NICOLY:)[ニコリー] コンプレックスの悩み解決・応援サイト

医師が教えるコンプレックス解決サイト
監修済記事:1032記事

メルマガ登録

2016年11月17日 更新 | 873 views

徹底比較!ヒアルロン酸注入による涙袋形成の値段はどれくらい?

品川スキンクリニック新潟院院長 武内大

この記事は、品川スキンクリニック新潟院院長 武内大が監修しています。

涙袋形成とは目の下にヒアルロン酸を注入するプチ整形。ヒアルロン酸注入の値段は、「均一価格・注入量ごと・アンプルの買い取り制」などクリニックによって異なるため単純な比較が難しいですが、キャンペーンや学割などを上手に使えば、値段を安く抑えることができます。

涙袋があると、目が大きく見えるほか、優しい印象や若々しい印象を与えるといわれています。

たしかに芸能人やモデルさんの目元をよくみると、目の下にぷっくりとした涙袋がある人が多くいませんか?

今回はヒアルロン酸注入による涙袋形成の値段について、徹底的に調べてみました。

ヒアルロン酸注入による「涙袋形成」とは

女性の目のアップ写真

涙袋形成とは、目の下にヒアルロン酸製剤を注入して行う「プチ整形」です。

皮膚を切開する手術は行わないので、術後の腫れや痛みが比較的少なく、手軽に受けられることから人気があります。

ヒアルロン酸って何?

ヒアルロン酸とは、もともと体内にも存在している高分子(保水成分)の一種です。

注入を行ったヒアルロン酸は、時間の経過とともに体内で徐々に分解・吸収されていくため、涙袋形成の永続的な効果はありません

持続期間に個人差はありますが、効果を実感できるのは半年〜1年ほどです。

ヒアルロン酸は溶解することが可能

もしヒアルロン酸注入の術後に気が変わったり、涙袋の仕上がりに不満がある場合は、ヒアルロニダーゼという分解酵素を注入すれば、即日〜3日ほどで溶かして元の状態に戻すことが可能です。

涙袋形成(ヒアルロン酸注入)の値段はどれくらい?

