NICOLY:)[ニコリー] コンプレックスの悩み解決・応援サイト

医師が教えるコンプレックス解決サイト
監修済記事:1032記事

メルマガ登録

2016年11月10日 更新 | 3,015 views

ぷよぷよボディとさよならできる、脂肪吸引の基礎知識

品川美容外科渋谷院 院長 和田哲行

この記事は、品川美容外科渋谷院 院長 和田哲行が監修しています。

身体についてしまった脂肪、なんとかしたい! とはいえ、ダイエットはなかなか効果があらわれないし、続けられない......。そんなとき、魔法のように脂肪を取り除いてくれるのが脂肪吸引です。脂肪吸引の仕組みや効果、部位ごとの注意点などについてまとめました。実は脂肪吸引は大がかりな手術。リスクについても知っておく必要がありそうです。

身体についてしまったムダなこのお肉......。

魔法のようにどこかへ飛んでいってくれればいいのに!

そんなとき、脂肪吸引手術はまさにその魔法のように思えるかもしれません。

とはいえ、脂肪吸引って何をするのか、費用はいくらかかるのか、いまいちピンと来ないかも。それに、リスクや失敗の可能性も気になります。

そこで、脂肪吸引手術を受ける前に知っておきたい知識をまとめました。

脂肪吸引のしくみと効果

掃除機と女性

脂肪吸引のしくみ

ひと口に脂肪吸引といっても、身体から脂肪を追い出すにはさまざまな方法があります。

ただ、数ある脂肪吸引の方法すべてで必ず行われているのが、脂肪のなかの「脂肪細胞」というものを壊し、脂肪を柔らかくしてから身体の外へ出すということです。

つまり、ゼリーをストローで吸うのは大変だけれど、細かく砕けば吸いやすいのと同じこと。

脂肪吸引の方法によって、どのように脂肪を柔らかくするのか、どのように脂肪を身体の外へ出すのかという点が違います。

特に、脂肪を身体の外へ出す方法は、患部をメスで切るのか切らないかがポイントです。

脂肪吸引の効果

脂肪吸引は身体についてしまった脂肪をただ身体の外へ追い出すだけではないんです。

なんと脂肪吸引は、ダイエットで脂肪を減らすのとは違ってリバウンドがありません。

脂肪吸引によって脂肪細胞が無くなった部分は、死ぬまで脂肪がつかないので痩身効果がずっと持続します。

一度に多くの脂肪を減らせてなおかつリバウンドがないというのは、地道な努力が必要なダイエットにはない魅力です。

脂肪吸引の種類

クソデカハサミとおんなのこ

脂肪吸引の方法には大きく分けて、

  1. 身体をメスで切って、吸入器を挿入することで脂肪を吸い出す方法
  2. 身体をメスで切らずに、脂肪が体外へ出ていくのを助けて脂肪を減らす方法

の2つがあります。

身体を切って、しかもそこに管を入れるとなると……想像するだけで怖い。でも、切るからこそのメリットもあるんです。また、メスを使わない方法が必ずしも安全とは限りません。

切る脂肪吸引のメリットとデメリット

切る脂肪吸引のメリット

切る脂肪吸引のメリットは、

  • 一度の手術で多くの脂肪を取り除ける
  • 即効性があるのですぐに理想の体型を作れる
  • 取り除いた脂肪を胸に入れてバストアップをするようなボディメイクができる

といったもの。

大きな変化を望むなら、切る脂肪吸引の方が効果を得やすいかもしれません。

切る脂肪吸引のデメリット

もちろん、メスを使う切る脂肪吸引にはデメリットもあります。

  • 内出血や痛みなどダメージや傷跡が身体に残る
  • ダウンタイムがあり、痛みが引くまで通常の生活が送れない
  • 仕上がりの美しさが施術をする医師のスキルに大きく左右される

