NICOLY:)[ニコリー] コンプレックスの悩み解決・応援サイト

医師が教えるコンプレックス解決サイト
監修済記事:1036記事

メルマガ登録

2016年12月09日 更新 | 308 views

切らずにリフトアップ?深刻なほうれい線には「ウルセラ」

「ほうれい線」はスキンケアにより悪化防止はできても、完全になくすことは難しいとされています。しかし、最新の超音波治療「ウルセラシステム」では、特殊な超音波を照射することで皮膚や筋肉を引き上げ、しわやたるみを改善に導くことができるかもしれません。

25歳を境に、少しずつ気になり始めるお肌のコンディション。浮き出てくる「ほうれい線」に悩んでいる人もいるのではないでしょうか?

スキンケアによってほうれい線の悪化防止はできても、完全に除去できるわけではありません。しかし、最新の超音波治療「ウルセラシステム(ウルセラ)」なら、マイナス10歳肌も夢じゃないかも!

この記事では、ウルセラの施術方法についてくわしく紹介しますね。

ほうれい線の原因とメカニズム

頬のしわを気にする女性

ウルセラの説明に入る前に、まず私たちの「ほうれい線」がどのようにできるのかを見ていきましょう。

ほうれい線は、25歳から30歳にかけて気になる人が多いよう。ですが一般的に、ほうれい線は「赤ちゃんのころから存在するもの」といわれているのです。

幼少期〜20代前半のころは、肌の水分量や弾力を保とうとする「コラーゲン」や「エラスチン」がしっかりしている状態で、ほうれい線もそれほど目立ちません。しかし、20代後半を境にコラーゲンやエラスチンが減少してくると、ほうれい線が次第に目立つようになるのです。

ほうれい線の最大の原因は加齢による「たるみ」

ほうれい線がくっきりしてくる最大の原因は、加齢に伴うたるみ

頬を支える筋肉である「大頬骨筋(だいきょうこつきん)」「小頬骨筋(しょうきょうこつきん)」「上唇挙筋(じょうしんきょきん)」が衰えると、頬を支えることができません。そして、たるみが生じることでほうれい線に深い溝や影ができ、線がより目立ってしまうのです。

長年の不規則な生活習慣や紫外線も、ほうれい線の原因に

肌荒れや乾燥肌は、長年の不規則な生活習慣や紫外線によって引き起こされます。すると、肌を支えている「コラーゲン腺維」「エラスチン腺維」が減少し、「表皮じわ(別名:ちりめんじわ)」を生じさせてしまうことも。

また、皮膚の真皮層に存在するコラーゲンは、心理的なストレスに影響されるといわれており、若い世代からほうれい線に悩まされることもあるのです。

ほうれい線を目立たなくさせるウルセラシステム

ウルセラを受ける女性

セルフケアでは限界のあるほうれい線対策。根本からほうれい線を除去したいなら、超音波治療によるウルセラシステム(ウルセラ)がおすすめです。

ウルセラシステムとは

ウルセラシステムとは、特殊な超音波エネルギーHIFUを治療部位に照射し、皮膚の真皮層より下に存在するSMAS筋膜にまでエネルギーを届け、皮膚や筋肉の引き上げを図ることでしわやたるみを改善へと導く方法

メスを用いないため、「切らないリフトアップ」ともいわれています。

ウルセラに期待される効果

ウルセラでは、特殊な超音波エネルギー、高密度焦点式超音波(HIFU)をSMAS筋膜に直に照射することで、皮膚や筋肉を直接的に引き上げ、引き締める効果が期待できます。

また、HIFUによって人間に本来備わっている「創傷治癒能力」が刺激され、コラーゲンが生成されることに。これにより、リフトアップだけでなく皮膚の弾力が増し美肌効果を得られるそうです。

そして、術後1か月〜2か月かけて、しわやたるみを緩やかに改善していくとされています。

コスメディカルクリニックシンシア 総院長 又吉秀樹

「高密度焦点式超音波」(high-intensity focused ultrasound:HIFU)は、超音波を、より強力にし、かつ虫眼鏡のように凹面のレンズから一定距離のある一点に集中させることができるようになりました。

