NICOLY:)[ニコリー] コンプレックスの悩み解決・応援サイト

医師が教えるコンプレックス解決サイト
監修済記事:1034記事

メルマガ登録

2016年11月28日 更新 | 782 views

痩せこけた輪郭は老け顔に!?ふっくらきれい♡こめかみ形成3つ

品川スキンクリニック新潟院院長 武内大

この記事は、品川スキンクリニック新潟院院長 武内大が監修しています。

加齢とともに目立つこめかみの凹み。こめかみ形成にはおもに「ヒアルロン酸注入」「脂肪注入」「プロテーゼ挿入」の3種類。脂肪注入やプロテーゼは、一度施術をすると元に戻すことは難しいため、まずはメイクやヒアルロン酸を試すことがおすすです。

加齢とともに顔が痩せ、こめかみの凹みが目立ってきたと感じている人も多いはず……。

こめかみが凹んでいると、老け顔疲れ顔に見られてしまいがち。

せっかくオシャレをしても、なんだか楽しい気持ちになりきれませんよね。

今回は、こめかみの凹みを改善を目指す方法を紹介していきます!

日頃から手軽にできるメイク法から美容整形まで紹介しますので、気になる人は自分に合った方法を見つけてくださいね。

目次

こめかみが凹む原因を知ろう!

こめかみをさわる女性の写真

こめかみが凹む原因をご存じですか?

