2017年07月26日 更新

我慢してきれいはもう古い!メディオスターの痛みレス脱毛の実際

メディオスターは、ダイオードレーザーを照射する医療レーザー脱毛機器。メディオスターによる脱毛は毛根のバルジ領域を破壊する蓄熱式脱毛で、従来の医療レーザー脱毛の治療より痛みが少なく、脱毛完了までの治療回数も少なくて済む画期的な脱毛方法です。

品川スキンクリニック新潟院院長 武内大

この記事は、品川スキンクリニック新潟院院長 武内大先生が監修しています。

医療技術の進歩とともに、医療レーザー脱毛の「痛い」「時間がかかる」などのデメリットの解消が期待できる脱毛方法が続々と登場しています。

そのひとつが「メディオスター」による脱毛。

この記事では、日本に上陸してまだ間もない「メディオスター」の脱毛方法について調べてみました。

目次

メディオスターとは

脇をあげる女性の写真

メディオスターとは、「ダイオードレーザー」という種類のレーザーを照射することで脱毛効果を得る医療レーザー脱毛機器です。

日本のクリニックには、3〜4年前から導入し始めた、比較的新しい医療レーザー脱毛機器。

現在メディオスターを導入しているクリニックでは、最新機種である「メディオスターNeXT PRO」を導入している場合が多いようです。

メディオスターの脱毛効果とメリット

脚にふれる女性の写真

メディオスターによる脱毛には、従来方式の医療レーザー脱毛とは異なる以下のようなメリットがあります。

脱毛効果とメリット1:痛みが少ない

従来方式の医療レーザー脱毛では、毛根の細胞をレーザーの熱で破壊するため、高出力でのレーザー照射が必要で、細胞が破壊される際の衝撃が痛みにつながっていました。

一方バルジ式脱毛は、皮下にジワジワと熱を溜めることでバルジ領域を破壊する「蓄熱式」という脱毛方法

バルジ領域を破壊するための熱は60度前後であるため、従来方式より低出力のレーザーによる治療が可能です。そのため痛みが少なく、治療部位によっては無痛に近いこともあるそう。

また、メディオスターNeXT PROの照射ヘッドについている冷却装置が、治療部位の皮膚を4~5度にすばやく冷却するため、レーザーの熱を感じることもありません。

メディオスターNeXT PROの冷却装置は、従来式の医療レーザー脱毛機器の約8倍もの冷却効果があるといわれています。

従来方式の医療レーザー脱毛では、治療後に多少の赤みや腫れが起こることがありますが、強力な冷却装置のおかげで、赤みや腫れが起こることは少なく、やけどのリスクもほとんどないそうです。

脱毛効果とメリット2:色黒肌にも治療可能

従来方式の医療レーザー脱毛は、メラニンに反応するレーザーを照射し、毛根にレーザーの熱エネルギーを集中させて毛根の細胞を破壊するものです。

そのため、日焼け肌や色黒肌の人は、毛根以外に表皮に含まれるメラニンにもレーザーが反応してやけどが起こるリスクがあるため、治療ができない場合があります。

しかし、メディオスターによる蓄熱式脱毛は、低温の熱を皮膚下に蓄積し、バルジ領域に徐々にダメージを与える脱毛法であり、メラニンがターゲットではないため、肌の色は関係なく治療が可能です。

脱毛効果とメリット3:脱毛期間が短い

従来方式の医療レーザー脱毛は、皮膚表面に出ている毛にしかレーザーが反応しません。そのため、毛が生え変わるサイクルである「毛周期」にあわせて、5〜6回の治療を繰り返す必要があります。