財布からお金を出す女性の写真

涙袋形成(ヒアルロン酸注入)は美容目的の施術のため健康保険の適応対象外で、全額自己負担となります。

保険の適応されない施術は「自由診療」と呼び、医療機関それぞれが自由に値段を定めることが可能です。そのため、同じ施術内容でもクリニックによって値段が異なります。

筆者が、全国の美容クリニックを調査した結果、涙袋形成にかかる平均価格は約38,000円でした。

ただし、ヒアルロン酸注入はクリニックによって施術料金を定める基準にばらつきがあるので、単純な比較が少し難しいのが特長です。

ヒアルロン酸注入の値段設定のパターンはおもに3種類あるので、それぞれを確認してみましょう。

値段設定のパターン1:均一価格・上限ありの定額制

涙袋形成の1回ごとに、ヒアルロン酸の注入量にかかわらず均一の値段が設定されているパターンです。

または、「◯mlまで」という上限が定められており、それ以上の注入を希望する場合は量に応じた料金が追加されるというパターンもあります。

値段設定のパターン2:ヒアルロン酸の量に応じた価格

注入するヒアルロン酸の量(0.1mlごと)に応じて値段が決められているパターンです。

この設定の場合、注入量の下限が0.2mlほどに定められてるいます。

値段設定パターン3:ヒアルロン酸アンプル1本の買い取り制

ほかにもヒアルロン酸製剤のアンプル(小瓶)を1本丸ごと購入する「買い取り制」を導入しているクリニックも多いです。

製造元や種類によって異なりますが、ヒアルロン酸製剤のアンプル1本の量は0.8〜1.5mlほど。

涙袋形成の際注入する量は片側0.1〜0.3mlほどのため、余りを小ジワなどほかの部位に注入してもらうことも可能です。

余ったヒアルロン酸を後日使用することも可能

涙袋形成で余ったヒアルロン酸を、次回以降の施術で使用することも可能です。

この場合ヒアルロン酸の代金は不要で、診察料や手技料(注入の技術料金)だけの支払いで済みます。

クリニックの方針によってアンプルは自宅に持ち帰るか、院内で保存してくれますが、いずれの場合も最初に使用してからの有効期限が定められているので、注意しましょう。

以上の3パターンの値段設定に加えて、使用するヒアルロン酸製剤の種類によって価格が異なることもあります。

涙袋形成(ヒアルロン酸注入)の値段を比較するときに注意したいポイント

パソコンを見る女性の写真

前の章では、クリニックによってヒアルロン酸注入の値段の定め方が異なることを知りましたが、そのほかにも注意したいポイントがいくつかあります。

クリニックのウェブサイトなどで施術料金を比較する際の参考にしてください。

消費税は含まれた値段か確認する

クリニックで提示されている料金表は、「消費税込み」と「消費税抜き」どちらかで表記されています。

ブログの古い記事などでは税率が現在と異なることもあるので、最新の情報を確認しましょう。

左右両方の値段か確認する

涙袋形成は左右の目元両側に行うことが一般的ですが、クリニックによっては、片側のみの値段が表示されていることもあります。

カウンセリングや麻酔代などが含まれた値段か確認する

一見安い値段が提示されていても、涙袋形成の代金以外にカウンセリング代や麻酔費用などが別途必要で、すべてを加算すると高額になってしまうこともあります。

カウセリングからアフターケアまでの費用が、総額でいくら掛かるのかを確認しましょう。

キャンペーン条件を確認する

クリニックのウェブサイトでは、お得なキャンペーン価格が目立つように表示されていることが多いです。ほとんどの場合、キャンペーン価格には利用条件が定められています。

多いのは、そのクリニックを初めて利用する人のみを対象とした「初回価格」です。また、クリニックの利用が2回目以降でも、涙袋形成やヒアルロン酸注入が初めてであればOKということもあります。

キャンペーン条件が自分にあてはまるかどうかを、よく確認しましょう。

「初回ジプシー」には要注意

値段の安い初回キャンペーンだけを目当てに、さまざまなクリニックを転々とする「初回ジプシー」はやめましょう。

その理由は、さまざまなクリニックで施術を重ねるほどに、どこに・どのような施術を行ったのかの把握が難しくなるからです。

特にヒアルロン酸のような注入系医療を色々なクリニックで受けると「どのような物質が入っているのか自分でもよく分からない」というケースになりがちです。

クリニックで利用できる支払方法

クレジットカードを持つ女性の写真

涙袋形成(ヒアルロン酸注入)の値段について確認してきましたが、美容クリニックではどのような方法で施術代金を支払えるのでしょうか。

多くのクリニックで利用できる、おもな支払い方法は以下の4つです。

  • 現金
  • クレジットカード
  • デビットカード
  • 医療ローン

それでは、それぞれの支払い方法の内容と特長を紹介していきます。

支払い方法1:現金

現金での支払いは、基本的に一括払いです。

長時間大金を持ち歩かないために、事前にクリニック近辺のATMの場所を確認しておくのがおすすめ。

支払い方法2:クレジットカード

クリニックによって利用可能なクレジットカードの種類が異なるため、あらかじめ確認しておきましょう。

VISA(ビザ)やMasterCard(マスターカード)であれば、ほとんどのクリニックで利用が可能です。

カードの種類によって、分割払いやボーナス払いに対応していることもあります。

なお、他人名義のクレジットカードを借りて使用することはできません。家族のカードを使用したい場合には、クリニックの窓口へ名義人本人に同伴してもらい、支払い手続きを行う必要があります。

支払い方法3:デビッドカード

デビットカードは、銀行や郵便局のキャッシュカードで支払いができるシステムです。クリニックの窓口で暗証番号を入力すると、即時に口座から金額が引き落とされます。

クレジットカードとは異なり、使用する時点で残金が不足していると支払いができません。

支払い方法4:医療ローン

医療ローンとは、クリニック提携の信販会社による医療機関専門の分割払いのこと。審査があり、申込みの際には身分証明証・代金引き落とし口座の通帳・印鑑などを持参します。

