NICOLY:)[ニコリー] コンプレックスの悩み解決・応援サイト

医師が教えるコンプレックス解決サイト
監修済記事:1022記事

メルマガ登録

2016年11月21日 更新 | 195 views

プチ整形でどこまで肌はきれいになれる?メスを使用しない施術まとめ

シミ・しわ・たるみ・ニキビ跡・ほうれい線など、肌トラブルはプチ整形で解消が目指せます。美肌効果が期待できるプチ整形では、美容レーザーや注射、高周波施術など。どれも、ダウンタイムが短く費用を抑えて施術ができます。肌の悩みごとに施術方法を選びましょう。

シミやニキビ跡のセルフケアには手間も時間もかけたけど、なかなか効果が感じられない……。

「整形したら治るのかな?」と思っても整形はハードルが高いもの

「もっと手軽で、費用も安いプチ整形で肌トラブルが改善できたら良いな。」

……と、いうことで、あまり難しくなく悩みを解消してくれそうなプチ整形について調べてみました。

目次

肌の悩みを解消してくれるプチ整形ってあるの?

下をみる女性の写真

整形よりも簡単に少しだけできるイメージがあるプチ整形

整形とプチ整形の違いとは、簡単にいうとメスを使わない施術であること。

プチ整形と聞いて思いつくのは「二重まぶた」にすることや「鼻を高くする」ことが多いようですが、シミやニキビ跡の肌の悩みもプチ整形では解消できるようです。

プチ整形でできる肌の悩み解消とは

プチ整形では肌や顔のどのような悩みが解消できるのでしょうか?

プチ整形は、ヒアルロン酸を注入したりボトックス注射をしたり美容レーザーを使用するなどメスを使用しない施術となります。

このような施術方法ではおもに以下の悩みに効果が期待できそうです。

【 プチ整形で期待できる美肌効果 】

  • シミを改善
  • シワを取る
  • ニキビ跡を改善
  • たるみを改善
  • ほうれい線を改善
  • 二重まぶたにする
  • 鼻を高くする
  • 豊胸
  • 小顔にする

プチ整形のメリット

プチ整形をすることのメリットとは、おもに以下のことが挙げられます。

【 プチ整形のメリット 】

  • メスを使わないため比較的試しやすい
  • 施術時間が短い
  • 施術によっては価格もお手頃
  • ダウンタイムが短い

:) ダウンタイムとは?

ダウンタイムとは美容クリニックでの施術後から腫れやむくみ、赤みなどが起こり、それが治るまでにかかる期間のこと。

施術内容や個人差があり、日常生活に戻れる期間は1日~数週間程度かかる場合があります。

プチ整形のデメリット

メリットの多い、プチ整形ですが反対にデメリットも……。プチ整形のデメリットは、以下のようなことが挙げられます。

【 プチ整形のデメリット 】

  • 施術によっては数回の通院が必要
  • 永久的な効果ではないことが多い
  • 定期的に通うことで費用がかさむ

整形手術より費用が少なく済むとはいえ、お金はかかります。施術によっては一定の期間が過ぎると効果を実感することはできなくなることも。

手軽なことがプチ整形の良いとはいえ、安い費用に飛びつくなどして、簡単に施術をうけると思わぬ失敗が起こることもあります。

施術の際にはカウンセリングをきっちりと受けて信用のできるクリニックと腕のよいドクターにお願いしましょう。

美容クリニックで受ける肌のプチ整形

カウンセリングをうける女性の写真

肌や顔の悩みにプチ整形がよさそうということがなんとなくわかってきましたが、プチ整形って具体的にどのような施術をするのでしょうか?