元々は肝臓に転移した悪性腫瘍を焼灼するなどの目的で使用されていました。

これを若返りのために応用したのがウルセラです。

ウルセラでは瞬間的にSMASを点状に75度まで加熱します。
SMASは点状に75度まで加熱されると強く収縮する性質を持っており、これが若返りにつながるのです。
(なおHIFUでは焦点から外れた部位では超音波密度が低いので、焦点領域以外の組織には熱による損傷がほとんど見られません。)

持続期間・通院回数

ウルセラの効果の持続期間は、6か月〜12か月といわれており、半年に1回は通院がおすすめです。

費用

クリニックによって、ウルセラによる施術部位や施術料金が異なります。たとえば……

  • 青山セレスクリニック頬、目の下、眉の上、こめかみの部位全体24万円

  • 東京美容皮膚科頬、顎下18万円

がおよその相場に。

コスメディカルクリニックシンシア 総院長 又吉秀樹

コスメディカルクリニックシンシア銀座院では、全顔(頬・目の下・眉上・こめかみ)で20万円となっています。

継続して行ってもらうため価格を抑えています。

ダウンタイム

ウルセラ施術後のダウンタイムは、ほとんどないといわれています。

皮膚に赤みが生じることもありますが、1週間ほどでおさまるケースがほとんどだそう。もしも1週間程度腫れが続いたなら、スキンケアに気を遣う必要もあるでしょう。

コスメディカルクリニックシンシア 総院長 又吉秀樹

ウルセラは神経が密集しているSMAS層を焼灼しているので効果のある出力で照射すると「強い痛み」があります。

また、麻酔クリームはSMAS層まで浸透しないのでほとんど効果はありません。

コスメディカルクリニックシンシアではウルセラの最大効果を目指すためフェイスリフトに準じた静脈鎮静麻酔下に最大出力で照射することをおすすめしています。

また、腫れ・ダウンタイムは基本的に少ないのですが体質によって1週間程度の腫れが出ることもあるので予定には余裕を持ってお受けになってください。

メリット

街を歩く女性

ウルセラは、切開を伴うフェイスリフトに比べて短時間の施術が可能なので、身体への負担を抑えることができます。上記で説明したとおり、ダウンタイムや施術後の痛みも、ほとんどないのが利点に。

ウルセラはほかの治療や施術とあわせて行うこともできるため、頬や口元だけでなく、目もとや額、あご、首など広範囲の施術が可能です。

また、SMAS筋膜にHIFUを照射させるために、「解剖学」を熟知している外科医や美容外科医による施術が必要になるので、従来の超音波療法よりも安全性が保証されているといわれています。

コスメディカルクリニックシンシア 総院長 又吉秀樹

ほとんどのクリニックで術後の痛みが無いと記載がありますが、術後しばらく鈍痛が見られる方もいらっしゃいます。

デメリット

ウルセラは切開を伴うフェイスリフトに比べると、たるみやしわの改善効果は劣るそう。

効果の持続機関は6か月から12か月程度なので、半年に1~2回の通院が必要になります。かなりの長期間の効果を求める人には、適しているとはいえないでしょう。また、たるみやしわを緩やかに改善していくため、効果の即効性を求める人にも向かないといえそう。

持続効果は個人差が大きく、人によっては「効果を得られなかった」という人もいます。

コスメディカルクリニックシンシア 総院長 又吉秀樹

照射系の美容皮膚科の治療としては半年から1年の効果の持続期間は非常に長く、効果の出方も即効性がある方です。

ただし美容外科手術と同列に扱えるほどの効果はありません。

ウルセラがぴったりな人は……

ウルセラは以上のようなメリット、デメリットがありますが、下記のような人にはおすすめ!

  • 長期的でもいいので、しわやたるみを改善したい人

  • しわやたるみの改善と同時に、肌のハリやつや、毛穴の開きを改善したい人

  • 切開を伴う施術は避けたい人

サーマクールとウルセラの違いって?