仕上がりの状態に関しては、クリニック選びがとても重要といえます。

切る脂肪吸引の人気手術方法

脂肪吸引には、さまざまな方法があり、どれを選ぶかで、術後経過や仕上がりが変わります。

切る脂肪吸引のなかで人気な手術方法は以下のとおり。

1. ベイザー脂肪吸引

ベイザー脂肪吸引は新しい技術を用いた切るタイプの脂肪吸引方法。

従来の脂肪吸引よりも短時間かつ、少ない出血量で脂肪を除去することができます。

その方法は、カニューレという脂肪吸引用の管の先端からベイザー波と呼ばれる超音波を出し、脂肪細胞を破壊してから脂肪を吸い出すというもの。

メリット

ベイザー波は血管や神経を避けて脂肪細胞だけを分解してくれるので身体への負担が少なくてすみます。

さらに従来の方法では難しかった、皮のすぐ下の浅い部分の脂肪細胞も分解することができるので、皮膚がたるみにくいんです。

ダウンタイムもほかの脂肪吸引法と比べると、半分ほどに抑えることができます。

さらに取り除いた脂肪を別の部位に注入して身体のメイクアップができるのも特徴。高須クリニックでは美しい身体を手に入れられるという意味を込めて「ミケランジェロ法」と呼んでいるようです。

デメリット

高い技術で効果的に脂肪を除去できるへイザー法。とくにこれといったデメリットはありませんが、ほかの脂肪吸引法より施術の費用が高くつきがちです。

費用

ベイザー脂肪吸引を用いた脂肪吸引の費用は、顔、胸、お腹、おしり、太ももは約50万円、二の腕は約30万円が相場です。

お腹の脂肪吸引をしたあと、その脂肪で豊胸を同時に行う場合は100万円以上の費用がかかります。

2. ボディジェット

ボディジェットはベイザー脂肪吸引と同様の切るタイプの脂肪吸引法です。

その方法は、止血剤と麻酔剤の混ざった水をカニューレからジェット噴射し、脂肪を分解して吸引するというもの。

メリット

ボディジェットは、麻酔剤入りの水を体内に流し込むので全身麻酔を必要としません。だから、比較的安い料金で施術を受けることができます。

デメリット

医師の技術が不足していると、脂肪を除去しすぎて皮膚が凸凹してしまうリスクがあります。

費用

ボディジェット脂肪吸引を用いた脂肪吸引の費用は、顔、胸、お腹、おしり、太ももは約30万円、二の腕は約15万円が相場です。

切らない脂肪吸引

切らない脂肪吸引のメリット

佇む女性

切らない脂肪吸引のメリットは、

  • 大きな手術ではないので身体への負担が少ない
  • ダウンタイムが短い
  • 麻酔が必要ないので麻酔代がかからない
  • 身体に手術の跡が残らない。
  • 効果が徐々に現れるので自然に痩せていくことができる

というものがあります。

ダイエット同様、だんだん効果があらわれるものなので、周囲に施術したのがバレにくいのもうれしいポイントです。

切らない脂肪吸引のデメリット

切らない脂肪吸引のデメリットは、

  • 切る脂肪吸引ほどの劇的な痩身効果は期待できない
  • 一度の施術では脂肪を取りきれないので何度も通院する必要がある
  • 使用する機器と身体の相性で効果が表れにくい場合がある

などがあります。

何度も通院しなければならないのは、すこし面倒かもしれません。

切らない脂肪吸引の人気手術法

切らない脂肪吸引にも、さまざまな種類が。

使用する機器や、脂肪へのアプローチのしかたがまったく違います。

なかでも特に人気なものを調べました。

1. ライポソニックス

ライポソニックスとは最先端の切らない脂肪吸引法です。

その効果は、美容外科界でもっとも権威のある学術誌のひとつである『Plastic and Reconstructive Surgery』でも実証されているほど、信頼性の高い脂肪吸引法。

