2017年02月02日 更新 | 7,814 views

諦めていたおでこの深いしわに!ヒアルロン酸注入の気になる効果

おでこにできるのは深いしわ。目立ちにくくしたいのならヒアルロン酸注入ががおすすめ。体内にある保湿成分なのでアレルギーの心配もほとんどなく、肌のハリも期待できます。ほかにも、ボトックス注射やイオン導入、しわを薄くできるとされる化粧品を試用することもおすすめです。

品川スキンクリニック新潟院院長 武内大

この記事は、品川スキンクリニック新潟院院長 武内大先生が監修しています。

一度できると気になって仕方がない、おでこのしわ

しわがあるだけで、顔の印象は老けて見えてしまいますよね。

おでこのしわは、年齢を重ねるごとにできてしまうものですが、中には若いうちから悩まれる方も。

おでこのしわは、なぜできてしまうのでしょうか。そして、どうすれば解消できるのでしょうか。

今回は、厄介なおでこのしわの原因と、解消法について紹介します。

目次

しわの種類と原因

おでこのしわを指さしている女性の写真

おでこのしわができる原因は複数あり、加齢によるものだけではなく、環境や肌質によっても、しわはできてしまうのです。

その原因は、しわの種類によって変わってきます。

しわの種類は大きくわけて3種類

  • 目元や口元にできる浅いしわ
  • 眉間やおでこ、頬にできる深いしわ
  • そして笑ったり怒ったりしたときにできる表情しわ

それぞれのしわが、どうしてできてしまうのか、その原因を次で詳しく紹介します。

浅いしわの原因:乾燥

浅いしわは、目元や口元など、皮膚表面にできる一時的なしわです。

お風呂に入ったり、水に濡らしたり、湿気の多い場所へ行くと自然となくなるのが特徴です。

この浅いしわのおもな原因は、乾燥

肌の水分や皮脂が不足すると、肌が危機感を感じ、角質細胞を増やそうとします。そうして、固く、厚くなった角質層のキメが乱れ、隙間ができることによって、しわが生じてしまうのです。

特におでこは皮脂の分泌量が多いため、洗いすぎたり、あぶらとり紙で必要以上に皮脂を吸収してしまうと、肌の乾燥が進んでしまいます。

乾燥によるしわは、皮膚の表皮にできる細かいしわですが、それが増えてくると、しわとしわが結びつき、太く目立ってしまうので、早めに対処することが肝心です。

深いしわの原因:コラーゲンの減少

深いしわは、浅いしわとは違い、湿気の多い場所に行っても消えず、皮膚の奥まで到達しているしわです。

「真皮じわ」とも呼ばれるこのしわは、眉間やおでこ、頬などにできます。

加齢と、生活習慣の乱れによるコラーゲンの減少が原因です。

コラーゲンは、真皮の主要成分で、エラスチンという成分と真皮内でつながっていて、その隙間をヒアルロン酸が埋めることで、肌を支え、ハリを保っています。

コラーゲンが減少してしまうと、肌を支えることができなくなります。そうすると、だんだん皮膚が薄くなり、しわができやすくなってしまうのです。

表情しわの原因:表情のクセ

表情しわは、笑ったり、怒ったりするときの表情クセでできるしわです。

おでこを上下に動かしたり、収縮させる動きを繰り返すことによっても、しわはできてしまうのです。

表情を動かすことで、しわが形状記憶され、年を重ねると共に、その形状が残りやすくなります。

ただし、表情を動かさなければ良いというわけでもありません。

表情を動かさないでいると、表情筋という筋肉が衰え、顔がたるんできたり、潤いが失われたりして、それがしわに繋がってしまうのです。

眠っているときに、無意識にしわを作ってしまうような表情をしている場合もありますので、日頃からの意識づけが大切です。

そのほかの原因

しわは、ほかにも紫外線を浴びることによってもできるのです。

特に、日差しを受けやすいおでこはしわができやすく、紫外線を浴び続けることで、肌の老化を進めてしまうのです。

肌の老化が進むと、たるみが生じ、さらにしわができやすくなります

では、一度できてしまったしわを薄くするには、どうしたらいいのでしょうか?