月々の支払金額を低くしようと支払い回数を多くすると、トータルでは施術料金よりも金利のほうが上回ってしまうケースもあるので注意が必要です。

最終的に金利の支払いがどれくらいになるのか、ローンを組む前にきちんと確認しましょう。

原則的に20歳以上で仕事に就いている人が対象ですが、未成年や無職の人の場合でも保護者や配偶者に保証人になってもらえば利用できることがあります。

涙袋形成(ヒアルロン酸注入)をお得に受ける方法は?

うつむきながら笑う女性の写真

涙袋形成(ヒアルロン酸注入)は健康保険が適用されない施術なので、少しでも出費を抑えられたら嬉しいですよね。

そこで、できるだけ安い値段で施術を受ける方法をいくつか紹介します。

キャンペーンを利用して安くする

美容クリニックの繁忙期は、ゴールデンウィークや夏休みなど、まとまった休みの取れる時期。また、年度初めの4月から生活環境が変わることをきっかけに、年度末のうちに施術を受ける人も多いそう。

その反動で2月頃や6月頃は比較的患者さんが少なくなることから、割引キャンペーンを行うクリニックが多いようです。

また、誕生月の施術で割引となるキャンペーンを行っているクリニックもあります。

クリニックのメルマガやブログで最新情報をチェックしておくと良いでしょう。

モニター制度を利用して安くする

モニター制度は、症例写真の公開を条件として施術料金の割引を受けられる制度です。

施術前と後に撮影した、いわゆる「ビフォー・アフター画像」を、クリニック内の症例画像集・ウェブサイト・ブログなどでの利用を許可することが条件となります。

美容整形の施術を受けたことを、同僚や家族・知人などに知られても構わないという人に適しているでしょう。

ただし、一度ネットで公開した画像を完全に回収することは難しいので、よく考えてから利用しましょう。

品川スキンクリニック新潟院院長 武内大

全顏のモニターであればまわりに知られる心配はありますが、部分的なモニターであれば知られる心配はほとんどないでしょう。

学割を利用して安くする

学生を対象とした値引きサービスの「学割」を実施しているクリニックもあります。

学割の対象となる施術はクリニックによって異なりますが、涙袋形成や埋没法(切らない二重術)などが多いようです。

なお、学割を利用する際には、学生証の提示が必要になります。

ほかの割引キャンペーンとは併用できないことが多いので、事前に確認しましょう。

涙袋形成に失敗したら返金はしてもらえる?

落ち込む女性の写真

ごくまれに、ヒアルロン酸注入を行った部分が化膿してしまったり血流障害が起きることがあります。このような状態は明らかな失敗と判断され、返金を受けられる可能性が高いです。