ライポソニックスでは、皮膚を傷つけずに皮下脂肪のみを分解できる「HIFU」という超音波を使います。

「HIFU」を身体の外から痩せたい部分に当てることで、脂肪細胞を熱で破壊し脂肪を減少させるんです。

超音波の熱によって分解された脂肪は自然と身体の外へ出て行くので、カニューレで吸い出す必要はありません。

メリット

なんといっても切る必要が無いのでに身体に負担をかけることなく、脂肪を減らすことができます。

さらに、切る脂肪吸引には脂肪を取り過ぎてしまうことで皮膚が凸凹になってしまうというリスクがありますが、ライポソニックスなら抜群に美しく仕上がります。

それは、ピンポイントで狙った脂肪をのみ分解することができるから。

そしてメスを使った手術をしないので、切る脂肪吸引と比べて費用が格段に安いのも魅力です。

悪い点

従来の切らない脂肪吸引と比較すると効果的なライポソニックスですが、やはり切る脂肪吸引に比べると除去できる脂肪の量は控えめです。

さらに機器の構造上、深さが2.5cm以下の皮下脂肪には使用することができないので、顔の脂肪吸引に使うことはできません。 費用

ライポソニックスは部位による費用の変動はありません。4.5cm四方の大きさのエリアを約2~3万円で施術することができます。

2. ゼルティック

ゼルティックは、脂肪をあたためて溶かすライポソニックスとは真逆で、なんと脂肪細胞を凍らせてシャーベット状にすることで分解するという切らない脂肪吸引法です。

筋肉や血管には影響せず、脂肪細胞だけを凍らせることができる温度で痩せさせたい部分を冷やします。

すると、身体を傷つけることなく脂肪細胞を分解することが可能です。ライポソニックスと同じように、壊した脂肪細胞は自然に身体の外に出て行くのでカニューレで吸い出す必要はありません。

メリット

切らずに脂肪を減らすことができるので身体への負担が少ないのが最大のメリット。

特にゼルティックは、ほぼ無痛といえるほど痛みの少ない施術法で、本を読みながら施術を受けられるなど、サロンで髪を切ってもらうような感覚で施術を受けることができます。