ここでは、肌のプチ整形について、肌の悩みごとにクリニックでのおすすめ施術を紹介します。

デメリットや副作用、施術の時間とおおよその費用もあわせて紹介をしますので、美容クリニックに行ってみたいけど、どのようなことをするのか不安な人はぜひ参考にしてみてくださいね。

肌のプチ整形その1:シミの場合……

そばかすがある女性の写真

シミの原因はいくつかありますが、おもにメラニン色素が過剰に作られたことや、ニキビ跡などが関係しています。

また通常であれば日焼けをしても肌が新しく生まれ変わりシミにはならないものが、肌のターンオーバーが妨げられメラニン色素がシミになってしまうことも。

ターンオーバーとは肌の新陳代謝のこと。ターンオーバーの乱れにはストレスや睡眠不足などの原因があります。

シミは全て同じように見えますが、原因を考えると種類はさまざま。しっかりとした観察眼を持った医師に診察をしてもらいましょう。

カウンセリングをしっかりと受けたうえで、いくつかあるシミのプチ整形の方法から、自分にあった施術を選びましょう。

フォトフェイシャル  

フォトフェイシャルとはIPL(インテンス・パルス・ライト)という光を使った施術方法です。

レーザー施術のような一点に照射する方法とは異なり、顔全体に照射するので、シミだけではなく、小じわやくすみ、ニキビ跡などにも一度に照射、治療が可能です。

いくつか悩みがある場合には一度に施術をすることができるので、プチ整形の入門としては適しているといえるでしょう。

施術方法

  • メイクを落とし肌の汚れを洗顔します。 
  • 専用のジェルを塗ります。
  • IPL光線を10分程度照射します。
  • 洗顔や冷却をして終了。

デメリットや副作用

施術中は、ゴムで弾いたような痛みを感じます。

痛みが心配な場合は、カウンセリングの際に相談をしてみましょう。ダウンタイムについては、ほぼないといわれていますが、施術後に顔の赤みやほてりを感じる場合があります。

施術時間

約15~30分。3週間に1度、5回以上の施術がおすすめです。

施術費用

クリニックにより異なりますが、1回につき10,000〜50,000万円程度。

ケミカルピーリング  

ケミカルピーリングは肌にフルーツ酸(AHA)サリチル酸マクロゴール(BHA)といわれる酸性のピーリング剤といわれる薬剤を塗布し古い角質をはがして肌のターンオーバーを促す施術法です。

肌の新陳代謝が高められるので、シミやくすみだけではなく小じわにも効果があるといわれています。

痛みや効果は、使用するピーリング剤により異なります。またクリニックにより使用するピーリング剤は違いますので、カウンセリングの際に使用する薬剤や効果について確認をしましょう。

施術方法

  • メイクを落とし肌の汚れを洗顔します。
  • ピーリング剤を塗って5~10程度放置します。
  • 肌の状態を確認し、中和剤を塗布します。
  • 洗顔をして終了。

デメリットや副作用

痛みは使用するピーリング剤によって異なりますが、ピリピリする程度といわれています。

ダウンタイムはほとんどありませんが、ピーリング後は肌に負担がかかっているため、乾燥に注意し保湿をしっかりすることと、紫外線対策をしっかりと行いましょう

紫外線対策が不十分だとピーリングが原因のシミができてしまう場合もあります。

施術時間

約30分。2~3週間に1度、5~6回程度の施術が効果的。

施術費用

クリニックにより異なりますが、1回につき5,000~15,000円程度。

肌のプチ整形その2:ニキビ跡の場合……

ニキビをつぶす女性の写真

ニキビがせっかく治ってもニキビ跡が原因のシミや色素沈着ができたり、ニキビ跡が凹凸になってしまったりするとセルフケアでの改善は難しいもの

セルフケアでは治らないニキビ跡には、クリニックでのレーザー施術を試してみることをおすすめします。

ひとくちにレーザー施術といってもレーザーの種類もさまざま。それぞれ特色や効果が異なりますので、どのレーザーが自分の状態にあっているのか、カウンセリングを受けながら選びましょう。