ウルセラを受ける女性

しわやたるみの超音波治療には、ウルセラのほかに「サーマクール」という方法があります。

ふたつの共通点は、どちらも 切開を伴わない施術だということ。

ですが、しわやたるみのタイプによってはウルセラのほうが良い場合と、サーマクールのほうが良い場合があるのです。

サーマクールに向いているタイプ

サーマクールは、真皮深層のコラーゲンを数秒間にわたって55度~60度に維持することによってタンパク変性を起こしコラーゲンの長さを収縮。

このことによって真皮層全体の引き締めを行います。要するに皮膚自体の若返りを行うのです。

  • 軽度のしわやたるみ

  • 毛穴の引き締め

比較的軽めの症状の人に向いている施術だといえます。

ウルセラに向いているタイプ

一方で、ウルセラは皮膚のリフトアップ効果があるとされます。

そのため皮膚自体の若返りを目的とするよりは、深部構造が原因となっているたるみの改善に向いています。

  • 頬や目のたるみ

  • 二重あご、小顔効果

などが挙げられるでしょう。

クリニックによっては両者の良さを生かして、サーマクールとウルセラを同時に施術することもあるようです。

ウルセラできれいを手に入れよう!

美しい女性

しわやたるみの改善を目指し、気軽に受けられるウルセラ。「ぜひ試してみたい!」と思う人は、まずは口コミやクリニックのホームページをよく見てみましょう。

そして、「今、自分がどの部分の施術を受けたいか」をしっかり把握することが重要です。また、直接クリニックに問い合わせてみるのもおすすめですよ。

ウルセラで、きれいを手に入れてみませんか?

コスメディカルクリニックシンシア 総院長 又吉秀樹

ウルセラは高額な治療となりますのでできるだけ高い効果を出してくれるクリニックを選択すると良いでしょう。

ウルセラの効果は“出力”と“ショット数”に依存します。
ウルセラの出力は4段階。
強い方の2レベルは効果が高い代わりに痛みが強い、弱い方の2レベルは痛みは軽いですが効果が弱いといわれています。

特に一番高い出力は効果は強いのですが痛みが著しく強いため痛みに強い人でも静脈麻酔による鎮静が必要です。

ほとんどのクリニックのホームページでウルセラは「痛みが無い」「ダウンタイムが無い」と聴きざわりの良い言葉が並んでいますが神経が集中するSMASを瞬間的に焼灼するということは痛みがあるのが当たり前とも言えるので、そのあたりを出力を下げずに解決してくれるクリニックが良心的といえます。

しわ・ほうれい線の地域別人気クリニック

東京

湘南美容外科 池袋東口院

JR池袋駅より徒歩5分

詳しく見る

大阪

シロノクリニック 大阪院

JR大阪駅より徒歩3分

詳しく見る

福岡

品川スキンクリニック 福岡院

西鉄天神大牟田線福岡駅「南口」より徒歩約5分

詳しく見る

NICOLYおすすめ:美容整形やってみたシリーズ

※ 記事の内容は、医学的な正確性、効能、効果を保証するものでなく、かつ、記事の利用においてはしかるべき資格を有する医師や薬剤師等に個別に相談するなど読者の責任において行ってください。

関連するキーワード

注目の記事

【大人気】ブログより詳しい!整形の痛みやダウンタイム・術後経過すべて見せます!美容整形体験レポートシリーズ

【大人気】ブログより詳しい!整形の痛みやダウンタイム・術後経過すべて見せます!美容整形体験レポートシリーズ

NICOLY編集部では、カウンセリングから術後経過までの画像がたっぷりの、美容整形体験レポートを公開しています。切らないプチ整形から、脂肪吸引まで読み応え十分。NICOLY編集部いちおしの記事です。随時更新中!

45959 views | 整形二重脂肪吸引脂肪溶解注射

カテゴリ一覧

この記事の監修者

この記事のライター

本日のアクセスランキング

いまNICOLYで人気の記事

話題のキーワード

いまNICOLYで話題になっているキーワード

専門家ライター募集

NICOLYで記事を執筆していただける医師を募集

NICOLYでは「コンプレックスで悩んでいる人を笑顔に」というビジョンのもと毎日記事を更新しています。信頼性の高い記事を出し続けるために、記事の執筆をしていただける医師を募集しています

専門家ライター募集フォーム

編集者募集

NICOLYで記事を編集してくれる編集者募集

NICOLYでは「コンプレックスで悩んでいる人を笑顔に」というビジョンのもと、一緒に働いてくれる編集者を募集しています。

編集者募集フォーム

関連する記事

この記事に関連する記事をピックアップ