また、ゼルティックは皮下脂肪が1mm以上の部位であればどこでも施術をすることが可能です。

デメリット

切らない脂肪吸引と比べると除去できる脂肪の量は控えめです。

さらに、同じく切らない脂肪吸引であるライポソニックと比べると費用が高めのよう。

費用

ゼルティックは施術する部位に関わらず、施術範囲の大きさによって費用が変動します。

おおよそ手の平1枚ほどのサイズの範囲で約6万円の価格です。

部位ごとにみる脂肪吸引

ふとももをつまむ女性

脂肪吸引は、施術する部位によって、条件やダウンタイムなどが違います。

そこで、部位ごとに確実に効果が得られる条件と、ダウンタイムについてまとめました。

顔の脂肪吸引

もっとも人に見られることが多い部分、顔。

一度ムダな肉が顔についてしまうとなかなか落としにくいのも厄介です。

顔の脂肪吸引の条件

あごのお肉をつまんでみて、つまんだお肉が1cm以上あれば顔の脂肪吸引による効果を実感できるはず。

1cmに満たず、脂肪の量がそれほど多くない場合は効果が実感しにくいです。

ダウンタイム

顔の脂肪吸引の場合、1周間ほど通常の生活は送れないと思っておいてたほうがよさそう。

顔の脂肪吸引の場合はとにかく腫れが出やすいので術後はフェイスバンドなどで顔を圧迫する必要があります。

費用

顔の脂肪吸引で一般的な方法はベイザー脂肪吸引。費用は40万円ほどがかかります。

ボディジェットなど、他の機器による脂肪吸引でも20万円以上が相場です。

二の腕の脂肪吸引

二の腕もまた一度ムダなお肉がついてしまうとなかなか落としにくい部位のひとつです。

あたたかい季節には、人に見られる機会も多くなる二の腕の脂肪吸引にはどのような特徴があるのでしょうか。

二の腕の脂肪吸引の条件

とくに痩せすぎていなければ、二の腕の脂肪吸引による効果を実感できそう。

目安はBMI値(※)。18以下でなければ誰でも二の腕の脂肪吸引の効果が得られるといえます。

※BMI値:体重(kg) ÷ 身長(m)の二乗

ダウンタイム

二の腕の脂肪吸引は翌日から通常の生活が送れる人もいますが、目安として1週間ほどのダウンタイムを考慮しておくのがよさそう。

痛み止めで対処できるほどではあるものの、痛みがしばらく続くことがあるので、薬によるアフターケアが必要になるかもしれません。

費用

二の腕の脂肪吸引は、ベイザー脂肪吸引で約40万円、ボディジェットで約20万円でした。

そのほかの独自機器による脂肪吸引でも、約20万円以上の費用がかかるのが相場のよう。

お腹の脂肪吸引

もっとも脂肪が気になる部位、お腹。ちょっと油断するとぽっこり出てきて、放っておくと三 段腹に……なんてことも。

お腹の脂肪吸引の適正

そんなお腹の脂肪吸引を受ける条件は、やはり痩せすぎていないこと。

もともと脂肪が少ないのに脂肪吸引を受けると、効果を実感できないどころか、身体にも悪影響が出ることが。目安としてはBMI値が18以上であることです。

ただ注意しなければいけないのが、内臓脂肪による肥満は脂肪吸引ではどうにもできないということ。

お腹は出ているけどほかの部位は痩せている、という人は内臓脂肪が原因で肥満になっている可能性が高いので、脂肪吸引以外の方法で対処しましょう。

ダウンタイム

お腹の脂肪吸引は回復までに1週間ほどかかります。

症状として顕著なのは痛みです。お腹の脂肪吸引はほかの部位よりも痛みが強く、筋肉痛のような鈍い痛みが4日ほど続くことがあります。

また、ダウンタイムが終わっても1ヶ月ほどは腫れて下っ腹が出るので、腹巻のような器具での圧迫が必要です。

費用

お腹の脂肪吸引はベイザー脂肪吸引で約40万円、ボディジェットで約30万円が相場です。

太ももの脂肪吸引

太ももがほっそりすると、スラっとしたスタイルに見えてかっこいいもの。

憧れのほっそり太ももは、脂肪吸引で手に入れることができます。

太ももの脂肪吸引の条件

太ももの脂肪吸引も目安はBMI値が18以下でないことです。

ダウンタイム

太ももの脂肪吸引のダウンタイムは1週間ほど。回復が早ければ4〜5日で通常の生活に戻れるとか。

ただ、痛みがしばらく続くこともあるので、薬によるアフターケアが必要になるかもしれません。

費用

太ももの脂肪吸引の費用はベイザー法で約60万円、ボディジェットで約50万円が相場です。

※BMI値:体重(kg) ÷ 身長(m)の二乗

脂肪吸引のリスクと注意点

暗い体

脂肪吸引は手軽に部分やせができる方法。とはいえ、注意すべきリスクがあります。

身体を切って脂肪を砕き取り出す......というのはかなりの大手術。そこには感染症や大量出血のリスクがあります。

さらに、溶かした脂肪が血管に詰まってしまう「脂肪塞栓症」を引き起こす可能性も。脂肪が脳の血管に詰まってしまうと最悪の場合死亡することもあるんです。

そして、脂肪吸引で脂肪が減ったからといって、食生活や生活習慣を見直さなければ、結局別の部位にどんどん脂肪がついてしまいます。

脂肪吸引した部位には、二度と脂肪が付くことはないので、そこにつくはずだった脂肪は他の部位に貯まります。

場合によっては脂肪吸引をしたことによってさらに太って見えてしまうことさえあるんです。

また、脂肪吸引を施す場所によって、起こるかもしれないリスクはすこし変わります。

顔の脂肪吸引のリスク

顔の脂肪吸引は比較的失敗のリスクが低く、多くの脂肪が付いている部分ではないので脂肪の取り過ぎによる皮膚の凸凹も起こりにくいはず。

しかし、治療の際、神経を傷つけてしまうと、顔面麻痺を引き起こす可能性が。ただ、1パーセント未満と低い確率で、症状が出たとしても治療できる程度のものです。

二の腕の脂肪吸引のリスク

50%ほどの高い確率で、腕の感覚が鈍くなりしびれを起こすというリスクがあります。

多くは日常生活に支障のないレベルのもので、長くとも3ヶ月でおさまりますが、発症の確率が高いので注意が必要。

ほかに、脂肪を取ることで皮膚が凸凹になることや、筋肉が目立って男性的な腕になるリスクがあります。

さらに、左右の腕で仕上がりに差が出てしまい不自然になることも。

お腹の脂肪吸引のリスク

お腹の脂肪吸引で気をつけなければならないのが、仕上がりの美しさについて。

執刀した医師が技術不足だと皮膚が凸凹になり、場合によっては再手術が必要になることも……。

またお腹の脂肪吸引には、死亡のリスクがあります。

乱暴な吸引によってお腹の中の臓器を傷つけてしまうと、一生後遺症を引きずることになりかねません。そして最悪の場合は命を落とすことも考えられます。

実際日本でも、お腹の脂肪吸引によって腸を傷つけてしまい亡くなった人がいます。お腹の脂肪吸引はドクターの腕によって成功するかどうかが大きく左右されます。

太ももの脂肪吸引のリスク

太ももの脂肪吸引の失敗例としてよくあるのが、左右の仕上がりがバラバラで不自然になってしまうというもの。

さらに、太ももにはお尻を支えるはたらきがあるので、太ももの脂肪が少なくなると、お尻をささえきれず、結果としてお尻が垂れてしまうということもあるとか。

このようにどんな脂肪吸引にもそれぞれリスクがあります。

「脂肪吸引を受けたい」と考えるなら、しっかりとリスクを知った上で施術を受けたほうがよさそう。

部位別の脂肪吸引の料金目安(顔・二の腕・お腹・太もも)