「加齢」が原因と書かれていることが多いのですが……年を取るとなぜこめかみが凹むのでしょうか。

実は、こめかみの凹みの原因は大きく分けて3つあります。

  1. 肌そのものの弾力性が失われる
  2. こめかみ辺りにある側頭筋の筋力が低下する
  3. 顔の脂肪が減少する

これらはすべて歳をとるにつれて誰しもに起こること。

そのため、こめかみの凹みの原因は「加齢」とひとまとめにされることが多いというわけなんですね。

美容整形による「こめかみ形成」は3タイプ

女性の横顔の写真

「毎日毎日、こめかみの凹みを気にするのはもう嫌だ。」

……という人には美容整形という方法もあります。

【 こめかみ形成】

  1. ヒアルロン酸注入
  2. 自己脂肪注入
  3. プロテーゼ挿入

こめかみ形成ではこの3タイプが主流です。

それぞれくわしく説明していきます。

こめかみ形成1:ヒアルロン酸注入

目元に注射をする女性の写真

ヒアルロン酸注入といえばプチ整形の代名詞と言っても過言ではないほど有名ですよね! こめかみの凹みにもヒアルロン酸注入は有効的なのです。

ヒアルロン酸注入は、専用の注射器を使って直接注入していきます。注入しただけこめかみ部分が膨らんでくるので、仕上がりを確認しながら注入していくことが可能。

ヒアルロン酸は、こめかみをふっくらさせる効果だけではなく、保湿効果があり、肌のキメが細かくなったり、しわが解消されたりといった、美肌効果も期待できるのです。

ヒアルロン酸注入による効果の持続期間

通常のヒアルロン酸は人間が本来有している成分であるため、時間とともに肌に吸収されてしまいます。

そのため、個人差はありますが持続期間は長くとも約1年

アクアミドやバイオアルカミドは、人間の体に吸収されないため、半永久的に効果が持続されるといわれています。

しかし、失敗してしまった時の修正が難しいというリスクがありますので、しっかりとカウンセリングの際に相談してみましょう。

品川スキンクリニック新潟院院長 武内大

ヒアルロン酸は複数回繰り返して注射していくと持続期間は長くなり数年間持続する場合もあります。

ヒアルロン酸注入による施術の痛みとダウンタイム

ヒアルロン酸注入では、極細の針を使って注入するので、注射をする際の「チクっ」とする痛み程度です。

そのため、ほとんどの場合、麻酔を使用することなく施術を行うことができます。

もちろん、痛みに弱い人は局所麻酔を使用することも可能ですので、医師に相談してみましょう。

アクアミドやバイオアルカミドは痛みが強い

アクアミドやバイオアルカミドを注入する場合には、かなりの痛みを伴うそうなので、麻酔を使用することをすすめられることも。

しかし、ダウンタイムは注射痕が少し赤くなる、注入箇所が腫れることがある程度なので、施術当日からメイクや入浴が可能だそう。

品川スキンクリニック新潟院院長 武内大

アクアミド等の非吸収性の製剤はあまり注入しない方が良いと思います。

ヒアルロン酸注入の費用相場

ヒアルロン酸注入の費用は1本1CC4~8万円ほど。こめかみの凹み具合によって注入する本数は異なるため、注意しましょう。

例えば、片方に2本ずつ注入するとなると両側で4本。1回に16~32万円程度ということになります。

ふっくらした状態を保ちたい場合には、1年に一度これくらいの費用がかかると思っておくと良いでしょう。

また、アクアミド、バイオアルカミドなどは通常のヒアルロン酸注入よりも高額で1CCで10万円を超えることがほとんど

アクアミドやバイオアルカミドは、一度注入したらずっと残り続けることを考えると、1回の施術料は高いですが、長い目で見ると割安なのかもしれません。

品川スキンクリニック新潟院院長 武内大

アクアミドは発癌性の指摘やしこりなどのトラブルの報告もあるためやめておいた方が良いでしょう。

こめかみ形成2:脂肪注入

脂肪に注射する女性

こめかみをふっくらさせるために、自分の脂肪を注入する方法もあります。

脂肪を摂る際に少し切開する必要がありますが、自分の脂肪を注入するので、異物反応やアレルギー反応の心配がありません。

脂肪注入による施術の流れ

  • 1:カウンセリング

まずはカウンセリングから。こめかみの凹み具合の確認や自己脂肪注入施術の詳細の説明を行います。

ここで、気になることをしっかりと聞いておくことが失敗を無くすコツです。

意思疎通をきちんと行っておきましょう。

  • 2:脂肪の採取

施術を行うとなったら、こめかみに入れるための脂肪の採取部位を決定します。通常は脂肪が豊富なお腹、太もも、お尻のどこかから採取。

採取する部位が決まったら、脂肪の採取部位に局所麻酔をします。

麻酔が効いたら、皮膚を4mmほど小さく切開して注射器もしくは脂肪吸引器で脂肪の採取。小切開した部位は縫合閉鎖します。

  • 3:脂肪注入

採取した脂肪細胞が壊れないように丁寧に注射器に脂肪を充填。

脂肪注入部位にデザインを描き、局所麻酔を行います。採取した脂肪を注入し、ふくらみを確認して調整

施術時間は40~60分ほど。

  • 4:マッサージ

注入部位をマッサージして形を整えて終了です。

脂肪摂取のために切開した部分は、施術1週間後に抜糸するため、再来院が必要となります。

脂肪注入による効果の持続期間

脂肪の定着率は60~70%ほど。定着した脂肪は、半永久的に持続します。

うまく定着するかどうかは、体質のほか、クリニックや医師の技術力に大きく左右されますので、施術を受けるクリニック選びは慎重に行うことが大切です。

成功は脂肪が定着するかどうかがポイント!

脂肪注入は、脂肪に毛細血管が伸びて、血液が届くようになることで定着したといえるでしょう。

脂肪へ毛細血管が届くのは脂肪の粒の外側から始まってから、徐々になかに伸びていきます。そのため、毛細血管がうまく届くように、脂肪を小さい粒にして、細かく丁寧に注入することが大切。

しかし、脂肪を大きな塊で注入するとなかなか脂肪の中まで血管が届かず、定着せずに壊死してしまいます。脂肪が壊死してしまうと、塊として残り、しこりのようにボコボコしたものができてしまうことも……。