Qスイッチレーザー  

Qスイッチレーザーでの施術は、ニキビ跡のシミや色素沈着、またほくろの除去に効果が望めるようです。

施術はレーザーで肌のメラニンのみを分解してシミや色素沈着を消していきます。そのため、周辺組織への熱影響を最低限にとどめるのです。

ニキビ跡のシミや色素沈着には効果が期待できるのですがクレーターのような凹凸のあるニキビ跡には効果がありません。

Qスイッチレーザーにはそれぞれ波長や出力の異なる以下の3つのレーザーがあります。

  • Qスイッチアレキサンドレーザー
  • Qスイッチルビーレーザー
  • QスイッチYAGレーザー

これらの3つのレーザーでは、「QスイッチYAGレーザー」が新しく、出力も高いのですが、高出力だからといって、いちばん効果があるというものでもないようです。

クリニックによって取り扱っているレーザーが違いますので、カウンセリングで肌の状態にあったレーザーを選ぶようにしましょう。

施術方法

  • メイクを落として肌の汚れを洗顔します。
  • レーザーを1分~数分程度、照射します。
  • アフターケアをして終了。

デメリットや副作用

レーザーを照射した際に、輪ゴムで弾いたような痛みを感じるようです。痛みが心配な場合はあらかじめ医師に相談をしましょう。

施術後は、赤みや日焼けのようなひりひりとした痛みを感じるようになることも。その後、かさぶたができますが、3日~1週間前後で自然と剥がれます。しばらくは医療用テープを使用し、メイクは医療用テープの上からのみです。

かさぶたが剥がれた後も紫外線対策はしっかりする必要があります。

施術時間

施術は数分~15分程度。症状により異なりますが1回の施術で薄くならない場合は、3か月以上の間隔を開けて再照射。皮膚の深い部分のしみの場合は3~5回程度施術を受けることが多いようです。

施術費用

1cmのシミで、10,000~30,000円程度。

フラクショナルCO2レーザー  

フラクショナルCO2レーザーとは、高出力のレーザーを照射することにより目には見えない小さな無数の孔を肌にあけます。損傷を受けた肌は自己回復するために、コラーゲンを増産し肌を自己修復していくのです。

施術するごとに肌は少しずつ新しい皮膚に入れ替わるので、肌を入れ替える方法ともいわれています。

1回施術するごとに入れ替わる肌は10%程度です。

フラクショナルCO2レーザーによる施術では、ニキビ跡以外にもシミ、しわ、たるみの改善が期待できます。

施術方法

  • メイクを落とし肌の汚れを洗顔します。 
  • 表面麻酔をして、5~10分程度レーザーを照射。
  • 肌をクーリングして終了。

デメリットや副作用

照射時にチクチクとした痛みを感じます。表面麻酔をしますが、痛みが心配な場合はカウンセリングの際に医師に相談しましょう。

ダウンタイムは1週間程度

ダウンタイム期間中は赤みやヒリヒリした痛み、肌に熱を感じたり肌がざらざらとすることも。痛みや赤みには個人差がありますが3日程度でおさまります。

施術時間

施術は10~30分程度。1か月間隔をあけて、4~5回の施術が効果的です。

施術費用

クリニックにより異なりますが、1回につき20,000~40,000円程度です。

肌のプチ整形その3:しわの場合……

おでこのしわを気にする女性の写真

しわの原因は乾燥や紫外線など。保湿や紫外線対策だけでは防ぎきれなかったしわにはプチ整形での施術が効果的とされます。

しわには、ヒアルロン酸注射やボトックス注射が有名ですが、ほかにもプラセンタやコラーゲンなどの注射があります。それぞれ特性がありますので、施術前にクリニックでよく相談をしてみましょう。

美容注射以外にもしわに効果が期待できる施術はいくつかありますが、レーザーなど機械や器具を使用した施術になります。

ボツリヌストキシン(ボトックス)注射  

美容注射はいくつかありますが、眉間の縦じわや表情しわに効果が期待できるのが「ボツリヌストキシン注射」。Aボツリヌス菌毒素を使った施術です。

一般的に「ボトックス」とよく耳にしますが、ボトックスはアメリカのアラガン社の製品名。Aボツリヌス菌毒素を使った施術の総称はボツリヌストキシンといわれ、製剤名が「ボトックス」です。

