NICOLY:)[ニコリー] コンプレックスの悩み解決・応援サイト

医師が教えるコンプレックス解決サイト
監修済記事:1034記事

メルマガ登録

2016年12月02日 更新 | 217 views

アトピーや敏感肌など「肌が弱い人」は医療脱毛を受けてもOK?

品川スキンクリニック新潟院院長 武内大

この記事は、品川スキンクリニック新潟院院長 武内大が監修しています。

ムダ毛の自己処理は肌の角質層に大きなダメージを与えるため、アトピーや敏感肌など肌が弱い人ほど、医療脱毛を受けることが推奨されます。そのなかでも皮膚科専門医がいて、複数の種類の医療レーザー脱毛機器を導入しているクリニックを選ぶことがおすすめです。

アトピー体質だったり、敏感肌など肌が弱い人は、普段のムダ毛の自己処理でも肌が荒れたり、症状が悪化したりなどのトラブルが起こりがち……。

しかし、ムダ毛の自己処理はしないわけにはいきません。

いっそ医療脱毛をすれば楽なのですが、そもそも肌トラブルを抱えている人が医療脱毛を受けることは可能なのでしょうか?

もし可能な場合は、どのようなことに気をつければ良いのでしょうか。

この記事では、こういった「アトピーや敏感肌など肌が弱い人が医療脱毛を受ける際に気をつけること」についてまとめてみました。ぜひ、参考にしてください。

目次

アトピーや敏感肌……医療脱毛施術を受けても大丈夫?

肌をさわる女性の写真

アトピー体質の人や敏感肌の人は、普通肌の人ならなんともないような少しの刺激でも肌の状態が悪化してしまいがち。いわゆる「肌が弱い」という状態です。

医療レーザー脱毛といえば、普通肌の人でさえ「痛い」「施術後、赤みが出たり腫れたりする」という、肌への刺激が強いもの。

肌が弱い人こそ!医療脱毛がおすすめ

アトピー体質の人や敏感肌などの肌が弱い人のなかには、以下のようにあきらめている人も少なくないはず。

「普通肌の人でさえそのような症状が出るのだから、肌が弱い自分には医療脱毛はとうてい無理!!」

しかし、アトピー体質の人や敏感肌などの肌が弱い人にこそ、医療レーザー脱毛はむしろおすすめなのです。

肌が弱い人こそ医療脱毛がおすすめな理由

脱毛を受ける女性の写真

肌への刺激が強そうな医療レーザー脱毛がアトピーや敏感肌などの肌が弱い人におすすめな理由とは以下のことが考えられます。

ムダ毛の自己処理が不要になることにより、肌へのダメージが大幅に減る!

ムダ毛の自己処理による肌トラブルとは

ムダ毛の自己処理では、カミソリや電動シェーバーはもちろん、脱毛ワックスや除毛クリームを使ったとしても、表皮へのダメージは避けられません。

皮膚のもっとも外側にある「角質層」は、わずか0.02ミリほどの厚さしかありません。0.02ミリといえば、サランラップほどの薄さ。デリケートな角質層は、カミソリや電動シェーバーが当たるたびにその一部が削り取られてしまうのです。

バリア機能が低下し肌トラブルが悪化へ……

角質層には、皮膚内部の水分が蒸発してしまうのを防ぐとともに、皮膚を乾燥や紫外線など外部からの刺激から守る「バリア機能」があります。

角質層が傷つくことにより肌のバリア機能が低下すると、皮膚の保水力が低下して乾燥肌になるだけでなく、肌が紫外線やホコリなどの外部からの刺激をより強く受けてしまうようになってしまいます。

結果として、肌の乾燥やダメージがひどくなり、アトピーや敏感肌のさらなる悪化を引き起こすことも。

ムダ毛の自己処理は、これほどまでに肌に大きなダメージを与えるものなのです。

肌へのダメージは蓄積する!

ムダ毛の自己処理は頻繁に行うもの。自己処理のたびに肌のバリア機能は低下し、そのたびに外部からダイレクトに受けるダメージが肌に蓄積していきます。

肌にダメージを与え続けていると、若い頃はまだ肌にダメージが現れにくいものの、年齢が進んだときに肌トラブルがより深刻なものになる可能性が……。

そのためアトピーや敏感肌など肌が弱い人こそ、早めに医療脱毛をしてムダ毛の自己処理をやめてしまうほうが、肌のためには良いとされているのです。

アトピーや敏感肌の人は医療脱毛での痛みが強い?

