NICOLY:)[ニコリー] コンプレックスの悩み解決・応援サイト

医師が教えるコンプレックス解決サイト
監修済記事:1022記事

メルマガ登録

2016年02月29日 更新 | 22,701 views

レーシック後の視力低下に繋がる日常の4つの悪習慣

レーシック手術後の視力低下は、手術の「失敗」ではなく、視力低下を招きやすい生活習慣によるものである可能性があります。パソコンやスマホの長時間使用や暗い部屋での使用、近くばかりを見ることや寝ころんだ状態で本を読んだりスマホをいじることなどは、せっかく回復した視力をまた低下させる原因となる行為です。

一度レーシック手術を受けて視力を回復しても、手術後の時間の経過とともに、数年たって再度視力が低下してくることがあります。

そうした視力低下の原因は、レーシック手術の後遺症、あるいは効果が不十分だったことによるものだと感じる人がいるようですが、じつは手術とは直接関係なく、生活習慣が原因となってひき起されている場合も少なくないようです。

レーシック手術はけっして、「一度受ければ、それ以降はなにをしても二度と視力が落ちることのない手術」ではありません。

せっかくレーシック手術を受けることで回復した視力も、視力低下を起こしやすい生活を繰り返していれば、また落ちてしまいます。

「目が悪くなったらまた手術を受ければいい」と思う人もいるかもしれませんが、角膜を削るレーシック手術は

医師の中には、レーシック手術を再度受けることに反対している人もいます。

レーシック手術で回復した視力を二度と失わないために、視力低下の原因となりやすい行為がどんなものかきちんと知っておきましょう。

この記事に書いてあること

  • レーシック手術後の視力低下
  • 視力低下を招きやすい4つの習慣
  • レーシック手術を受けるなら

①長時間パソコンを使い続ける

パソコンを扱う女性

パソコンやスマートフォンの長時間にわたる継続使用、それに伴う視力低下は、もはや一種の現代病といってもいいかもしれません。

仕事中は休みなく会社のパソコンを使用し、帰宅時の通勤電車の中ではスマホに釘づけ、家に帰ったら自分のパソコンに向かう……こんな生活をしていませんか?

スマホやパソコン、タブレットのモニタから発せられるブルーライトは網膜まで届く強い光です。

そのため、長時間使い続けると過度の眼精疲労の原因となり、これが視力低下に繋がります。

長時間のPC作業の合間には、ときどき休憩を挟んでモニターから視線を逸らして目を休ませましょう。

ブルーライトを遮断するメガネなども販売されているので、PCやスマホをいじる機会の多い人は使用することをおすすめします。

②近くばかりを見る

近くで見るサクラの花

近い距離で物を見ていると、目の筋肉が収縮している状態が続きます。

こちらも眼精疲労の原因となり、レーシックで視力が回復したとしても、視力を悪くしかねません。

デスクワークなどで普段は狭い室内にこもりがちな人や、自分の半径数十センチほどの場所にばかり目を向けている人は、休憩中に窓の外の景色など、遠くを眺めるようにすると視力低下防止になります。

遠くに見える木の本数を数えたり、看板の文字を判読できるか試したりするのも視力回復には効果的です。

③寝転んだ状態で本やスマホを見る

寝ながら本を読む女性

就寝前、寝転んだ状態で本やスマホを見ている人も少なくありません。

こんな何気ない動作も、視力にとってはNG行為です。

寝転んだ状態では、右目と左目が対対象まで等距離で物を見ていないことがあります。

どちらかの一方の目に負担がかかると、せっかくレーシックで回復したとしても、視力が低下しやすいそうです。

そして、一方の眼が悪くなると、今度は残ったもう一方の目にばかり負担がかかうるので、同様にどちらも悪くなってしまうそうです。

④暗い部屋でパソコンやスマホを使用

暗い部屋でスマホを見る女性

小さいころ、暗い部屋で本を読むと眼が悪くなる、と注意された記憶があります。

レーシック手術を受けるくらい目が悪くなる人は、知らずしらずのうちに暗いところでスマホやパソコンを使用している人が多いかもしれません。

暗い部屋でパソコンやスマホを利用するのは、本を読むことよりもはるかに目に負担がかかるんです。

明るい場所でものを見るときと暗い場所でものを見るとするときでは、瞳孔の大きさが変わります。

暗い場所で明るいモニタを見ることで、瞳孔が過敏に収縮し、目に大きな負担をかけることになります。

レーシックを受けるなら生活習慣も見直そう

レーシック手術手術を受けるにあたっては、後遺症や副作用などさまざまなリスクを伴います。

もちろん、「それでも視力が回復するほうが魅力的!」と考える人も多いのですが、せっかく手術をするのなら、また視力が低下してしまうことはなんとしてでも避けたいところ。

レーシック手術に頼るだけでなく、手術による視力回復効果を継続するためにも生活習慣を見直しましょう。

written by mariaxx

まとめ: レーシック後の視力低下に繋がる4つの習慣

レーシック手術後の視力低下

  • レーシック手術で一度は回復した視力が、ふたたび低下するケースがある
  • レーシック手術後の視力低下は、視力低下を招きやすい生活習慣が原因となっている場合も多い

視力低下を招きやすい4つの習慣

  • 長時間パソコンを使い続ける
  • 近くばかりを見る
  • 寝転んだ状態で本やスマホを見る
  • 暗い部屋でパソコンやスマホを使用

レーシック手術を受けるなら

  • レーシック手術によって回復した視力を失わないようにするには、視力低下を招きやすい生活習慣を見直すことが大切

NICOLYおすすめ:美容整形やってみたシリーズ

※ 記事の内容は、医学的な正確性、効能、効果を保証するものでなく、かつ、記事の利用においてはしかるべき資格を有する医師や薬剤師等に個別に相談するなど読者の責任において行ってください。

関連するキーワード

注目の記事

【大人気】ブログより詳しい!整形の痛みやダウンタイム・術後経過すべて見せます!美容整形体験レポートシリーズ

【大人気】ブログより詳しい!整形の痛みやダウンタイム・術後経過すべて見せます!美容整形体験レポートシリーズ

NICOLY編集部では、カウンセリングから術後経過までの画像がたっぷりの、美容整形体験レポートを公開しています。切らないプチ整形から、脂肪吸引まで読み応え十分。NICOLY編集部いちおしの記事です。随時更新中!

43883 views | 整形二重脂肪吸引脂肪溶解注射

カテゴリ一覧

この記事のライター

本日のアクセスランキング

いまNICOLYで人気の記事

話題のキーワード

いまNICOLYで話題になっているキーワード

専門家ライター募集

NICOLYで記事を執筆していただける医師を募集

NICOLYでは「コンプレックスで悩んでいる人を笑顔に」というビジョンのもと毎日記事を更新しています。信頼性の高い記事を出し続けるために、記事の執筆をしていただける医師を募集しています

専門家ライター募集フォーム

編集者募集

NICOLYで記事を編集してくれる編集者募集

NICOLYでは「コンプレックスで悩んでいる人を笑顔に」というビジョンのもと、一緒に働いてくれる編集者を募集しています。

編集者募集フォーム

関連する記事

この記事に関連する記事をピックアップ