品川スキンクリニック新潟院院長 武内大

脂肪注入は効果が半永久的という利点がありますがしこりや感染などのリスクがあります。

脂肪注入による施術の痛み

脂肪注入では、麻酔を施して行うので、施術中に痛みを感じることはありません。

局所麻酔を行う時に、針が刺さる痛みがあるくらいです。痛みに弱い人は、静脈麻酔を併用することで、無痛で寝ている間に脂肪注入を受けることも可能。

静脈麻酔を希望する場合には、直前の食事を抜いて施術し、施術後約30分の休憩が必要となるそうです。

施術後に痛みを感じる場合もあるので、施術後は鎮痛剤が処方されることも。医師の説明通りに服用することで、術後も痛みを感じることはほとんどないようです。

脂肪注入のダウンタイム

脂肪注入は、定着率を考慮して、少し多めに注入する場合が多いよう。そのため脂肪注入直後は1~2週間ほど腫れが見られます

腫れが引いた後も、脂肪の注入部分には、少し硬さが残りますが、3か月前後で柔らかくなるそう。

脂肪の採取部位も少し内出血や腫れが見られますが、2週間前後で引いていくそうです。

脂肪注入の相場費用

脂肪注入の費用相場はクリニックにより異なりますが、1回20~50万円ほど。

脂肪注入は、脂肪がうまく定着すれば1回でも効果は実感。

しかし、定着率を高めるため、施術を2回することをすすめるクリニックも。カウンセリング時に自分の希望と仕上がり具合を相談して検討しましょう。

こめかみ形成3:プロテーゼ挿入

目元をさわられる女性の写真

プロテーゼ挿入は医療用のシリコンでできたプロテーゼ(人工軟骨)をこめかみの凹みに挿入することで、こめかみをふっくらさせる施術法

プロテーゼは体内に挿入しても害はありません。挿入されるプロテーゼは、患者一人一人のこめかみの形に合わせて1mm単位で調整

さらに、施術中も個々に合わせて微調整しながらプロテーゼを完成させるので、もっとも理想に近い形にできる施術法だといわれています。

プロテーゼ挿入による施術の流れ

プロテーゼ挿入は切開を要する施術です。こめかみの生え際から後方の髪の毛の中を小さく切開するので、傷跡はほとんど目立ちません

  • 1:カウンセリング

こめかみの凹み具合の確認や施術の説明を行います。

ここで、気になることをしっかりと聞いておくことが失敗を無くすコツです。意思疎通をきちんと行っておきましょう。

  • 2:プロテーゼの調整

それぞれのこめかみの状態に合わせて1mm単位でプロテーゼを調整します。

  • 3:プロテーゼ挿入

局所麻酔を施した後、小さく切開してプロテーゼを挿入します。プロテーゼは筋肉の下に挿入するため、触っても分かりません。

切開した箇所を医療用のホッチキスのようなもので留めて施術完了です。

施術は30分ほど。切開を要する施術といっても、意外とすぐに終わるんだなという印象ですよね。

施術後は、施術から10日前後で、切開した箇所の抜鈎のため、再来院が必要となります。

プロテーゼ挿入による効果の持続期間

効果の持続期間がプロテーゼ挿入の最大のメリットいわれています。体内に吸収されることのないプロテーゼを挿入するため、効果は半永久的に持続

プロテーゼを交換する必要もないので、一度の施術で満足のいく結果であれば、ずっとその効果が続きます。

プロテーゼ挿入の施術の痛みとダウンタイム

施術中は、局所麻酔を施して施術するため、痛みを感じることはありません。また、痛みに弱い人は、静脈麻酔を使うことも可能。

ダウンタイムとしては、2週間前後の腫れが見られるようです。

品川スキンクリニック新潟院院長 武内大

手術ですので神経損傷を含め様々なリスクはありますが、形もオーダーメードにできて効果が半永久的というのは大きな利点ですね。

プロテーゼ挿入の費用相場

プロテーゼ挿入は、左右両方で50万前後が相場のようです。

1回の施術費用としてはもっとも高いですが、一度で半永久的な効果を得られることを考えると、ほかの施術と変わらないかもしれませんね。

こめかみ整形の失敗例

鏡を見る女性の写真

こめかみ整形では、凹んだ部分にヒアルロン酸や脂肪、プロテーゼを入れるため、「ふっくらしなかった」という失敗はないよう。

失敗として考えられるのは以下のようなこと。

自分が思っていた通りにならない=満足していない=失敗

例えば、こめかみが膨らみすぎて輪郭がいびつになってしまった注入を行う位置やプロテーゼを挿入する位置が微妙にずれてイメージが違うなどです。

ヒアルロン酸の場合には、1年程度で吸収されるので、「1年我慢すれば良い」という気持ちになれます。

しかし、脂肪注入やプロテーゼ挿入では修正するのは難しいです。

以下では、こめかみ形成による具体的な失敗例を紹介します。

失敗例1:自己脂肪注入でしこりが残ってしまった

自己脂肪注入の箇所でも軽く触れましたが、注入した脂肪がうまく定着しなかった場合、こめかみ部分で脂肪が壊死してしまい、しこりとして残ることも……。

小さなしこりであればそれほど気になりませんが、大きいまま固まってしまうと見た目にも悪いでしょう。

失敗例2:プロテーゼによる感染

クリニックは、衛生環境に気を付けた状態で施術を行います。感染症が起こることはほとんどありません。

しかし、なかには挿入したプロテーゼに菌が付いていたり、挿入する際に菌が入り込んでしまったりする場合もあるようです。

クリニックが衛生面に気をつけていることは、当たり前ではありますが、念のため口コミをしっかり調べるなどをしましょう。

こめかみの凹みはメイクでも隠せる!?