驚く女性の写真

医療レーザー脱毛では、高出力のレーザーで毛根の細胞を破壊するため、普通肌の人であってもある程度の痛みはともないます。施術部位や毛の質によっては、麻酔の使用が必要なほどの痛みがあることも。

普通肌の人でも痛いのなら、アトピーや敏感肌など肌が弱い人では、痛みをより強く感じてしまいそうな印象があります。

実際は、「アトピーや敏感肌の人の医療脱毛の施術はより痛いということはない」です。

肌体質に限らず、以下のようなケースでは痛みを強く感じてしまいます。

  • 炎症などにより肌のバリア機能が低下し、肌が乾燥している
  • 「肌が弱い」という自覚から、施術中に強く緊張している場合

これらの場合では、なぜ痛みをより強く感じてしまうのでしょうか?それぞれのケースを見てみましょう。

乾燥すると肌ダメージが受けやすくなり痛みも強くなる

乾燥していると肌はダメージを受けやすくなってしまいます。そのため、痛みも強く感じてしまうことも…。

とくに医療脱毛期間中は保湿対策を日ごろからしっかり行うことが大切です。

緊張は痛みを引き起こすホルモンが分泌される

同じ強度の刺激を受けても、痛みの感じかたには個人差があります。

これは、緊張や恐怖を感じると筋肉が緊張するため。筋肉が緊張すると血流がさまたげられ、痛みを起こすホルモンである「プロスタグランジン」が分泌。そのため、痛みをより感じやすくなるのです。

アトピーや敏感肌など肌が弱い人は、普段から少しの刺激で肌状態が悪化する経験をしているため、刺激全般にナーバスになっているもの。

医療脱毛の施術を受けるときも、つい「普通肌の人より痛いのでは?」と緊張してしまい、無意識に体を硬くしてしまっていることがあります。

医療脱毛が可能な症状とそうでない場合の線引き

窓の外を見る女性の写真

肌が弱い人こそ、医療脱毛がおすすめではありますが、必ずしも施術が可能というわけではありません。

では、「どの程度の症状なら医療脱毛が可能なの?」という疑問が浮かびますが、判断はケースバイケース

多くの症例の治療経験がある医師にしか判断はできません。

加えて、クリニックが導入している医療レーザー脱毛機器の種類にも左右されます。レーザーの種類のなかには、肌への刺激が弱い機器を導入しているクリニックも。

さらに皮膚科専門医がいる場合は、多少の症状が出ている場合でも、適切な治療を行いながら医療脱毛の施術ができる場合もあるでしょう。

条件として、「アトピー体質や敏感肌ではあるが、現在は症状が落ち着いている」場合に、医療脱毛を受けることが可能なよう。

しかし、現在アトピーや炎症、湿疹などの症状が強く出ているときは、その部位への医療脱毛施術はできないことがあります。その部位の皮膚は乾燥しており、刺激に極端に弱い状態であるためです。

炎症がある箇所は色素沈着が起こるケースもあるためNG

また、炎症が引き起こすことがある色素沈着も、医療脱毛では問題となります。

医療脱毛で使われるレーザーは黒や茶色に反応する性質を持つため、メラニンに反応しますが、肌に色素沈着があるとその部位にも反応してしまうのです。

そのため、肌に色素沈着があるとやけどが起こってしまうリスクがあるため、医療レーザー脱毛の施術はできないことがあります。

ほとんどの人が起こる「炎症性浮腫」とは

ちなみに、医療レーザー脱毛の施術後は肌に赤みが出たり、軽い腫れが出る「炎症性浮腫」という症状が出ることがあります。

これは、レーザーの熱エネルギーが蓄積された場所である毛包が施術後もまだ熱を帯びているため。

炎症性浮腫は、普通肌の人でも程度の差はあれ、ほとんどの人に起こるといわれています。

通常は炎症性浮腫が起こっても、数時間から1日程度で治まるところ、肌が弱い人のなかには、肌が熱を持つとかゆみを感じてしまう人もいるようです。

この場合は、クリニックで処方された炎症止めの塗り薬を塗布したり、冷却材で冷やしたりするのが効果的。かゆみに我慢できず掻いてしまうと肌荒れがなかなか治らず医療レーザー脱毛を受けることができなくなってしまいます。

アトピーや敏感肌の人が医療脱毛するときの4つの注意点

携帯を見る女性の写真

アトピーや敏感肌など、肌が弱い人が医療レーザー脱毛の施術を受ける際は、以下のような4つのポイントに留意すると良いでしょう。

肌が弱い人による医療脱毛の注意点1:施術前に肌の調子を整える

前述したように、医療レーザー脱毛の施術では、肌が乾燥しているとより痛みを感じやすくなります。

そのため、施術前は普段より念入りな肌の保湿を心がけましょう。また、 生活習慣や食生活を整えて肌の調子を良くしておくことも大切。寝不足やストレス、栄養不足は肌の調子を悪化させます。

