老けた印象の原因は眉の下垂かも ブローリフトで若々しい目元へ!

「いつも困り顔に見える」という人は、眉の下垂が原因かも。眉の下垂には「ブローリフト」がおすすめです。ブローリフトは眉の上を切開し、一部を剥離して縫合する施術。眉を引き上げ顔の印象を明るくし、眉の位置を整える効果が期待できます。気になるダウンタイムについても理解しましょう。

恵聖会クリニック 藤本卓也

この記事は、恵聖会クリニック 藤本卓也先生が監修しています。

眉毛の上にしわやたるみがあって気になる。

アイメイクをしても表情がはっきりしない。

周囲から「なにか困っているの?元気ないね」とよくいわれる。

これらに思い当たる節がある場合、もしかしたら眉が原因となっているかもしれません。

目次

眉の印象で表情が大きく変わる!

眉の印象の図

眉は口元と同じくらい表情を左右するもの。眉が上がるか下がるかで、表情にはかなりの差が出ます。

山なりの眉は元気で明るい印象を与えますが、眉が八の字になっていると困り顔、元気がなさそうな印象を周りに与えてしまいがちです。

また、加齢とともに顔の筋肉が衰えて眉が下垂してしまった場合は、まぶたにある脂肪の下垂にも影響します。

「以前は眉の位置がもっと上にあったはず」「顔の印象がなんとなくはっきりしなくなってしまった」ということもあるでしょう。

これらのような悩みがある場合は「ブローリフト施術」で解決できる可能性があります。

ブローリフト施術とは?

女性の顔のアップの写真

ブローリフトとは、眉を引き上げる施術のことです。眉の上、眉毛の生え際にメスを入れて、眉上の一部を剥離して縫合し、眉の引き上げをおこないます。

ブローリフトをすることで顔の印象・イメージを明るくし、表情を豊かにできるかもしれません。

ブローリフトに期待できる効果

鏡を見る女性

ブローリフトによって期待できる効果には、以下のようなものが挙げられます。

  • 眉とまぶたの間にできるしわの改善。
  • まぶたの下垂を予防。
  • 眉の位置を整え、表情を明るい印象へ変えてくれる。
  • 額のしわを改善。

眉付近の下垂によって、老けた印象が強くなってしまっている人に向いているでしょう。

ブローリフトと上眼瞼リフトの違い

ブローリフトと上眼瞼リフトの違いの図

目元まわりの施術として、施術メニューで並ぶことの多い「上眼瞼リフト」

ブローリフトも上眼瞼リフトも、目元を若々しくしたいという悩みに適していますが、切開する部位に違いがあります。

どちらに適応するかは、眉とまぶたの距離によって決まることが多いのだとか。

【ブローリフト】

  • 眉とまぶたの間が狭い人向け。
  • 眉上を切開。

【上瞼眼リフト】

  • 眉とまぶたの間が広い人向け。
  • 眉下を切開。

どちらの施術によって目元を若々しく見せることができるのか、カウンセリングで医師に相談するようにしましょう。

ブローリフトと上眼瞼リフトは、どちらもまぶたのタルミを改善することが目的となる手術です。
余った皮膚を切り取ることで、特にまぶたの中央から目尻にかけてのタルミがすっきりします。

ブローリフトは眉毛を上げる施術というより、眉毛ごと上眼瞼のタルミを引き上げる施術で、上眼瞼リフトは眉毛の下で上眼瞼の皮膚だけリフトします。

眉毛の位置がとても下がってしまった人にはブローリフトがおすすめですが、眉毛の位置に問題のない人は、上眼瞼リフトの方が傷跡が目立ちにくくおすすめです。

ブローリフトの施術内容と費用は?

ブローリフトは切開をする手術。具体的な施術内容や費用についても確認しておきましょう。

ブローリフトの施術時間

施術時間は、30分〜1時間半程度。切開を伴う施術ですが、最短では30分前後で終了することもあるようです。

ブローリフトで使用される麻酔

ブローリフトでは、以下の麻酔が使われるようです。

  • 静脈麻酔
  • 麻酔クリーム
  • 点眼薬
  • 局所麻酔

痛みが心配な人は麻酔クリームと静脈麻酔を併用するようですが、そうでなければ麻酔クリームのみで施術をおこなうこともあるようです。

そのほか、クリニック・病院が常備している麻酔の種類や、切開範囲に応じて麻酔方法が変わってきます。

施術中の痛みが気になる人はカウンセリング時に申告しておくと、痛みを軽減するように配慮してもらえるので、遠慮せずに医師に伝えましょう。

ブローリフトの施術費用

貯金箱の写真

ブローリフトの相場費用は、250,000〜350,000円が相場に。麻酔やアフターケア代が別途かかる場合もあるので、クリニックで確認しましょう。

施術後の診察内容と通院回数

  1. 抜糸
  2. 経過観察
  3. 定期健診

施術後のおおまかな流れは上記のとおりで、通院回数は1~4回程度。

クリニックや病院によっては、腫れや内出血などのダウンタイムが軽度で良好な状態と判断すれば、抜糸の1回だけで通院が終了となります。

ブローリフトの術後経過は?

