NICOLY:)[ニコリー] コンプレックスの悩み解決・応援サイト

医師が教えるコンプレックス解決サイト
監修済記事:1022記事

メルマガ登録

2016年11月18日 更新 | 740 views

イメージダウンのゴルゴ線とは? 改善が目指せるセルフケア方法

品川スキンクリニック新潟院院長 武内大

この記事は、品川スキンクリニック新潟院院長 武内大が監修しています。

ゴルゴ線とは、目の下から頬にかけて現れる溝のこと。ゴルゴ線の予防や改善を目指すためには、「表情筋を使う」「マッサージ」「スキンケア」「疲れ目ケア」がおすすめ。セルフケアでは改善が見込めない場合は、医療機関に頼ることもひとつの手です。

目の下に斜めに入った線……それはゴルゴ線かもしれません。

顔にゴルゴ線があるだけで、「老けて見える」「暗い」「こわい……」など、あまり良くない印象を持たれてしまいます。

そんなゴルゴ線とは具体的にどのようなものでしょうか?

ゴルゴ線とは?

しわを気にする女性の写真

「ゴルゴ線」というものをご存知でしょうか。顔にできる線の一種なのですが、一般的によく聞く「ほうれい線」と違って、こちらは名前を聞いたことがある人は少ないかもしれません。

ゴルゴ線とは、目頭から頬の中央を横切って走る溝のことをいいます。正式名称は「ミッドチークライン」

ゴルゴ線の由来は漫画「ゴルゴ13」から

ゴルゴ線という名称は、漫画「ゴルゴ13」の主人公の顔に似たような線が入っていることからついたようです。

この線のせいでどこか顔が疲れて見える、表情が暗く見える気がする、と悩む人も中にはいるのではないでしょうか。

ゴルゴ線ができる理由

鏡を見る女性の写真

ゴルゴ線は、顔のたるみによってできる溝です。

頬の筋力が衰えると、重力によって脂肪が垂れ下がり、目の下と頬の筋肉の間に溝が目立つようになります。

このたるみが起きる理由にはさまざまなことが考えれるのです。

加齢

まず考えられる理由が加齢です。

加齢によって体の筋肉と同様、顔の筋力も衰えていき、ゴルゴ線を作る頬のたるみが生じます。

また、加齢に伴って顔の脂肪が減り筋肉の筋が浮き出ることで溝が目立つようになったり、肌の弾力が失われることで皮膚がたるんだりすることも、ゴルゴ線を形成する理由になるようです。

