NICOLY:)[ニコリー] コンプレックスの悩み解決・応援サイト

医師が教えるコンプレックス解決サイト
監修済記事:1037記事

メルマガ登録

2016年08月09日 更新 | 5,855 views

自宅で簡単!安価な顔のシミの予防方法「4選」

ヴェリテクリニック 福岡 院長 室孝明

この記事は、ヴェリテクリニック 福岡 院長 室孝明が監修しています。

顔のシミ取りにはレーザーやクリーム、飲み薬は効果は期待できるけど、お財布事情を考えると続けるのはちょっと苦しい。そんな方に、自宅で簡単にできてしかも安価なシミの予防方法をまとめました!私が実際に試した、お顔にもお財布にもやさしい方法ご紹介します!

顔のシミを作らない方法1. こすらないのが鉄則!泡立てネットをつかって優しく泡洗顔

女性は洗顔からお化粧、クレンジングまで一日に顔を触れる機会が多くなってしまいがちです。こうした摩擦を繰り返す事で炎症を起こし赤いシミが出来てしまう事があります。

しかしこのシミは摩擦をせずに炎症がおさまれば薄くできる可能性があるので、まずはこすらないようにするのが鉄則です。

洗顔の際には石鹸を泡立てネットなどでよく泡立てて優しく洗顔しましょう。こうした洗顔法を毎日行う事で赤みがひいて目立たなくなります。

また、タオルでゴシゴシ拭かず、顔を触る癖がある方は触らない様に気を付ける事が大切です。

顔のシミを予防する方法2. 週1ピーリングでターンオーバーの乱れ解消

年齢を重ねると肌の生まれ変わり周期であるターンオーバーが徐々に乱れてきます。このターンオーバーがうまくいかないという事は剥がれ落ちるべき古い角質が肌にとどまりシミを作る原因が増えるという事です。

そこで、ターンオーバーを正常に戻すべく、自宅でピーリングをする事をオススメします。ピーリングを行った後は肌が栄養分を吸収しやすい状態となっているのでたっぷりと保湿し栄養補給を忘れずに!

また、ピーリングは毎日行わず、週に1度しっかりと行えば十分です。やりすぎはお肌トラブルの元となりますので注意が必要です。

私も週1でピーリングを行っていますが、次の日の化粧ノリに違いがでますね。お肌がとってもツルツルになります。

ただ、生理前などホルモンバランスが不安定な時はお肌も敏感になっているのでいつもと同じピーリングをしてもピリピリ感じる事もあります。コンディションに気を付けながら慎重に行いましょう!

顔のシミを予防する方法3. 捨てないで!お米のとぎ汁活用法

米ぬか石鹸などお米を使った化粧品が数多く売られているのを目にしますね。

実はお米は豊富なビタミン類が含まれ、皮膚のターンオーバーを活発にして古い角質を吸着する効果があり、予防するだけでなく出来てしまったシミにも効果があります。先にご紹介した市販のピーリング剤と違って自然のもので刺激が弱い為毎日行っても安心なのもいいですね。

また、ピーリング効果と同時に保湿効果もあるのでお肌の潤いを保つ事も可能です。

洗顔につかう

まず、使い方としては洗顔に使う場合はとぎ汁を洗面器に移し、ぬるま湯で1.5〜2倍程度に薄め使います。この時ゴシゴシこすらずに軽く洗顔するようにしてください。

パックにつかう

つぎにパックとして使う時は冷蔵庫で1晩置き、分離した下の沈殿物を顔に塗り5分程パックします。そのあとはぬるま湯で洗いながしましょう。季節により乾燥してしまうので冬場は早めに洗い流すといいと思います。

お風呂につかう

最後にお風呂での活用法です。米ぬかを使う場合もありますが、とぎ汁を使う場合は簡単で、そのまま入れるだけでとても簡単です!