しかし、メディオスターによるバルジ式脱毛ではレーザーで破壊するターゲットがバルジ領域であるため、毛周期にさほど左右されません。

そのため、従来よりも短い脱毛期間で脱毛が完了します。

ただし、産毛など色が薄く、細い毛の場合はより多い治療回数が必要になることもあるようです。

メディオスターによる脱毛のデメリット

カミソリで脚の毛を剃る女性の写真

メディオスターによる脱毛には良い点ばかりですが、デメリットも存在します。どのようなデメリットがあるのでしょうか。

デメリット1:長期的な実績はまだない

メディオスターによる「バルジ式脱毛」は、導入されてまだ数年の新しい脱毛方法。そのため、治療から10年〜20年といった長期的な実績のエビデンスがまだ存在しません。

バルジ式脱毛での永久脱毛は、理論的には可能です。しかしメディオスターによるバルジ式脱毛の治療後、10年〜20年経っても依然として毛が生えてこないのか否かについては、現時点では未知数です。

:) 「永久脱毛」の定義って?

脱毛治療において「永久脱毛」という言葉が使われるときは、「脱毛治療後、二度と毛が生えてこない」ということではなく、固有の定義が存在するのです。

米国電気脱毛協会(American Electrology Association)は、「最終脱毛から1か月後の毛の再生率が20%以下である脱毛法」と定義しています。

デメリット2:熱さを感じる

従来方式の医療レーザー脱毛の治療にともなう痛みは、「肌を輪ゴムでバチンとはじかれた感じ」と形容されることが多いでしょう。

一方、メディオスターによるバルジ式脱毛では皮下にジワジワと蓄熱するため、治療の痛みは以下のように例えられています。

「熱い飲み物の入ったマグカップを肌に押し当てられているような感じ」

「真夏の強い日差しが当たっている感じ」

そのため、痛みはほとんどなくても、治療中まったく肌に違和感がないというわけではないようです。

メディオスターによる脱毛治療の流れ

レーザー脱毛をする女性の写真

メディオスターによる脱毛治療は、一般的に以下のような手順で行われます。

1:カウンセリング

脱毛を希望する部位などのヒアリングののち、医師が肌質や毛質などをチェックし、アレルギーの有無など健康状態について問診を行ないます。

治療やアフターケアについての説明があり、テスト照射が行なわれることも。

2:準備(マーキングと剃毛)

レーザーの照射漏れを防ぐため、照射部位をマーカーでマーキングします。

治療前日までに照射部位のムダ毛は剃毛が必要ですが、剃り残しがあった場合は、ここで剃毛が行われるようです。

3:メディオスター照射

目を保護するため、アイマスクを装着。照射ヘッドの肌の上でのすべりを良くするため、照射部位にジェルを塗ります。

肌質や毛の状態に合わせてレーザーの出力を調整し、レーザーを照射。メディオスターによる治療は痛みが少ないため、麻酔を使用しないことが多いようです。

4:アフターケア

ジェルを拭き取り、治療は終了。治療後のアフターケアなどの説明を受けたのち、帰宅できます。

メディオスターの脱毛効果を実感する回数と期間

カレンダーをみる女性の写真

従来方式の医療レーザー脱毛は、毛周期にあわせて治療を行うため、上述したように一般に2〜3か月の間隔をあけて5回〜8回で脱毛が完了します。

一方、メディオスターによる治療は毛周期にそれほど左右されないため、約1〜2か月間隔で5〜6回の治療を受けると脱毛が完了するようです。

脱毛完了までに必要な期間は、従来方式の医療レーザー脱毛では1年〜2年ですが、メディオスターによる脱毛では最短で約5か月と大幅に短縮することが可能になります。

メディオスター脱毛の失敗例

頭をかかえる女性の写真

メディオスターによる脱毛を含む医療レーザー脱毛では、「脱毛効果がない」という失敗例はほとんどないようです。

治療部位や毛の質などにより脱毛効果に差があるため、脱毛完了までに必要な回数は個々のケースにより異なるものの、ほとんどの人はメディオスターで脱毛効果を得ることができます。