生まれつき

悲しいことに、ゴルゴ線が生まれつきあるという人もいます。顔の骨格上の関係で、目の下と筋肉の溝が見えやすくなっている場合があるそうです。

疲れ目

パソコンやスマホを長時間使用すると、目の周りの筋肉が凝り固まり、ゴルゴ線ができやすくなります。

まだ若いのにゴルゴ線ができたという人は、こういった目を酷使する習慣が一因になっているのかもしれません。

タバコ

タバコを吸うことで体はビタミンCを大量に消費するため、肌の衰えを促し、ゴルゴ線を深くすることがあります。

そもそも喫煙は老け顔になる原因ともいわれているので、注意が必要です。

ゴルゴ線を予防・改善を目指す方法

マッサージをうける女性の写真

ゴルゴ線ができないようにしたい、またゴルゴ線ができてしまって気になるという人は、習慣を変えたりセルフケアを行ったりすることで、改善や予防はできるようです。

手軽にできる方法が多いので、できそうなものからぜひ試してみてください。

ゴルゴ線の予防・改善1:表情筋を使う

日頃から表情筋を積極的に使うことが大切です。

長く無表情の状態が続いたときは、表情筋を鍛えるエクササイズなどを取り入れてみてください。

以下のような、短時間で簡単にできるものを見つけ、習慣にしてみるのはいかがでしょう。作業の合間のリフレッシュにもなりそうです。

【あいうえお体操】

  1. 口を大きく開く
  2. 「あいうえお」を口を大きく開きながら発生する
  3. 発生しながら目を右回り、左回りに大きく動かす

また普段から顔の筋肉がこわばらないよう、なるべく無表情の時間を減らすことも大切です。

よく笑うことはゴルゴ線対策として効果があるといわれています。

また笑顔の多い人は誰の目から見ても魅力的に写りますよね。顔にゴルゴ線があってコンプレックスに思えるという人にとっては、笑顔こそ最強の武器になるかもしれません。

品川スキンクリニック新潟院院長 武内大

エクササイズでは大きな効果を期待しない方が良いでしょう。

ゴルゴ線の予防・改善2:マッサージ

顔の凝りをほぐすマッサージ、特に頬筋のマッサージをすることがゴルゴ線の予防と改善には重要なようです。

頬筋を指で押して老廃物を流し、定期的によくほぐしてあげてください。

また顔のたるみには頭皮のマッサージも効果があるそうです。顔と頭皮は繋がっているため、頭皮のたるみは顔のたるみになります。頭皮を引き上げるマッサージなども試してみてください。

品川スキンクリニック新潟院院長 武内大

過剰なマッサージはたるみの原因となるため控えましょう。

ゴルゴ線の予防・改善3:スキンケア

紫外線や乾燥は肌のたるみを招き、ゴルゴ線の形成に繋がります。

そのため、日焼け対策や保湿対策といったスキンケアを行うことがゴルゴ線の対策になるようです。

こまめに日焼け止めを塗り直す、特に浸透性の強い化粧水や保湿クリームを使用するなど、普段から丁寧なスキンケアを心がけてみてください。

ゴルゴ線の予防・改善4:疲れ目のケア

疲れ目は目周りや鼻周りの凝りの原因になります。日頃からパソコンやスマホを見ることの多い人は、こまめに目のケアをしてあげてください。

蒸しタオルで瞼の上から目を温めると血行が良くなります。また温めた後に冷やしたタオルを乗せるのも、疲れ目の解消におすすめです。

1日が終わった後のリラックスタイムの習慣として加えてみるのはいかがでしょうか。

メイクでゴルゴ線を目立たなくする

メイク道具の写真

ほかにもゴルゴ線をメイクで隠してしまうという手段もあります。セルフケアと同時に、毎日メイクや大切な時の応急処置として行ってみてください。

ゴルゴ線はハイライトで隠す

ゴルゴ線は溝なので、その部分をハイライトを使用して前に出て見えるようにします。

【ハイライトを使用したゴルゴ線対策メイク】

  1. ゴルゴ線の上に沿ってハイライトを入れる
  2. 指で軽く叩きながら馴染ませる

馴染ませすぎて効果が薄れないよう、加減に注意しましょう。また明るめの色のコンシーラーでも代用できます。溝の部分を明るく、高く見せることでゴルゴ線は目立たなくすることができるそうです。

