NICOLY:)[ニコリー] コンプレックスの悩み解決・応援サイト

医師が教えるコンプレックス解決サイト
監修済記事:1032記事

メルマガ登録

2016年04月29日 更新 | 21,661 views

ガングリオンは何科で受診すればいい? 整形外科でできる治療法と費用

関節にできるこぶ「ガングリオン」は、何科で受診するのがベストかというと、整形外科。整形外科なら、ガングリオンができる部位にくわしい専門家がいるので、診断から治療までスムーズに行える場合が多いんです。ガングリオンは良性のこぶなので放置していても問題ないことが多いですが、よく似た症状でも実は違う病気だったり、ガングリオンのなかでも治療の必要なものがあったりするので、1度受診した方がいいかもしれません。

女性の顔

「手首に変なこぶができた」「屈伸すると関節が痛む」……。

その症状、もしかしたらガングリオンかもしれません。

ガングリオンは良性の「腫瘤(しゅりゅう)」、つまりこぶなので、気にならないなら放置しても大丈夫。

でも本当にそのこぶがガングリオンかを自分で判断するのは難しいところ。

そこで、こぶがガングリオンかどうか診断してもらうために、何科で受診するべきか知っておくといいかも。

ガングリオンの受診や治療は何科?

タイルに座る女性

ガングリオンと思われるこぶができた場合、何科を受診すればいいのでしょうか。

皮膚にできる異常は皮膚科に行けばいいと思いがちですが、ガングリオンの受診や治療は整形外科が適切なんです。

日本整形外科学会のガングリオン解説ページによると

ガングリオンは腫瘤のみで無症状なら、放置しても心配はありません。ただし、診断をしてもらうためにも整形外科を受診しましょう。大きくなるもの、痛みが強いもの、神経が圧迫されて神経症状があるもの(痛みや運動障害など)は治療が必要になります

出典:日本整形外科学会

とのこと。

ガングリオンは良性のこぶとはいえ、大きくなってしまったり、痛みが強くなったしまったりするものもあるそう。

そんな大きくなったり、強い痛みを感じたりするガングリオンには治療が必要な場合も。

また、手首にこぶができたと言ってもそれは必ずしもガングリオンだとは限りません。

ガングリオンだと知って安心する意味をこめても、身体にこぶができたら1度整形外科に行ってみることが重要です。

整形外科で受診するメリット

ガングリオンを整形外科で受診するメリットは、

  • 手首や膝、神経などガングリオンができやすい部位の診察や治療の専門家が多いこと
  • ガングリオンとよく間違われる症状に詳しく、より的確な診断ができること
  • 治療や手術が必要な場合でも、スムーズに移行できる可能性が高いこと
  • 皮膚科や形成外科ではできない治療法も行えることがあること

などが挙げられます。

近くに整形外科がない場合は、皮膚科や形成外科でも受診や治療ができることもあります。ただ、皮膚科や形成外科では施術できない治療法も

ガングリオンを手術で治療したいと思っているなら、事前に医師と施術方法の相談をすることが重要です。

ガングリオンの診断方法

微笑む女性

ガングリオンは腫瘍の一種。

だから、悪性の腫瘍と区別するために、エコーやMRIで検査する必要があるんです。

また、こぶやしこりに注射針を刺して、なかからドロッとしたゼリー状の物質を吸い出すことができたらガングリオンだと判断する診断方法も。

ただ、注射針での診断は痛みを伴うので、痛みに敏感な人にはあまり向かないかもしれません。

ガングリオンの治療法と費用

野原を歩く女性

ガングリオンを何科で受診すればいいか、その答えは整形外科でした。

それでは、ガングリオンの治療はどのようなことが行われ、どれくらいの費用がかかるのでしょうか。

まず、ガングリオンの治療には、ほとんどの場合健康保険が適用されるので、診察代とあわせて1,000〜2,000円前後が費用の相場。

ガングリオンと診断されたあとに治療方針を決めますが、痛みがなければ経過観察するのが一般的です。

経過観察なら再診しても1回数百円で済むので、費用を心配する必要はあまりないかも。

でも、痛みのあるガングリオンの場合は、施術方法が異なります。

痛みのあるガングリオンの治療法1:穿刺治療(せんしちりょう)

