NICOLY:)[ニコリー] コンプレックスの悩み解決・応援サイト

医師が教えるコンプレックス解決サイト
監修済記事:1037記事

メルマガ登録

2016年12月03日 更新 | 23,368 views

合計40kgのダイエットに成功!クリニックの美人スタッフ4人の、秘密のダイエット法♡

痩せたい!と思った時、成功への一番の近道は細い人の食生活や運動を参考にすること。今回は美人揃いで有名な美容外科クリニックで取材を実施!選りすぐりの美人スタッフ4人に、体型維持の秘訣や過去に挑戦したダイエット法を聞いてきました♡合計40kgのダイエットに成功している彼女たちのダイエット法は、必見です。

目次

太ったことに悩む女性の写真

なんだか悩める様子のリコちゃん。都内でひとり暮らしをしている、25歳のOLちゃんです。

ニャコリー
ニャコリー

リコ、悩んだ顔してどうしたにゃ?

ニャコリー

毛がボワッとしがちなのが悩みの、3歳♂。1年ほど前に、母猫とはぐれたところをリコに拾われる。なぜか美容や美容医療にくわしい。好物はえびせんべい。

リコ
リコ

ニャコリ〜(泣)。最近太っちゃって。良いダイエット法知らない?

ニャコリー
ニャコリー

それなら、美容外科のスタッフさんの食生活や運動を参考にするのが一番だにゃ!

リコ
リコ

美容外科のスタッフさん……!?

ダイエット法は美容外科スタッフに聞こう!と提案する猫の写真
リコ
リコ

たしかに美容クリニックのスタッフさんてみんな細くてきれい!何か秘訣があるのかも……!?

というわけで今回水の森美容外科に潜入取材!

水の森美容外科のエントランスの写真

スタッフさんがほぼ全員美女というめまいでぶっ倒れそうな空間で、体型維持の秘訣やダイエットのコツを聞いてまいりました!

11kgのダイエットに成功したどーるさんの場合

11kg痩せた女性のビフォーアフターの写真

半年で7kg体重が増えたのを機に、ダイエットに目覚めたどーるさん。

53.6kgだった体重は42kgに、なんと11.6kgの減量に成功しています。

大の運動嫌いらしく、スタイル維持の秘密はその食生活に隠されているようです。

どーるさんの食生活の基本は「腸活」!

どーるさんは体重をがっつり落とそうとした時期は、18時以降食べないダイエットを行いました。

18時までは好きなものを食べ、18時以降は野菜ジュース1本かお茶のみ。

効果を感じたものの開始2週間で貧血に……。

なんとか半年続け6kg体重を落としましたが、あんなに体に負担がかかるダイエットはもうしたくないそう。

そこで今どーるさんが取り入れているのは、腸活です!

ニャコリー
ニャコリー

腸活とは、腸内環境を改善することで体全体のコンディションを上げる健康法のことだにゃ!

腸内環境の改善に役立つ善玉菌を多く含む、納豆とヨーグルトは1日1回かならず食すようにしているそう。

下手したら3食納豆を食べていることもあるのだとか(笑)。

外食や女子会は我慢せずに食べ、次の日の食事量で調整するのもどーるさん流です。

食べすぎた翌日の夕飯では、味噌汁に千切りキャベツと納豆を入れ、一味唐辛子をふりかけて食べるのにハマっているのだとか。かなりおいしいのでおすすめだそう!

ただ味噌汁は塩分が多めです。塩分の摂りすぎは翌日のむくみにつながるので、薄味くらいがちょうど良いかも。

どーるさんは大の運動嫌いなので……

スタイルの良い女性の写真

運動が苦手&汗をかくのが大嫌いというどーるさん。

ただ20代後半になり、若い頃のような「痩せてる=きれい」という価値観はもう通用しないと感じるようになりました。

ハリも少しずつ減っていっていることに気づき、「これはやばい!」と筋トレを開始したそう。

運動嫌いは変わらないのでジムに通うなんて論外。自宅で就寝前に、Youtubeの動画を見ながら腹筋や簡単なヨガをやるようになりました。

やりたくなくても毎日1セットだけでも行うように心がけることで、継続できているそうです!

