NICOLY:)[ニコリー] コンプレックスの悩み解決・応援サイト

医師が教えるコンプレックス解決サイト
監修済記事:1025記事

メルマガ登録

2016年04月29日 更新 | 2,476 views

肉食女子はダイエットに成功しやすいし美しい

管理栄養士 若子みな美

この記事は、管理栄養士 若子みな美が監修しています。

ダイエットや美容の敵と思われがちな肉。でも赤身肉には脂肪燃焼や美肌・美髪や貧血防止などさまざまな効果があります。食べる部位と食べ方さえ間違わなければ、ダイエットや美容の強い味方になります。肉を食べるときは赤身肉を選び、加熱調理とシンプルな味付けでいただきましょう。くれぐれもご飯と一緒に食べないでください。太ります。

「ダイエット中なので炭水化物と肉をガマンしてます!」

という女子は多いです。糖質を多く含む炭水化物をガマンするのはわかりますが、なぜ肉までガマンしてしまうのでしょうか。

肉はその見た目からかダイエットや美容の敵と思われがちです。でも、あなたの身体についている肉(脂肪)と食べる肉は違います。

肉はダイエットや美容の敵どころか、正しい部位と調理方法で食べれば味方になってくれる、心強い食材なのです。

肉があなたのダイエットと美容をサポートする6つの理由

肉をバーベキューで焼いている出典:pexels

1. 肉は美しい肝臓を作り、肝臓は美しい身体をつくる

「身体の中の工場」と言われる肝臓は、摂取した栄養素を代謝し、皮膚や筋肉などの身体の素を作ったり、老廃物を処理する役割があります。美容に欠かせない肝臓ですが、ちゃんと役割を果たすためには良質なタンパク質が必要です。

肉には体内で合成できない必須アミノ酸9つをふくむ良質なタンパク質が豊富なので、肉を食べることで肝臓が生まれ変わるために必要なタンパク質を供給してあげましょう。

ちゃんと肉を食べて良質なタンパク質を肝臓に送らないと、お肌や筋肉の質が落ちてしまいます。

2. 肉を食べる = エネルギーを消費する運動

とても高級な肉でない限り、肉はよく噛んで食べます。この噛むこと自体が、カロリーを消費します。

また、肉を食べた後は少しポカポカしませんか? これは、食べたものを消化吸収することにエネルギーが使われ、体内の代謝が上がることで起こります。この『食べるだけ』で消費されるエネルギーのことを、『食事誘発性熱産生(DIT)』といいます。

DITは栄養素により高いものと低いものがあり、タンパク質は炭水化物と脂質に比べDITが高いため、タンパク質の多い肉を食べると、消費エネルギー量が増え、代謝がアップします。

3. 肉をもって脂肪を制す

美ボディの天敵、余分な脂肪。その脂肪燃焼に欠かせない栄養素"L-カルニチン"がお肉には豊富に入っているので、肉はダイエットの敵「脂肪」ではなく味方なんです。

肉の赤身にはL-カルニチンが多く入っているので、赤身肉を積極的に食べましょう。野菜だけ食べていても、L-カルニチンをとらないと脂肪は速く燃焼してくれませんよ。

4. 貧血でクラッを防ぐのも肉

肉の赤身に含まれるヘム鉄は、体内でヘモグロビンの材料になります。ヘモグロビンは酸素を身体中に運んでくれる大切な存在で、ヘモグロビンが少なくなると貧血になってしまいます。

肉をしっかり食べれば健康なヘモグロビンがたくさん作られ、血行が良くなりお肌の色もキレイなピンク色になります。

5. ツルツル美肌は肉のおかげ

美肌に欠かせないビタミンB群やビタミンE、野菜に多そうな印象ですよね。安心してください、はいってますよ。特に豚肉に多く含まれるビタミンB群は肌荒れを防止してくれるのでオススメです。

肉を食べすぎるとニキビができやすい...と思われがちですが、それは脂のせいです。肉は種類や料理方法を正しく選ばないと、知らないうちに脂を多く摂ってします食べ物なのです。

6. サラサラ美髪も肉のおかげ

髪の毛の99%はケラチンというタンパク質でできていて、ケラチンは亜鉛によって作られています。もちろん肉には亜鉛がたっぷり。

肉を食べ過ぎると髪がテカテカする...と思われがちですが、それは肉と一緒に脂をたくさん食べているから。

肉が悪いのではなく、あなたが選んで食べて肉が悪いのです。

美人は知っている、食べるべき肉

肉にフォークを刺している出典:pexels

脂身より赤身

肉を食べることがなぜダイエットや美容に良いかについて紹介したときに、赤身をオススメしました。肉の赤色はヘム鉄が多く含まれている証拠です。

赤身は脂身が少なく低カロリー高タンパク。なるべく脂身の少ない赤身か、脂身を取り除けるような肉(豚肉ロースなど)を選びましょう。他にも、

  • 鉄分と亜鉛をたくさんとりたいなら牛肉のモモ・ヒレ肉
  • 美肌や疲労回復がしたいなら豚肉のモモ・ヒレ肉
  • カロリー気にしてダイエットしてるなら鶏肉の皮以外
  • 脂肪燃焼ならL-カルニチン含有量トップの羊肉