治療後に毛が抜けはじめるまでに時間がかかる

ただしメディオスターによるバルジ式脱毛では、従来方式の医療レーザー脱毛にくらべ、治療後に毛が抜けはじめるまでにより長い期間が必要。

従来方式の医療レーザー脱毛は毛根の細胞を破壊するため、現在生えている毛もダメージを受け、治療から約2週間すると毛が抜けはじめます。

しかし、メディオスターによるバルジ式脱毛は、次以降の毛の生え変わりを止めてしまうもの。したがって、現在生えている毛がそのサイクルを自然に終えるまでは、毛が抜けません。

そのため、治療から毛が抜けるまでに3週間〜1か月の期間を要します。

従来方式の医療レーザー脱毛にくらべ、毛が抜けるまでにより長い時間がかかっても「失敗例」ではないようなので、焦らずに待ちましょう。

メディオスター脱毛の費用相場

クレジットカードを持つ女性の写真

メディオスターによる脱毛を行っているクリニックでは、以下のような料金設定となっていることが多いようです。

  • 両わき   :1回照射 5,000円〜10,000円
  • ひざ下〜足首 1回照射 15,000円〜25,000円
  • ひじ下   :1回照射 10,000円〜20,000円
  • 顔全体   :1回照射:25,000円〜35,000円

従来方式の医療レーザー脱毛と料金はほとんどかわらないか、少し高いくらいのようです。

メディオスターは従来の医療レーザー脱毛で満足できなかった人におすすめ!

窓辺に座る女性の写真

痛みが少なく、脱毛完了までの期間も短く、肌に優しいメディオスター

  • 痛みが少ない
  • 敏感肌
  • 色黒肌
  • 早く脱毛を完了したい

このような人たちにおすすめの脱毛機器です。

メディオスターを導入しているクリニックは、徐々に増えてきています。

従来方式の医療レーザー脱毛で満足できなかった人は、ぜひメディオスターを検討してみてください。

メディオスターはどんな肌質の人にもできたり痛みが少ない等のメリットがありますが、最新の脱毛レーザーなので長期的な成績がまだ分かっていないという注意点もあります。

この記事の監修医:武内大先生のクリニックはこちら

  • 住所新潟県新潟市中央区弁天1-1-22 東信新潟ビル2F
  • アクセスJR新潟駅「万代口」徒歩約2分 京成新潟駅「新潟駅」徒歩約2分
  • 休診日年中無休
  • 診療時間10:00~19:00
  • 電話番号0120-293-740
  • 予約ネット予約・電話予約

※ クリニック情報や診療メニューなどは、公式ホームページから取得した内容ですので、情報の正確性は保証されません。必ず事前にご確認の上ご利用ください。

品川スキンクリニック新潟院の詳細

医師・薬剤師・その他医療関係者の方へ

より正確な医療情報を発信するためにも、医師の監修を経て誤りがないよう万全を期しておりますが、もし誤りとお考えになる情報があった場合には、ご指摘いただけますと幸いです。社内で確認の上、必要な対応をさせていただきます。

医療・薬剤に関する情報の指摘

その他記事へのお問い合わせ

医療脱毛・レーザー脱毛の施術を受けられるクリニック

  • 東京新宿駅東口より徒歩3分
  • 全身脱毛5回コース月々13,000円×24回

リゼクリニック 新宿院の詳細

  • 大阪谷町線 東梅田駅から徒歩1分
  • 脇脱毛 1回1,000円

湘南美容外科 大阪駅前院の詳細

  • 福岡西鉄 福岡駅より徒歩2分
  • VIO脱毛5回コース99,800円

リゼクリニック 福岡天神院の詳細

医療レーザー脱毛の施術を受けられるクリニックを探す

  • 四国
  • 徳島県
  • 香川県
  • 愛媛県
  • 高知県

この記事の監修者

この記事のライター

本日のアクセスランキング

注目のクリニック

注目の医師

id美容外科 代表院長 パク サンフン

パク サンフン

監修記事 (1)

id美容外科 代表院長

共立美容外科 銀座院 藤巻尊子

藤巻尊子

監修記事 (1)

共立美容外科 銀座院

共立美容外科新宿本院 望月香奈

望月香奈

監修記事 (1)

共立美容外科新宿本院

サイトメニュー