また、ベースメイクを厚塗りしてゴルゴ線を隠す方法は不自然に見えてしまったり、時間の経過と共によれたりしてしまう場合があります。

自分のゴルゴ線の状態を見て、綺麗に隠れる方法を工夫し対処してみてください。

医療機関でゴルゴ線を解消

整形をうける女性の写真

どうしてもゴルゴ線を解消したい、セルフケアが効かなかったという人には、医療機関を利用してゴルゴ線を解消するという方法も。

ここでは代表的といわれる2つの施術方法を紹介していきます。

ヒアルロン酸注射

まず挙げられるのがヒアルロン酸注射です。

ゴルゴ線を埋めるようにヒアルロン酸を注入し皮膚を膨らませ、ゴルゴ線を目立たなくします。

まずは少ない量のヒアルロン酸を入れ、日を置いて様子を見てから、徐々に量を入れていくという方法を取るそうです。

即効性が比較的高く、プチ整形として敷居が低い施術方法といまれています。

しかし一方で、ヒアルロン酸が体内に吸収されてしまうため持続性はあまりなく、定期的に注入し直す必要があります。

また繰り返しの注入によって起こるトラブル、目の近くに注入するため動脈塞栓を引き起こす危険があるなどといったリスクはあるそうです。

リフトアップ

リフトアップは顔の筋肉や皮膚を持ち上げる方法です。

ピンポイントにゴルゴ線を解消するというよりは、顔全体を持ち上げてゴルゴ線を目立たなくする、といった施術のようです。

顔の皮膚に糸を通して持ち上げる方法、高周波や超音波を利用する照射治療、メスで切る治療など、リフトアップはその種類や効果がさまざまです。

またリフトアップはヒアルロン酸注射と併用して行われることもあるそうです。どの施術方法を選択するにしろ、医師とよく相談し、その方法とリスクを理解した上で治療を行った方がいいでしょう。

ゴルゴ線はセルフケアや医療機関で改善を図ろう

くびをかしげる笑顔の女性

ゴルゴ線ができる理由を見ると、加齢や生まれつきなど「自然とできる」ことがあるようです。

そのための自分ゴルゴ線を強く否定しすぎてしまうよりは、セルフケアで予防・改善をしていく、あるいは個性として受け入れた上で自身の美を磨いていくなど、前向きにどう付き合っていくかを考えた方が良いのかもしれません。

ゴルゴ線を気にして暗い表情になってしまうのはあまりにも勿体ありません。

顔の印象を決める要素はさまざまです。特に明るい表情はその人自身の魅力に直結します。ゴルゴ線をどう捉えるか、その点をもう一度考えて、自分に合った対処法を見つけてみてください。

品川スキンクリニック新潟院院長 武内大

ゴルゴ線を医療機関で解消したい場合はまずは手軽なヒアルロン酸注射が良いでしょう。

しわ・ほうれい線の地域別人気クリニック

東京

湘南美容外科 池袋東口院

JR池袋駅より徒歩5分

詳しく見る

大阪

シロノクリニック 大阪院

JR大阪駅より徒歩3分

詳しく見る

福岡

品川スキンクリニック 福岡院

西鉄天神大牟田線福岡駅「南口」より徒歩約5分

詳しく見る

NICOLYおすすめ:美容整形やってみたシリーズ

※ 記事の内容は、医学的な正確性、効能、効果を保証するものでなく、かつ、記事の利用においてはしかるべき資格を有する医師や薬剤師等に個別に相談するなど読者の責任において行ってください。

関連するキーワード

注目の記事

【大人気】ブログより詳しい!整形の痛みやダウンタイム・術後経過すべて見せます!美容整形体験レポートシリーズ

【大人気】ブログより詳しい!整形の痛みやダウンタイム・術後経過すべて見せます!美容整形体験レポートシリーズ

NICOLY編集部では、カウンセリングから術後経過までの画像がたっぷりの、美容整形体験レポートを公開しています。切らないプチ整形から、脂肪吸引まで読み応え十分。NICOLY編集部いちおしの記事です。随時更新中!

43731 views | 整形二重脂肪吸引脂肪溶解注射

カテゴリ一覧

この記事の監修者

この記事のライター

本日のアクセスランキング

いまNICOLYで人気の記事

話題のキーワード

いまNICOLYで話題になっているキーワード

専門家ライター募集

NICOLYで記事を執筆していただける医師を募集

NICOLYでは「コンプレックスで悩んでいる人を笑顔に」というビジョンのもと毎日記事を更新しています。信頼性の高い記事を出し続けるために、記事の執筆をしていただける医師を募集しています

専門家ライター募集フォーム

編集者募集

NICOLYで記事を編集してくれる編集者募集

NICOLYでは「コンプレックスで悩んでいる人を笑顔に」というビジョンのもと、一緒に働いてくれる編集者を募集しています。

編集者募集フォーム

関連する記事

この記事に関連する記事をピックアップ