キャラクターの画像

※費用は税抜表示です。回数や吸引量は各クリニックによって異なります。

※掲載している情報は2016年10月12日時点で公式サイトに記載されていた情報であり、またクリニックによって施術条件や価格条件が異なるため各情報を保証する内容ではありません。正確な情報はクリニックの公式サイトを訪れていただくか、クリニックに直接お問い合わせ下さい。

顔の脂肪吸引の費用目安

クリニック 費用(目安)
品川美容外科 72,220円
湘南美容外科クリニック 114,370円
城本クリニック 200,000~円
聖心美容クリニック 250,000円
水の森美容外科 270,000円
東京美容外科 300,000円

顔の脂肪吸引の体験レポート公開中!

顔の脂肪吸引してきました!

顔の脂肪吸引は、顔の脂肪に悩む女性にとって救世主になりえます。今回は顔の脂肪に悩むNICOLY読者のまる子さんが、湘南美容外科クリニック表参道院で顔の脂肪吸引を体験してきました。カウンセリングと施術はもちろん、術後経過についても詳しく説明。顔の脂肪吸引は、思ったより手軽で身近な手術かもしれません。

出典:顔の脂肪吸引の全容大公開【湘南美容外科クリニック表参道院】

二の腕の脂肪吸引の費用目安

クリニック 費用(目安)
品川美容外科 64,810円
湘南美容外科クリニック 114,370円
城本クリニック 200,000~円
聖心美容クリニック 250,000円
東京美容外科 300,000円
水の森美容外科 350,000円

二の腕の脂肪吸引の体験レポート公開中!

二の腕の脂肪吸引してきた!

二の腕の脂肪吸引をしてきた編集部・まこと。長年のコンプレックスだったぶるんぶるんの二の腕は、果たして脂肪吸引で改善されるのでしょうか。品川美容外科渋谷院での二の腕の脂肪吸引の様子を、余すところなく一挙公開。施術の様子はもちろん痛みや当日の注意事項、経過まで全てさらけ出します。

出典:二の腕の脂肪吸引してきた! 【品川美容外科渋谷院】

お腹の脂肪吸引の費用目安

クリニック 費用(目安)
品川美容外科 83,330円
湘南美容外科クリニック 107,250円
城本クリニック 200,000~円
聖心美容クリニック 250,000円
東京美容外科 350,000円
水の森美容外科 390,000円

太ももの脂肪吸引の費用目安

クリニック 費用(目安)
品川美容外科 83,330円
湘南美容外科クリニック 127,499円
城本クリニック 200,000~円
聖心美容クリニック 250,000円
東京美容外科 350,000円
水の森美容外科 420,000円

太もも脂肪吸引の体験レポート公開中!

取れた脂肪の量は4リットル。太ももの脂肪吸引をしてきました!

太ももの脂肪吸引は、美容整形の中でもかなり大がかり。痩身効果が期待できるけど、その分リスクやダウンタイムは覚悟しなければなりません。また、脂肪吸引は医師の技量が大きく出来を左右します。そこで20代の女性が水の森美容外科で受けた脂肪吸引の様子を、一挙大公開。カウンセリングや施術はもちろん、術後の経過も詳細に記録しました。「手作業」の脂肪吸引にこだわる水の森美容外科、その圧巻の術式とは。

出典:取れた脂肪の量は4リットル。太ももの脂肪吸引をしてきました【水の森美容外科】

太ももがマイナス9cm!太ももの脂肪吸引してきました

理想の美脚が手にはいるかもしれない美容整形、太ももの脂肪吸引。けれどそれなりに高額な費用がかかるし、本当に施術は安全なのか、後遺症はないのかとても不安です。そこで今回NICOLY編集部のライターが、湘南美容外科で行われた下半身の脂肪吸引に完全密着取材。施術中はもちろん術後の経過も含め、太ももが変貌をとげる様子を追ってゆきます。