いっぽう「希望のイメージと違った」「効果があまり感じられない」という場合は、残念ながら失敗とはみなされません。

やり直しの施術を受けることは可能でも、ふたたび施術料金が掛かることがほとんどです。

涙袋形成で失敗しないためのクリニック選びのポイント

カウンセリングをする女性の写真

せっかくお得な値段で施術を受けても、短期間でやり直すことになれば、出費がかさんでしまいます。

満足できる施術を受けるためには、信頼できるクリニックや医師を選ぶことが大切です。

具体的にはどのようなポイントに気をつければ良いのでしょうか。

技術力の高い医師を選ぶ

皮膚に凹凸のない涙袋をつくるためには、的確な場所に注入を行う細やかな技術が必要。そのため施術を行う医師のセンスや技術力によって仕上がりに違いがあるようです。

クリニックのウェブサイトなどで医師の経歴や症例を確認し、熟練の医師を選びましょう。

丁寧なカウンセリングをしてくれるか

満足度の高い施術を受けるためには、「なりたい目元・作ってもらいたい涙袋」のイメージをしっかりと伝え、共有することが大切です。

カウンセリングの際に医師やスタッフが話を真剣に聞いてくれなかったり、契約を急がせたりするクリニックでは希望通りの施術を受けられない可能性があります。

デメリットも説明してくれる

美容クリニックでは安全性を高めるためにさまざまな工夫をしていますが、どんなに手軽な施術でもリスクが絶対にないというわけではありません。

施術の良い点だけではなく、副作用や合併症についても説明してくれる医師が信頼できるでしょう。

相場から大きく外れた値段には注意

相場からあまりにも大きく外れた値段が設定されているクリニックでは、涙袋形成に適したヒアルロン酸を使用していない可能性があります。

例えば、広い範囲への注入に適した豊胸用のヒアルロン酸製剤は、涙袋形成に使用されるものよりも1mlあたりの値段が安いです。

しかし、持ちがあまり良くないので、涙袋のような小さな範囲ではすぐに効果が感じられなくなってしまいます。

コスパが良く感じる施術とは「納得の整形を受ける」につながる

サングラスをかける女性の写真

満足度の高い施術を受けるためには、信頼できるクリニックと医師を選ぶことが大切です。

あまりに値段にこだわりすぎても、希望した形の涙袋にならなければ結局は高い買い物になってしまいます。

まずはカウンセリングを受けてみて、クリニックの雰囲気を確かめてみてはいかがですか。

涙袋ヒアルロン酸注射の費用目安

キャラクターの画像
クリニック 費用(目安)
城本クリニック 12,000円
湘南美容外科クリニック 25,925円
東京美容外科 35,000円
水の森美容外科 54,600円
品川美容外科 58,330円
聖心美容クリニック 65,000円

※費用は税抜表示です。ヒアルロン酸の種類や注入量は各クリニックで異なります。

※掲載している情報は2016年10月12日時点で公式サイトに記載されていた情報であり、またクリニックによって施術条件や価格条件が異なるため各情報を保証する内容ではありません。正確な情報はクリニックの公式サイトを訪れていただくか、クリニックに直接お問い合わせ下さい。

涙袋形成の地域別人気クリニック

東京

水の森美容外科 東京銀座院

銀座一丁目駅 6番出口より徒歩1分

詳しく見る

大阪

湘南美容外科クリニック 大阪梅田院

JR大阪駅より徒歩3分

詳しく見る

福岡

聖心美容外科 福岡院

西鉄福岡天神駅より徒歩5分

詳しく見る

NICOLYおすすめ:美容整形やってみたシリーズ

※ 記事の内容は、医学的な正確性、効能、効果を保証するものでなく、かつ、記事の利用においてはしかるべき資格を有する医師や薬剤師等に個別に相談するなど読者の責任において行ってください。

関連するキーワード

注目の記事

【大人気】ブログより詳しい!整形の痛みやダウンタイム・術後経過すべて見せます!美容整形体験レポートシリーズ

【大人気】ブログより詳しい!整形の痛みやダウンタイム・術後経過すべて見せます!美容整形体験レポートシリーズ

NICOLY編集部では、カウンセリングから術後経過までの画像がたっぷりの、美容整形体験レポートを公開しています。切らないプチ整形から、脂肪吸引まで読み応え十分。NICOLY編集部いちおしの記事です。随時更新中!

45303 views | 整形二重脂肪吸引脂肪溶解注射

カテゴリ一覧

この記事の監修者

この記事のライター

本日のアクセスランキング

いまNICOLYで人気の記事

話題のキーワード

いまNICOLYで話題になっているキーワード

専門家ライター募集

NICOLYで記事を執筆していただける医師を募集

NICOLYでは「コンプレックスで悩んでいる人を笑顔に」というビジョンのもと毎日記事を更新しています。信頼性の高い記事を出し続けるために、記事の執筆をしていただける医師を募集しています

専門家ライター募集フォーム

編集者募集

NICOLYで記事を編集してくれる編集者募集

NICOLYでは「コンプレックスで悩んでいる人を笑顔に」というビジョンのもと、一緒に働いてくれる編集者を募集しています。

編集者募集フォーム

関連する記事

この記事に関連する記事をピックアップ