しわを薄くする方法はさまざまありますが、手っ取り早く変化がほしいという人におすすめなのが、ヒアルロン酸注入です。

しわの解消法におすすめの施術!「ヒアルロン酸注入」

おでこに注射をうつ女性の写真

ヒアルロン酸注入は、おでこのしわを目立ちにくくできるとされている方法のひとつです。

注射と聞くと、怖いイメージもあるかもしれませんが、ヒアルロン酸は、元々は体内に存在する保湿・保水成分で、「コラーゲン」「エラスチン」とともに、真皮の潤いやハリに欠かせない成分のひとつです。

体にも無害であり、アレルギーの心配もありません。

皮膚のしわの溝に直接注射することで、皮膚の裏側から皮膚の表面を盛り上げ、しわによって変形している箇所を修復します。

ヒアルロン酸には、低濃度高濃度のものがあり、しわの深さや部位、たるみ具合などによって、濃度や注入量を調整し、自然な仕上がりに。

また、しわを解消する以外にも、鼻を高くしたり、唇をふっくらとさせるためにも使われる施術です。

施術概要

続いて、具体的な施術概要について、詳しく紹介します。

ヒアルロン酸注入の施術概要は以下の通りです。

  • 施術時間:5〜10分程度
  • 費用:約1万円
  • 適した部位:顔全体のしわ(大小問わず)、ほうれい線、唇、くぼみ
  • メイク:出血がなければ当日より可能
  • 入浴:当日より可能だが、シャワー推奨
  • 持続期間:3ヶ月~半年程度
  • ダウンタイム:ごくわずか

施術時間も短く、費用も1万円程度で済む点が嬉しいですね。

施術当日の入浴は可能ですが、身体が温まると血行が良くなり、腫れが出やすくなるため、入浴よりもシャワー程度に留めるのがベターです。

激しい運動、飲酒、喫煙も、当日は避けましょう。

また、注入後のダウンタイムには個人差があり、人によっては少し膨らみが生じますが、時間が経つごとに解消されていきます。

ヒアルロン酸注入による施術の流れ

次に、ヒアルロン酸注入の施術の流れを紹介します。

  • 1:カウンセリング

注射する部位や、しわの深さによってヒアルロン酸の量を決めます。

医療機関によっては、コンピュータでシミュレーションをしてくれるところもあり、施術をすることで、しわがどれくらい解消するのかを確認することができるようです。

  • 2:麻酔クリーム

注射部位に麻酔クリームを塗布。これにより、施術時の痛みをほぼなくすことができます。

  • 3:デザイン

カウンセリングで伝えた希望に沿って、注射部位をペンでマーカーしていきます。

  • 4.:施術

麻酔クリームが効いてきたら、施術を開始。3で決めた部位に、注射器でヒアルロン酸を注入していきます。

  • 5:アイシング

5〜10分程度、注射部位を冷やします。これにより、腫れを抑えることができるようです。

事前にコンピュータでシミュレーションしてくれるのは嬉しいですね。

注射部位はカウンセリングで決まるので、自分の希望を医師にしっかり伝えるようにしましょう。

ヒアルロン酸注入による痛みとは

施術中の痛みに関しては、麻酔クリームを塗るため、ほとんど痛みを感じることはありません。

また、施術後の腫れについては、個人差はありますが、ごくわずかに膨らむ程度で、当日には対部分がひくことがほとんど

痛みも腫れもほとんどない点が、ヒアルロン酸注入の魅力のひとつです。

メリット

ヒアルロン酸注入のメリットは、安全性の高さです。

前述したように、ヒアルロン酸は体内にもともとある保湿成分なので、注入してもアレルギーを起こす心配がありません

また、効果が出るまでに時間があまりかからない点もメリットといえます。

ピーリングなどもしわの解消につながりますが、効果が現れるまで時間がかかるのが難点です。

その点、ヒアルロン酸は肌に直接注射しますので、たった10分程度の施術ですが、その後から変化を感じられることが多いようです。

デメリット

ヒアルロン酸注入のデメリットは、持続期間が短い点です。

ヒアルロン酸は時間が経つと、徐々に体内に吸収されていきます。そのため、ヒアルロン酸製剤の種類によって異なりますが、早い場合は3か月程度、長期持続する場合でも1年程度経過すると、再びしわが目立ってくるのです。

効果を持続させるには、定期的に施術を受けなければなりません。

そのほかの解消法:ボトックス注射

注射器の写真

ボトックス注射は、ヒアルロン酸とよく比較される施術です。

ボトックスというのは、ボツリヌストキシンといわれる、ボツリヌス菌から抽出されたタンパク質のひとつで、筋肉の収縮を弱めるはたらきがあります。

目じりの小じわや、眉間のしわを寄りにくくする施術で、筋肉の動きを止めることで、しわを伸ばすことができるのです。

ヒアルロン酸とどう違うのか、具体的な施術概要についてご説明します。

施術概要

ボトックス注射の施術概要は以下の通りです。

  • 施術時間:5〜10分程度
  • 費用:約1万円
  • 適した部位:目じりの小じわ、眉間のしわ
  • メイク:当日より可能(注入箇所をこすらないように注意)
  • 入浴:当日より可能
  • 持続期間:3ヶ月~半年程度
  • ダウンタイム:内出血が出る可能性がある。