肌の状態があまり良くないと施術を断わられることもあるため、事前に状態を整えておくことは必須です。

肌が弱い人による医療脱毛の注意点2:施術後は保湿と栄養補給を念入りに

医療レーザー脱毛の施術後は、レーザーの刺激により肌のバリア機能が低下し、外部からの刺激によりいっそう無防備になっている状態

そのため、施術後は保湿効果の高いローションやクリームを使い、肌の保湿を心がけましょう。

肌の水分量をすみやかに回復し、栄養をたっぷりと補給することでターンオーバーを促し、施術により受けたダメージからの肌の回復を助けることができます。

どのようなスキンケア用品を使えば良いのかわからない人は、医師に訪ねてみると良いでしょう。

肌が弱い人による医療脱毛の注意点3:皮膚科医のいるクリニックを選ぶ

医療レーザー脱毛は医療行為であり、法律で医療機関でしか行うことができないと定められています。

そのため、医療脱毛を行うクリニックには、かならず医師が常駐しています。

アトピーや敏感肌など、肌が弱い人は、皮膚疾患の診療経験が豊富な皮膚科専門医がいるクリニックを選ぶと良いでしょう。

医療レーザー脱毛は長丁場。毛の生え替わりサイクルである「毛周期」にあわせて施術を繰り返す必要があるため、脱毛完了までには1〜1年半ほどの期間がかかります。

施術回数を重ねていくうちに、肌の状態が悪化することがあっても、皮膚科医のいるクリニックであれば、適切な治療を受けながら施術を続行することもできるでしょう。

肌が弱い人による医療脱毛の注意点4:複数の脱毛機器を導入しているクリニックを選ぶ

医療脱毛を行っているクリニックのなかには、3〜4台のレーザー脱毛機器を導入しているところもあれば、1台のみのところも。なかには、施術時の痛みが少なかったり、肌に優しいタイプの脱毛機器も存在します。

アトピーや敏感肌など、肌が弱い人が医療脱毛を受けるときは、複数のレーザー機器を導入しているクリニックを選ぶほうが良いでしょう。

なぜなら、医療脱毛に使われるレーザーにはさまざまな種類があり、レーザーの性質により適した毛質や肌質が異なるから。

肌が弱い人の医療脱毛では、施術回数を重ねるにつれて肌の状態が変化する可能性が、普通肌の人より高いもの。

もしレーザー脱毛機器が1台しかないクリニックであれば、肌の状態にあわせて調整できるレーザーの波長や出力には限界がありますが、複数の医療レーザー脱毛機器を導入しているクリニックであれば、よりフレキシブルな対応が可能です。

肌が弱い人が医療脱毛を受けるクリニックの選び方の目安

カウンセリングを受ける女性の写真

医療レーザー脱毛機器を複数導入しているクリニックはそもそも少ないため、診療経験豊富な皮膚科医がいるクリニックという条件との両方を満たすクリニックを見つけるのは簡単ではありません。

近年は、エステサロン並みの低価格で医療レーザー脱毛を提供するクリニックも登場しています。

これらのクリニックでは、導入する医療レーザー脱毛機器の種類を統一し、施術の所要時間が短い機種を選ぶことで、スタッフの研修コストや施術の手間を省き、低価格を実現しているようです。

これは経営努力の一環であり、決して悪いことではありません。むしろ、肌トラブルが起こるリスクがより少ない普通肌の人が医療脱毛の施術を受けるには、理想的なクリニックです。

しかし、アトピーや敏感肌など肌が弱い人にとっては不向きなタイプのクリニックといえるでしょう。

そのため、大規模よりも小規模のクリニックかつ脱毛に力をいれているとこが、アトピーや敏感肌など、肌が弱い人に合うかもしれません。

医療脱毛に力を入れているクリニックのなかには、小〜中規模のクリニックで2〜3台の医療レーザー脱毛機器を導入しているところもあります。

肌が弱い人ほど医療脱毛を検討してみよう!