手術を受ける女性の写真

次に、気になる術後経過について確認していきましょう。

抜糸

術後、5〜7日で抜糸をおこないます。

化粧

当日、もしくは術後翌日以降から化粧は可能に。

シャワー、洗顔

当日、もしくは術後翌日以降からシャワー、洗顔はできます。

化粧やシャワー、洗顔に関しては、施術部位を濡らさないようにすれば最短で当日から可能です。

腫れや内出血が強い場合は、熱めのシャワーは避けてください。血行が良くなりすぎるとダウンタイムが長引いてしまうこともあります。

お湯の温度をぬるめにしたり、熱めの温度の場合は短時間にしたりなど工夫して、ダウンタイムを乗り切りましょう。

抜糸が「術後およそ1週間」はなぜ?

クエスチョンマークの出ている女性の写真

クリニックや病院で切開を伴う美容整形をおこなうと、「術後およそ1週間後に抜糸」とよく耳にしますよね。この「およそ1週間」というのは、大切な意味があります。

切開をした痕というのは、要するに傷を負っている状態。負傷した皮膚や細胞は、おもに炎症期、増殖期、成熟期を経て修復していきます。

炎症期

これが、いわゆるダウンタイム。熱を発したり、腫れたり、痛みが出る時期です。施術直後から5日前後が炎症期にあたります。

増殖期

切開した場合は、切れた部分を繋ぎ合わせる期間です。傷口を埋める大切な時期で、切開(傷)の大きさにもよりますが施術後、およそ1週間前後かかります。

成熟期

切開(傷)の部分をさらに再生、修復する期間です。施術後の2週間前後にあたります。

抜糸のときに大切なことは、切開した部分がきちんと接合されているかどうかということ。そのため、抜糸は増殖期を終えた段階でおこなう必要があるのです。

もちろん、切開(傷)の範囲や施術方法によって皮膚の再生、修復期間は変動しますが、皮膚や細胞は切開(傷)部位を治療するために、上記の期間をたどっています。

そのような経緯があり、抜糸は「術後およそ1週間」とされているのです。

一般的には、増殖期の1週間で抜糸といわれていますが、埋没縫合(抜糸しない皮膚の中の縫合)をしっかりすることで、5日程度で抜糸することが可能となります。
1週間糸をおくことにより、縫合糸痕(縫った糸の痕)が残りやすくなりますので、当院では上眼瞼リフトやブローリフトの際はしっかりと埋没縫合をかけ、5日で抜糸を行います。

ブローリフトのダウンタイムは?

リラックスしている女性の写真

切開する手術なので、術後の内出血や腫れは気になるところですよね。確認していきましょう。

痛み

術後の痛みはないケースがほとんどです。

クリニックや病院によっては初めから鎮痛剤を処方していますが、麻酔の効果が切れた後を心配する人は、あらかじめ医師にその旨を伝えておきましょう。

腫れ

強い腫れは、術後3~7日前後で引いていきます。

内出血

内出血は、術後1日〜10日前後までと考えてください。

腫れと同じで、剥離する大きさや医師の技術や体質にもよりますが、軽度の内出血は1週間~10日前後でおさまるようです。

ブローリフトの施術のリスクは?

落ち込んでいる女性の写真

ブローリフトには、望まない変化が起こってしまうというリスクもあるということを知っておく必要があります。どのようなものが考えられるか、確認していきましょう。

リスク1. 左右の眉の上がり具合に差がある

施術日を分けて片側ずつブローリフト施術をおこなった場合は、左右の差が出やすくなります。

皮膚の状態や気温差でも眉の位置が変わってくるので、対処としては同日に両眉を施術することでリスクを軽減することができます。

リスク2. 二重が薄くなる

眉を引き上げた際にまぶたの皮膚も引きあがり、目が開きやすくなる反面、皮膚の伸ばし具合で二重が薄くなる場合もあります。

二重はそのままに眉だけをリフトアップしたい人は、医師に一重になるリスクを軽減したい旨を伝えてみましょう。状況によっては、二重を作る施術を併せておこなうこともあります。

