整形やってみたシリーズ

※ 記事の内容は、医学的な正確性、効能、効果を保証するものでなく、かつ、記事の利用においてはしかるべき資格を有する医師や薬剤師等に個別に相談するなど読者の責任において行ってください。

関連するキーワード

注目の記事

【大人気】ブログより詳しい!整形の痛みやダウンタイム・術後経過すべて見せます!美容整形体験レポートシリーズ

【大人気】ブログより詳しい!整形の痛みやダウンタイム・術後経過すべて見せます!美容整形体験レポートシリーズ

NICOLY編集部では、カウンセリングから術後経過までの画像がたっぷりの、美容整形体験レポートを公開しています。切らないプチ整形から、脂肪吸引まで読み応え十分。NICOLY編集部いちおしの記事です。随時更新中!

45792 views | 整形二重脂肪吸引脂肪溶解注射

カテゴリ一覧

この記事の監修者

この記事のライター

本日のアクセスランキング

いまNICOLYで人気の記事

話題のキーワード

いまNICOLYで話題になっているキーワード

専門家ライター募集

NICOLYで記事を執筆していただける医師を募集

NICOLYでは「コンプレックスで悩んでいる人を笑顔に」というビジョンのもと毎日記事を更新しています。信頼性の高い記事を出し続けるために、記事の執筆をしていただける医師を募集しています

専門家ライター募集フォーム

編集者募集

NICOLYで記事を編集してくれる編集者募集

NICOLYでは「コンプレックスで悩んでいる人を笑顔に」というビジョンのもと、一緒に働いてくれる編集者を募集しています。

編集者募集フォーム

関連する記事

この記事に関連する記事をピックアップ