ほかにも韓国製の「ニューロノックス」、イギリスの「ディスポート」がありますが製剤により、安全性に問題があったり臨床結果がなかったりなどがあるようです。

クリニックによって使用する製剤は異なりますので、安全な製剤を使用しているか確認のうえに施術を受けましょう。

施術方法

  • カウンセリング
  • 麻酔クリームの塗布。(クリニックによっては別途有料)
  • ボトックスを注入します。5~10分程度。
  • アイシングをして終了。

デメリットや副作用

個人差はありますが、施術後の腫れや内出血を起こす場合も。施術後の効果は3~6か月程度。その後はほぼ元にもどります。

人体への使用について安全性は確認をされていますが、Aボツリヌス菌毒素を使用しているので精子や卵子に悪影響が考えられる場合もあり、投与の後は男性女性とも3か月程度の避妊が必要といわれています。

施術時間

施術は10分~30分程度。3か月以上の間隔をあけて1年に2~3回の施術を受ける人が多いようです。

施術費用

クリニックにより異なりますが、1回につき1,000~10,000円と幅があります。

トリニティ  

トリニティとはRF治療器である「e-max」という機械を使用して、フォトRF(SRA)、リファームRF、マトリックスIRの3つを組み合わせた施術をすることです。

フォトRF(SRA)はシミ、そばかす、肌のきめを調えるなど、リファームRFは肌のリフトアップ、たるみ、マトリックスIRは、しわ、毛穴の引き締めに効果があるといわれています。

この3種類の施術方法を組み合わせることにより効果的な施術が可能に。

またトリニティには「e-max」の後継機である「ePlus」を使用した「トリニティ・プラス」もあり、トリニティより一歩進んだ施術が可能です。

施術方法

  • メイクを落として肌の汚れを洗顔します。
  • ジェルを塗布します。
  • フォトRFを照射します。
  • リファームSTを照射します。
  • マトリックスIRを照射します。
  • ジェルを洗顔で落として終了。

クリニックによっては施術を2回に分けて行う場合も。その場合はフォトRFの照射後、2週間後にリファームST、マトリックスIRを照射します。

デメリットや副作用

クリニックによっては、施術を2回に分けるうえに、3~5回以上の施術で効果が現れるため複数回の通院が必要になります。

施術中の痛みについて、ファームSTではゴムで弾かれたような痛みがありますが、リファームRF、マトリックスIRではあまり痛みは感じないようです。

トリニティ施術後のダウンタイムは個人差はありますが、ほぼないといわれています。ただし、施術後の紫外線対策はしっかりしましょう。

施術時間

施術時間は、肌の状態にあわせて30~90分程度。3~4週間に1回。3~5回の施術が必要です。

施術費用

1回につき60,000~80,000円程度。3~5回のセット費用がある場合もあります。

肌のプチ整形その4:たるみの場合……

頬をさわる女性の写真

たるみは加齢による肌の老化現象だといわれています。

マッサージや顔の体操ではリフトアップにも限界が……。メスを使わずにできるプチ整形でお顔をリフトアップさせましょう。

ヒアルロン酸注入なども簡単に取り入れることのできるたるみ改善の方法ですが、機械を使用したたるみ改善のための施術がより効果を長く感じられるそうです。

タイタン  

タイタンは近赤外線光を利用して熱を発生させ真皮の水分を加熱させます。このことによりコラーゲンを収縮させるため引き締め効果が高い施術方法といわれているのです。

またコラーゲンをつくる繊維芽細胞にも刺激をあたえます。そのため、コラーゲンが新しく増やされるので、肌は長期的に潤いや引き締めを実感できるようです。

熱を照射しますが、冷却しながら照射をすることにより痛みなどはほとんど感じられません。ほうれい線やたるみに効果が期待できます。

施術方法

  • メイクを落として肌の汚れを洗顔します。 
  • 冷却ジェルを塗布します。
  • タイタンを30~40分程度照射します。
  • 終了後はすぐにメイクして帰宅が可能です。