リスク3. 切開部位に眉毛が生えてこない、切開痕が残る

切開部位の眉毛が生えてこなかったり、切開痕が残ったりすることもあるよう。

切開する位置を医師と相談しながら、「どれくらい切開することになるのか、どれくらいの範囲で剃毛をおこなうのか」をシミュレーションしたうえで、施術を受ける必要があります。

また、目立つ切開痕は、1か月~3か月前後です。かさぶたができて剥がれたあと、傷痕は赤色から白色へ変わっていき、目立たないようになります。

切開痕がなくなるわけではありませんが、腫れが引けばファンデーションで隠せる程度になるようです。

切開痕の目立たなさで比較すると、上眼瞼リフト(眉毛下切開)の方が目立ちにくくなります。

ブローリフトの持続効果について

カレンダーの写真

切開を伴う施術のメリットとして、施術後から変化が見られることが挙げられます。

しかし、内出血や腫れがあると効果があまり感じられないので、ダウンタイムが過ぎた施術10日後ほどから効果を実感する場合が多いよう。

また、持続期間としては施術後6か月以上の効果が期待できます。

もちろん、加齢や筋肉の衰えであらたに眉のたるみが出てくることはありますが、ブローリフト自体は長期的に継続するといわれているもの。

基本的には、レーザー施術などのように何度も施術を繰り返す必要はありません。

ブローリフトを受けたあとの自分をシミュレーションしてみましょう!

笑顔の女子の写真

顔のパーツのなかで、眉は意外にも目立ちます。顔の印象や表情を明るくすると、自然と気持ちも上向きになれるかもしれません。

ブローリフトは切開を伴うため、切開痕やダウンタイムなどがありますが、リスクを踏まえたうえで施術を受けてみたい人には術後のシミュレーションがおすすめ。

クリニックや病院によっては、施術によって今の自分とどれくらい印象が変わるのか、術後のシミュレーションを3Dで見ることができます。

リアルな画像で術後の自分を見ることによって、施術の必要があるのかどうかを決めるひとつの判断材料になるはず。

ブローリフトをしようか迷っている人は、まずはカウンセリングへ行ってみましょう。

あわせて読みたい

いま話題の記事をまとめてチェック!おすすめの特集記事を紹介します。

関連する記事

二重整形を悩んでいる人へ!知っておきたい情報記事まとめ

二重整形をしたくても踏み出せず、悩んでいる人に役立つ情報を一挙にまとめました。「どのような二重になれるのか」「二重施術の基礎情報」「施術を受けた人のブログ」「二重施術の失敗やリスク」「クリニック選びのコツ」など役立つ情報を紹介します。

関連する記事

☆二重整形をするクリニックを選んでいる人、必見!地域別まとめ特集☆

見やすいクリニックまとめ一覧です。埋没法、切開法、口コミで今回はまとめました。近くに気になるクリニックは見つかりましたか?お医者様によって施術法もこだわりがあったりします。ぜひサイトを訪問してみてくださいね。

NICOLYおすすめ:美容整形やってみたシリーズ

関連する記事

【大人気】ブログよりくわしい!整形の痛みやダウンタイム・術後経過すべて見せます!美容整形体験レポートシリーズ

NICOLY編集部では、カウンセリングから術後経過までの画像がたっぷりの、美容整形体験レポートを公開しています。切らないプチ整形から、脂肪吸引まで読み応え十分。NICOLY編集部いちおしの記事です。随時更新中!

記事に関するお問い合わせ

※ 記事の内容は、医学的な正確性、効能、効果を保証するものでなく、かつ、記事の利用においてはしかるべき資格を有する医師や薬剤師等に個別に相談するなど読者の責任において行ってください。

注目の記事

【大人気】ブログよりくわしい!整形の痛みやダウンタイム・術後経過すべて見せます!美容整形体験レポートシリーズ

【大人気】ブログよりくわしい!整形の痛みやダウンタイム・術後経過すべて見せます!美容整形体験レポートシリーズ

NICOLY編集部では、カウンセリングから術後経過までの画像がたっぷりの、美容整形体験レポートを公開しています。切らないプチ整形から、脂肪吸引まで読み応え十分。NICOLY編集部いちおしの記事です。随時更新中!

この記事の監修者

この記事のライター

本日のアクセスランキング

注目のクリニック

注目の医師

サイトメニュー