ダイエットに成功して変われたことは?

細い水着姿の女性の写真

おしゃれが楽しくなったのはもちろん、周りから「痩せているイメージしかない」と言ってもらえるのがすごく嬉しい、と話すどーるさん。

女性は努力すればみんな可愛くなれるはず。まずは行動に移すことが大切なんですね。

水の森美容外科公式ホームページはこちら

9kgの減量に成功したH島さんの場合

9kgの減量に成功した女性の写真

昔付き合っていた彼の好みが細い体型の女性で、ほぼ毎日強制的に体重測定をさせられていたというH島さん。

水原希子のファンだった彼は「デブは嫌い」「だらしない」などといった発言も多く、自然とダイエットを意識するようになったそう。

結果9kgのダイエットに成功したH島さんの食生活は、基本に忠実なものでした。

H島さんの食生活のポイントは「プチ炭水化物抜き」!

夜は活動量が少ないため、食べたものが脂肪に変わりやすい時間帯。

そのため夕食は基本的に炭水化物を抜くようにしていたそうです。

ニャコリー
ニャコリー

炭水化物は摂取すると、体内で分解されてブドウ糖になるんだにゃ。ブドウ糖は脳で使われるエネルギーだから、なくてはならない栄養素。

夜だけ抜くようにしたのは正しい選択だにゃ!

また、間食もしないように心がけていました。

当たり前だけど、ストレスをためない範囲でヘルシーな食生活を送ることが、やっぱり一番良いのですね。

H島さんの運動は「ワンダーコア」!

体を倒すだけで腹筋が鍛えられると話題の腹筋マシーン、ワンダーコア

H島さんはこの腹筋マシーンを使って、毎日50回ほど筋トレを行っていたそうです。

筋トレは回数を決めると苦痛になりがち。好きな曲を流しながら行い、1曲が終わるまで続ける、という方法だったら続けられるのだとか。

ダイエットに成功して変われたことは?

細い水着姿の女性の写真

ダイエットに成功したH島さんは、自分に自信をもてるようになりました。

自信を持つことで前向きになり、性格も変わったと思っているとのこと。

ダイエットに成功してからというもの、 「自信をもつこと」が自分を変える一番大事な要素だと気づいたそうです。

加えて着る服の幅が広がり、おしゃれも楽しめるように。

今は少しリバウンドしてしまったそうですが、目標の体型になれるように、これからも努力を続けてゆくと宣言されていました!

水の森美容外科公式ホームページはこちら

5kgの減量に成功したぽにょ子さんの場合

5kgの減量に成功した女性のビフォーアフターの写真

出産後の女性は、授乳で養分を子供に与えるため、いくら食べても太りにくい時期が訪れます。

ぽにょ子さんも出産後、食べ放題で食べまくっても1kgも増えない、という女性にとってはなんとも嬉しい時期を経験。

しかし当然そんな時期は終わり、残ったのは大きくなった胃だけ……。授乳後も食事量は減らず、気づけば体重は7kgも増えていたそうです。

そんな時久しぶりに会った友人に言われた「デブ」という一言で、ぽにょ子さんはダイエットを決意しました。

ぽにょ子さんの食生活は「メリハリ」重視!

女性の10代〜30代の体重変化の写真

さまざまなダイエットを経験されたぼにょ子さん。

試行錯誤を繰り返して、「遅い時間(少なくとも寝る前2時間)は食べない」ことが一番効果的だと気づかれました。

年齢とともに基礎代謝は確実に落ちるので、いつまでも20代の頃と同じように食べているとどんどん太ってしまうのだとか( ;∀;)。

ニャコリー
ニャコリー

基礎代謝とは、何もしなくても消費されるエネルギーのこと。

基礎代謝量は10代をピークにどんどん減ってゆくといわれているにゃ。

今気をつけていることは主に4つあるそうです。

  • お腹が本当にすいた時しか食べない。
  • たくさん食べた次の日はひかえめにして調整。
  • 「おいしい!」と思うものだけを食べる。
  • 添加物はなるべくとらないようにする。

おすすめは自家製のカスピ海ヨーグルトに、たっぷりのきな粉とココナッツオイルをいれて食べること。腸内環境の改善にも美肌にも効果的なのだとか♡

また「なんだか物足りない」と感じた時は、1杯だけ好きなウィスキーでハイボールをつくって飲み、ストレスをためないよう心がけているそうです。

好きな音楽をかけてゆっくり飲むと、気持ちが満足するためか食欲もおさえられ、リラックスできて一石二鳥。

ちなみにウィスキーは太らないし、美容にも良いので、飲み会でもなるべくハイボールを飲むようにするのがおすすめなのだとか!