ヒアルロン酸注入とは違い、施術をしてから3~7日程度で効果があらわれるようです。

定期的に繰り返し施術を行うことで、効果をより長く持続させることができますが、施術のし過ぎで皮膚が固くなってしまう可能性も。繰り返し行う場合は、医師への相談をおすすめします。

メリット

ボトックス注射のメリットは、表情をしたときに刻まれる深いしわが解消されることです。

また、すでにできてしまったしわだけでなく、これからできるかもしれないしわ予防にもなります。

しわの解消以外にも、リフトアップ小顔効果も期待できます。

デメリット

ボトックス注射は、目じりのしわや眉間のしわには有効ですが、おでこのしわには少し注意が必要です。

たとえば、おでこのしわが目立っている人の中には、眼瞼下垂といわれる、まぶたの開きが悪い状態になっているケースも。

この場合、ボトックス注射をすると、おでこのしわは目立たなくなるのですが、眉の位置が下がり、目つきが悪くなることで、表情がきつくなってしまう危険があります。

眉毛を上げるクセによって、おでこにしわができている人には、ボトックス注射は不向きかもしれません。

ボトックス注射が自分に合っているのかどうかは、カウンセリングの際に、医師に確認をしてみましょう。

そのほかの解消法:注射以外のしわ解消法

鏡をみる女性の写真

おでこのしわには、注射以外にも効果のある解消法があるのです。ここでは、注射以外のおすすめ解消法を紹介します。

化粧品

おでこのしわは、化粧品によっても改善が期待できます。

おでこにできるしわの多くは、深いしわです。深いしわは、コラーゲンの減少が原因となっていますので、コラーゲンの生成を促してくれる化粧品で薄くできるかもしれません

特に、レチノールは、ビタミンAの一種で、コラーゲンの生成を促進するはたらきが強い成分です。

肌が弱い人は、肌に取り入れると赤くなってしまうことがありますので、2〜3日に1回の使用頻度がおすすめ。

ただし、化粧品では大きな改善を期待しない方が良いでしょう。

おすすめ商品:DHC(ディーエイチシー) 薬用レチノAエッセンス

DHC薬用レチノAエッセンスの写真

DHC(ディーエイチシー)の薬用レチノAエッセンスは、しわ改善に効果があるとされるレチノールを高濃度で配合した美容液。

オリーブバージンオイルとプラセンタエキスがレチノールをサポートし、肌のリズムを整え、肌ダメージを優しくいたわってくれます。

おすすめ商品:CAMERON&GABRIEL(キャメロン&ガブリエル) セラフィム

CAMERON&GABRIEL(キャメロン&ガブリエル) セラフィムの写真

眠っているときの肌のメカニズムに注目した、ナイトリペア美容液。レチノールをはじめとする8種類のビタミンとコエンザイムQ10を凝縮し、肌に透明感とハリをもたらします。

イオン導入

続いて紹介するおすすめのしわ解消法は、イオン導入です。

今や、エイジングケアには欠かせないものとなっている美顔器ですが、イオン導入は、電流を利用して肌の内部にまで美容成分を届けてくれます

特に、ビタミンC誘導体のイオン導入は、肌の真皮まで届き、コラーゲンを増やしてくれるはたらきがあるため、しわ改善に役立つのだそう。

また、毛穴の引き締めやシミ予防にも効き目があるようです。

ホームケア用の美顔器も良いですが、美容皮膚科などの医療機関で受けたほうが、より高い効果が期待できるのでおすすめです。

施術概要

イオン導入の具体的な施術概要は、以下の通りです。

  • 施術時間:5〜10分程度
  • 費用:3〜4千円程度
  • メイク:施術後より可能
  • 洗顔・入浴:当日より可能
  • 頻度:2〜4週間に1回程度

施術時間も短く、費用も安いので、気軽に受けられる施術です。

頻度に関しては、数ヶ月から半年程度の長めの期間をあけてようすを見るのが良いそうです。

肌の調子が良ければ期間を長めにあけるなど、肌状態に合わせて受けるのがおすすめです。

施術の流れ

イオン導入の施術の流れは以下の通りです。

  • 1:カウンセリング

施術の流れや効果、アフターケアについて、詳しい説明を受けます。不安な点があれば質問をしてみましょう。

  • 2:洗顔

メイクをしている人もしていない人も、洗顔を行います。

  • 3:イオン導入

専用の美容機器を使い、イオン導入をしていきます。ビタミンC誘導体のみの場合は5〜10分程で終わりますが、ほかの施術と組み合わせる場合は、15分程度。 施術後はメイクをして帰宅できます。