ウォークマンを聞く女性

「穿刺治療(せんしちりょう)」は、ガングリオンの治療法のなかでよく行われるもので、注射器を使ってガングリオンのなかにあるゼリー状の内容物を全て吸い出す方法。

費用は2,000〜3,000円程度かかります。

短時間で終わり、傷跡もあまり残らないので、忙しい人や傷跡が気になる人におすすめ。

ただ、ガングリオンは神経や腱の近くにできるため、穿刺治療をする際、強い痛みを伴うことが多いんです

また、ガングリオンの治療法のなかでも、穿刺治療はガングリオンが再発する可能性が高い治療法。

痛みに敏感な人や治療を1度で済ませたい人にはあまり向かない治療法のようです。

痛みのあるガングリオンの治療法2: 切除治療

飲み物を飲む女性

「切除治療」は手術が必要で、ガングリオンの周囲に麻酔をして、メスでガングリオンを切除するというもの

切除治療を行うと、再発の可能性が低くなるので、穿刺治療でガングリオンが再発した人が受けることが多いそう。

ただ、切除治療は保険の手術保障の給付対象外であることが多いんです。

だから、ガングリオンの大きさによって前後はするものの、切除治療の費用は2~3万円程度かかってしまうことも。

また、切除治療はメスを使うので、手首に手術痕が残る可能性が高く、施術時間も1時間程度かかります。

さらに、まれですがガングリオンの切除治療のために入院することがあります。もともと身体が弱い人は、入院する可能性があることも考えておいた方がいいかもしれません。

痛みのあるガングリオンの治療法3:レーザー治療

女性の後ろ姿

「レーザー治療」は、低出力の半導体レーザーを照射して、ガングリオンを消失させる方法。

レーザー治療と聞くと不安になるのが痛みについてですが、低出力なので痛みはあまりありません。

また、レーザー治療は近年発展した注目の技術で、ガングリオンが再発する確率がもっとも低い治療法なんです。

さらに、保険が適用されるため、治療費用は自己負担額が500円程度で済むことも。

ただ、レーザー治療は、1、2ヶ月、ほぼ毎日通院しなくてはならない場合が多いので、通院する時間が取れるがどうかも判断基準のひとつに入れておいた方がよさそうです。

その他の治療法

振り返る女性

ガングリオンの治療方法には、穿刺治療、切除治療、レーザー治療のほかにも、マッサージや圧迫治療、薬物治療があります。

ただ、マッサージや圧迫治療は再発する可能性が高いので、あまりオススメではないかも。

薬物治療も同様で、ガングリオンを直接的に治すわけではなく、あくまでもガングリオンの消失を促進する効果があるかもしれない薬がほとんどです。

マッサージ圧迫治療、薬物治療は、十分に情報収集したうえで決断した方がいいかもしれません。

ガングリオンなら整形外科へ

ブーツ

ガングリオンは何科で受診できるのかというと、皮膚科や形成外科、そして整形外科です。

なかでも、ガングリオンができやすい部位の治療に詳しい専門家の多い整形外科がおすすめ

また、ガングリオンは良性の腫瘍なので放置していても問題ないことが多いですが、似たような症状の「脂肪腫」や「軟部腫瘍」、「アテローム」などの違う病気の可能性もあります。

さらに、痛みのあるガングリオンの場合、「穿刺治療」や「切除治療」、「レーザー治療」などの治療を受けなければいけないこともあるので、とにかく1度整形外科を受診してみるのがよさそうです

images via shutterstock

written by Nana ito

※ 記事の内容は、医学的な正確性、効能、効果を保証するものでなく、かつ、記事の利用においてはしかるべき資格を有する医師や薬剤師等に個別に相談するなど読者の責任において行ってください。

関連するキーワード

注目の記事

【大人気】ブログより詳しい!整形の痛みやダウンタイム・術後経過すべて見せます!美容整形体験レポートシリーズ

【大人気】ブログより詳しい!整形の痛みやダウンタイム・術後経過すべて見せます!美容整形体験レポートシリーズ

NICOLY編集部では、カウンセリングから術後経過までの画像がたっぷりの、美容整形体験レポートを公開しています。切らないプチ整形から、脂肪吸引まで読み応え十分。NICOLY編集部いちおしの記事です。随時更新中!

44652 views | 整形二重脂肪吸引脂肪溶解注射

カテゴリ一覧

この記事のライター

本日のアクセスランキング

いまNICOLYで人気の記事

話題のキーワード

いまNICOLYで話題になっているキーワード

専門家ライター募集

NICOLYで記事を執筆していただける医師を募集

NICOLYでは「コンプレックスで悩んでいる人を笑顔に」というビジョンのもと毎日記事を更新しています。信頼性の高い記事を出し続けるために、記事の執筆をしていただける医師を募集しています

専門家ライター募集フォーム

編集者募集

NICOLYで記事を編集してくれる編集者募集

NICOLYでは「コンプレックスで悩んでいる人を笑顔に」というビジョンのもと、一緒に働いてくれる編集者を募集しています。

編集者募集フォーム

関連する記事

この記事に関連する記事をピックアップ