デメリットや副作用

この施術は、痛みやダウンタイムはほとんどない施術方法です。しかしそのぶん、高周波を照射するサーマクールよりは効果がすこし劣ります。

施術後の効果は個人差がありますが3~6か月程度で、長くリフトアップを維持するためには複数回の施術が必要なことも。

施術時間

施術時間は30~60分程度。月に1度、3~4回の施術を受ける人が多いようです。

施術費用

クリニックより異なりますが、1回につき20,000~100,000円程度。

サーマクール  

サーマクールは高周波を使った治療器です。この高周波は真皮から皮下組織に熱エネルギーを加えます。

熱によりダメージを受けた肌は自己再生するためコラーゲンを再構築。そのため肌のたるみ、ほうれい線の改善と引き締めに効果が期待できます

サーマクールの施術には痛みがあるといわれてきましたが、治療器も進化し、第三世代のサーマクールCPTは従来のサーマクールと比較すると痛みが大きく軽減しているようです。

施術方法

  • メイクを落として肌の汚れを洗顔します。 
  • 麻酔クリームの塗布。(クリニックによっては麻酔なし)
  • 施術ポイントにマーキング。
  • サーマクールを20分~60分程度照射します。
  • 洗顔して終了。

デメリットや副作用

ダウンタイムはほとんどないといわれていますが個人差はあります。施術後に赤みや腫れがでたりする場合も。また施術後の紫外線対策はしっかりとする必要があります。

施術後の効果は一般的に6か月~1年程度といわれています。

施術時間

施術時間は、1~2時間程度です。

施術費用

クリニックにより異なりますが、費用は、400ショットで80,000~300,000円程度です。

肌のプチ整形その5:ほうれい線の場合……

ほうれい線の写真

口元のほうれい線は個人差があり20代から気になり始める人もいます。

ほうれい線ができるととたんに年齢より老けてみえますので、セルフケアや口元の体操などで改善ができない場合は、早めに施術をして悩みをなるだけ早く解消しましょう。

ほうれい線のプチ整形には、ヒアルロン酸注入レーザー施術高周波施術が効果的といわれています。

ヒアルロン酸注入  

ほうれい線に直接ヒアルロン酸を注入することにより、しわをふくらませ、ほうれい線やしわを目立たなくさせる効果が期待できます。

ヒアルロン酸にもいくつか種類があり粒子の大きさや効果がそれぞれ異なりますので、使用するヒアルロン酸を医師に相談、確認して注入することがおすすめ。

また「ジュビダーム ビスタ ウルトラ」「レスチレン」「パーレーン」などは厚生労働省の認可を受けているので安全性は高いようです。

施術方法

  • ヒアルロン酸を注入します。
  • メイクを落として肌の汚れを洗顔します。 
  • 麻酔クリームの塗布。(施術部位やクリニックによっては麻酔なし)
  • ヒアルロン酸注入(5分~10分程度)。
  • 終了。