ぽにょ子さんは「ワンダーコア」でながら筋トレ!

出産前は就寝前のヨガは欠かさず、2〜3日に一度は3km以上走り、体型をキープしていたぽにょ子さん。

運動が日課になると筋肉がついて代謝もアップ。多少食べて太ってもすぐに元通りになっていました。

が、それは20代までの話( ;∀;)。

出産してからは時間の制約があり、わざわざ運動のための時間をとるのが難しくなりました。そこで今大活躍しているのが、ワンダーコア2!ご存知大人気の腹筋マシーンですね。

お家ではワンダーコアをソファ代わりに使用

ワンダーコアは腹筋だけでなく、太ももやふくらはぎ、二の腕も鍛えることが可能なのだとか。

特に二の腕は、本当に効果を実感したというぽにょ子さん。そんなにつらくないのでとてもおすすめらしく、みんなに宣伝しているそうです(笑)。

二の腕痩せに成功した女性のビフォーアフターの写真

かなり二の腕に変化が現れていますね!恐るべしワンダーコアの威力……!

また、車に頼りたいところをなるべく歩くようにしたり、ふと気づいたときに体を伸ばすことを心がけているとのこと。

ダイエットに成功して変わったことは?

写真を見たときのつらさがなくなり、おしゃれできるようになったと語るぽにょ子さん。

太るとふわっとしたスカート率が高くなるそうですが、タイトめのスカートやフィット感のあるパンツをはいても違和感がなくなり、いろいろなお洋服を楽しめるように。

また食べすぎると罪悪感もあるし、心も体も重くなりがち……。ふだんから腹八分目におさえることで、フットワークも軽くなったのだとか。

さらに、ダイエットを意識することで食生活がヘルシーになったので、吹き出物もできづらくなったそうです!

水の森美容外科公式ホームページはこちら

15kgのダイエットに成功したPちゃんさんの場合

もともと身長154cm、体重38kgとかなりの痩せ型だったPちゃんさん。

そのほっそりボディに変化が現れたのは、高校1年生の冬に行ったアメリカ留学でした。

朝昼晩のジャンクフードに加え、間食にピザやポテトチップス、アイスクリームは当たり前。それをコーラで流し込む食生活を続けた結果、体重はなんと12kg増の50kgに。

日本から持参した服は一枚もはいらなくなり、焦りを覚えたPちゃんさんはダイエットを開始します。

脱・欧米式食生活で、Pちゃんさんは痩せた!

もともとジャンクフードが大好きなPちゃんさん。ダイエットを開始したからといって完全にジャンクフードを断ってしまうのは、ストレスが溜まってしまいます。

そこでジャンクフードを食べるのは週1回と決め、間食をオートミールに変えました。

ニャコリー
ニャコリー

オートミールとは、オーツ麦と呼ばれる穀物を加工した、おかゆのようなもの。GI値が低く栄養価が高いため、海外セレブにも大人気の健康食品なんだにゃ!

夕食はお肉のみに限定し、パンやピザなどの炭水化物は禁止。

飲み物もコーラから無糖の紅茶に変えました。

また、サラダにドレッシングをかけないようにするなど、アメリカ式の濃い味付けをなるべく避け、薄い味付けを心がけるように。

極めつけはダンスとウォーキング

帰国の3か月ほど前から、ジャズダンスとモダンダンスを習い始めたPちゃんさん。

体幹を使うダンスは筋力アップが期待できますが、踊ってゆくうちに体が重くて思うように動けないことに嫌気が差し始めました。

そこで開始したのが朝晩のウォーキング

アメリカではどうしても車移動中心の生活になりがちですが、スーパーへも徒歩で行くようにするなど、とにかくひたすら歩くようにしたそうです。

ウォーキングを始めてからじょじょに体が軽くなってゆき、自然と食生活でもおもたいものは好まなくなってゆきました。

ダイエットに成功して変わったことは?

