NICOLY:)[ニコリー] コンプレックスの悩み解決・応援サイト

医師が教えるコンプレックス解決サイト
監修済記事:1022記事

メルマガ登録

2016年04月29日 更新 | 12,843 views

アメリカで大流行「8時間ダイエット」に失敗しない7つの方法

管理栄養士 若子みな美

この記事は、管理栄養士 若子みな美が監修しています。

アメリカで大流行の8時間ダイエット。「1日8時間以内に食事を済ませれば、何でも食べてOK」というシンプルな方法です。そのため多くの人が挑戦しますが...効果が薄かったり、逆に太ってしまうなど失敗することもあります。理由は他のダイエット方法でもよく注意されていること。今回は8時間ダイエットに失敗しない方法を紹介します。

「8時間ダイエット」は何でも食べていいダイエット方法ということで、その簡単さからかアメリカで大流行しています。

10月16日(金)放送の『ネプ&イモトの世界番付』でも紹介されるなど、日本でもこれから流行るのではないでしょうか?

方法がシンプルなので簡単かと思いきや...ポイントをおさえないと効果が薄かったり、太ってしまう可能性もあります! そこで、今回は「8時間ダイエット」に失敗せず効果を高めるための方法を紹介します。

失敗しない8時間ダイエット方法1:寝る3時間前までに食事を終わらせる

1日の食事を8時間の内に済ませることさえできれば、何を食べてもOK

8時間ダイエットのルールはとてもシンプルなのですが、この8時間をいつとるかが重要になってきます。

理想は寝る3時間前までに食事を終わらせることです。夜になるほど食べたものが脂肪になりやすい傾向にあること、食べてすぐに寝ると胃腸を休ませることができません。最後の食事は寝る3時間前、21時頃までには終わらせるようにしましょう。

失敗しない8時間ダイエット方法2:スーパーフード8種類から1日2種類以上を食べる

8時間ダイエットは何を食べてもOKなのですが、糖質や脂質たっぷりの料理をたくさん食べて、ダイエットする前より1日の摂取エネルギー量が増加すれば、ダイエット効果は期待できません。

8時間ダイエットの提唱者は、ダイエット効果を伸ばし健康に良い8種類の食べ物として、以下を紹介しています。

1.卵・赤身肉・魚など
2.豆類(大豆や大豆製品など)
3.乳製品(ヨーグルトなど)
4.緑黄色野菜
5.精製されていない穀物(玄米・全粒粉パンなど)
6.ナッツ類(ピーナッツ・くるみなど)
7.赤色・オレンジ色・黄色の果物(りんご・オレンジなど)
8.ベリー(いちご・ブルーベリーなど)

何を食べてもOKなダイエット方法ですが、これらのスーパーフードを積極的に食べてください。ダイエット効果のある食べ物を食べて、8時間ダイエット方法の効果を高め、失敗しないようにしましょう。

失敗しない8時間ダイエット方法3:身体を温める

8時間ダイエットのうち食べない16時間はどうしてもエネルギーが不足しがちです。エネルギーが不足すると体温が低下して代謝が下がるので、脂肪が燃えにくくなってしまいます。

そこで、体温を下げないために白湯や生姜湯など身体を温めるモノを飲んだり、冷えないような服装にするなど身体をあたためましょう。

失敗しない8時間ダイエット方法4:適度な運動

8時間ダイエットでより多くの脂肪を燃焼したいのであれば、有酸素運動を多く取り入れましょう。1日8分間と書いてあるサイトが多いですが、少ないです。

有酸素運動なら最低でも20分以上は行いましょう。ウォーキングやジョギングなど簡単なもので構いません。継続して取り組めるものを選びましょう。

ただし、運動中に低血糖になって倒れてしまうことがないよう注意してください。

失敗しない8時間ダイエット方法5:8時間の最初と最後はヘルシー料理にする

8時間ダイエット中は、何でも食べてOKな8時間が待ち遠しいですよね。だからと言って、何でも食べてOKな8時間に入った途端、ドカ食いすると太ります。確実に太ります。

特に糖質・脂質の高い食べ物を食べてしまうと、身体はそれを吸収して蓄えようとします。できれば8時間の始めとおわりの食事は、スーパーフードを多く含んだヘルシーなものにしましょう。

野菜から食べる食べ順ダイエット、よく噛んで食べる噛むだけダイエットなど、8時間ダイエットと組み合わせるとより高い効果がでますよ。

失敗しない8時間ダイエット方法6:早く寝る

8時間ダイエットは食べない時間を増やすことで脂肪を燃焼させるダイエット方法です。脂肪を燃焼させるために必要な代謝酵素の活動は、夜に活発になります。

そのため、夜は身体を休ませて代謝に集中させることが大切です。徹夜したり寝る直前に食事をすると脂肪燃焼効果が薄くなってしまいます。

8時間ダイエットでは早く寝るようにしましょう。そのためにも、食事は早めに終わらせるようにしてください。

失敗しない8時間ダイエット方法7:楽しむ

ダイエットを楽しみましょう。8時間ダイエットは食べてはいけない時間はあっても、食べてはいけないものはありません。

これまでのダイエット方法は食事制限が多かったため、友だちとのランチや飲み会など楽しいことを我慢することが必要でした。

でも8時間ダイエットは違います。時間を調整すれば思う存分、食べることができます。友人とのランチや飲み会、イベント、旅行先での食べ歩き、なんでもOKです。

楽しむこと、ストレスを感じないことがとても大切です。

8時間ダイエットはストレスなく継続できるから素晴らしい

ダイエットの一番の成功の秘訣は「継続」です。継続するためにはストレスを感じることなく生活習慣に入れ込めるかが大切になってきます。8時間ダイエットは「何でも食べてOK」という食べることが好きな人にとってはストレスフリーな方法なので、継続しやすいと思います。

8時間ダイエットは明日からすぐにでもできるダイエット方法です。さっそく挑戦してみてはいかがでしょうか。

images via ShutterStock

written by ヤス

NICOLY:)編集部員がメディカルダイエットに挑戦!

※ 記事の内容は、医学的な正確性、効能、効果を保証するものでなく、かつ、記事の利用においてはしかるべき資格を有する医師や薬剤師等に個別に相談するなど読者の責任において行ってください。

関連するキーワード

注目の記事

【大人気】ブログより詳しい!整形の痛みやダウンタイム・術後経過すべて見せます!美容整形体験レポートシリーズ

【大人気】ブログより詳しい!整形の痛みやダウンタイム・術後経過すべて見せます!美容整形体験レポートシリーズ

NICOLY編集部では、カウンセリングから術後経過までの画像がたっぷりの、美容整形体験レポートを公開しています。切らないプチ整形から、脂肪吸引まで読み応え十分。NICOLY編集部いちおしの記事です。随時更新中!

43649 views | 整形二重脂肪吸引脂肪溶解注射

カテゴリ一覧

この記事の監修者

この記事のライター

本日のアクセスランキング

いまNICOLYで人気の記事

話題のキーワード

いまNICOLYで話題になっているキーワード

専門家ライター募集

NICOLYで記事を執筆していただける医師を募集

NICOLYでは「コンプレックスで悩んでいる人を笑顔に」というビジョンのもと毎日記事を更新しています。信頼性の高い記事を出し続けるために、記事の執筆をしていただける医師を募集しています

専門家ライター募集フォーム

編集者募集

NICOLYで記事を編集してくれる編集者募集

NICOLYでは「コンプレックスで悩んでいる人を笑顔に」というビジョンのもと、一緒に働いてくれる編集者を募集しています。

編集者募集フォーム

関連する記事

この記事に関連する記事をピックアップ