とぎ汁は匂いが気になる方もいるかもしれませんが、慣れるとそんなに気にならなくなります。また、最初のとぎ汁はごみが多いので二番汁を使うといいでしょう。毎日ご飯を食べる方には是非一度試して頂きたい美容法ですね。

顔のシミを取る方法4. 普段の食事でできるシミ対策!

外からのケアを行うと同時に中からのケアを行う事で結果が大幅に変わってきます。中からのケアというとついサプリメントに頼りがちですが、もっと簡単に始められるのが普段の食事です。

食事の中でビタミンAや亜鉛、ビタミンCなどを意識して積極的に摂りいれる事で乱れたターンオーバーを正常に戻すことができます。

ビタミンAはうなぎやかぼちゃ、ホウレンソウなど緑黄色野菜に多く含まれます。緑黄色野菜はビタミンだけでなく、抗酸化作用もありますので、色の濃い野菜を積極的に摂ることをお勧めします!

特にトマトに含まれるリコピンは抗酸化作用の代表といえるでしょう。一日あたりトマトジュース1缶が摂取できれば理想的です。

また、亜鉛は牡蠣や豆類、ビタミンCは果物や野菜に多く含まれます。ビタミンCの中でも柑橘系の多くには「ソラレン」という成分が含まれており食べる時間に気を付ける必要があります。

ソラレンは紫外線を感じ吸収しやすくなると言われている為、シミが出来やすくなってしまうのです。柑橘系を摂る時は朝ではなく、紫外線を浴びない夜の時間帯に摂るほうがいいでしょう。

摂取する時間帯など気を付ける点はありますが、これらシミに有効な食材を食卓のメニューに豊富に取り入れて食事面からシミケアを行っていきましょう。

まとめ

このように、普段の生活の中で出来る事は数多くあります。出来てしまった顔のシミをなくす効果はレーザーや医薬品と比べると弱いですが、予防効果は十分に期待でき、どれも簡単に安心して始める事のできる事ばかりです。

コストパフォーマンスがいいと継続してできるというのが嬉しいですね。長い目で根気よく続けていきましょう。

written by laura03312000

お悩み別人気クリニック

全国

品川スキンクリニック

シミ・くすみ

詳しく見る

全国

品川美容外科

シミ・肝斑

詳しく見る

全国

シロノクリニック

シミ・そばかす

詳しく見る

※ 記事の内容は、医学的な正確性、効能、効果を保証するものでなく、かつ、記事の利用においてはしかるべき資格を有する医師や薬剤師等に個別に相談するなど読者の責任において行ってください。

関連するキーワード

注目の記事

【大人気】ブログより詳しい!整形の痛みやダウンタイム・術後経過すべて見せます!美容整形体験レポートシリーズ

【大人気】ブログより詳しい!整形の痛みやダウンタイム・術後経過すべて見せます!美容整形体験レポートシリーズ

NICOLY編集部では、カウンセリングから術後経過までの画像がたっぷりの、美容整形体験レポートを公開しています。切らないプチ整形から、脂肪吸引まで読み応え十分。NICOLY編集部いちおしの記事です。随時更新中!

46097 views | 整形二重脂肪吸引脂肪溶解注射

カテゴリ一覧

この記事の監修者

この記事のライター

本日のアクセスランキング

いまNICOLYで人気の記事

話題のキーワード

いまNICOLYで話題になっているキーワード

専門家ライター募集

NICOLYで記事を執筆していただける医師を募集

NICOLYでは「コンプレックスで悩んでいる人を笑顔に」というビジョンのもと毎日記事を更新しています。信頼性の高い記事を出し続けるために、記事の執筆をしていただける医師を募集しています

専門家ライター募集フォーム

編集者募集

NICOLYで記事を編集してくれる編集者募集

NICOLYでは「コンプレックスで悩んでいる人を笑顔に」というビジョンのもと、一緒に働いてくれる編集者を募集しています。

編集者募集フォーム

関連する記事

この記事に関連する記事をピックアップ