施術の準備は洗顔を行うだけで、短時間で施術が完了しますので、少しでも空いた時間があれば受けられる点が嬉しいですね。

超音波マッサージ

超音波マッサージもしわの解消に効果的とされます。

超音波マッサージは、毎秒100万回以上もの高速で微細な振動を肌に与えることによって、血行を良くし、新陳代謝を活発にする美容法

肌表面から表皮、真皮の順で伝わり、さらにその下にある皮下組織にまで届くため、細胞のひとつひとつにはたらきかけることができ、より高い効果を得られます。

また、表情筋への効果も期待でき、リフトアップやたるみの解消にもつながるようです。

さらに、肌のハリと弾力に必要なコラーゲンやエラスチンの生成にも良い作用を与えられます。

市販の物であれば、安くて5千円前後の物から、高くて2万円前後の物も。エステならば、一般的に45分程度のコースで、5千円くらいで受けられます。

市販の物を使用する際は、洗顔後の清潔な肌にやさしく当てましょう。筋肉の流れに沿って、下から上へとゆっくりと動かしてください。

美顔器用のジェルをヘッドに付けると、より美肌効果が期待できます。

しかし、やりすぎると肌に負担がかかるため頻繁に行うことは避けた方が良いでしょう。

手っ取り早く薄くしたいしわにはヒアルロン酸注入がおすすめ!

笑顔の女性の写真

ヒアルロン酸注入を始め、おでこのしわの解消方法を紹介してきました。

効果が現れるまで時間のかかる施術よりも、なるべくはやく効果を実感したいという人には、ヒアルロン酸注入がおすすめです。

肌に注射をさすことに抵抗感がある人でも、麻酔を塗れば痛みもほとんどなく受けられます。

また、ほかの施術と比べても安全性が高く、仕上がりも自然なので、周りに気付かれることなくしわを目立ちにくくすることが可能。

施術時間も短く、費用も比較的安価なため、定期的に受ける人も多い施術です。

おでこのしわが浅い人は、ボトックス注射。しわの深い人はヒアルロン酸注入とボトックス注射の併用という治療が良いでしょう。

NICOLYおすすめ:美容整形やってみたシリーズ

関連する記事

【大人気】ブログよりくわしい!整形の痛みやダウンタイム・術後経過すべて見せます!美容整形体験レポートシリーズ

NICOLY編集部では、カウンセリングから術後経過までの画像がたっぷりの、美容整形体験レポートを公開しています。切らないプチ整形から、脂肪吸引まで読み応え十分。NICOLY編集部いちおしの記事です。随時更新中!

記事に関するお問い合わせ

※ 記事の内容は、医学的な正確性、効能、効果を保証するものでなく、かつ、記事の利用においてはしかるべき資格を有する医師や薬剤師等に個別に相談するなど読者の責任において行ってください。

しわ・ほうれい線の施術を受けられるクリニック

  • 東京JR池袋駅より徒歩5分
  • しわほうれい線治療 3DPRP注入 2箇所124,200円

湘南美容外科 池袋東口院の詳細

  • 大阪JR大阪駅より徒歩3分
  • しわ・ほうれい線治療 ヒアルロン酸注入60,000円〜

シロノクリニック 大阪院の詳細

  • 福岡西鉄天神大牟田線福岡駅「南口」より徒歩約5分
  • ほうれい線治療うるおい注射 1箇所46,110円

品川スキンクリニック 福岡院の詳細

注目の記事

【大人気】ブログよりくわしい!整形の痛みやダウンタイム・術後経過すべて見せます!美容整形体験レポートシリーズ

【大人気】ブログよりくわしい!整形の痛みやダウンタイム・術後経過すべて見せます!美容整形体験レポートシリーズ

NICOLY編集部では、カウンセリングから術後経過までの画像がたっぷりの、美容整形体験レポートを公開しています。切らないプチ整形から、脂肪吸引まで読み応え十分。NICOLY編集部いちおしの記事です。随時更新中!

この記事の監修者

この記事のライター

本日のアクセスランキング

注目のクリニック

注目の医師

サイトメニュー