クリニックによってはヒアルロン酸をなじませるマッサージやクーリングをします。

デメリットや副作用

内出血や皮下出血をする場合がありますが1~2週間程度で自然と治ります。

また、注入後は、注入した場所が目立ってしまう場合も。仕上がりが気に入らないときは、ヒアルロン酸を分解する薬もあります。

またまれに、何度も注射をしているとその部分の皮膚にしこりができる場合があるとの報告があるようです。

デメリットを理解して、腕のよいドクターに施術をしてもらいましょう。

なおヒアルロン酸注入をしたほうれい線は3~6か月程度で元の状態に戻ります。持続をさせるためには、3~6か月ごとのヒアルロン酸注入が必要です。

施術時間

施術時間は、20分~40分程度

施術費用

クリニックにより異なりますが、一回50,000~150,000円程度。

ウルセラ

ウルセラは超音波によりいままでは手術でしか届かなかった皮下の深い層であるSMAS層(表在筋膜)までアプローチしリフトアップする治療器です。

SMAS層はたるみの根本原因ともいわれています。

このSMAS層に直接熱を加えることにより筋膜のタンパク質の一部にダメージを与えます。

ダメージを受けたSMASが収縮し引き上げられ、その過程でコラーゲンを大量に生成して、さらに肌の引き上げ効果が期待できます。

施術方法

  • メイクを落として肌の汚れを洗顔します。 
  • ジェルを塗布。
  • ウルセラを30~60分程度照射します。
  • 終了。

デメリットや副作用

ダウンタイムはほとんどないといわれていますが個人差はあります。施術後に赤みや腫れがでたりする場合もありますが数日でおさまるよう。

施術後の効果は一般的に6か月~1年半程度といわれています。

施術時間

施術時間は、1~2時間程度

施術費用

クリニックにより異なりますが、顔全体で20~40万円程度。

プチ整形を取り入れて肌の悩みを解消しよう!

頬に化粧水をつける女性の写真

プチ整形=二重まぶた、鼻を注射で少し高くするなどなど、顔の形を変えることだけではありません。

メスを使わずに施術できるプチ整形では、肌のシミ、ニキビ跡、しわ、たるみなどの改善も期待ができるのです。

プチ整形により肌がきれいにあたらしく生まれ変わることで、印象も変わって気持ちも新しくできるならチャレンジするのも悪くないって思いませんか?

整形ほど難しくはない、肌のプチ整形で肌の悩みをなくしましょう。

シミ・そばかすの美容医療の地域別人気クリニック

東京

水の森美容外科 東京銀座院

銀座一丁目駅 6番出口より徒歩1分

詳しく見る

大阪

水の森美容外科 大阪院

谷町線東梅田駅より徒歩4分

詳しく見る

福岡

湘南美容外科クリニック 福岡院

天神南駅より徒歩約1分

詳しく見る

NICOLYおすすめ:美容整形やってみたシリーズ

※ 記事の内容は、医学的な正確性、効能、効果を保証するものでなく、かつ、記事の利用においてはしかるべき資格を有する医師や薬剤師等に個別に相談するなど読者の責任において行ってください。

関連するキーワード

注目の記事

【大人気】ブログより詳しい!整形の痛みやダウンタイム・術後経過すべて見せます!美容整形体験レポートシリーズ

【大人気】ブログより詳しい!整形の痛みやダウンタイム・術後経過すべて見せます!美容整形体験レポートシリーズ

NICOLY編集部では、カウンセリングから術後経過までの画像がたっぷりの、美容整形体験レポートを公開しています。切らないプチ整形から、脂肪吸引まで読み応え十分。NICOLY編集部いちおしの記事です。随時更新中!

43800 views | 整形二重脂肪吸引脂肪溶解注射

カテゴリ一覧

この記事のライター

本日のアクセスランキング

いまNICOLYで人気の記事

話題のキーワード

いまNICOLYで話題になっているキーワード

専門家ライター募集

NICOLYで記事を執筆していただける医師を募集

NICOLYでは「コンプレックスで悩んでいる人を笑顔に」というビジョンのもと毎日記事を更新しています。信頼性の高い記事を出し続けるために、記事の執筆をしていただける医師を募集しています

専門家ライター募集フォーム

編集者募集

NICOLYで記事を編集してくれる編集者募集

NICOLYでは「コンプレックスで悩んでいる人を笑顔に」というビジョンのもと、一緒に働いてくれる編集者を募集しています。

編集者募集フォーム

関連する記事

この記事に関連する記事をピックアップ