メイクをする女性の写真

こめかみの凹みは、クリニックでは改善を目指すことができますが、どれも手間や費用がかかるもの。

どの施術も検討中の人は、まずメイクでこめかみの凹みをカモフラージュをしてみませんか?

ハイライトを使用してふっくら感を!

そこで、メイクによって、こめかみの凹みにできた陰の部分に光を集めて、ふっくら感を取り戻しましょう!

凹んだこめかみには、ホワイトを差してふくらみ感を出すのがポイント。

方法は、とても簡単。スティック状の白いコンシーラーを凹んだこめかみに塗り、指でぼかすだけでOK!

こうするだけで凹んだ部分に光が集まって、膨らんだように見せることができます。

こめかみの凹みをふっくらさせて若々しい顔に!

笑顔の女性の写真

メイクで毎日隠すのはめんどくさい……。

でも、切ったり麻酔を使ったりしての施術には抵抗がある……。

こめかみが膨らむと、どのような輪郭になり、印象がどのように変わるのかを試すためにも、まずは、注射だけでお手軽なヒアルロン酸注入から始めてみることがおすすめです。

ヒアルロン酸だと長くても1年で吸収されます。変化をみて、脂肪注入をするかプロテーゼ挿入するかを考えてみるのも良いかもしれません。

品川スキンクリニック新潟院院長 武内大

少なくとも初めての方は溶かすことも簡単である手軽なヒアルロン酸注入が良いでしょう。

あわせて読みたい

いま話題の記事をまとめてチェック!おすすめの特集記事を紹介します。

お悩み別人気クリニック

東京

水の森美容外科 東京銀座院

銀座一丁目駅 6番出口より徒歩1分

詳しく見る

大阪

湘南美容外科クリニック 大阪梅田院

JR大阪駅より徒歩3分

詳しく見る

福岡

品川スキンクリニック 福岡院

西鉄天神大牟田線福岡駅「南口」より徒歩約5分

詳しく見る

NICOLYおすすめ:美容整形やってみたシリーズ

※ 記事の内容は、医学的な正確性、効能、効果を保証するものでなく、かつ、記事の利用においてはしかるべき資格を有する医師や薬剤師等に個別に相談するなど読者の責任において行ってください。

関連するキーワード

注目の記事

【大人気】ブログより詳しい!整形の痛みやダウンタイム・術後経過すべて見せます!美容整形体験レポートシリーズ

【大人気】ブログより詳しい!整形の痛みやダウンタイム・術後経過すべて見せます!美容整形体験レポートシリーズ

NICOLY編集部では、カウンセリングから術後経過までの画像がたっぷりの、美容整形体験レポートを公開しています。切らないプチ整形から、脂肪吸引まで読み応え十分。NICOLY編集部いちおしの記事です。随時更新中!

45792 views | 整形二重脂肪吸引脂肪溶解注射

カテゴリ一覧

この記事の監修者

この記事のライター

本日のアクセスランキング

いまNICOLYで人気の記事

話題のキーワード

いまNICOLYで話題になっているキーワード

専門家ライター募集

NICOLYで記事を執筆していただける医師を募集

NICOLYでは「コンプレックスで悩んでいる人を笑顔に」というビジョンのもと毎日記事を更新しています。信頼性の高い記事を出し続けるために、記事の執筆をしていただける医師を募集しています

専門家ライター募集フォーム

編集者募集

NICOLYで記事を編集してくれる編集者募集

NICOLYでは「コンプレックスで悩んでいる人を笑顔に」というビジョンのもと、一緒に働いてくれる編集者を募集しています。

編集者募集フォーム

関連する記事

この記事に関連する記事をピックアップ