太っていた時期は体の代謝が落ちてしまったため、むくみやすく、顔もパンパンになりがちだったPちゃんさん。

また、おしゃれやメイクを楽しむ気持ちも薄れてしまっていました。

ダイエットに成功してからは動くことが苦ではなくなり、ダンスももっと軽やかに動けるように。

現在の体重は35kg。帰国後から現在まで9年間体重をキープしています。

体重キープのためにPちゃんさんが気をつけているのは、炭水化物の摂取量

白米を食べるのはお昼のみ、一度の摂取量は75gと決め、毎回測っているのだそう。

お弁当屋さんでも75gに指定し、自分でおにぎりを作る時は野沢菜やひじきを刻んで加え、かさ増ししています。

また休日はプチ断食を行い、体内のリセットを欠かさないのだとか。

水の森美容外科公式ホームページはこちら

水の森で働く女性スタッフは、みな美しかった!

リコ
リコ

やっぱり大切なのは適度な運動と、メリハリのある食生活なのね〜。

ニャコリー
ニャコリー

みんな外食では我慢せず、次の日の食事量で調整して、ストレスをためずにダイエットしているにゃ!

リコ
リコ

これなら私にも挑戦できそう!やっぱり美容外科で働く女性は美の意識も高いし、参考になる!

こんな美しい女性陣のもとで自分も美を磨きたい……

そう願うそこのあなた!

水の森美容外科は東京・名古屋・北海道・大阪の4院を展開しています。

彼女たちはみな努力で細い体を手に入れましたが、水の森では痩身医療も盛んに行われており、その高い技術力には定評が。

たとえば水の森で処方されたダイエット薬で減量に挑戦したら……

5kgのダイエットに成功した女性のビフォーアフターの写真

5kgのダイエットに成功し、入らなかったデニムがはけるように!

また、水の森で太ももの脂肪吸引をしたら……

太ももの脂肪吸引をした女性のビフォーアフターの写真

脂肪が4リットルもとれ、7cmも細くなっちゃいました!

ダイエットに励みつつ、美容医療の力も借りたら、自分史上最強の美ボディが手にはいるかも♡

水の森美容外科公式ホームページはこちら

NICOLY:)編集部員がメディカルダイエットに挑戦!

※ 記事の内容は、医学的な正確性、効能、効果を保証するものでなく、かつ、記事の利用においてはしかるべき資格を有する医師や薬剤師等に個別に相談するなど読者の責任において行ってください。

関連するキーワード

注目の記事

【大人気】ブログより詳しい!整形の痛みやダウンタイム・術後経過すべて見せます!美容整形体験レポートシリーズ

【大人気】ブログより詳しい!整形の痛みやダウンタイム・術後経過すべて見せます!美容整形体験レポートシリーズ

NICOLY編集部では、カウンセリングから術後経過までの画像がたっぷりの、美容整形体験レポートを公開しています。切らないプチ整形から、脂肪吸引まで読み応え十分。NICOLY編集部いちおしの記事です。随時更新中!

46408 views | 整形二重脂肪吸引脂肪溶解注射

カテゴリ一覧

この記事のライター

本日のアクセスランキング

いまNICOLYで人気の記事

話題のキーワード

いまNICOLYで話題になっているキーワード

専門家ライター募集

NICOLYで記事を執筆していただける医師を募集

NICOLYでは「コンプレックスで悩んでいる人を笑顔に」というビジョンのもと毎日記事を更新しています。信頼性の高い記事を出し続けるために、記事の執筆をしていただける医師を募集しています

専門家ライター募集フォーム

編集者募集

NICOLYで記事を編集してくれる編集者募集

NICOLYでは「コンプレックスで悩んでいる人を笑顔に」というビジョンのもと、一緒に働いてくれる編集者を募集しています。

編集者募集フォーム

関連する記事

この記事に関連する記事をピックアップ