2017年12月18日 更新

ぱっちりどころか不自然に……!目頭切開によって失敗と思われる3つの例

目頭切開は目頭にある蒙古ひだを切り取り、目の横幅を大きくすることができます。しかし、目頭の粘膜が露出しすぎる、寄った目になる、傷が目立つといった失敗を感じる人は少なくありません。このような失敗は「やりすぎ」がおもな原因。カウンセリングでは医師によく相談し、アドレスを聞き入れましょう。

山本クリニック 院長 山本豊

この記事は、山本クリニック 院長 山本豊先生が監修しています。

「芸能人やモデルみたいな、大きな目になりたい!」

そのような人におすすめなのが、目頭にある蒙古ひだを切り取る目頭切開

目頭切開を行うことで、目の横幅が広がり大きな目が目指せます。

しかし、手術を受けた人のなかには「失敗した」と感じている人も少なくないようです。

この記事では、目頭切開を行う前に知っておきたい失敗と思われる例を紹介します。

目次

失敗と思われる症状1:目頭の粘膜が露出しすぎている

目頭

目頭切開の失敗と思われる症状のひとつに、「目頭の粘膜が露出しすぎ」が挙げられます。

目元をよく見るとわかるように、私達の目頭にはピンク色をした粘膜の「涙丘」が見えます。

ほとんどは蒙古ひだによって隠れていますが、目頭切開でひだを切りすぎてしまうとこのピンクの部分の露出が多くなり過ぎてしまいます。

ここの露出が多いと、違和感やこわいといった印象を与えてしまうようです。

失敗と思われる症状2:目が寄りすぎる

目の大きい女性

目頭切開をすると必然的に目と目の距離が近づくため、はなれ目の人が手術を行えば、バランスの良い目元が目指せます。

しかし、目と目の距離が近い人が目頭切開手術を受けると、目が寄りすぎて不自然な印象になってしまいます。

左右の目の目頭から目頭までの平均的な距離は、日本女性の場合は33〜34ミリ程度といわれています。

そのため、目と目の距離がもともと平均であるか、それ以下の人には、目頭切開は行わないと定めているクリニックが多いようです。

失敗と思われる症状3:傷が目立ってしまう

あっかんべーをしている

目頭切開の手術後は、傷がえぐれた様に目立ってしまうこともあるようです。

手術から2〜3か月は赤みがあったり、かたさがあったりして、傷跡は目立ってしまうようですが、半年ほどかけて目立たなくなっていくようです。

手術後すぐに傷が目立つからといって失敗とは限りません。まずは様子をみましょう。

目頭切開の失敗を防ぐためには?

カウンセリングの写真

このような失敗を防ぐためには、技術力の高い医師に手術をしてもらうことはもちろんですが、自分の希望を伝えるときにも注意が必要です。

目の横幅は大きく切開すれば、芸能人やモデルのようなデカ目になれるかもしれません。しかし、目をただ大きくしても自分の顔には合わないかもしれません。

オーバーに切りすぎると、涙丘が露出しすぎる、目が寄ってしまう、傷が目立つなどの失敗の原因になります。

カウンセリングでは希望を伝えつつも、自分の合う目元を医師に提案してもらい意見をしっかりと聞き入れましょう。

目頭切開の失敗をさけるには「やりすぎない」ことが大切

夕暮れ時の空

目頭切開は、目を大きくすることのできるとても魅力的な手術。

しかし、なかには失敗と感じてしまうケースも少なくありません。とくに目頭切開は、大きく切開しすぎることが失敗に繋がるようです。

失敗を防ぐためには、大きな目にしたくても、自分の目元に合うように自然なデカ目を目指すことがおすすめです。

目頭切開の施術を受けられるクリニック

  • 福岡西鉄福岡天神駅より徒歩5分
  • 目頭切開200,000円

聖心美容外科 福岡院の詳細

目頭切開の施術を受けられるクリニックを探す

医師・薬剤師・その他医療関係者の方へ

より正確な医療情報を発信するためにも、医師の監修を経て誤りがないよう万全を期しておりますが、もし誤りとお考えになる情報があった場合には、ご指摘いただけますと幸いです。社内で確認の上、必要な対応をさせていただきます。

医療・薬剤に関する情報の指摘

その他記事へのお問い合わせ

この記事の監修者

山本クリニック 院長 山本豊

山本豊

院長 / 監修記事 (11)

山本クリニック

この記事のライター

口コミ・費用明細投稿

クリニックに行こうか悩んでいる人が、
あなたの体験を必要としています。

口コミ・費用明細を投稿する

投稿でamazonギフト券プレゼント!

本日のアクセスランキング

ピックアップクリニック

注目の医師

理事長・院長 田牧聡志

田牧聡志

理事長・院長 / 監修記事 (1)

ティーズクリニック形成外科

総院長 兼 郡山院長 石原信浩

石原信浩

総院長 兼 郡山院長 / 監修記事 (1)

タウン形成外科クリニック

サイトメニュー