タブレットをみる女性の写真

アトピーや敏感肌など、肌が弱い人は、普通肌の人ほど気軽に医療脱毛を受けるクリニックを選ぶことはできませんが、いくつかのポイントを押さえることにより医療脱毛を受けることは十分可能。

肌へのダメージは年齢とともに蓄積していくことを考えれば、むしろ肌が弱い人ほど早めに医療脱毛を受けて、ムダ毛の自己処理をやめることが望ましいのです。

多くのクリニックでは、無料でカウンセリングを行っています。

肌が弱いことで医療脱毛を今までためらっていた人は、ぜひいちどカウンセリングを受けて、自分の肌の状態でも医療脱毛が可能か確認してみましょう。

品川スキンクリニック新潟院院長 武内大

医療機関でレーザー脱毛をする場合では、テスト照射をしたり肌に強く反応が出てしまった場合は軟膏処方などがあるため比較的安心と言えるでしょう。

医療レーザー脱毛の体験レポート公開中!

test

VIOの医療レーザー脱毛してきた!ハイジニーナは手に入る?恥ずかしさは??

女性なら誰しも興味があるVIOの医療脱毛。けどいざVIOの医療脱毛をしよう!

と決意しても「どこで受ければいいの?」「いくらかかるの?」など疑問はつもるばかりです。

そこでVIOの医療脱毛について徹底的に調べた編集部・町田が、医療脱毛専門のリゼクリニックにおじゃまし、実際にVIOの医療脱毛を体験してまいりました!

出典:VIOの医療脱毛してきた!ハイジニーナは手に入る?【体験レポート】

医療レーザー脱毛の費用目安まとめ

キャラクターの画像

※費用は税抜表示です。施術回数や"コース"は各クリニックによって異なります。

※掲載している情報は2016年10月12日時点で公式サイトに記載されていた情報であり、またクリニックによって施術条件や価格条件が異なるため各情報を保証する内容ではありません。正確な情報はクリニックの公式サイトを訪れていただくか、クリニックに直接お問い合わせ下さい。

脇の医療レーザー脱毛の費用目安

クリニック 費用(目安)
品川美容外科 2,770円
湘南美容外科クリニック 3,148円
聖心美容クリニック 8,000円
アリシアクリニック 13,750円
城本クリニック 19,800円

VIO医療レーザー脱毛の費用目安

クリニック 費用(目安)
湘南美容外科クリニック 13,500円
品川美容外科 17,590円
リゼクリニック 41,203円
城本クリニック 43,500円
アリシアクリニック 61,900円

全身の医療レーザー脱毛の費用目安

クリニック 費用(目安)
湘南美容外科クリニック 55,370円
リゼクリニック 184,259円
アリシアクリニック 288,750円

医療脱毛・レーザー脱毛の地域別人気クリニック

東京

リゼクリニック 新宿院

新宿駅東口より徒歩3分

詳しく見る

大阪

湘南美容外科 大阪駅前院

谷町線 東梅田駅から徒歩1分

詳しく見る

福岡

リゼクリニック 福岡天神院

西鉄 福岡駅より徒歩2分

詳しく見る

NICOLYおすすめ:美容整形やってみたシリーズ

※ 記事の内容は、医学的な正確性、効能、効果を保証するものでなく、かつ、記事の利用においてはしかるべき資格を有する医師や薬剤師等に個別に相談するなど読者の責任において行ってください。

関連するキーワード

注目の記事

【大人気】ブログより詳しい!整形の痛みやダウンタイム・術後経過すべて見せます!美容整形体験レポートシリーズ

【大人気】ブログより詳しい!整形の痛みやダウンタイム・術後経過すべて見せます!美容整形体験レポートシリーズ

NICOLY編集部では、カウンセリングから術後経過までの画像がたっぷりの、美容整形体験レポートを公開しています。切らないプチ整形から、脂肪吸引まで読み応え十分。NICOLY編集部いちおしの記事です。随時更新中!

45792 views | 整形二重脂肪吸引脂肪溶解注射

カテゴリ一覧

この記事の監修者

この記事のライター

本日のアクセスランキング

いまNICOLYで人気の記事

話題のキーワード

いまNICOLYで話題になっているキーワード

専門家ライター募集

NICOLYで記事を執筆していただける医師を募集

NICOLYでは「コンプレックスで悩んでいる人を笑顔に」というビジョンのもと毎日記事を更新しています。信頼性の高い記事を出し続けるために、記事の執筆をしていただける医師を募集しています

専門家ライター募集フォーム

編集者募集

NICOLYで記事を編集してくれる編集者募集

NICOLYでは「コンプレックスで悩んでいる人を笑顔に」というビジョンのもと、一緒に働いてくれる編集者を募集しています。

編集者募集フォーム

関連する記事

この記事に関連する記事をピックアップ