出典:太ももがマイナス9cm!太ももの脂肪吸引してきました【湘南美容外科町田院】

脂肪吸引の美容整形後の経過写真が見られるブログ13選

おたくな女の子

実際に脂肪吸引を受けた人のその後の様子を知ることができるブログを紹介します。

なかには、脂肪吸引の失敗談もあるので参考になります。

1. 全身「初!脂肪吸引」

下半身を施術した3ヶ月後に上半身も施術し、全身の脂肪吸引をした人のブログです。全身あわせて5000ccほどの脂肪を吸引しており、すっきりとした身体に。

吸引した脂肪の写真も載せられていて、その量に圧倒されます。事前に用意しておくものなどが書かれているのもうれしい!

初!脂肪吸引

2. 太もも「加奈の脂肪吸引*体験談」

脂肪吸引後3週間ほど、毎日写真をアップしてくれているので、内出血の様子などを見ることができます。

また時系列の記事以外に、「体験のまとめ」という形で3本の記事にまとめてあるので、これだけでも読む価値ありです。

[加奈の脂肪吸引体験談] (http://ameblo.jp/kana-ry550/)*

3. お腹、背中、二の腕「えむ子の脂肪吸引ストーリー」

お腹の脂肪吸引をした3ヶ月後に二の腕の脂肪吸引もした人のブログ。

お腹のビフォー、アフターを見比べても劇的にすっきりしているのが分かります。

お腹の脂肪吸引時は直後の吐き気がひどくタクシーで帰ったそうです。二の腕のときは楽だったようですが、手術直後の状態を知っておくためにも、見ておきたいブログです。

えむ子の脂肪吸引ストーリー

4. 太もも、ふくらはぎ「にゃんころの太もも脂肪吸引!~スキニーを美しく~」

脚の脂肪吸引をした人のブログ。

術後3週間は毎日脚の写真をアップしているので、回復していく様子が確認できます。

術後16日には一泊旅行、30日後には岩盤浴に行くほどに回復。スキニーやスカートを履いたビフォー、アフターの写真もあり、明らかにスタイルがよくなっているのを確認できます。