肉の種類によってダイエットや美容効果が違ってきます。食べる肉を選ぶときの参考にしてくださいね。

牛ひき肉や加工食品には注意

よく失敗してしまうのは、肉は美容やダイエットに良いからと牛ひき肉を使った料理を食べてしまうことです。

牛ひき肉をよく見ると脂がたくさん練りこまれています。これではカロリーが高くなり脂もたくさん摂ってしまいますし、噛む回数も減り、DITも低くなるので注意してください。

また、ウィンナーやソーセージには保存料や糖分が含まれているのでカロリー高めです。肉を食べるなら加工されたものではなく、モモやヒレのように肉本来の形がわかりやすい食材にしましょう。

食べ方に気をつけて肉食美人になる

鶏肉ランチ出典:pexels

どの肉を食べればいいかがわかったら、あとはどうやって食べるかを知りましょう。肉食美人まであと一歩です。

野菜と汁物を先に食べる

焼肉を食べる前に、はじめにサラダ、次にわかめスープを飲んでる人を見かけたことがありませんか?

これが大正解なんです。肉を食べる前に食物繊維と汁物で胃をコーティングすることで、脂肪の吸収を抑えることができます。

なので肉を食べる前に野菜や汁物をいただくことで、肉を食べたあとも脂から身を守ることができます。

余分な脂を落とす調理方法で料理する

肉は加熱調理することで余分な脂を落とすことができます。しゃぶしゃぶや焼肉・ステーキは余分な脂が落ちてヘルシーになりますよ。

ただし、しゃぶしゃぶでは脂と一緒に水溶性のビタミンも落ちてしまうのでもったいない。。。また、最後の〆で雑炊などスープがしみこんだものを食べてしまうと、せっかく落ちた脂を摂ってしまうことになります。

焼肉・ステーキはしゃぶしゃぶよりも高熱でより多くの脂を落としてくれるので、肉を食べたいときは焼肉・ステーキが一番オススメです。

肉にタレやソースをかけない

焼肉・ステーキがオススメなのですが、タレ・ソースには気をつけてください。肉がヘルシーでもタレ・ソースのカロリーや糖分が高い場合があります。

砂糖やマヨネーズなどカロリーの高いものを避けて、塩コショウやマスタード、にんにくやおろし生姜でいただきましょう。

脂身のことは嫌いになっても、赤身のことは嫌いにならないでください!

皿の上の肉出典:pexels

肉は敵ではなくダイエットや美容の強い味方だとわかっていただけたでしょうか。食べる部位と食べ方に気をつければ、肉はあなたの身体をより良くしてくれます。

日頃から積極的に肉を食べることで、あなたも美しい肉食女子になりませんか?

ステーキを使った驚きのダイエット企画はこちら↓ 『「いきなりステーキ」を食べて15キロ減量に挑戦!ダイエット企画が面白い

images via ShutterStock

written by ヤス

NICOLY:)編集部員がメディカルダイエットに挑戦!

※ 記事の内容は、医学的な正確性、効能、効果を保証するものでなく、かつ、記事の利用においてはしかるべき資格を有する医師や薬剤師等に個別に相談するなど読者の責任において行ってください。

関連するキーワード

注目の記事

【大人気】ブログより詳しい!整形の痛みやダウンタイム・術後経過すべて見せます!美容整形体験レポートシリーズ

【大人気】ブログより詳しい!整形の痛みやダウンタイム・術後経過すべて見せます!美容整形体験レポートシリーズ

NICOLY編集部では、カウンセリングから術後経過までの画像がたっぷりの、美容整形体験レポートを公開しています。切らないプチ整形から、脂肪吸引まで読み応え十分。NICOLY編集部いちおしの記事です。随時更新中!

44250 views | 整形二重脂肪吸引脂肪溶解注射

カテゴリ一覧

この記事の監修者

この記事のライター

本日のアクセスランキング

いまNICOLYで人気の記事

話題のキーワード

いまNICOLYで話題になっているキーワード

専門家ライター募集

NICOLYで記事を執筆していただける医師を募集

NICOLYでは「コンプレックスで悩んでいる人を笑顔に」というビジョンのもと毎日記事を更新しています。信頼性の高い記事を出し続けるために、記事の執筆をしていただける医師を募集しています

専門家ライター募集フォーム

編集者募集

NICOLYで記事を編集してくれる編集者募集

NICOLYでは「コンプレックスで悩んでいる人を笑顔に」というビジョンのもと、一緒に働いてくれる編集者を募集しています。

編集者募集フォーム

関連する記事

この記事に関連する記事をピックアップ