にゃんころの太もも脂肪吸引!~スキニーを美しく~

5. 太もも「minatoの脂肪吸引ブログ」

4つの病院にカウンセリングにいって、結局大手以外のクリニックを選んだそうです。

このブログは施術を受ける病院を判断する際の参考になります。術後の痛みが軽かったらしく、読んでいて脂肪吸引に前向きになれるブログです。

minatoの脂肪吸引ブログ

6. 太もも「*脂肪吸引 するやでしかし*」

大手クリニックである湘南美容外科で太ももの脂肪吸引をした人のブログ。

術後、陰部が腫れてしまったそうです。実は、これはよくある副作用。太ももの脂肪吸引を考えている人はとくに参考になるかも。

*脂肪吸引 するやでしかし*

7. 脂肪吸引の美容整形ブログ(お尻、太もも、ふくらはぎ、膝)「*徒然日記*VASER脂肪吸引」

大手クリニックで脂肪吸引した人のブログです。

2週間前からピルの服用を中止しなくてはいけないこと、胸の脂肪注入を検討したけれど結局やめたことなどが赤裸々に書かれています。

*徒然日記*VASER脂肪吸引

8. 二の腕、お腹「mimiの真夏に二の腕・腹部脂肪吸引経過ブログ」

長年二の腕のコンプレックスに悩んできたそうです。

経過写真も参考になりますが、「脂肪吸引について思うこと」という記事は必読。

脂肪吸引を行ってから毎日がさらに幸せに感じます。最大のコンプレックスがなくなるって、こんなに幸せなんだと。やってよかったなぁと思います。

二の腕の結果をみて、お腹の脂肪吸引も決意。「できるだけ多くの人の参考になれば」とのことで、比較写真もたくさん載せてくれています。

mimiの真夏に二の腕・腹部脂肪吸引経過ブログ

9. 臀部、太もも「元美容外科カウンセラーの脂肪吸引体験記(=゚ω゚)ノ」

美容外科の元カウンセラーの人が自分の脂肪吸引の体験について書いています。

元カウンセラーの視点で病院を選ぶポイントなどを書いているのでとても参考になるんです。

「医師でも得意不得意はある」「たくさん脂肪が取れると言ってくる病院は要注意」など内部事情を知っている人でないと書けない情報が盛りだくさんのブログです。

元美容外科カウンセラーの脂肪吸引体験記(=゚ω゚)ノ

10. 臀部、太もも、膝「脂肪吸引 記録 (’-’*)♪」

湘南美容外科で脂肪吸引をしてきた人のブログ。

術後写真が毎日上がっているので、経過を把握しやすいのがうれしい。11日経つ頃にはすっかり内出血がなくなっています。

[脂肪吸引 記録 (’-’)♪] (http://ameblo.jp/akiat777/)*

11. お尻、太もも「うさぎ備忘録」

水の森美容外科の総医院長に施術してもらった人のブログ。

術後5日目までは痛みがひどかったらしく、ダウンタイムは1週間は見ておいたほうが無難とのこと。

浮腫や内出血、肌の硬さなどについて3日おきに経過を書いています。

うさぎ備忘録

12. お尻、太もも、膝「まるまる」

ライザップに通ってもリバウンドしてしまった下半身に、湘南美容外科クリニック(橋本院)でベイザー脂肪吸引を行ったときのことが書かれています。

脂肪吸引にかかった費用なども詳細に書かれているので参考に。

まるまる

13. お腹「☆ありゅりゅ☆の脂肪吸引ブログ」

過去に脂肪吸引で失敗した経験を持っている人の再挑戦ブログ。

今回は成功したようで、本人も大満足の仕上がりに。

そしてなんと術後に彼氏ができるという脂肪吸引ドリームも。その彼氏にも「腰、ほそいね!」と言ってもらえたようです。

☆ありゅりゅ☆の脂肪吸引ブログ

脂肪吸引はリスクをともなう大手術

はしゃぐ女性

脂肪吸引はかなり効果のある部分やせの方法ですが、魔法のような方法ではなく、たくさんのリスクのある大手術です。

また、手術が無事に成功したとしても、食生活や生活習慣を改めないと大手術を乗り越えた意味がなくなってしまうので要注意。

正しい知識を身につけ、万全の準備で臨めば、きっと「脂肪吸引をしてよかった!」と思えるはずです。

脂肪吸引の地域別人気クリニック

東京

水の森美容外科 東京銀座院

銀座一丁目駅 6番出口より徒歩1分

詳しく見る

大阪

湘南美容外科クリニック

御堂筋線 心斎橋 駅より徒歩4分

詳しく見る

福岡

聖心美容外科 福岡院

西鉄福岡天神駅より徒歩5分

詳しく見る

NICOLYおすすめ:美容整形やってみたシリーズ

※ 記事の内容は、医学的な正確性、効能、効果を保証するものでなく、かつ、記事の利用においてはしかるべき資格を有する医師や薬剤師等に個別に相談するなど読者の責任において行ってください。

関連するキーワード

注目の記事

【大人気】ブログより詳しい!整形の痛みやダウンタイム・術後経過すべて見せます!美容整形体験レポートシリーズ

【大人気】ブログより詳しい!整形の痛みやダウンタイム・術後経過すべて見せます!美容整形体験レポートシリーズ

NICOLY編集部では、カウンセリングから術後経過までの画像がたっぷりの、美容整形体験レポートを公開しています。切らないプチ整形から、脂肪吸引まで読み応え十分。NICOLY編集部いちおしの記事です。随時更新中!

45276 views | 整形二重脂肪吸引脂肪溶解注射

カテゴリ一覧

この記事の監修者

この記事のライター

本日のアクセスランキング

いまNICOLYで人気の記事

話題のキーワード

いまNICOLYで話題になっているキーワード

専門家ライター募集

NICOLYで記事を執筆していただける医師を募集

NICOLYでは「コンプレックスで悩んでいる人を笑顔に」というビジョンのもと毎日記事を更新しています。信頼性の高い記事を出し続けるために、記事の執筆をしていただける医師を募集しています

専門家ライター募集フォーム

編集者募集

NICOLYで記事を編集してくれる編集者募集

NICOLYでは「コンプレックスで悩んでいる人を笑顔に」というビジョンのもと、一緒に働いてくれる編集者を募集しています。

編集者募集フォーム

関連する記事

この記事に関連する記事をピックアップ